2007_03
13
(Tue)02:06

恋愛適齢期



54歳バツイチ劇作家のエリカ(ダイアン・キートン)は、娘マリン(アマンダ・ピート)のボーイフレンドが63歳のハリー(ジャック・ニコルソン)だと知り、驚きを隠せない。
ハリーは30歳以下の女性にしか興味を持たないプレイボーイ。
そんなハリーが突然心臓発作を起こし、エリカの別荘で療養することに。
ハリーの担当医となった青年医師ジュリアン(キアヌ・リーブス)は、エリカに一目惚れし、純粋に想いを伝えてくるが、
共同生活を始めたエリカとハリーは次第に惹かれあい、ついに結ばれる…(goo映画より)

ジャック・ニコルソンとダイアン・キートンの演技が素晴らしい。
ジャック・ニコルソンと言えばもう強烈なんですが、ちょっとエッチな老年オヤジをコミカルに演じ(お尻~爆笑です)抑え気味で相手への思いやりや自分の戸惑いを上手く表現。
ダイアン・キートンは温かくてキュート。
笑顔も泣き顔もとても自然体。
理性と感情の間で悩む場面は心情が伝わります。
キアヌ・リーヴスはめちゃくちゃいい男でしたね~~!
こんな方に誘われたら、多少の年齢差でもまずは行っちゃうな♪
319166view004.jpg

この映画は他にも魅力的な場面があります。
エリカのビーチハウスは白を基調としたシンプルでとても趣味が良く、キッチン用品など小物もお洒落。
リネンも素材感の良さが感じるし、
ダイアンの白をベースにしたカジュアルでシンプルなファッションと着こなしもとってもステキ。

大人の恋愛映画の名作はたくさんあるけれど、熟年男女の恋愛もの、しかもラブコメは珍しい作品ではないでしょうか…一緒に居たいと思う人に出会ったら、年齢なんて関係ないのですね。
年代に関わらず“恋するっていいなあ~”と思えるそんな作品かな。
ラストの二人は、もう何十年も連れ添ったかのような~そんな雰囲気さえ感じました。
老いに関するネタも笑えます~老眼鏡や心臓発作、バイアグラなど!
とっても楽しかった。
…楽しかったのですが、親の立場からすると、娘や医師キアヌの年上好き(?)にはチト困るな~
熟年の恋愛も日本じゃきっと“老いらくの恋”とか言われるんだろうなあ~なんて思いも頭の片隅にチラホラ…
フランシス・マクドーマンドもチラリと出てます。

2003年 3/27公開 アメリカ映画
監督ナンシー・マイヤーズ


*この監督の最新作
今月公開のキャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレットで“ホーム・エクスチェンジ”を題材にした
『ホリデイ』これも楽しみ♪
326504view001.jpg


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

恋愛適齢期

 『自分らしく生きている時が、「恋愛適齢期」。』  コチラの「恋愛適齢期」は、ジャック・ニコルソン&ダイアン・キートン&キアヌ・リーブスの豪華共演で、ナンシー・マイヤーズ監督によるなかなか楽しめる大人のラブ・コメです。  ジャック・ニコルソンは、「恋愛...

2008.10.15 (Wed) 20:19 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡