心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 は行 ≫ ファッションが教えてくれること

ファッションが教えてくれること

91_7485240272THE SEPTEMBER ISSUE
アメリカ女性の約10人に1人が読むアメリカ版「ヴォーグ」誌のカリスマ編集長として活躍し、ファッション業界に絶大な影響力を持つアナ・ウィンター。
「プラダを着た悪魔」のモデルとも言われる彼女の実像に迫るドキュメンタリー。


大きく“シエナ・ミラー”と書かないと誰だか解らない表紙{★★★3/5}

アメリカ版「ヴォーグ」誌のカリスマ編集長・アナ・ウィンターは、ファッション業界に絶大なる影響を持ち、その仕事ぶりには誇りが感じられ、物を見極めるセンスと決断力には驚かされます。
自分はキャリアも才能もないので、このようにバリバリと働く女性にはただただ感心するばかりです。
弱点は娘さんだそうですが、冷淡なオーラがあって、凡人の自分は見ているだけでも近寄りがたくて怖い存在でした(汗)

才能ある人の周りには才能ある人が集まるのだろうから、アナの高い要求に応えるスタッフにも強いプライドを感じました。
特にアナと20年来の付き合いのあるクリエイティブ・ディレクターのグレイス・コディントンは、頻繁に意見が対立しながらも自分の感性を表現していきます。
それを容赦なくボツにしてしまうアナは、あくまでもビジネスである厳しさを捨てません。
個性や感性の違いのぶつかり合いに正解は無いように思うのだけれど、自らの強みは決断力だと言い切るアナに、個人的な感情など持ち込まないプロ意識を強く感じました。
グレイスと20年も一緒に仕事をしているのは、自分とは違う才能ある感性の持ち主だと認めているからなのでしょう。
トップに君臨すればするほど、対立者を置くことは、ビジネス上で大切な事ですものね。
2698_5620223885THE SEPTEMBER ISSUE
1年で最も重要な9月号の準備は、アナの変更や却下で編集部が上へ下への大騒ぎです。
華やかなファンション界の裏には、怒りや不満や困惑するスタッフたちの姿で溢れています。
アナの方針や感性が本当にそれでベストなのだろうか~とも思いますが、スタッフが精力的でとても刺激的な現場であるのは確かなようです。
「プラダを着た悪魔」で、ベルト迷いを失笑したアン・ハサウェイが着ている空色のセーターを、どんな流れで市場に溢れたのかメリルが話すシーンがありますが、一見、特定の人間だけの別世界のような彼女たちの現場から、世界中に発信されるものがあるのも間違いありません。

個人的には、雑誌の編集長ってこんなに権力あるの?とか、アナの数々の逸話なども、我儘?!とも思いますが、表紙のシエナ・ミラーの髪や歯がどうとか首の皺がどうだとか、結構辛辣だけど正解な発言なので、妥協を許さない徹底したプロ意識と卓抜した才能があるから君臨できるのでしょうね。
華やかなコレクションやグッズなども目を楽しませてくれますが、アナのセンスあるコーディネートも参考になります。
彼女は色物柄物がお好みなのですね。

2009年 11/7公開 アメリカ映画
監督 R・J・カトラー

Comment

テンプレが変わりましたね!
編集
それにしても、アナ・ウィンターって若く見えましたよ。
もうすでに60歳とは、とても思えません。
グレイスともども、元モデルだけのことはありましたね。

アナの感性よりグレイスの方がワタシも好みです。
ミリオンで貰ったスイーツですけど、大方の人がそのままバッグにしまっていましたが
アレって、汁が染み出てきたんですよ(爆)
しかも可也の糖分を含んだネットリしたやつが・・・。

ワタシの貰ったスイーツを、よ〜く見ると隅っこがシミになってます(爆)

これに懲りずに、次はエアガンもらっちゃおう!
2009年11月24日(Tue) 08:32
itukaさんへ
編集
もうすぐクリスマスですねっe-489

交通事故で云々って話、グレイスのことですよね?
途中、ちょっとボーッとして(って、平日なのに満員だったんですけどね…隣のオヤジさんがイビキかき出して、あれぇ〜みたいな…苦笑)
過酷な人生歩んでるんだなぁ〜と思えば、アナに却下ぐらいでは凹まないでしょうね。
どちらかと言うと、彼女の強さは一般人でも見習えるとこ多々あると思いました。
確かにアナは若い!!
アップになると隠せないものはあるけれど、全体的にはあのお歳で完璧ですよね!

>ワタシの貰ったスイーツを、よ〜く見ると隅っこがシミになってます(爆)

画像確認しました(v^▽)oィェーィ!
確かに右上に…(爆)

>これに懲りずに、次はエアガンもらっちゃおう!

「狼の〜」でしょう!!
3名と5名とかじゃなかったですか?
頑張ってくださいね〜あの長い階段、駆け上がって下さい(爆)
2009年11月26日(Thu) 01:04
こんにちは^^
編集
クリスマスバージョン、かわいいね(^_-)-☆
プラダを着た悪魔が大好きな私としては、観たい気持ちは
あるんだけど、ドキュメンタリー苦手だからなあ(^^ゞ
オーちゃんの感想読んでいたら、ちょっと気になってきちゃった・・・
DVDで観るよりスクリーンで観たほうがいいかな?
2009年11月26日(Thu) 11:44
ひろちゃんへ
編集
こんばんは〜。
ひろちゃんのクリスマステンプレの方が、ネコちゃんサンタできゃわいいじゃないですか(笑)

これですか…
私もドキュメンタリーは苦手で、これなら面白いかも〜と思ったけど、
DVDで十分です(;^_^A アセアセ・・・
いや、WOWOWまで待った方が良いかと…(爆)
で、この映画、何故か音が小さいんですよ〜
他に観られた方も同じこと言われてました。
映像も薄めで、あまり鮮明ではありませんでした。
古い映画館ではないし、他の作品でそんな事を感じたことないので、多分、フィルムだと思うのですが。
2009年11月28日(Sat) 00:53
独裁者だけど、独りよがりじゃない
編集
おもしろかったです!!
ドキュは、エンタメ性が少なくなるンで、全編集中して見続ける・・というのは、難しいものが多いですが、目に楽しかったからな。
なかなか見せた。
やっぱ、アナの生き方が、すごかったからでしょうかねぇ。
あたしも、グレイスファッションの方に、シンパシーがわいたけど、それはきっと普通なのかも。
あえて、嫌われるもんのてっぺんを維持し続ける彼女の決意を見たような気もしました。

2010年02月06日(Sat) 22:07
sakuraiさんへ
編集
こんにちは。

長い間、専業主婦のわたしには、活躍している女性達を遠い目線です(;^_^A アセアセ・・・
羨ましいけど、自分には絶対に無理(苦笑)

ドキュメンタリーとしたら、華やかなので退屈はしませんでしたよね。
劇場も珍しくその関係者が多かったみたいで、
個性的な服装の若者たちをチラホラと見かけました♪( *^-゚)/
2010年02月07日(Sun) 13:54
こんにちは!
編集
WOWOWでみましたー。やっぱ服飾関係の人はみるだろうね。
アナって60歳なの?若い!
アナのいいわけ無用、瞬時に見極める決断力は驚きました。
グレイスさんは素敵ですねえ。苦労して撮ったボツの写真もったいない!
素顔のシエナ・ミラー、かわいかった。髪はボサボサだし親近感。笑
見応えある映画でした。
2010年10月13日(Wed) 13:00
アイマックさんへ
編集
普段映画館で見かけないような個性的な若者が結構いました(笑)

シエナ・ミラーをばっさり切り捨てたかのような正直(?)なアナの発言凄かった(笑)
私はどちらかと言うとグレイスの人柄に惹かれました。
天国から地獄みたいな境遇で苦労人ですよね。
頑張りや努力は並大抵な精神力じゃないんだろう〜と。
アナを真正面から相手できるのは彼女ぐらいなのかな(笑)
意見を通す姿勢も凄かったけど、お互いに認め合ってるからこそできるんだろうね。

2010年10月13日(Wed) 19:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ファッションが教えてくれること
評価:★★★★[4/5] 『プラダを着た悪魔』のモデルとされるアメリカ版ヴォーグ編集長
2009年11月24日(Tue) 08:13
ファッションが教えてくれること
すごい人もいたもんだ!!
2010年02月06日(Sat) 21:59
ファッションが教えてくれること
The September Issue(2009/アメリカ)【WOWOW】 監督:R・J・カトラー 出演:アナ・ウィンター/グレイス・コディントン/アンドレ・L・タリー/シエナ・ミラー/タクーン・パニクガル/カール・ラガーフェルド/ジャン=ポール・ゴルチエ/オスカー・デ・ラ・レンタ/
2010年10月13日(Wed) 08:56
「ファッションが教えてくれること」(2009年...
「ファッションが教えてくれること」(原題:TheSeptemberIssue)は、2009年公開のアメリカのドキュメンタリー映画です。ファッション界において絶大な影響力、権力と、シングルマザーとし...
2015年07月12日(Sun) 00:36