FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8737_13651744320THE TIME TRAVELERS WIFE
時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、前触れもなく突然過去や未来へ飛ばされてしまう。
ある日、偶然出会ったクレア(レイチェル・マクアダムス)から、6歳の時にヘンリーと出会っている…と告げられた。

自分の意志に関係なく時間軸を移動してしまうタイムトラベラーと、彼を愛するヒロインの愛の物語。
アメリカで大ベストセラーとなった純愛小説を映画化。
脚本は「ゴースト/ニューヨークの幻」のブルース・ジョエル・ルービン。


所々、ん??となるけれど、風変わりなラブストーリー{★★★3/5}

う~ん、これはラブものだとかSFトラベルものとか期待するとがっかりするかもです。
私はベタな純愛は苦手なのでこれくらいで丁度良かったけど…

以下ネタバレ

まずトラベルの中心軸(?)みたいのが解りにくかったです。
過去の自分と会話したりロトに当選したりと、トラベルの定義(?)はあったもんじゃないし(苦笑)
いつ何処のどんな時代にスリップするか解らないと言いながら、母親の事故も何百回とトラベルしたけど防げなかったと言うし、結婚式では上手い具合に過去から数名現れるし…。
多少混乱はするけれど、時間移動は全裸になっちゃう設定はエリック・バナのサービスショット?!
まずは服を盗むことから始まって、時には女装もどきになったりコメディか?と思わず笑ってしまう場面も。
パイプカットして足を引きずる姿も何だか笑えて(ごめんなさい)
ヘンリーの勝手な行動を逆手に取ったクレアは天晴れかも(笑)
そうか、確かに浮気ではないもんな!
7840_2970960814THE TIME TRAVELERS WIFE
ヘンリーの人生は「ベンジャミンバトン 数奇な人生」にも通じるところはありますが、
原題は「The Time Traveler’s Wife 」なので、そんな複雑な男性を愛した妻の気持ちで観るのが一番でしょうね。
まだ小さな子供なのに、内心、こんなおっちゃんを?とも思うけど、
ずっとピュアな気持ちを持ち続けていたクレアを演じるレイチェル・マクアダムスが、美しくチャーミングで女性うけは悪くないと思うし、ご都合主義ではあるけれど、時空を超えた恋愛物語には仕上がっていたと思います。

でも死の予感はするものの、未来の娘が現れてその日をヘンリーに告げたり“その時”の自分に話すのはどうかと思った。
そこまでの権利はあるのかな(苦笑)
知らないことがあって当然なんだから、私なら阻止できないこと教えて欲しくないわ。
死の原因も、何それ、酷いわ!!
で、こうなると、(死んでは現れる)彼のトラベルは一体いつまで続くのかしら。

2009年 10/24公開 アメリカ映画
監督  ロベルト・シュヴェンケ
2009.10.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/550-6763d050
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。