FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

8227_4747742078CROSSING OVER
LA移民局ベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は、不法滞在の移民たちを取り締まる立場だが、彼らの境遇に同情的だった。
縫製工場で逮捕し強制送還されたミレアという女性から頼まれた息子をメキシコの実家に送り届けるが、彼女は息子を探しに再び米国に向かっていた。
マックスの同僚、イラン系アメリカ人ハミード(クリフ・カーティス)は、父の市民権取得を目前にして、妹の素行に心を痛めていた。

アメリカの抱える移民問題を描いた社会派ヒューマンドラマ。
多種多様な人々の思惑が複雑に絡み合う群像劇。


アメリカの移民制度は複雑、自由な国は排他的に{★★★3/5}

アメリカに不法入国や移民した人たちと、それに関わる人たち。
ハリソン・フォードを中心に、アシュレイ・ジャッド、レイ・リオッタ、ジム・スタージェスなどが織り成す群像劇です。
グリーンカードや市民権取得に関して、へぇ~そうなんだっ!!と知りました(汗)
まるで時の運と勝ち負けは紙一重で驚きです。
そして、どこにでもいるんだぁ~弱みに付け込む(キモいオヤジの)悪徳役人…
7524_189483471CROSSING OVER
9.11以降、不法移民に対する規制が描かれた「扉をたたく人」でも、
そうならざる負えない影響は仕方ないだろうと思えるものの、不条理さは否めませんでした。
これも同じく移民を扱う人間模様でしたが、残念ながらどのエピも説明不足でもうひとつ伝わってくるものがありませんでした。
危険人物と見なされるイスラムの少女だけは掘り下げられていたかな~。
こうなるのは仕方がないのでは?~と思いましたが、この一家はその後も気になり印象に残ります。
逆に韓国の少年は、あんな事件を起こしておいてそれで良いのか?と疑問です。
フランケル夫妻のアシュレイ・ジャッド、レイ・リオッタも、養子を含め一体何をどうしたかったのか、さっぱり解りません…。(心離れた夫婦ですが)
ハリソン・フォード演じるマックスも、
長年の勤続で似たような経験しただろうに、何故今この彼女にそんなになるの?
群像劇の繋がりはあるけど、それぞれの思惑が希薄でした。
でも今アメリカが抱える問題点は教えられます。
ICEと不法滞在者のイタチごっこはいつか改善されるのでしょうか。

久しぶりのアシュレイ・ジャッド、多少シワはありますが綺麗でした!
レイ・リオッタは気持ち悪い~あのデカイ顔で怖い目が肉に埋もれたか、長い下まつ毛がますます変(汗)
役柄は嵌っているとはいえ、あまり観たくない中年のシーン。
(クヒオ大佐で堺さんの意外と筋肉質なお○を観た直後だったのに~泣)
そこまでしてもグリーンカードは大切なのかしら。。。

2009年 9/19公開 アメリカ映画
監督 ウェイン・クラマー
2009.10.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/539-65e1f39c