2009_10
10
(Sat)16:25

キャデラック・レコード~音楽でアメリカを変えた人々の物語~

7183_12939322288CADILLAC RECORDS
1947年、シカゴ。
ポーランド系移民の若き野心家レナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)は、
天才ギタリスト、マディ・ウォーターズ(ジェフリー・ライト)と、ハーモニカ奏者リトル・ウォルター(コロンバス・ショート)に出会う。
レナードはレコード・ビジネスのブームに乗ろうと彼らのアルバムを作り、やがてラジオからは人種の壁を崩し彼らの歌声が流れ始める。

伝説的なレコード・レーベル、チェス・レコードと所属アーティストたちの盛衰を描く実話ドラマ。


ドラマな部分は弱いけど、演奏や歌唱シーンは素晴らしい{★★★3/5}

史実を基にされたこの映画、ブルース・ファンとってはどうなんでしょうか。
チェス・レコードはレナードとフィル兄弟が設立したのに、フィルは登場しないので、私ぐらいの知識でも「ん?!」と思ってしまいました。
その代わり?“シカゴ・ブルースの父”と称されたマディ・ウォーターズが、レーベルに取って重要な位置づけになっていたんでしょうか。
エタ・ジェイムズ(ビヨンセ・ノウルズ)の父親が「ハスラー」にも出てきていたミネソタ・ファッツだとか、エタとレナードが愛人関係だとか~って、本当なのか?(苦笑)
まあ、それはともかく、、、

ジェフリー・ライト、モス・デフ、ダミ声のハウリン・ウルフのイーモン・ウォーカーなど、
自身の声で迫力たっぷりに歌い上げるアーティスト達のパフォーマンスを楽しむのが第一です。
特に中盤以降登場するビヨンセが歌う「At Last」など、
ディープでハリのある声で彼女なりのエタを見事に歌いきっていたと思います♪
6757_2786191248CADILLAC RECORDS
人種差別が酷かったこの時代で、警察官とのやり取りや、
儲かっても白人の店には金を落とさないとか、次々とキャデラックを買い与えるとか、黒人と白人の友情物語としては面白いストーリーでした。
チェス・レコードでロックの生みの親となるチャック・ベリー(モス・デフ)や、
ソウルミュージックを広めたエタ・ジェイムズらが登場し、音楽がいかにして人種の壁を越えて行ったのかも解りやすかったです。

酒やドラッグ、喧嘩、トラブル、アーティストたちの波乱万丈な物語である一面、
レナードやマディのような夫を持つ妻の静かな支えや苦悩がちょっと切なくも感じました。
 
2009年 8/15公開 アメリカ映画
監督  ダーネル・マーティン

C.O.M.M.E.N.T

本物のエタの眉って星一徹みたい

オリーブリーさん ギリギリセーフ!(笑)

もう1本のお爺ちゃんの方は、まだまだゆとりがありますので〜^^

ワタクシ!パルコって地下鉄名城線改札口から直通で行けるとは知らなかった田舎ものです。
yahoo地図片手に地上をウロウロして
上映時間にギリギリセーフでしたから!(爆)

先回の『ドリームガールズ』を見逃したことを
かなり後悔していたので
今回の作品は是が非でも観に行くことを決めてましたよ!(大袈裟やね)^^

にしても、チェス・レコードの儲かり方は凄かったですよね。
新車が出るたびにご褒美だなんて、なんという太っ腹なんでしょうね^^;

2009/10/10 (Sat) 23:30 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

こんばんは〜^^

音楽には全然詳しくないんですが、流石にビヨンセぐらいは知ってまして、彼女目当てで観にいったようなものでした。
もちろんプロである彼女の歌には流石に圧倒されたんですが、驚いたのは他の役者さんたち。なんという上手さなんでしょう。びっくりですよ。上手い人たちをキャスティングしたんでしょうかね〜。俳優の中にも「マンマ・ミーア」のピアース・ブロスナンみたいな人もいますしね。(笑)

2009/10/11 (Sun) 01:31 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

星一徹眉の女性は凄い(爆)itukaさんへ

こんにちは。
いつも公開1週間の内には出かけてるので、久々のギリセーフでした(;^_^A アセアセ・・・
お爺ちゃまは、明日「クヒオ」とハシゴしてきまーす♪(笑)

>パルコって地下鉄名城線改札口から直通で行けるとは知らなかった田舎ものです。

あっはは〜最初はなかなかスムーズにいきませんよね。
右左さえあやふやになるもん(爆)
普通に買い物行っても、1階からエスカレーターとか乗る癖だからか、何度かエレベーター乗っていたら、Bがあるじゃん!!と自分を責めました(´Д`|||) ドヨーン

あっちゃ「ドリームガールズ」見逃しは後悔ですね〜あんなに鳥肌が立った歌声は初めてでした。
ビヨンセ、ジェニファーに喰われちゃった感はあるけど、
見事な歌いっぷり&美しかったです(゚ρ゚*) ボー
こちらはモータウン創立のお話でもありましたしね。
今回もビヨンセの実力見せ付けられました。

>新車が出るたびにご褒美だなんて、なんという太っ腹なんでしょうね^^;

で、養育費やローンがって、、、痛い(~ヘ~;)ウーン

あっ、itukaさん「ハウエルズ家〜」はご覧にならないの?
とっても面白かったよっ♪(#^ー゚)v

2009/10/12 (Mon) 14:35 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんにちは。

ビヨンセやモス・デフは当然だけど、ジェフリー・ライトはちょっと驚きでしたね。
「007」とかイッパイ出てるけど、ゲイの役とか印象があります。
本当にあちらの俳優さんは何でも上手なのでビックリです。
あっはは〜ピアース・ブロスナンは酷かったね(大爆)

2009/10/12 (Mon) 14:50 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』(@「シネマのすき間」)

-----もう、ほんとビックリ!。 ニャんと、あのマイケル・ジャクソンの娘の父親は自分だと、 とんでもない人が名乗りをあげちゃった。 その人の名はマーク・レスター。 えっ、そんな人知らないよだって!? マーク・レスターというのは『小さな恋のメロディ』で 主役の男

2009.10.10 (Sat) 17:57 | ラムの大通り

キャデラック・レコード♪〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜

 CADILLAC RECORDS 時代は変わっても、僕らの愛と友情はブルースに生き続ける 歌姫エタを演じるビヨンセ、何でもこの作品の製作総指揮も自らやっているという。かなり入れ込んでいるのかな?あのオバマ大統領の就任祝賀パーティでは本作の中で歌ったエタ・ジェイムズ

2009.10.10 (Sat) 18:04 | 銅版画制作の日々

キャデラック・レコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜

シカゴの伝説的レコードレーベル・「チェス・レコード」の盛衰を描いたドラマ。主演は『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロディ。共演に『007 慰めの報酬』のフィリックス・レイター、魅惑の歌姫ビヨンセ・ノウルズ、『僕らのミライへ逆回転』のモス・デフ。ビヨ...

2009.10.10 (Sat) 18:27 | LOVE Cinemas 調布

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語

1950年代の伝説的なレコード・レーベルであるチェス・レコードと所属アーティストたちの盛衰を実話に基づいて描いた作品だそうです。私は音楽的にはチャック・ベリーくらいしか親しみがなく詳しくないのですが、予告編での音楽や映像がとてもいい感じだったの観に行こうと...

2009.10.10 (Sat) 21:16 | カノンな日々

キャデラック・レコード

評価:★★★★[4/5] エタ・ジェイムズ(ビヨンセ)の唄う「アットラスト」が好きで・・

2009.10.10 (Sat) 23:34 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

「キャデラック・レコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜」

「Cadillac Records」 2008 USA レナード・チェスに「ハリウッドランド/2006」「ダージリン急行/2007」のエイドリアン・ブロディ。 マディ・ウォーターズに「007/カジノ・ロワイヤル/2006」「インベージョン/2007」「ブッシュ/2008」「007/慰めの報酬/2008」

2009.10.11 (Sun) 21:01 | ヨーロッパ映画を観よう!

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語

2009年8月29日(土) 20:50〜 チネグランデ 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』公式サイト キャデラック・レコードという会社ではない。チェス・レコードという

2009.10.12 (Mon) 20:13 | ダイターンクラッシュ!!

「キャデラック・レコード〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜」

2時間に満たない時間で、よくぞここまで見せてくれました!

2010.03.12 (Fri) 10:14 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク

mini review 10449「キャデラック・レコード」★★★★★★☆☆☆☆

1950年代のシカゴを中心に、伝説的なレコード・レーベル、チェス・レコードと所属アーティストたちの盛衰を描く実話ドラマ。監督は『彼らの目は神を見ていた』のダーネル・マーティン。チェス・レコードを立ち上げたレナード・チェスをエイドリアン・ブロディ、グラミー賞...

2010.04.05 (Mon) 03:45 | サーカスな日々

「キャデラック・レコード」(CADILLAC RECORDS)

米国シカゴの伝説的ブルース・レーベル「チェス・レコード」の栄枯盛衰を描いた伝記ドラマ「キャデラック・レコード」(2008年、米、108分、ダーネル・マーティン監督)。この映画は、黒人音楽に目をつけた白人の主人公が、音楽シーンのメーン・ストリームに押し上...

2010.05.31 (Mon) 01:32 | シネマ・ワンダーランド

キャデラックレコード

 〜〜ネタばれ鑑賞日:6月7日実は、映画のタイトルだけ見てもう少しコメディよりな作品だと勝手に思っていたんですが、「キャデラックレコード」実話をもとにした映画だったんですね。当時のアメリカ黒人の生活がありありと描かれていました。1941年、白人...

2010.06.08 (Tue) 19:20 | 映画大好き BLOG

『キャデラック・レコード 音楽でアメリカ...

あらすじ野心家のレナードは、天才ギタリストのマディ・ウォーターズと出会い、彼のレコードで一儲けしようとする・・・。感想ゴールデングローブ賞歌曲賞ノミネート『ドリームガー...

2010.10.20 (Wed) 22:54 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...