心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 か行 ≫ かけひきは、恋のはじまり

かけひきは、恋のはじまり


1920年代の米国。
アメフトのプロチーム“ダルース・ブルドッグス”のキャプテン、ドッジ(ジョージ・クルーニー)は、
チームとリーグを軌道に乗せるため、カレッジ・フットボールのスター選手カーター(ジョン・クラシンスキー)をスカウトする。
ある目的でカーターのスキャンダルを取材する女性記者レクシー(レニー・ゼルウィガー)が、ドッジの前に現れた。

アメリカンフットボールを題材に、古き良きハリウッドのラブコメを思わせる作品。
監督、脚本、主演はジョージ・クルーニー。


邦題に騙される(WOWOWで)

ジョージ・クルーニーは好きですが彼の監督作品はやはりダメみたい。
クラシカルな雰囲気は悪くはないのですが、終始ダルさに付きまとわれた感じです。
レニー・ゼルウィガーはこの時代の男勝りで魅力的な女性は似合っていたとは思うけど、彼女に想いを寄せる花形選手のカーターがイマイチ素敵な若者ではなかったし、
若者からじじい呼ばわりされるは、引退勧告されるはのジョージ・クルーニーが、いつも以上に老けて見えてしまいました(汗)

出会いは反目など最悪なのに、次第に惹かれ合うハッピー・エンドがお約束の“スクリューボール・コメディ”らしいですが、邦題から受けるロマンチックなラブコメの印象はまるでなく、
原題の「レザーヘッズ」(アメフトの試合中にかぶった皮製のヘッドギア)らしく、アメフトが本格的なプロ・リーグへと移っていった実話を基に描かれている方を感じる内容でした。
ドッジとレクシーの自信過剰で似た者同士のやり取りは小気味が良いのかも知れないけど、
そこにスリリングな恋愛のかけひきがあるとも思えませんでしたし…
武勇伝を参考にしたラストの試合だけは、ちょっとなるほど~でした。

2008年公開 アメリカ映画
監督 ジョージ・クルーニー

Comment

あらら〜
編集
オリーブリーさんはダメでしたか。といいつつ私
も★4も付けときながら今では殆ど覚えてな
い…。てことは大した作品じゃなかったのかも。(笑)
2009年10月08日(Thu) 20:30
KLYさんへ
編集
>★4も付けときながら今では殆ど覚えてな
い…。

あはは〜o(*^▽^*)o~♪
解る〜★も案外迷いますよね(笑)

こんな時代雰囲気嫌いじゃないんだけど、盛り上がらなかったわぁ〜。
ジョージが素敵に見えなかった(苦笑)
彼は社会派の方が活きますよね♪
2009年10月10日(Sat) 17:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

かけひきは、恋のはじまり
 『遠まわりするほど、楽しいのが大人の恋。』  コチラの「かけひきは、恋のはじまり」は、「コンフェッション」で監督デビューを果たしたジョージ・クルーニーが、初めて自身の監督作品で主演を務めた11/8公開のラブ・コメディなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜...
2009年10月08日(Thu) 16:33
かけひきは、恋のはじまり/LEATHER HEADS
『コンフェッション』、『グッドナイト&グッドラック』に続く、 ジョージ・クルーニーの監督第3作目{/ee_3/} なんでも、ジョージ兄貴、この作品を15年以上も懐にしまって?暖めてたそうで、、、、。 来月公開を前に試写で観てきました〜。 上映の前には40代向けの雑
2009年10月08日(Thu) 16:46
かけひきは、恋のはじまり
ジョージ・クルーニーの監督・主演作品。『オーシャンズ13』、『フィクサー』とここのところヒット作が続いているジョージ・クルーニーですからこりゃ観ない訳にはいきません。というわけで、レイトショーにお決まりの横浜まで遠征です。だって近場のTOHOシネマズではやっ...
2009年10月08日(Thu) 19:53