FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。


かつて秘密工作員として腕を鳴らしたブライアン(リーアム・ニーソン)は、カリフォルニアで引退生活を送っている。
大富豪と再婚した元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と暮らす17歳の最愛の娘キム(マギー・グレイス)から、友人とのフランス旅行に同意してほしいと頼まれるが猛反対する。
しかし可愛さのあまり条件付きで許すものの、ブライアンの悪い予感は的中、キムはパリで謎の誘拐犯に拉致されてしまう。

リュック・ベッソン製作アクション・スリラー。
96時間というタイムリミットの中、娘を誘拐された父親がたった一人で敵からの奪還を試みる。
6548_11409077332Taken.jpg
別れた妻と暮らす娘を溺愛する平凡な中年男ブライアンは、「娘を救うためなら、エッフェル塔でも壊す」とまで言い切る元秘密工作員。
マッチョではないし、少しお歳を召しても温和な顔立ちのリーアム・ニーソンが、とにかく無敵で強いのなんの!!
彼の渋い声が威圧的でこれまた良いです~この意外性が面白いですね。

突っ込みどころは多々あるのですが、素直にリーアム・ニーソンのアクションを楽しみ、あえて(私のように)考えない方がよろしいかと(笑)
6554_13165514317Taken.jpg
誘拐した少女を麻薬漬けにしてから売春宿に売り飛ばし、未経験の上物は競りにかけるなど、とんでもない組織に誘拐された娘を追って、単独でパリに出向き問答無用で悪党をぶちのめす。
携帯で話している時にキムが誘拐されるシーンや、残されたマイクロSDからナンパ男を見つけるシーンなど、
ブライアンの見事な分析と行動、格闘、銃撃、カーチェイスにハッタリまで、次々と見せられるその能力には引き込まれていきます。
親バカパパは愛する娘の非常事態に、怒りに溢れ次から次と悪者を殺しまくるプロの有能な工作員に一転。

ただ、どんどん暴走して、電気ショックの拷問やフランス警察(?)の妻まで怪我させて脅すって、そこまでのムチャはあり??!
「96時間」は誘拐された人間を助けられるギリギリの時間だそうですが、ブライアンがあまりにも無敵で安心して見てしまったので、
タイムリミットを字幕で出すとか、そんな緊迫感を持たせてくれたらもっと別なボルテージが上がったかもしれません。
sub6_large96時間
世のお父さんは娘に対して特別な感情を持つのは解るし、そのハンパじゃない娘への愛がこの物語の背景なんだけど、
元妻(これもバカ)を交え娘の旅行について揉めるシーンはアホくさく、「俺も一緒に行く」「電話する約束だ」とか鬱陶しいなぁ(苦笑)
真面目な顔つきで平然と言うリーアムには笑うしかないわぁ。

世間知らずの高校生という設定だから仕方ないけど、父親のプレゼントを喜んだのも束の間、ステップパパから贈られた高価な馬に大はしゃぎするキムにイラッとしたし、
案の定、美術館巡りは大ウソで、U2を追い掛けるためのパリ到着後、さっそく空港でイケメンにふらふらして個人情報教えまくるバカ娘たち。
この舞い上がりっぷりは、たとえ誘拐されなくても碌なことはしてこなかっただろうなぁ(苦笑)
333828view010Taken.jpg
一体どんな思いでどんな事までして自分を救出してくれたのか…
このこ、本当に解ってるのかしら?
「愛してる」って口だけな印象…。
反省が伝わってこなかったわ…。
ラストに「私はパパと暮らすわ」ぐらい言ってたら、よしよしと思ってあげれたかも(笑)
父から娘への愛情は一方通行のような感じがして、あんなに頑張ったブライアンが何だか気の毒になっちゃって(汗)
ボディーガードした人気スターにキムを会わせるけど、果たして彼女が本気で歌手を目指しているとは思えないしなぁ。
危険な目にあった娘を救うのは親として当然であっても、良かれと思い過保護で甘やかすパパは、単に金持ち養父と知らず知らずの内に張り合っちゃってるのではないかしらん(苦笑)

2009年 8/22公開 フランス映画
監督 ピエール・モレル
2009.08.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/517-613943de