FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

Bolt_ver2 BOLT
改造されたスーパードッグのボルトは、飼い主のペニーと共に、襲い掛かる悪党たちを次々と退治していた。
スーパーパワーを持ちペニーを守る使命を疑わないボルトだったが、
実は、人気テレビ番組でリアルな演技を引き出すため、全て現実と思い込まされていたのだった。
そんな事は知る由もないボルトは、ある収録で、緑目の悪党に捉えられたペニーを救おうと、ハリウッドのスタジオから遠く離れたニューヨークへと運ばれてしまう。
初めて経験した外の世界で、ノラ猫ミトンズやテレビおたくのハムスターのライノに助けられながら、
ペニーに再会するためハリウッドを目指して長い旅に出る…

迷子になったスター犬のボルトが、アメリカ横断の大冒険を繰り広げるアドベンチャー・アニメ。
5111_11952957214BOLT.jpg
普通バージョンで観ても、緑の草、空の青さ、白い雲、もちろんボルトのなびく毛質や何気ないしぐさ、、、等など…やはりアニメの領域を超えた(さすがピクサー!!)映像でした!
ドラマ撮影のアクションシーンも迫力満点です。
3Dで観られた方には、より一層の臨場感があったでしょうね♪
3022_6816358226BOLT.jpg
自分はスーパードッグで大好きなペニーはさらわれた!!!助けなければ!!!
そう思いながらボルトは初めて現実世界に迷い込んでしまいます。

人間社会を見抜いているノラ猫ミトンズ、ボルトをヒーローと崇拝するハムスターのライノと一緒に旅をする過程で、辛い真実を知ることになるのですが、
それと同時に、犬としての本能も呼び戻し、(って、猫に教えられるのですが~笑)
世間知らずの犬と冷めた猫とTVオタクなハムスターの、ちょっとしたロードムービーは、
とっても微笑ましく、ホロリと泣かさせられました。
2608_917494426BOLT.jpg
鳩に餌を持ってこさせる姉御なミトンズは、薄汚れた容姿でも過去は想像でき、
どうしてこうなっちゃったのかを知ると、人間としては痛い思いで切なくなる。
あんなボールで飼うものなのか知らないけれど、ハムスター・ライノは可愛らしいキャラでした。
このコが一番純粋で能天気だったけど、だからこそボルトを信じるパワーが強くて説得力がありましたね(笑)
本当はヒーローなんかじゃないと気付いたボルトを勇気付けるシーンとか良かったな~。
ライノがどっぷりテレビの世界にいるって設定のままでの説得が面白かった♪

どんな状況になっても、“ペニーは自分の人間”であることだけは信じ続けるボルトの一途な思いに泣けてきて…(ボルトもハチなのかあ~)
人間と動物の関係がどうあるべきか明確だったと思いました。
動物キャラクターの描写が細かくて、個性に無駄がなく、細部にまでもこだわりがあって解りやすいお話でした。
ペニーとボルトの出会いのシーン…
何だか解るんですよね~そこにいるたくさんのワンコの中から運命みたいなものを感じるのって…!
090731_bolt_sub6Bolt.jpg
吹き替えで観ましたが、ボルトの佐々木蔵之介、ミトンズの江角マキコ、ハムスター・ライノの天野ひろゆき、個性的な俳優さんがキャラに気持ちをしっかりと入魂していったのかな~。
天野さんは最後まで気付かなかったのが幸い(笑)ですが、皆さんとても良かったと思います!
ペニーのマネージャーが、萩原流行に見えたのは私だけ?!(笑)

今回の短編アニメは、東京を舞台にした「メーターの東京レース」

2009年 8/1公開 アメリカ映画
監督 バイロン・ハワード
2009.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/506-ef0ca550