2007_03
11
(Sun)01:27

Shall we Dance?



周防正行監督作品がハリウッドでリメイク。
ジョン・クラーク(リチャード・ギア)は遺言書作成の専門弁護士。
デパートに勤める妻ビヴァリー(スーザン・サランドン)と2人の子供と幸福な暮らしを送っている。
しかし彼は心のどこかに空しさを感じていた。
そんなある日、通勤電車の中から社交ダンス教室の窓辺にたたずむ美しい女性ポリーナ(ジェニファー・ロペス)の姿に目を留める。
ジョンはついに電車を途中下車し、ダンス教室へと足を踏み入れる。

オリジナル版と肩を並べる個性豊かな脇役たち。
ジョンの同僚でダンスオタクのリンク(竹中直人)に『ターミナル』『プラダを着た悪魔』のスタンリー・トゥッチ。
彼とジョンをパートナーにコンテストに出場する中年女性ボビー(渡辺えり子)に『ブルース・オールマイティ』のリサ・アン・ウォルター。
妻が依頼する探偵(柄本明)に『スタンド・アップ』のリチャード・ジェンキンスなど。

文化の違いなどからオリジナルとでは人物像の違いはありますが、
ストーリーや見せ場が大きく反れる事は無く、
私は逆にハリウッド版の方がとてもお洒落で前向きで、ゴージャス感がただよい、
他人に心を開いていく事で得るものを感じました。
ジェニファー・ロペスの情熱的なラテン・ダンスは見ごたえ十分だと思います。

オリジナル版ではラスト辺り、自宅の庭で奥さんにダンスを教えるシーンがほのぼのと描かれてますが、
愛情表現の苦手な日本男性とはいえ、この旦那さんは本当に奥さんの事を愛しているのだろうか???と私には疑問のままでした。ハリッド版ではここが、ビックリするほど洒落ていて感動するというのか…
いやぁ~もうこんな事、あちらではたいした事では無いかもしれないし、日本人が同じような事をしたら、恥ずかしいだけかもしれません…
でも、だからこそ、とても~とてもジーーンとくると言うのか、
旦那さんが奥さんに対する愛情と夫婦の絆を強く感じました。
正直、鳥肌&ウルウルホロリ!

ストーリーも知ってるし、
今更なんで邦画のリメイク?~と思ってあまり期待しなかったのですが、
見事にヤラレた作品でした(笑)
ギアさん、グレー系の白髪と黒のタキシード、真紅の1本のバラがとても似合っていてステキでした!

2005年 4/23公開 アメリカ映画
監督 ピーター・チェルソム

C.O.M.M.E.N.T

一輪のバラを手にして妻の元に向かうなんて芸当
日本人はなかなかできませんよ〜〜〜
それが家ならば気恥ずかしさもないだろうけど
妻の職場、周囲には人もいてってことになったら
奥さんも喜ぶどころか、えーーー!?と戸惑いそう。
それが私たち日本人なんですよね〜
だから日本版にはないおしゃれでセンスのいいシーンがとっても心地よかったです。

TBの件ご連絡いただき早速3本ほど送ってみました・・・が
やっぱり反映されない様子です。
他にも一切のTBが入らないFC2のBlogあるんですよ。
でも他の人のは普通に入っているのでお互いのBlog同士の相性の問題?
お手数かけてどうもすみませんでしたm(*- -*)m

2007/03/11 (Sun) 14:27 | ジュン #6ZS2/17k | URL | 編集 | 返信

ジュンさんへ

そうなんですよ〜実際あんな事されたら気恥ずかしいし、似合わないけど(爆)
あこがれます〜良い夫婦だなあ〜と!
幾つになっても態度で示すのは大切ですよね。

TBだめですか〜残念です…
えっ?相性の問題?
本人同士は多分悪くないですよね〜?(^^)/(大爆)

2007/03/12 (Mon) 02:56 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック