FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

6933_3639772816THE READER
1958年ドイツ。
15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に心奪われ、彼女の肉体の虜となっていく。
ハンナはマイケルに本を朗読するよう頼み、次第にそれがふたりの日課となっていった。
ところが突然、ハンナはマイケルの前から姿を消してしまう。

8年後、法学専攻の大学生になったマイケルが傍聴したナチス戦犯を裁く法廷で、被告席に座るハンナを目にする。
裁判を見守っていたマイケルは、ハンナが隠し通そうとするある秘密に気付くが…

ベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を原案に、スティーヴン・ダルドリーが映像化。
本の朗読を通じて愛を確かめ合う男女のラブストーリー。
364_4406166029THE READER
年上女性との情事で、若き青年が性に目覚めてサカリが付いたかのような前半。
最近のケイト・ウィンスレットは「リトル・チルドレン」での大股開きや「レボリューショナリー・ロード」のカーセックスなど、かなり露出度が高く目を避けたくもなるのですが(苦笑)
顔が汚れたくらいで風呂へ入れと服を脱がせ、裸になった若い坊やを何気に覗く視線が上手い(爆)
「チャタレー夫人の恋人」が卑猥だわ!って、あなたも十分卑猥ですよ(笑)

「めぐりあう時間たち」でニコール・キッドマンにオスカーをもたらせたスティーブン・ダルドリー監督は、今作でもまたケイト・ウィンスレットにオスカーを導いた。
ハンナ役はケイトのスケジュールの問題からニコールへ、ニコールの妊娠で再びケイトへと戻ってきたらしい。
この物語も「めぐりあう時間たち」のように、時間軸を交差させ、大人になったマイケルを演じるレイフ・ファインズの沈鬱な表情と語り口が、そんな年上女性と若い青年の恋が悲劇で終わったのであろうと予測させます。
9675_10815988231THE READER
60年代になり、ロール教授(ブルーノ・ガンツ)のゼミでナチ戦犯の裁判を傍聴したマイケルは、
被告人の中にハンナの名前を耳にします。
ここから戦争犯罪や個人の尊厳というテーマに変わっていきます。
ハンナにはナチスの看守だった過去があったのですが、ナチがどれだけ残虐な行為を行って来たのかを語るより、独裁政権の後遺症を抱えていかなければならないドイツ人の問題が浮き彫りになります。
ハンナが裁判長に「あなたならどうしましたか?」という問いかけは、戦犯という背景に、ある意味国民全てが被害者であるかのように感じてしまいます。

あるハンディを持つハンナは、この裁判で不利な状況になります。
マイケルに朗読させていた事、サイクリング先でのメニュー、昇進を望まず姿を消した事、また、どうしてナチの看守職に就いたのか、全てに説明が付く事でした。
しかしハンナは罪を被ってもそのハンディを隠し通そうとします。
それに気づいたマイケルは、葛藤し決断したことから彼にも苦悩の日々が続きます。
332362_01_02_02愛を読むひと
その後、結婚と離婚を経験したマイケルは、
ハンナに読み聞かせた数々の名作を手にした時、再び朗読者になることを選びます。
秘密を公にすることより、ハンナのプライドを守り続けてきた証でもあったのでしょうか。
朗読を録音したテープを何本も送り、ハンナがチェーホフの「小犬を連れた貴婦人」の朗読テープから“the”に○を付けスペルを確かめ、拙い文字でマイケルに手紙を送る姿は感動的でした。
332362_01_05_02愛を読むひと
しかしマイケルは返事を書くこともなく、距離を置いて見守るだけ。
どこか冷めていて淡々とし、曖昧で中途半端なマイケルの内面からは、何を考えているのか不思議にも感じますが、
学生の時、強制収容所を見学してみると「人が社会で生きるには道徳ではなく法なのだ」と言う教授の言葉通り、
ハンナの過ちを断罪はできないし、かといって、彼女を説得するにはまだまだ未熟なマイケルには背負うものの重さを感じたのでしょう。
今では法に携わる身分である以上、彼なりの壁は崩せないままなのだと思いました。
また彼女の尊厳を重視した自分の決断にも果たしてそれで良かったのか、自問自答の日々だったと思います。
文字を覚えていったハンナの頑張りをどう感じていたのかは解りませんが、世間に戻っても自立できると踏まえていたのでしょうか。
忘れられない愛の記憶と、許容することができないマイケルの葛藤が感じられました。
マイケルは娘に語り始めることで、自らハンナを解放したのでしょう。
後半は、二人の年齢差が重要であったと痛感しました。

ハンナが下した最後の決断にも様々な問いがあり、観たものに委ねられていますが、
ハンナの戦犯のきっかけになったホロコースト生存者の作家メイザー(レナ・オリン)にハンナが文盲であったことを告げても、冤罪など関係ないと動じない態度は、ユダヤ人を虐殺してきた事は、何ごとにも変えれない重い罪なのだと静かに訴えられていたと感じます。
332362view013愛を読むひと
30代から60代後半までを演じたケイト・ウィンスレットは、アカデミー賞主演女優賞オスカーに値する演技だったと思いますが、
彼女はこれぐらいの演技力があるのは知れていることで、「レボリューショナリー・ロード」同様、女優魂を見せ付けたって感じでした。
ニコールだったら、間違いなく裸体はしなやかで女性らしく~それはもう透けチチもさぞかし美しいと想像しますが(笑)
このハンナと言う女性はケイトのようにドッシリとしてどこかダサい(苦笑)香りがする方が嵌っていると思いました。
多分、貧困からまともな教育がされず、几帳面で知識に飢えた繊細な人だったのでしょう(自己中ですが~)

大人になったマイケルを演じたレイフ・ファインズのやるせなさは外見に合っていましたし、朗読を録音するシーンは彼なりの愛が切々と語られているように感じました。

若きマイクの新星デヴィッド・クロス。
主な出演者で彼だけがドイツ人との事ですが、大女優相手に体当たりのベットシーンでした。
純粋な少年から苦悩する若者を上手く演じていたと思いました。
(私は、途中までナルニアのピーターかと思ってましたぁ~汗)
愛を読むひと
ドイツが舞台なのに英語…って、この点を取り上げてしまうと映画にならないかもしれませんので、もう気にしないほうが良いですね。
それよりケイトもレイフもイギリス人以外、何者にも見えないので不安でしたが、
ナチスドイツの背景より物語の本質は別なので、すんなりと入っていけました。

まるで小説を読んでいるかのように流れていくストーリーと映像に、愛と罪と尊厳と…
愛とか恋と呼ぶには疑問も残るのだけれど、お互い影響を与え合い傷つき、それでも自分の信念を貫いた二人の男女の物語は、またまた考えさせられる映画となりました。

2009年 6/19公開 アメリカ/ドイツ映画
監督 スティーヴン・ダルドリー
2009.06.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/481-9f92e358