FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

930_209587605TERMINATOR SALVATION
2003年、死刑囚マーカス・ライト(サム・ワーシントン)は、科学者セレナ・コーガン(ヘレナ・ボナム・カーター)に遺体を検体に寄贈して欲しいと頼まれ同意する。

“審判の日”から10年後の2018年。
生き延びた人間たちは抵抗軍を組織し、指導者となったジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)は、機械軍との死闘に身を投じていた。
死刑から15年後に目覚めたマーカスは、変わり果てた世界に愕然とする。
場所すらも解らずさまよう中、カイル・リース(アントン・イェルチン)と口の聞けないスター(ジェイダ・グレイス)に出会う。

大ヒットシリーズの4作目にして初めて未来世界に迫った新たな船出となるSFアクション。
スカイネットと人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。
7041_8432318193TERMINATOR SALVATION
先行上映で観てきました。
「ターミネーター3」はあまり覚えてないのですが、
回避できなかった“審判の日”から10年後、今回はタイムスリップなしで描かれています。
物語としては初めて未来が舞台になったと言うことですね。

スカイネットの「暗殺リスト」に、自分とカイル・リースの名前があることを知ったジョンは、父親であるカイルの行方を捜し、マーカスとカイルはスカイネットから必死で逃げる。
ちょっと「宇宙戦争」や「トランスフォーマー」、「ダークナイト」のバットポッドを思わせるようなのもありますが、数々のキラーロボットが容赦なく遅いかかってきます。
激しい銃撃、爆破とアクション・シーンは迫力満点な映像で楽しめます。
6860_97153842TERMINATOR SALVATION
レジスタンスのブレア・ウィリアムズ(ムーン・ブラッドグッド)が、負傷したマーカスを基地に連れてくるが、
人間だと思っていたマーカスは機械と人間のハイブリッドマシーンだと解りショックを受ける。
カイルは捕獲されたと教えられたジョンは、敵か味方か解らないマーカスをスカイネットの中枢に潜入させるため逃がす…。
3257_6166414000TERMINATOR SALVATION
登場するターミネーターはT-600とかで、大量生産されてましたが、性能はイマイチなんでしょうかぁ~案外あっけなくやられてたような(笑)
1作目のターミネーター(T-800)がラストあたりで登場しますが、あれはまだ未完成ってことなんでしょうね(笑)

3代目ジョン・コナーにはクリスチャン・ベイル、
マーカスと行動を共にする10代のカイルは「スター・トレック」のアントン・イェルチン、
結婚してお腹が大きいケイト・コナーは、ブライス・ダラス・ハワード。
シュワルツェネッガー不在のこの作品で、注目のターミネーターは、サム・ワーシントン。
録音テープの声と古びた写真で登場するサラ・コナーと、ちょっと変なCGでシュワちゃんも出演(苦笑)
5038_10871052988TERMINATOR SALVATION
5840_11656897577TERMINATOR SALVATION
上半身だけになったターミネーターがジョンを執拗に襲うシーンや、マーカスが唯一の救いであると考え始めるあたりなどT1、T2を思わせるし、
「一緒に戦う」と言ったカイルに、「もう来てくれた」と答えるジョンに胸が熱くなりました!
でも「I’ll be back 」をすでにジョンが使っていたとは…(笑)

クリスチャン・ベイルのジョン・コナーは私的には良かったですが、彼以上にマーカスの方が主人公みたいな感じでした。
クリスチャン・ベイル、「ダークナイト」に続き喰われちゃった感は否めませんでした(苦笑)
6954_12880387963TERMINATOR SALVATION
マーカスはどうして半分機械人間になってしまったのか…
男らしい風貌ながらミステリアスな雰囲気で、興味深く描かれていました。
人間の心を持ち機械にされてしまったマーカスが、第二の人生として再生を願い出るエピソードは、
これまでのシリーズで描かれてきたジョン・コナーの新たな秘密?が明かされたみたいでした。
この作品ではマーカスがキーパーソンだと言う事になるのでしょう。
9706_10257110709TERMINATOR SALVATION
捕獲したカイルを殺してしまえば、コナーだって死んだろうにとか、マーカスが同化?しても人間感情のまま博士から経緯を聞かされてるのとか、結局、人間からターミネーターを作るのは失敗したスカイネットってこと?とちょっと細かい所で気になりましたが、全体的には期待を裏切られることなく楽しめました!
今後続く作品も待ち遠しいです♪

若きカイル・リースを演じたアントン・イェルチンですが、
「スター・トレック」でのプチ笑いを誘う演技とは違い、重要な役どころのイメージを壊さず光る演技でした。
可愛かったし、今後注目の若手さんですね~。
「トランスフォーマー」も彼みたいな容姿だったら、もっと楽しいのに…なんて(苦笑)

2009年 6/13公開 アメリカ映画
監督 マックG
2009.06.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/475-d0f68076