--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_05
25
(Mon)01:06

消されたヘッドライン

3287_7032518084STATE OF PLAY
ワシントンDC。
ドラッグ中毒の黒人少年スタッグが何者かに射殺された。
時を同じくして、国会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)のもとで働く女性職員ソニア・ベーカーが、出勤途中の地下鉄で不可解な死を遂げる。
コリンズとソニアの不倫疑惑が浮上しマスコミの餌食になる中、
大学時代からコリンズの友人であるワシントン・グローブの記者カル・マカフリー(ラッセル・クロウ)は、
スタッグ殺害事件を追っていたが、ソニアの死と接点があることを突き止めた…

イギリスBBCで放映された全6回のTVシリーズを、トニー・ギルロイら3人のライターが、舞台をアメリカに置き換えてリメイクした社会派サスペンス。
333436view015.jpg
BBCテレビ製作のドラマがあまりにも詰まらなかったので、この映画は観ないと書いていたのに、
試写会など観た方の評判は悪くなく、脚本にトニー・ギルロイの名前も見つけたので…
ちょっと気になったので初日に観て来ました(苦笑)

ハリウッドリメイクは有名俳優さんたちが揃いセットも拘ってるし、駐車場の場面は緊迫感ある見せ場だったし…って、
でも一番違ったのは、カルって、こんなにもジャーナリズム精神の強い人だったんだぁ!!
てことでしょうか(汗)
ドラマのカルも当然真相は暴いていくのですが、スティーヴンの妻アンとの不倫にもご執心で、
これまで調べてきた事件も途中で放り出そうとしたり、違法ギリギリの調査をする割には一体何を考えているのか到底この男の言い分に拍手を送る気にはならなかったんです。
その点、似合わないロン毛でメタボなラッセルではありますが、昔の「ブンヤ魂」みたいのを感じる熱い男でした。

ドラマの感想は↓です。

ステイト・オブ・プレイ


以下、ネタバレ。
9742_13385926833STATE OF PLAY
路上で黒人青年が殺害され、それを目撃したピザの配達人(ドラマはバイク便)も撃たれる冒頭のシーンから、地下鉄のホームで事故死したソニアのシーンも殆どドラマと同じ描き方で掴みはかなり引き込まれていきます。
死者数と殺された人はちょっと違いますが、
青年の死に疑問を持ち事件を調査するカルが、青年の携帯にあった着信履歴からソニアの留守電を耳するところなんて、映画の方が観せ方が上手い。
ソニア殺しが紐解かれていくうちに政治的な問題に繋がり、更にそのソニアを殺害した人物はどこの誰でまた何の為に…
と、真相の一歩は黒人青年が見ず知らずの男から盗んだカバンの中にあったわけですが、
ここから更にふたつの側面を描くにしてはあまりにも穴だらけで、サスペンス部分では面白いとは思えないんですね~これは映画でも同じでした。
1521_2072623591STATE OF PLAY
元々私はジェームズ・マカヴォイ目当てで見始めて、
第4話ぐらいまでは少しずつ明かされる事件の真相が気になってそこそこ面白かったのですが、
スティーブンのスキャンダルを発端に、正体の見えない殺し屋、警察との駆引き、政治家と企業の利益、真実を暴くジャーナリストなど何枚も広げられた風呂敷は、結局何だったのよ??とがっかりするぐらい小粒で腰抜けな男のバカげた動機のために二転三転したいと欲張り過ぎて詰まらなくなっちゃったんだと思います。
これはカルが「おまえの個人的な事情で何人の人間が死んだ!」と言うとおり、そんなのプロの探偵雇えばいいことじゃん!!って…
3790_4317390876STATE OF PLAY
イギリスと石油会社の癒着は、アメリカ国家と軍需産業ポイント・コープ社の関係に置き換えられ、
やはりいつも戦争とは切り離せないアメリカという国に相応しい(?)。
スティーヴンが委員長を務める調査委員会の捜査員ソニアは、実はポイント・コープ社に雇われスティーヴンの元に送りこまれたスパイ。
そのスパイと議員は恋に落ちて、妊娠までしちゃった挙句、誰かに殺されてしまう。
このオリジナルのストーリーがそのままだった為、国家権力を暴こうとするジャーナリズム精神がやはり弱い印象で終わってしまってました。
政治的な背景に重きを置き批判的にした社会派な内容でのリメイクだったら、ラッセルの演技ももっと光ったろうに~と残念です。(もっと言えば、ブラピとノートンだったら間違いなくそうなったのだろうに…)
4897_6040727180STATE OF PLAY
ペンを持参していないWEB版担当の記者デラ・フライ(レイチェル・マクアダムズ)は、
カルと共に事件を調べるうち、真実なる記事を書きたいという気持ちに拍車がかかる。
カルが彼女にペンだらけのネックレスをプレゼントするあたりも洒落が効いているし、ドラマにはなかったインターネットの発達と活字メディアの衰退と言う描き方はまさに今風。
9226_9240025517STATE OF PLAY
ドラマでは辛口で嫌味を言いながらも部下達を信頼し、強いジャーナリズム精神で上からの圧力にも決して屈しなかったキャメロン編集長(ビル・ナイ)
映画ではヘレン・ミレンが演じますが、その内容が真実であろうが良質であろうが部数が売れないと話にはならないと言う。
「儲かる記事を書くこと」を求めてくる上層部やファンドに介入されているアメリカの新聞業界の実情がリアル。
変化する報道の意味は、ジャーナリズムの使命感や二度と書けないかもしれない大事件を暴く野心も奪われかねない。
ニュアンスは違うけれど、権力者の圧力で事実を書かせてもらえなかった「ボーダータウン 報道されない殺人者」と同じで、記者の苦悩を感じました。
p_63471_01_01_02STATE OF PLAY
何も書かないカルにイライラ、スクープは他社に先を越されて激怒!
下品な言葉並べ立てる女編集長は、シワまでもがヒステリックに見える(笑)
私的には、ビル・ナイのような編集長の方が好感あり♪
9316_6267529561STATE OF PLAY
hustle-warren14Marc Warren
残念なのはドミニク・フォイ(ジェイソン・ベイトマン)
これはドラマのマーク・ウォーレンがすごく嵌っていて、強気ぶっても毎回脅かされながら吐くってパターンが面白かったのに、映画ではあまり重要ではなかったと言うか、ホテルで一気に喋ってしまいましたぁ~。
これはドラマの方が勝ちです(笑)
6286_8379131682STATE OF PLAY
p_77371_01_01_02STATE OF PLAY
デラを演じたドラマのケリー・マクドナルドも映画のレイチェル・アクアダムスも自然な演技で、二人とも可愛いらしくてジャーナリストとしての使命感に溢れる女性でした。
レイチェル・アクアダムスの方が報道に目覚めて成長し、素直な感じがしました。

コリンズ夫人アンのロビン・ライト・ペンは議員夫人らしい品の良さがありドラマの女優より数段上!
カルと不倫関係であったけど余計なシーンは一切なかったのも好感が持てました。

サスペンス要素は置いといて、真のジャーナリストは日々大変なんだ…
そんな感覚で観た方が良さそうです。
エンドロールの新聞製版工程は、新しいメディアへの転換期を示唆しているのだろうか~意味ありげでした。
マカちゃんの役なんて、寂しいくらいの脇…
検死医はヴィオラ・デイヴィス、ほんのワンシーンでした。

2009年 5/22公開 アメリカ/イギリス映画
監督 ケヴィン・マクドナルド 

C.O.M.M.E.N.T

こんばんわ!

お忙しかったみたいで・・プチお久しぶりデス〜
オリーブリーさんドラマもご覧になってるんですね!
編集局長がビル・ナイ!おお〜それもちょっと見てみたいかも^^

私2つの事件がつながってく過程はドキドキしてみてたんですぅ〜
あのひとひねりまでは〜
てかあのひとひねりはオリジナルも同じなんですね・・
ラッセルがはまり役だっただけに残念でしたー。
てかラッセルの体格は役作りなのか、ダイエットの失敗なのか、
はっきり知りたい(笑)ぷぷぷ

2009/05/25 (Mon) 21:33 | かいこ #- | URL | 編集 | 返信

・゚・(ノД`;)・゚・

>ブラピとノートンだったら〜

観たかったわ〜 e-259
まだ言う・・・(笑)

いやぁ〜Oちゃん上手いわ!
よくこれだけ書けるね e-451
私のお子ちゃま感想文だと「結構面白かった」で終わりやわ (^ ^ゞ

そういえば最近マカちゃん情報ないね・・・

2009/05/26 (Tue) 00:46 | ロク #z6GZigPw | URL | 編集 | 返信

こんにちわ

よく刑事モノで法律なんか無視して強引な手法で犯人を捕まえる野獣と呼ばれるヒーローがいますけど、オリジナルはそれのジャーナリスト版みたいなキャラなんですね。

純然たるヒーローよりは人間臭いほうが好きなんですけど、でもそのキャラだと一流紙というより三流タブロイド紙の記者って感じでラッセルでもブラピでもないような無名な俳優のほうが似合いそうな感じですね。

2009/05/27 (Wed) 11:01 | かのん #.2cgsHzE | URL | 編集 | 返信

こちらにもお邪魔します♪
オリーブリーさんはオリジナルもご覧になったのね。
で、、、イマイチだったのかぁ〜
そうかぁ〜・・・・・じゃあ何でわざわざ映画にしたんだろう?ネタ切れかな?(笑)
>何枚も広げられた風呂敷は、結局何だったのよ??
そうなのよねぇ〜
途中までは面白かったんだけど、、、
もしやと思ったら、本当にこじんまりとしたオチで、ちょっとガックリでした〜

2009/05/27 (Wed) 16:16 | 由香 #- | URL | 編集 | 返信

かいこさんへ

こんにちは〜
はい、少しリフレッシュしてました(笑)
また宜しくね♪(#^ー゚)v

ラッセルのメタボネタは笑えたね。
ダイエット・コーク飲んでも無駄だろう〜と思うようなバーガー注文してたしo(^▽^)oキャハハハ
いっその事メタボなコメディにでも出たらバカウケかも(酷い?〜汗)

編集長はビルの方が断然良かったよ〜で、その息子がマカちゃんで調査に加わるの♪
でも映画版では活字メディアの実情がありありだったから、利益主義に走る(走らされる)女編集長だったんだろうね。
それにしてもヒステリックだったよぉ┐(´-`)┌
オチはガッカリでしょう〜あれは変更すべきだと思うんだけどなぁ…

2009/05/27 (Wed) 16:35 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ロクちゃんへ

>観たかったわ〜

当然配役が変われば、別物な映画だろうけど、
こうやって出来上がりを観てみると、あの二人が降板した理由も何となく見え隠れするような…(苦笑)

まあ、この映画はドラマ版から散々二人で話したから、もう特別ないね〜メタボなラッセルぐらい?(爆)
声は素敵なんだけど…(;^_^A アセアセ・・・

マカちゃん、、、
去年は続いたから、寂しいね・゚・(ノД`;)・゚・

2009/05/27 (Wed) 16:53 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんちゃー^^

オリーブリーさんがオリジナルは今ひとつと言いつつも、比較して書いてくれているのを読むと、逆に余計見たくなっちゃいました。(笑)ビル・ナイは好きな役者さんなので、それ聞くと余計に…。

というか、ドラマ版から映画化するならやっぱり役者は引き継がないとなぁ…。どうしたってドラマのほうが長くやるんだから、印象忘れて見ろったって無理ですよねぇ。

まあオリジナル見ないでこの作品だけ見た私としては結構楽しめました。ラッセルの体型はともかく、演技には相変わらず引き込まれたんで。次はラッセルもやせてくれるでしょう!(笑)

2009/05/27 (Wed) 20:14 | KLY@休憩中 #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

こんにちは。

こんにちは。

あのラストはガクッときました。
語り口はそこそこうまいのに、
この落とし込みじゃあ、悲しいです。
なんかスケールダウンした気がしました。

でもオリジナルがそういうお話じゃあ、
仕方ないのかなあ。

2009/05/28 (Thu) 10:11 | えい #yO3oTUJs | URL | 編集 | 返信

かのん さんへ

こんばんは〜。

オリジナルのカルは、確かに法律なんか無視して強引な手法なんですが、
ジャーナリストと言うのか、何だかそんな信念みたいのは伝わらない人でした。
まあ、他の女性ならまだしも、アンと不倫しながら何を偉そうに…って思っちゃったんです(汗)
その点、映画ではそんな事は匂わす程度だったので好感は持てました♪(#^ー゚)v

2009/05/30 (Sat) 00:30 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

由香さんへ

ドラマはもう少し国家と企業ネタはあるんだけど、それでもオチはこれだから、面食らって、へっ??!でしたよん(汗)
映画の方は、メタボなラッセルにジャーナリスト魂があったので、まだ救われたけど〜笑!

本当、映画にするって不思議〜しかもブラピとノートンが降板しちゃったって、そりゃそうだろうなぁ〜とか思っちゃった(;^_^A アセアセ・・・

2009/05/30 (Sat) 00:49 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんばんは〜。

ドラマが悪いとは思わないんですけど(;^_^A アセアセ・・・
ドラマだから、それでも(そんなオチでも)仕方ないでしょうが、
えーと、映画リメイクするようなモノかって〜のが???でした。

DVDになってるのでしょうかね〜比較はしてみたくなりますよね。
NHK、また放送してくれないかしら(´へ`;ウーム
編集長はビルの方が好感もてるし、人間関係とかもドラマの方がもう少し突っ込んでると思います。

2009/05/30 (Sat) 01:23 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

えいさんへ

こんにちは〜お返事が遅くてすみませんm(_ _)m

あのラストは絶対に変えるべきなんですよねっ!
映画では触れられていないけど、ソニアを雇った企業側も彼女の死に困惑だったから、これじゃぁ〜納得できないでしょう(苦笑)
せっかくのキャストなのに、残念なリメイクです。

2009/06/03 (Wed) 16:28 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

消されたヘッドライン

 『そのスクープが、時代を揺るがす。』  コチラの「消されたヘッドライン」は、2003年にイギリスBBCで放送された大ヒットサスペンスドラマをハリウッドで映画化した5/22公開の社会派サスペンスなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪ちなみにオリジナルのドラマ「

2009.05.25 (Mon) 20:14 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

「消されたヘッドライン(STATE OF PLAY)」映画感想

かなり久々に自力で当てた試写会で「消されたヘッドライン(STATE OF PLAY)」を見てきました。 ラッセル・クロウ

2009.05.25 (Mon) 20:38 | Wilderlandwandar

消されたヘッドライン

イギリスの大人気サスペンスドラマをハリウッドでリメイクした作品。主演ラッセル・クロウをはじめ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレンと実力ある俳優がそろったサスペンスムービー。監督はドキュメンタリー映画の鬼才ケヴィン・マクドナルド。...

2009.05.25 (Mon) 21:09 | LOVE Cinemas 調布

「消されたヘッドライン」

イギリスBBCテレビの人気ドラマを映画化したサスペンス。「消されたヘッドライン」公式サイト終盤までぐいぐいひきこまれて楽しめました!社会派モノが好きな方はお好きなんじゃないかとベテラン新聞記者にラッセル・クロウ。この体格は役作りなのか、ワールド・オブ・ラ...

2009.05.25 (Mon) 21:34 | かいコ。の気ままに生活

映画 【消されたヘッドライン】

映画館にて「消されたヘッドライン」 イギリスBBC製作ドラマ「ステート・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜」(全6話)の映画化。 おはなし:国会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)の愛人ソニアが地下鉄のホームで不可解な死を遂げる。コリンズの友人でワシント...

2009.05.25 (Mon) 22:51 | ミチの雑記帳

[映画『消されたヘッドライン』を観た]

☆仕事が遅番だったので、朝一で観てきました。  ラッセル・クロウの変な髪形(欧米の裁判官のカツラ風)が印象的な作品だ^^;  明日は早番で、朝早いので、短いレビューで終わりますぜ^^;  主人公の新聞記者カルを演じたラッセル・クロウだが、メタボが極まっ...

2009.05.26 (Tue) 08:33 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

消されたヘッドライン

観ようか、、、観まいか、、、悩んだのよ〜コレ。・・・・・ラッセル・クロウったら、、、太り過ぎじゃないポヨ〜ン いや、、、笑顔はキュートだけどサ【story】ワシントン・グローブ紙の敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、旧友の国会議員コリンズ(ベン・アフレ

2009.05.26 (Tue) 11:57 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

いろんな題材がてんこ盛り。『消されたヘッドライン』

殺人事件を切っ掛けに新聞記者の目線を通して様々なアメリカの闇の部分が見えてくるサスペンス映画です。

2009.05.26 (Tue) 12:38 | 水曜日のシネマ日記

映画「消されたヘッドライン」の感想です。

この映画の原作は2003年にイギリスのBBCで放送された全6回のTVシリーズで、英国アカデミー賞などを受賞した大ヒットドラマだそうです。日本でも2008年にNHKのBSで放送されていたらしいけど、うちはスカパーしか加入していないのでこのドラマは知りませんでした。

2009.05.26 (Tue) 13:43 | MOVIE レビュー

「消されたヘッドライン」

JUGEMテーマ:映画  これは、面白い。本当に。もう一回観たい、と思っています。ラッセル・クロウ演じる新聞記者カル・マカフリーがとある殺人事件と、政治家の愛人の自殺という一見関連の無い出来事を結ぶ一つの企業の存在に気づき、一つの大きな事件として

2009.05.26 (Tue) 16:18 | ハピネス道

消されたヘッドライン/ラッセル・クロウ

この映画、脚本にはトニー・ギルロイも参加してたんですね。シネコンに掲示されてたポスターを見たときに初めて気づきました。劇場予告編では濃厚そうなサスペンスって印象でしたけど、その一方でラッセル・クロウのロン毛とちょっとメタボな体型が気になるのでした(笑)。...

2009.05.26 (Tue) 17:29 | カノンな日々

[消されたヘッドライン] 映画

原題:STATE OF PLAY公開:2009/05/22製作国:上映時間:127分鑑賞日:2009/05/23監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ジェイソン・ベイトマン、ロビン・ライト・ペン、ジェフ・ダニエルズ...

2009.05.26 (Tue) 21:07 | 映画鑑賞★日記・・・

消されたヘッドライン

イギリスのBBCテレビのテレビドラマを舞台をアメリカに変更して リメイクしたサスペンス。 関係のない2つの事件から巨大な陰謀を嗅ぎ取った新聞記者が真相を めぐって奔走する様をスリリングに描く。ワシントンDCでドラッグ中毒の黒人少年が射殺される事件と。 国会..

2009.05.26 (Tue) 23:59 | だらだら無気力ブログ

『消されたヘッドライン』

(原題:State of Play) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「う〜ん。 これは困ったなあ」 ----えっ。どうしたの? なにか問題でも? 「いや、実はこの映画、 観ている

2009.05.27 (Wed) 22:25 | ラムの大通り

消されたヘッドライン / STATE OF PLAY

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 監督は『ラスト・キング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルドってことで興味あって観てきた{/shootingstar/}  ベン・アフレックも出てたし{/hea...

2009.05.28 (Thu) 09:13 | 我想一個人映画美的女人blog

消されたヘッドライン◆STATE OF PLAY

暴くのか、逃げるのかーーーー。 それは、ひとりの新聞記者が見た“現代アメリカの最大の闇” 5月25日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ラッセル・クロウ、また一段とでかくなりましたね。そのうえロングヘアーです。少しきもい感じもありますが・・・・。 実はラッセル...

2009.05.29 (Fri) 01:16 | 銅版画制作の日々

消されたヘッドライン(2009年、アメリカ)

 この映画は、「ブロガー諸君よ!スクープを狙え!ワシントン・グローブ社日本支社Presents『消されたヘッドライン』俺たち!市民ジャーナリスト試写会」で観ました。どうでもいいことですが、イベント名が

2009.05.29 (Fri) 11:56 | 泉獺のどうでも映画批評

消されたヘッドライン 戦争とはお金儲けのためのものなのか・・・

【 31 -8-】 スタートレック{/m_0058/}がどうしても観たくて{/m_0084/}、で、見に行くなら日曜日になるんで、少しでもお安く{/m_0186/}観るために、公開日{/m_0167/}前日ギリギリで前売り券{/m_0065/}をゲットしてきた。 するとちょうど「消されたヘッドライン」がまもな...

2009.05.29 (Fri) 13:10 | 労組書記長社労士のブログ

消されたヘッドライン

JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/アメリカ・イギリス 監督: ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ    ベン・アフレック    レイチェル・マクアダムス    ヘレン・ミレン

2009.05.29 (Fri) 21:23 | Lovely Cinema

消されたヘッドライン

真実を求めて取材を続ける新聞記者がつかんだのは、衝撃の真相! 立ちはだかる巨大な権力を前に、彼らはヘッドラインを守れるのか?・・・意地と執念を見せるジャーナリスト魂を感じて! 物語:ある朝、駅のホームで25歳の女性ソニア・ベーカーが転落死する。そして理想...

2009.05.29 (Fri) 22:53 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

消されたヘッドライン/State of Play

更新が、遅れておりますが^^; 先週の土曜日は、レイトショーのはしご。 ほんとは、金曜日の公開日に観たかったんだけど、またしてもミーティングが長引き、間に合わず。 ということで、1本目は、「消されたヘッドライン 」。 ラッセル・クロウ演じるジャーナリスト

2009.05.30 (Sat) 18:05 | いい加減社長の日記

消されたヘッドライン

消されたヘッドライン[State of Play] ストーリー 冒頭、黒人の青年が銃で撃たれて殺される、そこを偶然通りかかったピザの配達人も撃たれて重体。 そして翌日の朝、コリンズ議員の助手のソフィアが謎の死をとげる。 コリンズとソフィアは不倫関係にあったのだ、そしてそ...

2009.05.31 (Sun) 21:42 | 犬・ときどき映画

消されたヘッドライン

ドキュメンタリーを得意とするケヴィン・マクドナルド監督の消されたヘッドラインは、BBCのテレビドラマを元にした作品だが、設定をアメリカの民間軍事企業に変えて非常にリアリティあふれる作品になっている。

2009.06.04 (Thu) 12:26 | オヤジの映画の見方

消されたヘッドライン

評価:★★★★[4/5] たった一言、口が滑ったことも見逃さない敏腕記者。

2009.06.05 (Fri) 11:20 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

消されたヘッドライン を観ました。

ベン・アフレックはやはり相性が悪いかも…。

2009.06.08 (Mon) 09:41 | My Favorite Things

消されたヘッドライン

民間軍事会社の調査を進めていた議員・コリンズの秘書が謎の死を遂げた。さらにその秘書はコリンズと不倫関係にあり、事件は一大スキャンダルへと発展する。コリンズの友人でもある新聞編集者のカルは、自分が追っていた殺人事件がコリンズの事件と繋がっていることを発見...

2009.06.10 (Wed) 08:16 | 5125年映画の旅

消されたヘッドライン ▲65

'09年、アメリカ原題:State of Play監督:ケヴィン・マクドナルド製作:アンドリュー・ハンプトン、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー製作総指揮:ポール・アボット、E・ベネット・ウォルシュ、ライザ・チェイシン、デブラ・ヘイワード原作:ポール・アボット脚本

2009.06.10 (Wed) 19:55 | レザボアCATs

消されたヘッドライン

やたらとテレビCMやってたんで、ちょっと怪しいかなぁとも思いつつ、それでもちょっと面白そうだと思い見に行くことにしました。ラッセルクロウとベンアフレックというデブとアゴのむさくるしいコンビはそんなに気になるキャストではなかったんですが、ヘレンミレンとレイ...

2009.06.11 (Thu) 09:45 | シネマ日記

「消されたヘッドライン」

                         「消されたヘッドライン」 ラストの解りにくさを除けば素晴らしい作品ですね! コンピューターなどに押されて情報媒体としては斜陽的な位置づけにある「新聞」というメディアを扱ったクライム・サスペンスであります...

2009.06.13 (Sat) 14:00 | ひきばっちの映画でどうだ!!

消されたヘッドライン(アメリカ/イギリス)

なんとなく観てみよっかな。と、「消されたヘッドライン」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ジェイソン・ベイトマン、ロビン・ライト・ペン 上映時間:127分 ...

2009.06.17 (Wed) 14:03 | 映画でココロの筋トレ

消されたヘッドライン

私は、ラッセル・クロウを愛してました(過去形) 『グラディエーター』から、あたしはラッセル・クロウを愛していたのに......あまりに哀し...

2009.06.22 (Mon) 19:57 | 描きたいアレコレ・やや甘口

消されたヘッドライン

それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 発売予定日は2009年11月26日

2009.11.08 (Sun) 11:50 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー

「消されたヘッドライン」(STATE OF PLAY)

英国BBCが製作したTVドラマシリーズ「ステイト・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜」を舞台を米国に移しかえ劇場版としてリメイクした社会派サスペンス「消されたヘッドライン」(2009年、英米、127分、ケヴィン・マクドナルド監督)。この映画は、関連のない2つの...

2009.12.06 (Sun) 06:58 | シネマ・ワンダーランド

mini review 10433「消されたヘッドライン」★★★★★★☆☆☆☆

イギリスのBBCテレビの人気ドラマを『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルド監督が映画化したポリティカル・サスペンス。あるスキャンダルをきっかけに、巨大な陰謀に巻き込まれていく記者たちの戦いの日々を描く。粘り強いベテラン記者を演じる

2010.01.22 (Fri) 01:46 | サーカスな日々

消されたヘッドライン

全く関係ないように見えた2つの事件が重なるとき、軍需産業の絡んだ陰謀、政治家と企業の癒着など、政治の暗部がみえてくる…と思ったような思ってないような作品。 結末のどんでん返しは捻られており、オチがまさかの「事件の裏に国家的な陰謀が隠されていたと思ったら...

2012.05.15 (Tue) 09:48 | いやいやえん

「消されたヘッドライン」(2009年、アメリカ...

「消されたヘッドライン」(原題:StateofPlay)は、2009年公開のアメリカ・イギリス合作の映画です。イギリスBBCのテレビドラマ「ステート・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜」をラッセル・ク...

2015.08.06 (Thu) 01:15 | 楽天売れ筋お買い物ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。