心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 ま行 ≫ ミルク

ミルク


1972年のニューヨーク。
金融や保険業界で働いていたミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット(ジェームズ・フランコ)と出会い恋に落ちる。
二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、同性愛者が多く住む“カストロ地区”で小さなカメラ店を開店。
ミルクは同性愛者や社会的弱者が抱える問題を改善するため、次第に政治に目覚め、ついには市政執行委員選挙に立候補する。

ゲイであることを公表し、あらゆるマイノリティの社会的地位向上のために立ち上がった伝説の活動家ハーヴィー・ミルクの波乱に富んだ後半生を描く伝記ドラマ。
監督は自らゲイをカミングアウトしたガス・ヴァン・サント。
ショーン・ペンは第81回アカデミー賞主演男優賞オスカー受賞。
11345590_galMilk.jpg
実はショーン・ペンは苦手です。
いつも真剣すぎる感じで観ていると重苦しくなって疲れてくるのです。
実在したゲイの政治家を演じるとのことで覚悟はしたのですが、これはもうとっても良かったです!
この映画で“ハーヴェイ・ミルク”を始めて知りましたが、ひたむきで情熱溢れるミルクのパワーが、いつもよりかなり抑えられた演技で愛嬌があり、最後にはミルクなのかペンなのか解らないけど好きになってしまいました(笑)
「ミスティック・リバー」の凄味のあるジミー役より、当然のオスカーだと思いました。
11345614_galMilk.jpg
そしてもう一人はこの方♪
ミルクの活動を手伝いながら、支えになっていた恋人スコット役のジェームズ・フランコ!
最近は登場しても「たった、これだけぇ~~??!」とガックリだったですが、今作では十分にその魅力を堪能できました!
そして、驚く事にこのフランコがヒースにとっても似ていたのです!!
途中から錯覚するぐらい…
照れ笑いとか、優しく覗き込む表情とか、、、ダブってしまって泣きそうになりました(汗)
milkpic13Milk.jpg
同性愛者なので男性同士のシーンはありますが、それよりもミルクの人間性に引かれる映画だったので、そのところはあまり気にはなりませんでした。
ユーモアあり人情あり、政治に対する姿勢など支持を得たのは納得です。

3度の落選後、4度目にしてやっと市政執行委員に当選。
ゲイ・コミュニティのために立ち上がったのですが、彼が訴えていたことは、少数派に留まらず全ての人々の枠に当てはまるものでした。
「犬の糞を始末しなかったら罰金」の条例など話題をふりまき、アンチ・ゲイによる提案6号を否決するために力を注ぎます。
その一方で、暗殺の警告など、危険や孤独と闘っていた一面もしっかりと描かれています。
3582_5261089968Milk.jpg
4611_7881739860Milk.jpg
スコット役のジェームズ・フランコを始め、ミルクを支える若者達、エミール・ハーシュ、アリソン・ピル、
“ファーストレディ”と呼ばれていたジャック役のディエゴ・ルナなど、ショーン・ペンと堂々と渡り歩いていて上手でした。
milkpic16Milk.jpg
ミルクと同じく市政執行委員初当選したダン・ホワイト(ジョシュ・ブローリン)。
元警官で消防士の経歴を持つ保守的な彼は、自身の選挙区で空家となった修道院を精神病院にすると言う案件が元で、何かとミルクと対立するようになった。
自分が正しいと思う政治をするミルクとは対照的に、ホワイトは何ひとつ実績を残せずにいた。

劇中、ホワイトがクローゼット・ゲイ(ゲイであることを隠している人)ではないか…とミルクは言います。
その真相は明らかにはなりませんが、
とてつもない負けず嫌いで、ミルクに嫉妬や怒り、恨みでイッパイだったのは間違いないでしょう。
この人物も大変興味深く描かれていました。
ジョシュ・ブローリン、次回作ではブッシュ元大統領を演じます(笑)
5859_7368001361Milk.jpg
2008年、同性婚を禁止する「提案8号」がカリフォルニアで可決され、
オスカー授賞でショーン・ペンが「ミルクが私たちに何を訴えていたのか」とスピーチしました。
「自由や希望を得るためには、他者との違いを自ら認め公表する」と言う信念で活動したミルクに、
少数派の少数意見であったとしても、派閥や支持者の突き上げなど様々な要因に流されず、正しい政治をする人物が今の日本にも必要なのに、、、と強く感じました。

2009年 4/18公開 アメリカ映画
監督 ガス・ヴァン・サント

Comment

あたしは
編集
気づかずにこの映画のジェームズ・フランコに
すごく惹かれていたのですが、
そっかぁ〜やっぱりヒースに似てたのかなぁ?
だから、惹かれたのかなぁ。
すごく素敵だったし、すごく彼上手くなったよね。
どうしよう。オリーブリーさんがupしている
↑の画像、本当にヒースに見えてきちゃったよ〜。:゚(。ノω\。)゚・。
2009年04月25日(Sat) 18:50
編集
こんにちは〜♪

冒頭のジェームズ・フランコとのkissシーンは・・・エ〜ッ・・・・(^_^;)

ゲイの主人公だから予想はしてましたが、あまりにも早かったので・・・・(^_^;)(^_^;)

ジェームズも良かったけどジャック役のディエゴ・ルナも素敵だったねv-10

キャンドルのシーンは観劇でした。
2009年04月26日(Sun) 14:39
miyuさんへ
編集
こんにちは〜

フランコ君って、そんなに演技お上手って思ったことなかったんだけど(;^_^A アセアセ・・・
これは上手かったですよね〜名優ペンからいろんなもの引き出されたんでしょうね〜!!

いや〜ん、私もう途中からヒースに見えてきたんですよぉ。
何気ないしぐさとかダブりました・゚・(ノД`;)・゚・
2009年04月27日(Mon) 11:39
にくきゅ〜う★さんへ
編集
こんにちは〜。

あはは〜確かにいきなりアレでしたもんね!
しかもナンパして即(爆)
男同士でも、年齢差あるそのシーンはちょっとイタイかも〜笑(~ヘ~;)ウーン

ディエゴ・ルナ、こんな女性いるよね!(笑)
相手を理解しようとしないで「私と仕事、どっちが大切?!」って(汗)
破滅的で繊細だったのかな〜上手かったです!
それにしてもミルクは若い男の子にモテたんだねo(*^▽^*)o~♪
2009年04月27日(Mon) 11:45
編集
オリーブリーさんコメントありがとう
やはり女性にとっては男同士より、女同士のほうが気味悪いですか。男女にかかわらず、自分と同性同士は嫌なんですかね。
僕もミルクのことは、この映画ではじめて知りましたよ。最後のほうはちょっと傲慢になり始めていたけど、日本の政治家よりはいいですね。一方のホワイトのほうは日本の政治家みたいでしたね。
ショーン・ペンの演技力は確かなものでした。
2009年04月27日(Mon) 21:01
ケントさんへ
編集
こんにちは〜お返事が遅くてすみませんm(_ _)m

そうですねぇ〜観ろと言われたら異性同士の方が耐えれそうです(笑)
ちょっと表現しづらいですが、ノーマルな者からは同性ってだけで受け付けにくいです〜(;^_^A アセアセ・・・

やはりこのように革新的な人って、時代に応じて出てくるんですね。
そうそう、最後は市長にも喰って掛かってました(汗)
ミルクに取ってもホワイトは目の上のこぶだったんでしょう。
でもまさかあんな行動起こすとは想像しなかったでしょうに…残念ですね。

2009年05月01日(Fri) 11:37
まさにオスカー演技
編集
『ミスティック・リバー』の時は『アイ・アム・サム』との合わせ技での受賞という感じでしたが、2度目の受賞に関してはまさにこの映画だけでの受賞を如何なく感じる、素晴らしい演技でしたよ。
2009年05月03日(Sun) 14:07
こちらにも〜♪
編集
ショーン苦手なの知っていたので、鑑賞されないかと
思っていました(笑)
納得の演技、オスカーだったみたいですね(笑)

私も、フランコ良かったな〜〜
うんうん、ヒースに見える時あったよね(T.T)
私もやさしそうな寂しげな表情、たまりません
でした(T.T)
作品的には、私好みとは言い難いのですが(^_^;)
キャストも良かったですし、作品も素晴らしかった
と思います♪
2009年05月03日(Sun) 21:03
編集
こんにちは〜オリーブリーさん♪
『フランコがヒースにとっても似ていたのです!!』
そう言われてみれば、、、似ていたかも!!
ペンの演技は勿論良かったですが、本作ではフランコ君の演技力にビックリさせられました。
今まで何とも思わなかったのですが、、、上手かったですよね〜

映画は好みとは言い難いのですが、いい作品だったと思いました。制作者側の愛や優しさが伝わってきて、最後は凄くジーンとしました〜
2009年05月05日(Tue) 13:42
にゃむばななさんへ
編集
こんにちは〜お返事が大変遅れてしまい、すみませんでしたm(_ _)mm(_ _)m
連休、いかがお過ごしでしたか?♪(#^ー゚)v

ペンは上手すぎて苦手なんですが(汗)
これは文句なし良かったですね!!
素晴らしい演技にジーンとなりました。
2009年05月08日(Fri) 14:26
ひろちゃんへ
編集
苦手なんだけど、オスカーと来たら外せないものね(爆)
本当にオスカーに価する演技だったと思いました。
ペンが苦手な私が言うから間違いない(爆)

ミルクって人物も初めて知りましたが、
ゲイであろうがなかろうが、マイノリティであろうがなかろうが、
世の中を動かす力には変わりはないと思いました。
2009年05月08日(Fri) 15:05
由香さんへ
編集
こんにちは〜お返事が遅くてすみませんでしたm(_ _)m
楽しいGWでしたか?♪(#^ー゚)v

そうそう、私もフランコ君って、こんなに上手だったっけ?と思いました。
別れてからのミルクに対する感情が表情から読み取れたし、最後の電話でのオペラの会話なんかもしっとりと伝わってきてとっても良かったです。
ヒースにも似てたでしょう?(*^^*)

本当だわ〜製作サイドのミルクへの愛情が溢れる映画でしたね♪
2009年05月08日(Fri) 15:36
こんにちは〜♪
編集
私もショーンはそれほど思い入れがないです。
成りきり演技がすごすぎて、ちょっと近づきがたいというか(笑)
ゲイの動作とかしゃべり方を相当研究したんでしょうね。
ディエゴ・ルナ君演じる恋人は甘えったれすぎてるし自己中だしどーしようもなかったけど、ミルクにとっては政治を語らなくてもよい唯一の休息地だったのかなぁ。
かなり足手まといにみえたけど〜。
2009年05月30日(Sat) 14:17
ミチさんへ
編集
こんばんは。

私もショーンは上手すぎて苦手。
ほんと、成りきり過ぎてこちらが付いていけなくなっちゃいますよね〜「アイ・アム・サム」の名演技もダメでした(苦笑)

>ミルクにとっては政治を語らなくてもよい唯一の休息地だったのかなぁ。

(ウザイ〜笑)女房的な存在だったんでしょうね〜もう少し仕事を理解してあげて欲しかったけど、彼も実に繊細で傷つきやすい人でしたね。
ディエゴ・ルナも上手でした。
2009年06月03日(Wed) 19:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ミルク
 『1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家 ハーヴィー・ミルク…人生最後の8年間 「ミルク」は、 希望のはじまりだった。』  コチラの「ミルク」は、アメリカ史上初のゲイと公表した公職者ハーヴィー・ミルクの48年間の生涯の最後の8年間をガス・ヴ...
2009年04月25日(Sat) 18:47
ミルク/MILK
主演は昨年度アカデミー賞主演男優賞を本作で獲得したショーン・ペン。他にも脚本賞も受賞、他6部門にノミネートした作品。共演陣も豪華で『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ、『ノーカントリー』のジョシュ・ブローリン、「スパイダーマン」シリーズのジェ...
2009年04月26日(Sun) 01:58
映画 【ミルク】★ショーン・ペン
『ミルク』は希望のはじまりだった。ミルク HP1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家ハーヴィー・ミルク・・・人生最後の8年間ミルク シネマトゥディ写真は Yahoomovie より英題:MILK製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年4月18...
2009年04月26日(Sun) 14:12
『ミルク』
監督:ガス・ヴァン・サント CAST:ショーン・ペン、ジェームズ・フランコ 他 第81回アカデミー賞主演男優賞、脚本賞受賞 197...
2009年04月26日(Sun) 14:24
『ミルク』
(原題:Milk) ----この映画って、最近まで知らなかったニャあ。 でもアカデミー賞8部門にもノミネート。 スゴく話題になっているみたいだね。 飲むミルクならフォーンも好きだよ。 もしかして 『スーパーサイズ・ミー』みたいに「食」問題を扱っているの? 「(笑)。
2009年04月26日(Sun) 15:00
ミルク
  = 『ミルク』  (2008) = 1972年、ニューヨーク。 保険業界などで働いていた同性愛者のハーヴィー・ミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。 ふたりは新天地を求めて、サンフランシスコに移り住...
2009年04月26日(Sun) 15:54
ミルク
アメリカで、というか恐らく世界で始めて自分がゲイだと公表しながら選挙を戦い、公職に着く事に成功したハーヴィー・ミルクを、ショーン・ペンが演じてアカデミー賞に輝いた『ミルク』を観てきました。 ★★★★★ ハーヴェイ・ミルクっていう人自体を知らなくて、つい
2009年04月26日(Sun) 19:35
「ミルク」
JUGEMテーマ:映画  今年のアカデミー賞、主演男優賞と脚本賞を受賞している本作。脚本家のダスティン・ランス・ブラックの受賞スピーチが感動的で公開を楽しみにしていました。ショーン・ペンの演技はもちろん、すべてにおいてクオリティの高い、素晴らしい作品でし...
2009年04月26日(Sun) 21:33
ミルク/ショーン・ペン、エミール・ハーシュ
最初にこのタイトルを目にしたときは、牧場を舞台にしたお話だと本気で思ってました(笑)。まさか実在の人物の名前だったとはビックリです。主演のショーン・ペンのアカデミー賞授賞式でのスピーチがとても印象的でしたけど、ゲイである事を公表しながら公職に就いたアメリ...
2009年04月26日(Sun) 21:34
ミルク☆ショーン・ペン、アカデミー賞主演男優賞!
 「ミルク」は、希望のはじまりだった。  ショーン・ペンアカデミー賞主演男優賞、おめでとう!  ダスティン・ランス・ブラックアカデミー賞脚本賞受賞おめでとう! 本年度アカデミー賞8部門にノミネートされたのですが、「スラムドッグ$ミリオネア」に持っていか...
2009年04月26日(Sun) 23:45
ミルク/MILK
同性愛者であることを公表して、アメリカで初の公職についたハーヴィー・ミルクの実話を「エレファント」のガス・ヴァン・サント監督が映画化。 個人の権利を守るために立ち上がり、社会的弱者の声を代弁した男の最期の八年間を描く。 物語:1972年のニューヨーク。金融...
2009年04月27日(Mon) 17:56
ミルク
★★★  ショーン・ペンが2009年アカデミー主演男優賞に輝いた作品、ということで映画館に足を運んだ。ゲイとして初めて政治家になったハーヴィー・ミルクの政治活動を描いた作品。ゲイに興味がないので、始めから期待感はなかったのだが、結局予感通り余り面白い作品で
2009年04月27日(Mon) 20:54
Milk (2008)
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ、ディエゴ・ルナ、アリソン・ピル、ルーカス・グラビール、ヴィクター・ガーバー、デニス・オヘア、ジョセフ・クロス、ハワード・ローゼンマン、ブラ...
2009年04月28日(Tue) 11:57
ミルク
ミルク 255本目 2009-16 上映時間 2時間8分 監督 ガス・ヴァン・サント  出演 ショーン・ペン  エミール・ハーシュ  ジョシュ・ブローリン  ディエゴ・ルナ 会場 吉祥寺バウスシアター 評価 8点(10点満点)  今年度のアカデミー主演男優賞と脚....
2009年04月30日(Thu) 00:45
『ミルク』
とても優しい映画。それが見終わった後の素直な感想でした。 ショーン・ペンが2度目のオスカーを受賞したことで注目されているこの映画ですが、個人的にはゲイでもあるガス・ヴァン・サント監督の、まるで本当に好きな人を優しく見守るかのような演出力に心底驚かされた...
2009年05月03日(Sun) 14:16
★ミルク(2008)★
MILK「ミルク」は、希望のはじまりだった。1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家ハーヴィー・ミルク…人生最後の8年間映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ピックス)初公開年月2009/04/18ジャンルドラマ/伝記映倫PG-12【解説】自らゲイであるこ...
2009年05月03日(Sun) 20:59
「ミルク」
「Milk」2008 USA “「ミルク」は、希望のはじまりだった。” ハーヴィー・ミルクに「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」のショーン・ペン。 スコット・スミスに「トリスタンとイゾルデ/2006」「最後の初恋/2008」のジェームス・フランコ。 クリーヴ・ジョーンズ...
2009年05月03日(Sun) 23:31
ミルク
アカデミー賞主演男優賞、脚本賞受賞作品―【story】1972年、保険業界で働いていたハーヴェイ・ミルク(ショーン・ぺン)は、20才年下のスコット・スミス(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み小さなカメラ店を
2009年05月05日(Tue) 12:29
「ミルク」
我々は学ばなければいけない。小さいころに聞いた覚えがある。「サンフランシスコには同性愛者が人口の10%もいるんだって」まさにこの映画の舞台であった時代と一致する。異国の子供にまでそんな情報が届いたくらいだから、米国社会の一大関心事であったことは想像に難く...
2009年05月15日(Fri) 23:49
ミルク
1978年。提案6。ハーヴィー・ミルクの半生。
2009年05月19日(Tue) 19:29
映画日記りぼーん『ミルク』
この日はシネマライズで『ミルク』を見る。 まあ、見たまんまのハーヴィー・ミルクの自伝映画(最後の8年)ですね。 独白シーンとメインの時間軸と本物の映像を混ぜた展開はヴァン・サントらしい。 いままでのヴァン・サント作品で見られた仕掛けがあまり感じ
2009年05月23日(Sat) 14:00
ミルク
[ショーン・ペン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年52本目(47作品)です。 「えっ?今頃?」と思う人もいるかもしれませんが、周辺の映画館では、公開日の4月18日には上映されず、職場の近くの映画館で5月23日
2009年05月28日(Thu) 09:35
映画 【ミルク】
映画館にて「ミルク」 実在の人物ハーヴィー・ミルクの後半生をガス・ヴァン・サントが映画化。 おはなし:1972年NY、保険業界で働いていたミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフラ...
2009年05月30日(Sat) 14:13
ミルク を観ました。
先輩から面白いよ…と言われようやく鑑賞できました。
2009年05月31日(Sun) 22:03
ミルク
ミルク ’08:米 ◆原題:MILK ◆監督:ガス・ヴァン・サント 「グッド・ウィル・ハンティング」「エレファント」 ◆出演:ショーン・ペ...
2009年07月07日(Tue) 16:28
ミルク
「ミルク」は、 希望のはじまりだった。 【関連記事】 ミルク(ジェームズ・フランコ) 壁紙 発売予定日は2009年10月21日
2009年09月08日(Tue) 21:43
mini review 09414「ミルク」★★★★★★★☆☆☆
1970年代のアメリカで、同性愛者であることを公表して公職に就いたアメリカ初の政治家ハーヴェイ・ミルクの生き様を描く伝記ドラマ。監督は『エレファント』のガス・ヴァン・サント。個人の権利を守るために戦い、凶弾に倒れたミルクをオスカー俳優ショーン・ペンが演じて...
2009年10月28日(Wed) 01:44
「ミルク」
やはり実在の人物を描いた作品って、とても興味深く見ることが出来ますね〜
2009年10月30日(Fri) 09:54
路上のミルク
「ミルク」 「路上のソリスト」 
2009年12月27日(Sun) 16:36
ミルク
作品情報 タイトル:ミルク 制作:2008年・アメリカ 監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ショーン・ペン、ジェームズ・フランコ、ジョシュ・ブローリン、エミール・ハーシュ、ディエゴ・ルナ、アリソン・ピル、ルーカス・グラビール、ヴィクター・ガーバー あらすじ:1...
2010年08月01日(Sun) 01:31