2007_03
09
(Fri)14:44

コーチ・カーター



リッチモンド高校OBのケン・カーター(サミュエル・L・ジャクソン)は、バスケットボール部のコーチとして赴任することになる。
この部員達は落ちこぼれの生徒ばかり。
ろくに練習もせず試合では負け続け、
学業成績は最低で卒業もおぼつかない。
カーターのトレーニングはかなりハード。
初めは反発していた部員たちも次第に彼に心を開き始め、
バスケの力もつき、チームは連戦連勝を重ねるようになるが。

バスケを教えるだけ、
選手として強くなるだけではなく、
その前に人間として成長させたいというカーターの姿勢が素晴しい!!
タメ口はきかない、試合に行く時は身だしなみを整える。
授業には必ず出席し一定以上の成績を収める。
これらができないと練習も試合もさせないという、言わば当たり前の事を徹底するのがすごい。
ただでさえこの頃は難しい年頃で、
全米の18歳から24歳の黒人の3人にひとりが逮捕歴があるという状況だそう。
そんな中、生徒を厳しく指導していくのは大変なことでしょう。
素晴らしい人格者で教育者と巡り合えるのは、
限られた学生時代にとてもラッキーな事ではないでしょうか~今の教育者のレベルは低下してるのでは?と思う事があるので…

私はこのような落ちこぼれと言うのでしょうか、
大した目標も希望もなく、毎日を持て余している若い子が、
悩んだり苦しんだりしながら何かに向かってそれなりの成功とか、満足感を味わうドラマが大好きです!
そして関わった大人さえも子供達から何だか凄い力を教えられて、もう、もう、泣けてきます。
素晴しい教育者と出会いたい…子を持つ親とすれば、誰しも願う事かもしれません。

実話を基にした感動のスポ根人間ドラマ。
R&B界の歌姫・アシャンティが本作で映画デビュー。
サミュエル・L・ジャクソンはもう、スンバらしく、かっこいいです!

2005年 8/6公開 アメリカ映画
監督 トーマス・カーター

C.O.M.M.E.N.T

初めまして(^^)
見たことのある映画だったので思わず反応しちゃいました。この映画、私も大好きです。
最後まで信念を貫き通す力を持っていたカーター氏に拍手!

2007/03/09 (Fri) 23:30 | ふ〜 #- | URL | 編集 | 返信

ふ〜さんへ

初めまして〜こんにちは!

大好きですかあ(^^)/私もです♪
良い映画ですよね〜何事にも諦めず頑張る姿は美しいです。
バスケの試合シーンは殆どスタントなしで撮影したとか…臨場感があってハラハラしました(*^^)
選手達のその後が特典画像にありましたが、カーターさんの教育方針を立証でしたね♪

また、遊びに来て下さいねe-68

2007/03/10 (Sat) 03:08 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

クラブに最後まで在籍できたのは ほんの一握りの生徒だけ

こんばんは オリーブリーさん コーチ・カーターみました。

厳しすぎるよ・・・ コーチ。

クラブ活動の条件は 全員偏差値2.3以上の成績成績ランクCプラス。それだと スポーツ奨学金を得るのに全科目950点で済むから

学校側の条件は2.0でいいが これだとスポーツ奨学金を得るのに全科目1050点も必要になるので2.0では練習に参加させない

試合には全員 スーツとネクタイ着用。練習開始は午後3:00からだが 2:55過ぎたら遅刻と言うことでペナルティの走りこみや腕立て伏せ、腹筋をやるハメになる

こんな規則だらけのカーターコーチの指導では レギュラーの立場どころか補欠立場でも卒業まで 部活に在籍することだけでも 容易じゃありません。

そりゃあ、クラブ内で汚い言葉
"ニ〇ー"や"フ○ッ○"など 差別用語はいかんよ。 それなら ペナルティでもやむをえないでしょうが ジュニアが授業が延びてしまって3:00に間に合わず遅刻のペナルティは ひどいな。

 ボクなら・・・とっととやめて 別のクラブに再入部するか クラブ活動なしで 授業が終わったらさっさと帰ります。

ケンカーターの元で最後までやりぬいた生徒はたいしたもんですが・・・現実には辞めていった生徒が大半をしめているはずです。


2011/08/09 (Tue) 21:39 | zebra #ngCqAwRo | URL | 編集 | 返信

zebraさんへ

こんにちは。

いやはや、もうこの映画を観てから4年以上経過しているので、「こうなるだろうなぁ~」と思いながらも泣いた自分しか覚えていないような状態です(お恥ずかしい)
ただ、何度かDVDで見直したことがあるのですが、その時に感じたのは、黒人の貧しい社会は、特に親(大人)が既に人生を諦めていて、子供に将来の道をしるせるような知恵者がいないってことでした。
こんな環境にいれば、また同じような大人になるだけですね(汗)
もっと言えば、元々奴隷で連れて来られ、どうやってもろくな仕事にはありつけない諦めと、それを放置し続けたアメリカ政府にあるのかも知れません。
いくらバスケができても、成績が悪いとダメなんですね、あちらでは。
何よりバスケ選手として成功する目的だけでなく、そうならなかった時のためにも(ほとんどなれないでしょうし)親達のようになりたくなければ、勉強して大学行って選択肢を広げろと。
これは「プレシャス」「しあわせの隠れ場所」でも同じような黒人社会を見せられましたが、カーターのように、愛情と教育を、将来を考えてくれる人に出会えただけでも、彼らの人間形成に大きな影響を与える財産なんだと思います。

1990年頃の実話だったと思うのですが、今、どうなっているんでしょうね。
結果、挫折したり大学出ても仕事についてもパッとしていないかもしれないけど、「ある時何かを頑張った」事は、いつか何かの力になるのではないかと思います。

2011/08/11 (Thu) 16:49 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

TVドラマ:コーチ (ドラマ)

コーチ (ドラマ)コーチは1996年7月-9月にフジテレビジョン|フジテレビ系で放送されていたテレビドラマである。千葉県銚子市または旭市付近の九十九里浜の缶詰工場が舞台となった。ドラマ内で登場した「サバカレー」は、実際に商品化もされた。玉置浩二のはじけた演技が話題

2007.03.14 (Wed) 01:18 | あのドラマに夢中!