2009_03
26
(Thu)23:24

ボビーZ

TSDD45101_lボビーZ
長期服役中の元海兵隊員ティム・カーニー(ポール・ウォーカー)は、刑務所内でも問題を起こしてばかり。
麻薬取締局の捜査官(ローレンス・フィッシュバーン)から、ある捜査への協力を持ち掛けられた。
それは、カリフォルニアの伝説と言われる麻薬王“ボビーZ”に成り済ますというものだった。

伝説の麻薬王ボビー・Zの替え玉になった小悪党の主人公が、次々と直面する危機に立ち向かうクライム・アクション。
328631_01_01_02ボビーZ
つかみはOKで面白そうな展開が予想されたのに、ドンドンと失速していきました。
ローレンス・フィッシュバーン…鍵を握るみたいな存在なんですが、これも予測の範囲だったし、子供を連れて逃げるものだから、アクションも中途半端な感じがしました。
後半はドタバタしだして、コメディ?!と思っちゃう場面も(苦笑)
070912_bobbyz_sub3ボビーZ
黒幕は早くに解るし、極悪非道らしい悪役もその仲間も弱すぎる(汗)
ハラハラする場面なんてあまりなく、ポール・ウォーカーのアクションもキレがなかったかも。
見せ場には欠けるけど、暇つぶしのお家鑑賞には時間的にも気楽かもしれません。
金髪&ブルーアイのポール・ウォーカーは美しいです♪
328631_01_03_02ボビーZ
ボビーZに瓜二つな設定のティムだったので、当然ポール・ウォーカーの二役だろうと思ってたら…
うーん。。。
凄いオチがある意味驚いた…
これは、誰でも一目瞭然、バレるんじゃないかなぁ~(苦笑)

2007年 11/17公開 アメリカ/ドイツ映画
監督 ジョン・ハーツフェルド

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック