スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア 

2009, 03. 02 (Mon) 00:41


イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、
オーストラリアの領地に旅立ったまま1年も帰ってこない夫に会うため、第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた。

ドローヴァー(牛追い)という名の無骨なカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と領地へ辿り着いたサラは、夫が何者かに殺された事を知る。
領地を守るため、1500頭の牛を遠く離れたダーウィンにいる軍へ売ることを決心するのだが…。

粗野なカウボーイとの運命的な出会い、先住民アボリジニとの交流など様々な未知なる経験を通し、
英国貴婦人が新たな自分を見出していく姿を大自然を背景に描く。
広大なオーストラリア大陸のロケーションや、主要キャストをオーストラリア出身者で固めるなど、バズ監督のこだわりが随所に現れる。
4401_4623912174AUSTRALIA.jpg
オーストラリア版「風と共に去りぬ」のようなコンセプトの映画らしいですが、内容はそんな壮大なものではありませんでした。
反目し合っていたイギリスレディと粗野な男が徐々に意識し愛し合うようになるストーリーは、クラシカルな雰囲気で王道な展開です。
個人的に先日のアカデミー賞でのホスト・ヒュー・ジャックマンがあまりにも素敵だったので、映画としてどうこうより、最初からヒュー目当てのミーハー目線になりました!

この映画に一味加えるのは、アボリジニの少年ナラ(ブランドン・ウォルターズ)の成長物語です。
2時間40分は超えるので、ラブものが苦手な方には段々と退屈になるかもしれませんが、
派手な見せ場はそこそこあるし、悪役のニール・フレッチャー(デヴィッド・ウェンハム)は最後まで執拗で憎たらしく、何より主役二人が美男美女なので私はかなり楽しめました!
7215_8836415587AUSTRALIA.jpg
9432_1565382657AUSTRALIA.jpg
サラがオーストラリアへやってきた所から始まる前半は、貴婦人の浮世離れした彼女に降りかかる災難(?)をコミカルな笑いで描きながら、
アボリジニのキング・ジョージと白人とのハーフ・ナラの不思議な雰囲気で、オーストラリアの歴史や自然を見せられます。
フレッチャーの企みを阻止したいサラは、ドローヴァーに協力を頼み1500頭の牛をダーウィンの町まで運ぶという。
最大の見せ場は、フレッチャーの嫌がらせで断崖絶壁まで暴走する牛をナラ達が追いかけるシーン。
ここは迫力満点でした!
1500頭の牛の大移動は、劇場をも揺らす臨場感があって、フレッチャーと競って船に乗り込ませるまでハラハラしました。
9540_12810884806AUSTRALIA.jpg
映画の折り返しとなる舞踏会での二コールとヒューの美しいこと♪
ヒゲを蓄えたワイルドなヒューも素敵だけど、またこの正装姿がすっきりとしてかっこいい♪
女性なら間違いなく誰でも落ちるでしょうぉ~!
サラの馬も落ちてたし(笑)
あの雨の中のキスシーンは、なんと絵になる二人なんだろう!!
美男美女の恋愛モノは観ていて安心する(笑)
331364view001.jpg
後半は日本軍の空爆でダーウィンの町は攻撃を受け、バラバラになっていたサラ達が再会できるまでの見せ場が盛りだくさんです。

歴史には詳しくないですが、日本兵はオーストラリアに上陸していないと思っていたので、差別された子供達がいたあの島での事は?でした。
あそこでアボリジニの友人が犠牲を払ってまで、子供達を救出したのを描きたかったんでしょうか?
あれは史実なの?(苦笑)
まあ、この映画は戦争映画ではないので脚色はあるのでしょうが、ちょっと違和感はありました。
オーストラリアのタイトルから、その歴史などを思うとチョット違うような気もするし期待はずれな感じにはなりそうですね。
全編クラシックな雰囲気で描かれるロマンスとスペクタクルは、逆に軽いタッチであるので、あくまでも恋愛モノとして観れば流れも良く時間の長さは感じることなく過ぎるのではないでしょうか。
9699_4703473162AUSTRALIA.jpg
255_11304352742AUSTRALIA.jpg
「プレステージ」「ファウンテン」「タロットカード」「彼が二度愛したS」と、出演作は続くけど、この数年ヒューの作品では彼の魅力が一番引き出されていたのではないかな~。
水浴びやベットシーンなどサービスショットもありで、肉体美も披露してくれてます♪
「ロード・オブ・ザ・リング」ファラミアや「300ハンドレッド」も良い人だったフレッチャー役のデヴィッド・ウェンハムは、徹底的な悪でした~彼の最後は当然です!

2009年 2/28公開 オーストラリア映画
監督 バズ・ラーマン

コメント

にくきゅ〜う★

こんにちは〜♪

>女性なら間違いなく誰でも落ちるでしょうぉ〜!

は〜い!!落ちましたぁ〜(笑)
ヒューを観てるだけで幸せでした〜(^_-)-☆

1500頭の牛追いは迫力ありましたね〜
あそこで犠牲になった・・・誰だっけ?名前忘れた・・・良い味出してたのに残念でした。

長かったけど、充分楽しめました〜♪

2009/03/03 (Tue) 16:47 | にくきゅ〜う★ | 編集 | 返信

かいこ

こんにちわ!

まさに「ラブものが苦手で段々と退屈」になりましたぁ〜(T_T)

前半の牛追い、断崖絶壁のシーンとかは冒険活劇のようでわくわくしたのに、
後半からは・・ゴニョゴニョ^^;
個人的には前半をもっとやってほしかったです〜

でも二人はほんとに絵になりますネ!
ヒュージャックマン、セクスィーの塊でー!
ステキです^^

2009/03/04 (Wed) 11:52 | かいこ | 編集 | 返信

ひろちゃん

あはは〜〜

オリーブリーさんにしては、甘口
だわ〜〜(笑)
ヒューに落ちたからだったのねえ(笑)

オーストラリアへの日本兵上陸は、史実にはないみたいよ(汗)
空爆はしているけれど、上陸はしていないとどこか(どこかって・笑)
に書いてありました^^戦争にも負けないみたいなこと描きたかった
のかもだけど、日本人としてはいい気持ちはやっぱりしないよね。。。

オーストラリアの魅力も伝わりましたが、それ以上にヒューの
魅力が伝わった作品でした(^^)

2009/03/04 (Wed) 13:40 | ひろちゃん | 編集 | 返信

ミチ

こんにちは♪♪

オスカーナイトで一躍「時の人」となったヒュー・ジャックマンの魅力を余すところなく伝えてましたよね。
髭をそって白タキで登場するなんて反則モノでした。
彼って本当にタキシードが似合うわ。
頭部が小さくてバランスがいいのよね〜。

2009/03/04 (Wed) 23:39 | ミチ | 編集 | 返信

rose_chocolat

こんにちは^^

何かに特化して描いた方が、長さを感じなかったかもしれないですねw

島の出来事は。。。 うーん。。。
あれが史実だとするとちょっと日本人としてはしんどい、ですかね!?

2009/03/05 (Thu) 06:51 | rose_chocolat | 編集 | 返信

オリーブリー

にくきゅ〜う★さんへ

こんにちは〜(*^^*)

いやーん!!もうステキだったわぁ〜e-266e-266
内容なんてどうでも良くなっちゃった(滝汗)
長時間の映画で殆ど出ずっぱりだったから、満足感あったよね!

>あそこで犠牲になった・・・誰だっけ?

うん。アル中みたいなおじさんでしょう。
いい味だしてたのにね…
って、ラブものの割には、人が死にすぎてない?(苦笑)

2009/03/05 (Thu) 15:32 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

かいこさんへ

こんにちは〜

解る解る!!
私も牛追いしながら果てしない冒険活劇&ラブと思っていたから、えっ、もう牛終わり?!と思っちゃったよ(苦笑)
結構迫力あったのに、もう少し見せて欲しかったよね。

ヒューはステキだったね〜e-272
やっぱ、恋愛モノは美男美女が良いわっ(笑)

2009/03/05 (Thu) 15:37 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

ひろちゃんへ

甘口、甘口、ドロドロ溶けちゃいました・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
ほんと、ステキでしたぁねぇ〜♪
でも、ここだけの話だけど、、、(←ヾ(--;)ぉぃぉぃ)
あのさぁ〜ジョニーもヒューもマカちゃんもダニたんも、どーしてパートナーは、あんな…モゴモゴモゴ…?(__!)?(!__)?ホントカ・・・オイ〜なのでしょうかぁ〜(汗)

やはり上陸してないですよね。
捕虜の施設(?)はあったと思ってたんですが、空爆は事実だけど、あれはチョイ解せないぞ!

今週WOWOWはヒュー特集ですよ〜。
明日の「ソードフィッシュ」は未見なので楽しみで〜す♪

2009/03/05 (Thu) 15:59 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

ミチさんへ

スタイルが良いですものねぇ〜バランスも取れてるしe-266
こんなにもずっとヒューがステキと思えた映画も珍しい(苦笑)

ラッセルだったら観にいかなかったわ!
って、大体、ニコールとは似合わないよね(´へ`;ウーム

2009/03/05 (Thu) 17:41 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

rose_chocolatさんへ

こんばんは。

うん、あの島はいけませんね!
それだけの映画ではないですが、
あれじゃ反日と言われても仕方ないでしょう。

あれこれ詰め込みすぎではありましたね〜絞りきれてない感じ。
欲張りすぎよ〜監督〜笑(;^_^A アセアセ・・・
アカデミーで高感度アップしたヒュー効果はあるでしょうね(笑)

2009/03/05 (Thu) 17:48 | オリーブリー | 編集 | 返信

Any

オリーブリーさんへ

オリーブリーさん、こんばんは♪
すっかり旬のコメント時期を逃しちゃって恐縮ですぅ〜

アカデミー賞記事で既に、
ヒューの大サービスっぷりを見せて頂きましたが
いやぁ〜ほんとタイムリーな公開でしたね!
私の場合、ニコールお目当ての鑑賞でしたが
ヒュー様の無骨なカウボーイと
白タキ姿のギャップには流石にヤラレちゃったわ〜
いやはや、ホント脱いでも凄いこと(笑)

鑑賞後の余韻はあまり残ってないけど(オイッ!)、
映像の美しさと主演の2人が良かったから、今度は
DVDでじっくり(どこを?)観てみたいと思いま〜す♪

2009/03/21 (Sat) 21:00 | Any | 編集 | 返信

オリーブリー

Anyさんへ

こんにちは〜お返事が遅れてごめんなさいm(_ _)m

>すっかり旬のコメント時期を逃しちゃって

あっはっは〜
大丈夫だよぉ〜♪(#^ー゚)v
ヒューのアカデミー・パフォーマンス、録画を度々見て一人で盛り上がってまーす!!(爆)

ね、ね、やっぱり美男美女のラブものは描になるよねぇ〜♪
(内容ともかく…苦笑)
ヒューはサービス精神仰せいだから、色々な顔を見せてくれて〜肉体美ももっと眺めていたかったわん!!
わたしもDVDでじっくり(どこかしこも!)確かめたいです(大爆)

2009/03/27 (Fri) 09:36 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • 2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリ...
  • 2009.03.03 (Tue) 00:47 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  •  『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャー
  • 2009.03.03 (Tue) 06:45 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
この記事へのトラックバック
  •  【オーストラリア】★ニコール・キッドマン★ヒュー・ジャックマン
  • 本当の自分に出会える場所。  それはここではない、     遠いどこかかもしれない・・・前に進むための涙もある。オーストラリアHPオーストラリア シネマトゥデイ英題:AUSTRALIA製作年:2008年製作国:アメリカ/オーストラリア日本公開:2009年2月28日上映時間...
  • 2009.03.03 (Tue) 16:54 | 猫とHidamariで
この記事へのトラックバック
  •  「オーストラリア(AUSTRALIA)」映画感想
  • オーストラリア人(監督)のオーストラリア人(キャスト)による、オーストラリアを舞台にした、オーストラリアという名前の映画
  • 2009.03.03 (Tue) 22:58 | Wilderlandwandar
この記事へのトラックバック
  •  「オーストラリア」
  • 試写会で 観てきました。「オーストラリア」公式サイトポスターでラブラブの二人を見つつ「だ、大丈夫かなあ私・・」とそもそも不安たっぷり・・ ラブストーリーあんまり得意じゃなくてや、やっぱりこの二人の恋愛には全然興味持てませんでしたすみませんだけど前半、ア...
  • 2009.03.04 (Wed) 11:54 | かいコ。の気ままに生活
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • 依り所が弱くて,心に響かない・・・。  
  • 2009.03.04 (Wed) 17:07 | Akira\'s VOICE
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「オーストラリア」
  • 「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が...
  • 2009.03.04 (Wed) 19:02 | 日々“是”精進!
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • もう映画は撮らないと言ってたはずのバズ・ラーマンが、『ムーラン・ルージュ』以来久々にメガホンを取った『オーストラリア』を観てきました。 ★★ 大好きなんですよ、赤いカーテン三部作は。 でもこれは…。 『アレキサンダー』がポシャッた代わりに、オーストラリア...
  • 2009.03.04 (Wed) 20:00 | そーれりぽーと
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • 題名で分かります。オーストラリアLOVEって映画です。オーストラリア出身の監督がオーストラリア出身俳優でオーストラリアの見所をたっぷりと語ってくれました。広大な自然と牛の大群、エキゾチックなアボリジニの文化と人種差別、戦争の歴史。ついつい、3時間近い長尺に
  • 2009.03.04 (Wed) 21:05 | ももママの心のblog
この記事へのトラックバック
  •  『オーストラリア』
  • (原題:Australia) ----これ観るの、いつもに比べてちょっと遅いよ。 もう公開まで2週間しかないじゃニャい。 「いやあ、3時間近い映画は どうしても腰が引けてしまうんだよね」 ----でも監督がバズ・ラーマンだし、 その凝った映像を観ているだけで楽しんじゃニャいの...
  • 2009.03.04 (Wed) 21:53 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  •  『オーストラリア』
  • ハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。 ラブロ...
  • 2009.03.04 (Wed) 21:56 | めでぃあみっくす
この記事へのトラックバック
  •  『オーストラリア』を観たぞ〜!
  • 『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャンル...
  • 2009.03.04 (Wed) 22:02 | おきらく楽天 映画生活
この記事へのトラックバック
  •  [映画『オーストラリア』を観た]
  • ☆3時間近い上映時間なので、もし内容が文芸大作っぽかったら、かったるいなあなどと思っていたのだが、ライトでご都合主義的な、粗も多いが、とても楽しめる娯楽大作なのでホッと安心した。  だからと言って、『紀元前一万年』ほどの凄まじい逸脱はないよ^^;  オ...
  • 2009.03.04 (Wed) 22:28 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア/ヒュー・ジャックマン
  • 映画を観に行く直前に「笑っていいとも増刊号」を見てたらヒュー・ジャックマンがゲストで登場。レギュラーメンバーがジャパンプレミアムでの挨拶で客の心を掴む一発芸をヒューに伝授するというコーナーをやっていたんだけどめちゃめちゃ面白かったです。アカデミー賞での...
  • 2009.03.04 (Wed) 22:39 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  •  『オーストラリア』
  • 前に進むための涙もある。 英題: AUSTRALIA 製作年: 2008年 製作国: アメリカ/オーストラリア 日本公開: 2009年2月28日 上映時間: 2時...
  • 2009.03.04 (Wed) 23:10 | Cinema★まにあ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  映画 【オーストラリア】
  • 映画館にて「オーストラリア」 『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、再び二コール・キッドマンと組んだ壮大な物語。 おはなし:第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。英国貴族サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土...
  • 2009.03.04 (Wed) 23:37 | ミチの雑記帳
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア /AUSTRALIA
  • 『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、 オーストラリアずくしの本作{/ee_3/} でもこれ、アメリカ映画。 ちなみに、オース
  • 2009.03.05 (Thu) 00:47 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  『オーストラリア』 (2008)/オーストラリア
  • 原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェナム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオース...
  • 2009.03.05 (Thu) 06:49 | NiceOne!!
この記事へのトラックバック
  •  【オーストラリア】
  • 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、イギリスから貴族のサラ・アシュレイがやってきた。夫を探しにはるばる来たが、夫が信頼しているという案内人の現地のドローヴァーの無骨さに驚く
  • 2009.03.05 (Thu) 11:59 | 日々のつぶやき
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • 第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶酔して...
  • 2009.03.06 (Fri) 23:58 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
この記事へのトラックバック
  •  虹の彼方に〜『オーストラリア』
  •  AUSTRALIA  1939年9月。英国貴族のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、オースト ラリアの領地に出向いたまま帰らぬ夫に会う...
  • 2009.03.07 (Sat) 05:27 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な
  • 2009.03.08 (Sun) 16:02 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  •  「オーストラリア」
  • 「オーストラリア」、観ました。 第二次世界大戦下のオーストラリアで、イギリスの貴族の女性が夫の残した1500頭の牛を売りさばくために...
  • 2009.03.08 (Sun) 18:36 | クマの巣
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア・・・・・評価額1450円
  • 国名そのものをタイトルにした映画というのは、極めて珍しいのではないかと思う。 オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が、同じくオース...
  • 2009.03.09 (Mon) 10:04 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • オーストラリア’08:オーストラリア ◆原題:AUSTRALIA◆監督・製作・脚本: バズ・ラーマン「ムーラン・ルージュ」「ロミオ&ジュリエット」◆出演:?ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トン....
  • 2009.03.10 (Tue) 20:45 | ☆C\'est joli〜ここちいい毎日を〜☆
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • JUGEMテーマ:映画 2009年2月28日 公開 ★★★☆☆ 想像してた以上でもなく以下でもなく・・・ 星3っつ! ナラ!ナラはどこぉ〜! ミエとワカヤマの間です!ヾ(*^ー^)ゞ もね、最初っからさぁ、ジョン・カビラさんがオーストラリアの観...
  • 2009.03.11 (Wed) 14:46 | UkiUkiれいんぼーデイ
この記事へのトラックバック
  •  『オーストラリア』
  • ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演のドラマ『オーストラリア』を観ましたー。 バズ・ラーマン監督作品ってことで期待は大きかったんですけど、スケールの大きさは感じつつもどうも自分には合わない作品かなーという気もしてみたり。。。 **************...
  • 2009.03.12 (Thu) 01:26 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • あらすじ。 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィン...
  • 2009.03.14 (Sat) 21:52 | 青いblog
この記事へのトラックバック
  •  【オーストラリア】
  • 【AUSTRALIA】 【監督・製作・脚本】 バズ・ラーマン   【脚本】 スチュアート・ビーティー、ロナルド・ハーウッド、リチャード・フラナ...
  • 2009.03.14 (Sat) 23:21 | +++ Candy Cinema +++
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • 第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛と冒険のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオース...
  • 2009.03.15 (Sun) 01:29 | Yuhiの読書日記+α
この記事へのトラックバック
  •  映画「オーストラリア」
  • 原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ イギリス貴族ながら財政的窮地に陥ったアシュレイ家、危機打開のために夫はオ
  • 2009.03.15 (Sun) 19:03 | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア◇AUSTRALIA
  • オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオーストラ...
  • 2009.03.20 (Fri) 12:52 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • ★★★  オーストラリアの監督の、オーストラリア出身のハリウッドスターによる、オーストラリアのための歴史スペクタル風ラブロマンス映画とでも言っておこうか。主演はニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンである。 1940年代を背景として、美形の男女二人が織
  • 2009.03.21 (Sat) 20:03 | ケントのたそがれ劇場
この記事へのトラックバック
  •  「オーストラリア」
  • 「Australia」2008 オーストラリア/ USA 広大なる大自然のオーストラリアを舞台に“愛と冒険”を描く壮大なドラマ。 サラに「コールド・マウンテン/2003」「インベージョン/2007」のニコール・キッドマン。 ドローヴァーに「タロット・カード殺人事件/2006」
  • 2009.04.02 (Thu) 22:05 | ヨーロッパ映画を観よう!
この記事へのトラックバック
  •  オーストラリア
  • 遥かなる異国の地オーストラリアが、一人のイギリス貴族の女性の運命を変える 【関連記事】 ►オーストラリア(ラブシーン)1 壁紙 ►...
  • 2009.08.13 (Thu) 16:35 | Addict allcinema 映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  「オーストラリア」
  • これぞオーストラリアという風景は見応えありました
  • 2009.08.21 (Fri) 19:16 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク
この記事へのトラックバック
  •  mini review 09409「オーストラリア」★★★★★★☆☆☆☆
  • 映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』の...
  • 2009.10.20 (Tue) 16:49 | サーカスな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。