心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 た行 ≫ チェンジリング

チェンジリング

changeling_galleryposter CHANGELING
1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。
ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。
彼女が帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった。

実際にあったというロサンゼルス警察の非道な行動を、クリント・イーストウッド監督が描く。
332551view018 CHANGELING
どんなに時が経とうとも、我が子であるかどうか親なら解かります(フザケンナ)!!!

おそらく ネタバレ


電話会社に務めるシングルマザーのクリスティンは、急な仕事のためウォルターに留守番をさせ出掛けたが、帰宅するとウォルターの姿はなかった。
ロス市警に連絡すると、大抵の場合数時間で戻るから24時間経過しないと捜査しないと言われる。
5ヶ月後、ジョーンズ警部(ジェフリー・ドノヴァン)からウォルター発見の知らせ受けたクリスティンが対面したのは、全く別人の少年だった。

アンジェリーナ・ジョリーが武器を持たず、ひたすら息子のために闘う母親を演じました。
腐敗した警察の理不尽であきれ返る不当な行いに遭いながらも、信念を貫き通し息子が戻ることを願い続ける。
落ち着いた力強さと、どんな苦悩にも立ち向かっていく芯の強い女性を見事に演じていたと思います。
美しくて強くて愛情深い彼女に、母親なら誰でも感情移入できるでしょう~泣かされました!
アンジーの最高傑作だと思います。
332551view003 CHANGELING
子育て経験者なら、チョット目を放した隙に子供がいなくなった、という経験はあるのではないでしょうか。
僅かな時間でも深い不安にかられ、生きた心地がしないものです。
5ヶ月間、クリスティンがどんな思いで暮らしていたか…
再会した子供が別人であった彼女の落胆と主張を取り合わない警察に、観客はどれだけの怒りを覚えることでしょう!!!
前半は何故ウォルターがいなくなったのか、何故別の子供を仕立て上げたいのか、と疑問を感じながらも、
ジョーンズ警部、医師が次々ととってつけたような都合のよいことを並べ立て、最終的に警察に楯突いた彼女を精神病院送りにしてしまう。
そこには同じように警察に歯向かった女性達が大勢いた。
精神病院での扱いも不条理なことだらけ。
この腐敗しきっためちゃくちゃなやり方に腸煮えくり返り、行儀が悪いけど何度か舌打ちしてしまいました~汗。
それに加え、ウォルターだという子供の憎たらしいこと!!
最後の最後まで子供らしくないし、可愛げがなかった!!
332551view002 CHANGELING
中盤、一人の少年が保護されたことから、ウォルターの失踪に関する真相が見えてくる。
そこにはある犯罪者の異常な人間性と悲劇を想像させるやりきれない事件があった。
多くの子供が犠牲になっている可能性があるにも関わらず、公に扱う気がないジョーンズ警部。
レスター・ヤバラ刑事 (マイケル・ケリー )が事件解明に進んだことで、状況は一転する。
ロス市警の巨悪を追及するグスタヴ・ブリーグレブ牧師 (ジョン・マルコヴィッチ)の力もあり、市民も多数動き出した。
警察内部の良識派と世間の声が、不当な権力や汚職に手を染めた腐敗政府にメスを入れる。
332551view008 CHANGELING
二転三転するストーリーは、国家権力の腐敗という今でも問題になるテーマーでありながら、
権力に打ち勝つ目的や被害者たちの告発に重点を置かず、あくまでも我が子との再会だけを願う母親の愛情と信念を見事に描いてあり、
このような問題に直面することがあったなら、私達は社会はどうすればよいのかを考えさせられました。

この時代、社会進出をする女性は能力があれは地位の向上もある一方で、
歯向かう女は精神病院にでも一生入れておけばよいみたいな女性軽視する警察の横暴な価値観は、
もはや時代遅れとなっていることに気付かない無知さと世間との温度差が垣間見れました。
今の時代も変わらないことですが…

憎たらしくて仕方がないジョーンズ警部のジェフリー・ドノヴァンと、犯罪者ゴードン・ノースコットのジェイソン・バトラー・ハーナーの好演が、勝訴に一層の喜びを感じさせられました。
332551view012チェンジリング
エンドロールに事件の顛末が伝えられますが、
クリスティンの凛とした後姿は、その後の人生に希望の光があることを願わずにはいられませんでした。
路面電車や交換電話、クリスティンが被るクローシュ、
ラジオからのアカデミー賞中継は、まだ「オスカー」という名称が登場しないし、そんな当時の雰囲気を含め、イーストウッドの演出は細部に渡り無駄がありません。
ふたつのプロットを重ねながらの手法や、決してお涙頂戴に仕上げない作り方で余韻を残すのはさすがと思いました。
アカデミー作品賞にノミネートされなかったのが不思議です。

2009年 2/20公開 アメリカ映画
監督 クリント・イーストウッド

Comment

こんにちは〜♪
編集
アカデミー賞の価値がありますよね〜?
アカデミー賞のノミネート作品がこれ以上良いのかどうか早く見比べてみたいですわ。

アクション女優のイメージが強いアンジーなんですけど、名監督の演出は名演技を引き出すんでしょうね。
まさに母親の気持ちがたっぷり出た演技だったと思います。
2009年02月21日(Sat) 20:45
本当
編集
これだけの作品がアカデミー作品賞にノミネートされないとは!
って感じでしたよね〜。
まぁノミネート作品は「ベンジャミン・バトン」しか
観てないので、他はもっと凄いのかもしれませんがね。
でも、個人的には「ベンジャミン・バトン」も
映画らしいいい映画だったけど、
コチラの方が好みでした。
2009年02月21日(Sat) 21:34
いい映画でした
編集
ムカついたよねえ!
理不尽どころの話じゃない、本当にフザケンナ!でした ヽ(`Д´)ノ
マカちゃん呼んで2人で全員ブッ飛ばしちゃえ〜!!とか思っちゃったよ e-442

こんなことがまかり通ってた当時のロス警察って何だったのe-3e-262
怒りを通り越して呆れてしまいます (ノ_-;)
どれだけの人々がヒドイ目にあって泣き寝入りしたんだろうねv-40
この時代のここにいなくてよかった〜なんて思う自己中な私でした。

そしてあの怖ろしい事件・・・
色々調べると映画では伝えられてないもっと悲惨な事実があって愕然としました。
あの子の供述がなければ犠牲はもっと増えてたかも・・・
そう思うとあそこでわかってまだよかったんだよね。

警察にも犯人にもとても怒りを覚える映画で その点役者は上手かったです。
それゆえにスッキリとまでは行かないけど終盤は小気味良く観られるもんね〜


間違いなくアンジーの代表作になりますよね。
素晴らしい演技だった v-424
ちょっと痩せ過ぎで顔が怖かったけど・・・

ホントに、作品賞の価値は十分あったと思いました。
このアンジーなら主演女優賞取れば納得出来ます e-354
まあ他の女優のノミネート映画をまだ一つも観てないけどね(^ ^ゞ
ブラピも悪くなかったけどカップル受賞は無理かもなあ。

そうそうお姉サマ、気持ちはわかるけど舌打ちは心の中だけにしようねえ〜 v-391
何度も聞こえたよ(爆)
2009年02月22日(Sun) 11:47
こんにちは!
編集
この映画は、少年たちが印象的でしたね。
こんなに少年が出て来るとは、思いもよりませんでした。
ウォルター少年は大人しくてどことなく寂しげで、偽少年はふてぶてしくイラっとしましたし、最後のコも良かった。
あの少年の告白には息も止まるほどでした。この子、上手いですね。
自分のブログでは、少年たちの事は取りあげていません。
あまりに怖くて痛ましくて...ここで語ってしまいました。ごめんね。

ホント!作品賞の価値は十分あったと、私も思います!
2009年02月22日(Sun) 14:47
こんにちは!
編集
なんだかんだと、1年に1本の割合で
イーストウッド監督、関連作品は観ているような気がします。
どちらかというと、アノ男より、警部より、
一番あの成り代わりの小僧が(爆)ブキミでいやだったかも(^^;
どうしたらあんな図太い態度をずっと続けられるのか、
アンジーが怖そうな顔で睨んでもスルーだったアノ神経、
家庭的に恵まれないとしても、だよね〜(><;

そうそう、作品賞、なんでかしらね?
もうレオがノミネートもされなかったので、ちょっと戦意喪失(笑)
2009年02月22日(Sun) 15:56
ミチさんへ
編集
何で外したんでしょうかねえ〜?!(ロス市警の圧力?〜爆)
イーストウッド作品の中でも結構好きな方だったのに残念だわ〜アンジーには頑張ってもらいたい!!

5ヶ月ぶりの対面で列車の到着に待ちきれない様子や、指の動きひとつまで感情が現れていたアンジーに何度も泣かされました。
2009年02月22日(Sun) 17:23
miyuさんへ
編集
こんばんは。

はいはい〜同じく「ベンジャミン」も良かったけど、私も好みとしてはこちらの方が好きです。
他の作品は相変わらずアメリカ趣向って感じですよね。
明日が楽しみです。
アンジーには頑張ってもらいたいですよね♪
2009年02月22日(Sun) 17:28
こんにちは。
編集
>決してお涙頂戴に仕上げない作り方で余韻を残すのはさすが
そうそう、そうなんです!!
社会派なのにエンタメ的にドラマチックで、でも感動の尾しつけがないの。
「希望」のセリフは脚色かもしれないけれど、希望の見える最後は素敵な余韻でしたね。

もう一回は苦しくて見られない気がするけど、良かったです!
2009年02月22日(Sun) 19:24
編集
オリーブリーさん

こんばんは★

これほんと尋常な話じゃないですよね。こんなのが実際にあっただなんて。
本当、あのウォルターだと名乗る子供も憎らしかったし
医者や警察、すごくムカつきました〜!
最後に救いがあるところが良かったです。
2009年02月22日(Sun) 22:16
お姉さま〜〜(笑)
編集
そんなにキレないで〜〜(笑)
たった5ヶ月で、自分の子がわからなくなるわけ
ないですよね。まさに、フザケンナと言うお気持ち
よ〜くわかります(笑)

あの偽少年、最後はクリスティの好意も踏みにじって
いたよね(イラナイとか言って)
将来が末恐ろしいです。偽少年の母親なんか母親らしくない
と思ったら、継母だったのね。そこまで、イーストウッドって描くのね。
さすがだわ〜〜

カッコイイアンジー姉さんが好きですが、このアンジーの演技
素晴らしかったです!いやあ、お見事!
アカデミー賞獲るかも?明日は、TVにかじりつきます(笑)

作品賞になんでノミネートされなかったんだろうね(・・?
2009年02月22日(Sun) 22:40
こんばんわ!
編集
いつもながらオリーブリーさんの感想に妙にスッキリ(笑)
もうもう、みんなムカつくし理不尽だしで
観てるのがしんどかったです〜〜(T_T)
さすがイーストウッド監督、容赦なし!^^;
中盤精神病院から出られて心底ほっとしました。ハアー
あの偽少年の母親は義母だったんですね。
新聞とかでも取り上げられてるんだから「うちの子」って名乗り上げてヨ・・(笑)

ミリオンダラーベイビーとかより救いがあってよかったですぅ〜〜
2009年02月22日(Sun) 23:15
ロクちゃんへ
編集
おこんばんは〜♪(#^ー゚)v
その節はお世話になりました♪
初めてご一緒したのに、舌打ち連発してすんませんでした〜いつもはおしとやかですから(爆)
すぐ語り合えたのでスッキリしたわ〜ロクちゃんの泣き顔はチャーミングだったよo(*^▽^*)oあはっ♪

後から検索してみたら、事件の真相には愕然としたよね…
こんな事件起こしておいて、あの無様な最後!!
天国なんかいけるわけがない!!!なにが「きよしこの夜」じゃ(`Д´) ムキー!
加えて偽ウォルターの憎たらしいガキ、最後の最後までイラついたよ。
末恐ろしい〜どんな大人になったんだろう、、、
ま、知りたくもないけどさっ(苦笑)
他の少年達の心中は、手を差し伸べたくなったよね。
戻った子の告白も辛かった〜助かった自分とそうでない子供達の間で苦しんでいたんだよね・゚・(ノД`;)・゚・
市警には当然の判決でスッキリしたけど、怠慢と放漫、権力の乱用…呆れたよね!!!

>他の女優のノミネート映画をまだ一つも観てないけどね

そうだけど、GG賞はアンジーだったな♪(#^ー゚)v
2009年02月23日(Mon) 00:20
あんさんへ
編集
こんばんは。
あんさん、何でも語って下さいよぉ(^_-)-☆

そうそう、数名の少年がネックになっていましたね。
優しいウォルター君と外見も中身も似つきもしない偽ウォルターのふてぶてしさ(`Д´) ムキー!
ちょっとマット似の少年も被害者ですよね…
彼の告白は辛かった(涙)
ググったら、彼は氏名を変えて長生きしたそうです。
最後の少年も逃げて助かった自分とそうでない子の間で辛かったんだろうねぇ〜・゚・(ノД`;)・゚・
名乗り出れなかったって思いに涙…

ところで…
残念ながら、オリーブの香りもしなければ、ポパイのオリーブのような細さでもありませーーん(爆)
2009年02月23日(Mon) 00:44
おはようございます。
編集
80年前の出来事とはいえ、信じられない話ですね。
警察(警部)が登場してからずうーと怒りっぱなしでしたよ。
嘘ついてた子ども、子どもとはいえ腹がたった。
背後にあった連続誘拐事件は恐かったですよ〜。
堕落した警察の実情、頻発していた子どもの行方不明など、当時のアメリカの闇の部分ですね。
イーストウッドものにいはハズレなしですな。

ところで「おくりびと」とれるかなあ。ドキドキ
2009年02月23日(Mon) 09:31
こんにちは〜♪
編集
オリブリさん
TB入ってましたよ〜♪

ネタばれあり!コメント

5ヶ月しか経ってないのだから、近所の人達とかもあの子がウォルターじゃないと分かりそうなのに、警察の方から来た医師が近所の人達に「自分の子だと認めない母親だ」とか言ってふれ回ったってあったよね?

あそこがチョット納得いかなかった。。。

近所付き合いって無かったんだろうか??
それとも関わり合いたくなかったのかな??

歯医者さんと教師たちも、本当に良い人なのかハラハラしちゃった。
警察が手を回すのではないかと心配しながら見てました。

本当にあの警部、医師にはムカついたね。

オスカー、アンジー残念だったね。。。
2009年02月23日(Mon) 17:19
こんばんは!
編集
警察・医師。看護婦。もうほんと憎らしかった〜(涙)
時代に。警察に。母の姿に。子供達に。
すべてに心が震える作品でした。
つらく切ないながらすっかり心もってかれちゃったです。
私は満点だしちゃいました〜!!v-347
2009年02月23日(Mon) 18:53
こんばんは
編集
オリーブリーさん、こんばんは^^
ホント、細部にわたり無駄の無い演出でしたね〜
今のところ今年のマイベストです!!(←まだ2月だっちゅーの。)

>どんなに時が経とうとも、我が子であるかどうか親なら解かります(フザケンナ)!!!

そーだ、そーだぁっ!!! 駅のシーンでは
「この子を連れ帰っちゃダメー!」って心の中で叫んでました。
でもクリスティンにとっての敵も味方もそれぞれに適役でしたね。
子役たちの演技も皆上手だったし、
日本の子役君じゃ、なかなか あぁはならない気が・・・^^;
アンジーの渾身の演技は圧巻でしたね☆イーストウッドもお見事!
2009年02月24日(Tue) 23:28
kiraさんへ
編集
こんにちは〜毎度返事が遅れてごめんねぇ(;^_^A アセアセ・・・
僕ちゃんのもアップしたいけど、なかなか出来ない(汗)

あの小僧、憎たらしかったよねぇ!
そうだよ〜ある意味あんな子供の方が、大人の悪い思惑より始末が悪いよね!!
どんな大人になるんだと思ったし、もっとお灸すえるべきじゃない?!

作品賞が「ミリオネア」で安心したけど(笑)これはノミネートされて欲しかったわ。
「ミルク」なんて、そんな人物知らないし(私だけ?〜笑)
2009年02月25日(Wed) 12:20
たいむさんへ
編集
こんにちは。

イーストウッドは観客の求めるものをちゃんと解ってますよね。
色んな側面でみせてくれるし、彼ならではの独特な静けさと優しい映像の雰囲気が好きです。
音楽も良いですしねぇ〜♪

切ない物語でしたが、良い映画でしたね。
彼女はきっと懸命に生き抜いたんだと思います。
2009年02月25日(Wed) 12:26
migさんへ
編集
こんにちは。

前半のイライラは精神衛生上、よろしくないものでしたよね(苦笑)
ほんと、子供やら大人やらに腹立ちまくりでした(爆)
事件の解決はされたものの、傷を負ったものも大勢いて、その後の人生を想像したら辛いものがありますが、クリスティンは強く懸命に生きたのでしょうね。
あの優しい上司とはどうなったのかしら?
2009年02月25日(Wed) 12:31
ひろちゃんへ
編集
は〜い、お姉さまでーすo(*^▽^*)oあはっ♪

久々、キレまくりでしたよ!!
イライラした!!よくもまあ、次々とやってくれるもんだと呆れました(`Д´) ムキー!

あの子供、その内に実は…って言うのかなぁ〜なんて思っていたらとんでもなかった。
ほんと、ある意味あの子供の行く末が一番問題かもね。
もっと厳しくおしおきすれば良かったのに、、、
警部の尋問にも子供らしからぬこと言ってたしね(´へ`;ウーム

ひろちゃん、会社休んでアカデミーだったのね(笑)
確か、去年も休み?だったよね♪(#^ー゚)v
今回のアカデミーは休んで大正解だったでしょ〜ロバートさんもいたし、私はヒューにやられました(≧∇≦)キャー♪
アンジー残念だったけど、彼女のキャリアアップになった役柄だと思うので次回に期待1122!
2009年02月25日(Wed) 12:44
かいこさんへ
編集
こんにちは〜

うん。これまでのイーストウッド作品の中では、結論が出たような感じはしましたね。

あの事件が公にならなかったら、彼女は一生精神病院から出られなかったのか、、、と考えるとゾッとしました。
あの小僧、憎たらしかったよねぇぇぇ!!
最後、母親の態度とか変だったから、これも警察の仕込みか?と思って調べたら、継母なんだって(;^_^A アセアセ・・・
事件を混乱させる原因になったことをしっかり反省して子育てできるのかしら?と思っちゃった。
2009年02月25日(Wed) 13:16
アイマックさんへ
編集
「おくりびと」やりましたね!!!
名駅でまだ上映しているので、明日観てきます♪(#^ー゚)v

こんなことがまかり通っていたなんて信じられませんが、
イーストウッドの切り口は、真実なんだと痛感させられましたね。
それにしても権力者も子供も悪い奴は一緒ですね。
あのクソガキの行く末は見えました(;^_^A アセアセ・・・
2009年02月25日(Wed) 13:25
にくきゅ〜う★さんへ
編集
こんばんは!

TB、良かったです〜ありがとうございました♪(#^ー゚)v

ネタバレお返事

そうそう!!
私もご近所の人たちが一番に違うよ〜と言わないのが不思議でした!
留守番させる時誰かに様子見てもらうみたいなこと言っていたけど、あまりご近所とかとの関わりは描かれていなかったので、そんな町(?)だったのかしら…
子供の誘拐も誰も気付かなかったみたいだし。。。
それも寂しいなぁ(苦笑)

私も歯医者さんや教師が手のひら返すのかもしれないと嫌な予感したけど、法廷で証言している様子が出て、ああ〜正義感のある人はちゃんといるんだ!と嬉しかったです・゚・(ノД`;)・゚・

アンジーは残念でしたが、また必ずチャンスはあるでしょうね〜。
ケイトの作品も楽しみになりましたね♪(#^ー゚)v
2009年02月26日(Thu) 01:14
くろねこ さんへ
編集
こんにちは〜お返事が遅れてごめんなさいm(_ _)m

私も満点に近いですよ!
無駄がなかったですものね〜見せ方も上手いし。
多分、観客は皆同じペースで同じ気持ちにさせられたのでしょうね。

うんうん!!
精神科の看護婦も憎たらしかったぁ(`Д´) ムキー!
無表情が不気味でした!!
2009年02月27日(Fri) 11:12
Anyさんへ
編集
こんにちは〜。

そう、駅で連れて帰らなければ。。。とは思うよね。
あの時代の女性にはせいぜいあれぐらいの抵抗しか出来なかったのかな〜それに警部の押しに断りきれないトコがあったよね。
NOと言っても絶対に受け入れてくれないんだもの…

善と悪をはっきり分けたキャラクターと流れが良かった。
牧師のスピーチを最初の内に見せる所も、イライラしながらも救いを持たせてあるものね。
でも証言してくれると言いながら、寝返らないか?と不安だったけど(;^_^A アセアセ・・・

私もトップですよぉ〜2月だけど(笑)
2009年02月27日(Fri) 11:57
編集
こんにちは〜♪
これはアカデミー賞の作品賞にノミネートされてもおかしくない作品ですよね〜
とても見応えのある重厚なドラマでしたもの。
でも、息子を持つ身としては、観ていて凄く辛かった!!警察の対応や憎たらしい偽息子に怒り狂いましたよ。
オマケに残忍な事件まで飛び出して、、、ああ苦しい、、、

アンジーの熱演は見事でしたね〜
カッコイイアンジーが好きですが、演技派なんだなぁ〜と改めて思いました。
2009年03月02日(Mon) 08:19
由香さんへ
編集
こんばんは。

まさかのサプライズでしょうか〜これがノミネートされなかったなんて…(´へ`;ウーム
イーストウッド作品でもかなり好きなほうだったので残念です。

あの事件はもっと残酷だったみたいなので、犯人の最期まで描いた意図は解るような気がしました。

アンジーは本当に良かったですよね〜アクションのイメージが強いけど、骨太な役柄をこれからも期待します!!
2009年03月03日(Tue) 17:32
今晩は☆★
編集
オリーブリーさま
今晩は☆★
コメント残さず、いつもすみませんです!
クリント・イーストウッド監督作品は
いつも期待通り素晴らしいですよね。
アンジーがどんな演技をするのかも、ドキドキしていました。監督のマジックにかかったようなアンジーはいつも以上に凄い演技だったと思います。
内容は重いですが、メッセージ性の高い
秀作ですね。それにしても監督、今年で
79歳だそうで・・・。生涯現役で頑張るのかなあ?こんな時代だからこそ、撮り続けるのかもしれませんね。TB・コメントありがとうございましたm(__)m
2009年03月04日(Wed) 23:36
mezzotint さんへ
編集
こんにちは〜
いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます。
コメントなんて気にしないで下さいね!
mezzotintさんの記事、いつも楽しみにして読ませて頂いてますハイ(^-^)/

息子が卒業してから京都へは足が遠のいています。
桜でも観にいけたら良いなあ〜なんて思うのですが、もう宿もないので日帰りでも混んでて時間がかかりそう(苦笑)

イーストウッドはアンジーの才能を最大限に引き出したんでしょうね。
リハーサルしないそうですが、アンジーも何度も同じ事を繰り返さない分、集中できたと言っていましたね!
「グラン・トリノ」の公開も待たれます〜楽しみですね。
2009年03月05日(Thu) 16:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

映画 【チェンジリング】
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅する
2009年02月21日(Sat) 20:43
『チェンジリング』
監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
2009年02月21日(Sat) 21:02
『チェンジリング』
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映...
2009年02月21日(Sat) 21:10
チェンジリング / CHANGELING
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました〜 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫ぶ
2009年02月21日(Sat) 21:32
チェンジリング
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリ
2009年02月21日(Sat) 21:33
『チェンジリング』
(原題:Changeling) -----これってクリント・イーストウッド監督の新作だよね。 彼とアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせって 少し意外な気がするニャあ。 「うん。観る前はぼくもそう思ったんだけど、 観ているうちになるほどと…。 というのも、 これが思ったより
2009年02月21日(Sat) 21:39
チェンジリング
柱のきずはおととしの〜♪
2009年02月21日(Sat) 22:07
チェンジリング
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネー...
2009年02月21日(Sat) 23:36
チェンジリング
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外
2009年02月22日(Sun) 00:25
チェンジリング/Changeling
ぎゃあ〜〜!!怖いけど凄いです! もう、何と言ったらいいのか、あまりに理不尽すぎて、事の展開にぐいぐい引き込まれてしまいます。と...
2009年02月22日(Sun) 00:37
チェンジリング
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
2009年02月22日(Sun) 11:14
Changeling (2008)
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、コルム・フェオール、ジェイソン・バットラー・ハーナー 監督クリント・イーストウッドが実話を基にして作った作品は(私の知っ...
2009年02月22日(Sun) 11:22
[映画『チェンジリング』を観た]
☆昨夜、『少年メリケンサック』を観たのだが、『チェンジリング』が本日公開で、速報性を重視し、先に報告させて頂く。  ・・・イーストウッド監督作品である。  今、最も安心して、その新作を観ることができる監督だと思う。  観てみると、驚くほど、その作家性は...
2009年02月22日(Sun) 13:06
チェンジリング
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの──? 原題 CHANGELING 製作年度 2008年 上映時間 142分 映倫 PG-12 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリント・イーストウッド 音楽 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッ...
2009年02月22日(Sun) 15:38
映画「チェンジリング」
原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件〜 天使が住んでいたというロサンゼルスは1928年のこと、電話会社で主任を勤めるシングルマザ...
2009年02月22日(Sun) 17:18
チェンジリング
何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を観
2009年02月22日(Sun) 18:58
「チェンジリング」みた。
この時代のメイクとはいえ、アンジーの顔がコワイっっ!・・というのはさて置き、非力で警察に頼らざるを得ないだけの母親から、権力の圧力にも屈しないコリンズ夫人へ。実の息子への愛情と想う気持ちだけを楯に、強
2009年02月22日(Sun) 19:16
「チェンジリング」予想していたのとは違った
子供が誘拐され、戻って来た時には、別人だった・・・という「実話」だというのに、すごくソソられ、見たのですが。いや・・・クリント・イ...
2009年02月22日(Sun) 19:47
「チェンジリング」
JUGEMテーマ:映画&nbsp; クリント・イーストウッド監督作品。今回のオスカーにアンジェリーナ・ジョリーが主演女優賞にノミネートされている本作品を、オスカーナイト前に観ておこうと、公開初日に劇場へ足を運びました。誘拐された息子が8ヶ月後に発見されるも、別
2009年02月22日(Sun) 20:06
「チェンジリング」
怒りと憤りで胸の震えがとまらなかった・・(涙)
2009年02月22日(Sun) 21:47
チェンジリング
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナ
2009年02月22日(Sun) 22:11
チェンジリング
ただ1人のわが子を求めて
2009年02月22日(Sun) 22:27
★チェンジリング(2008)★
CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/02/20ジャンルミス...
2009年02月22日(Sun) 22:43
「チェンジリング」
息子失踪の5か月後に見知らぬ少年を押し付けられた母親の物語。「チェンジリング」公式サイトクリント・イーストウッド監督なので覚悟してたつもりでしたが・・やっぱり し、しんどかったデス〜〜会社帰りにフンフーンて観にいくにはテーマが重かったどう見ても他人の子...
2009年02月22日(Sun) 23:22
映画 『チェンジリング』
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの−?
2009年02月23日(Mon) 06:39
チェンジリング アンジーの目の演技が凄いなー!
 うちの各事業所の朝礼まわりを初めて3週目突入(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)。 本来自分の仕事ではないのだけど、職場を担当する執行委員があんまりやってくれないのと、自分自身が現場が好きなのと、それからやはり職場組合員に労働組合のことをもっと意識して貰う
2009年02月23日(Mon) 09:41
【チェンジリング】★アンジェリーナ・ジョリー
どれだけ祈れば、    あの子は帰ってくるの―?ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰って来た彼は別人だった―。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。チェンジリングHPチェンジリング シネマトゥデイ英題:CHANGELING製作年:2008年製作国:アメ...
2009年02月23日(Mon) 16:43
チェンジリング 心に刺さる映画
話題の映画「チェンジリング」を早速見てきました。 愛情の深い母親が、子どもの行方を探す物語だと思っていましたが、いい意味で違っていました。 行方不明になった子どもが、5ヶ月後に別人として帰ってく...
2009年02月23日(Mon) 17:42
チェンジリング
ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった__。 物語:舞台は1928年のロサンジェルス郊外。電話会社に務めるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らすシングルマザー。息子と過ごす時間が一番大切な時間だ。 とある...
2009年02月23日(Mon) 22:20
【チェンジリング】
【CHANGELING 】 【監督/制作/音楽】 クリント・イーストウッド  【脚本】 J・マイケル・ストラジンスキー    【日本公開】2009/02/20  【...
2009年02月24日(Tue) 23:04
チェンジリング
JUGEMテーマ:映画 2009年2月20日(金) 公開 ★★★★★ アクションもセクシーな魅力も封印して渾身の演技を見せてくれたアンジーが良かった 星5つ! 皆さん、これが本物の春日ですよ。 お子さんをお持ちの親御さんならどなたも我が子が行
2009年02月25日(Wed) 09:16
【チェンジリング】
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも
2009年02月25日(Wed) 14:40
「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド。主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年
2009年02月26日(Thu) 00:57
求めているのは希望。『チェンジリング』
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。
2009年02月26日(Thu) 14:09
チェンジリング 2009-10
「チェンジリング」を観てきました〜♪ 1928年の初春、シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、息子のウォルターと映画を観に行く予定をしていた土曜、突然休日出勤を強いられる。約束よりかなり遅くなって家に帰ったクリスティン、一...
2009年02月26日(Thu) 19:11
【映画】チェンジリング
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜...
2009年02月28日(Sat) 11:02
チェンジリング
 アメリカ  ミステリー&ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:アンジェリーナ・ジョリー      ジョン・マルコヴィッチ      ジェフリー・ドノヴァン      コルム・フィオール 【物語】  1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのク...
2009年03月01日(Sun) 00:43
チェンジリング
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消
2009年03月02日(Mon) 08:07
『チェンジリング』
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイ...
2009年03月02日(Mon) 12:09
「チェンジリング」 苦さの意味
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
2009年03月02日(Mon) 18:12
チェンジリング●○CHANGELING
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身...
2009年03月04日(Wed) 10:27
「チェンジリング」
「チェンジリング」、観ました。 子供を誘拐されたシングルマザーの身に起る、戦慄すべき実話を巨匠クリント・イーストウッド。主演はア...
2009年03月04日(Wed) 12:23
チェンジリング・・・・・評価額1700円
ある日突然、最愛の息子が失踪し、数ヵ月後に警察によって発見される。 ところが自分を母と呼ぶその子は、我が子とは似ても似つかないまった...
2009年03月04日(Wed) 20:05
チェンジリング
クリント・イーストウッドが実話を下に監督、主演はアンジー。しかも、アカデミー主演女優賞にブラピと共にダブルでノミネートされています。これは見ないと!で、珍しく初日に見ることができました。期待を裏切らない画像と物語の展開。そして、アンジーの繊細な演技。
2009年03月04日(Wed) 21:04
チェンジリング/アンジェリーナ・ジョリー
予告編だけで物語を想像すると「幼い息子が失踪→数ヶ月後、無事発見、解決→この子は私の子供じゃない!?」というミステリー作品かなぁと思っちゃったりするんですけど、コレって実話に基づいた作品なんだそうですね。ということは謎は謎じゃなく既に明らかになってると...
2009年03月04日(Wed) 22:28
チェンジリング(映画館)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―?
2009年03月05日(Thu) 10:32
「チェンジリング」
「Changeling」 2008 USA “どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?”...名匠クリント・イーストウッドが描く感動のミステリー・ドラマ。 クリスティン・コリンズに「マイティ・ハート/愛と絆/2007」「ウォンテッド/2008」のアンジェリーナ・ジョリー。 グ
2009年03月05日(Thu) 20:06
チェンジリング
チェンジリング’08:米 ◆原題:Changeling◆監督・製作: クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー...
2009年03月05日(Thu) 23:02
チェンジリング
★★★★☆  信じられないが、これは1928年のロスで本当にあった話である。当時悪名高かったロス市警は、行方不明になったウォルター少年を探し出し、母親に引き渡すのだが…。シングルマザーのクリスティンは、自分の息子ではないと主張する。       しかしロス
2009年03月08日(Sun) 14:01
チェンジリング
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、死...
2009年03月08日(Sun) 16:06
チェンジリング
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、死...
2009年03月08日(Sun) 16:30
チェンジリング
チェンジリング True Stary 本当にあった話。 1928年シングルマザーのクリスティン、ある日、休日出勤を頼まれ仕事を終えて戻ってくると、息子のウォルターが消えていた。警察に届け出るが「朝には帰ってくる」の一点張りで、取り合ってもらえない。 5ヶ月後に「息子が
2009年03月08日(Sun) 21:10
チェンジリング
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリード..
2009年03月09日(Mon) 22:34
「チェンジリング」観てきました♪
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 192
2009年03月11日(Wed) 22:14
チェンジリング
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
2009年03月14日(Sat) 13:58
チェンジリング
映画チェンジリング見てきました。 クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、...
2009年03月14日(Sat) 16:29
チェンジ・リング を観ました。
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。
2009年03月14日(Sat) 21:34
『チェンジリング』(Theater)
監督 クリント・イーストウッド 製作総指揮 ティム・ムーア,ジム・ウィテカー 製作 クリント・イーストウッド,ブライアン・グレイザー,ロン・ハワード,ロバート・ロレンツ 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 出演者 アンジェリーナ・ジョリー,ジョン・マルコヴィッチ 音...
2009年03月17日(Tue) 01:40
チェンジリング
映画館で観た予告編が面白そうだったので。 監督はクリント・イーストウッド。 ミステリーっぽくて面白そうなのだけれど、 彼の作品は、結構後味が悪かったりするので、 要注意。( ^ _ ^; 映画館で観ました。 1928年。 ロサンゼルスの郊外で 9歳の息子・ウ
2009年03月23日(Mon) 11:28
チェンジリング 私がいまいちのめり込めなかった3つの理由(大ネタバレ)
タイトル:チェンジリング ジャンル:いろいろ/2009年/142分 映画館:TOHOシネマズ二条 鑑賞日時:2009年4月2日(木) 私の満足度:65% (緑が多く電車が走るロサンゼルスの街並みや、ローラース ケートでフロアを駆け巡る電話交換室、土曜日がお休みの小学校など当時
2009年04月10日(Fri) 00:03
『チェンジリング』
ちょっと前に観ていたんですけど、なかなか忙しくて記事があげられずにいた『チェンジリング』の感想をあげますー。 思っていたよりも感情の抑揚が静かな映画だったかなーっていう印象が。 ******************** クリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジ...
2009年04月24日(Fri) 03:07
『チェンジリング』 2009-No9
突然消えた息子。 帰ってきたのは見知らぬ少年。 誘拐・殺人・腐敗した警察 息子を探す母と真実との戦い。 重苦しいテー...
2009年05月11日(Mon) 20:54
チェンジリング
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの――?
2009年07月21日(Tue) 15:52
「チェンジリング」
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです
2009年07月23日(Thu) 18:47
チェンジリング−(映画:2009年)−
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 評価:91点 信じ難い実話を、適度な演出で心に....
2009年09月24日(Thu) 21:54
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
2009年10月05日(Mon) 13:25
『チェンジリング』'08・米
あらすじ1928年。シングル・マザーのクリスティンの9歳の息子ウォルターが失踪する。5か月後、警察に息子を発見したと聞かされるが・・・。感想オスカー監督『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッドによって信じられない実話を基に作られ、アカデミ...
2010年03月03日(Wed) 00:16