FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

quantumofsolace_galleryteaser2QUANTUM OF SOLACE
何者かの陰謀により、
愛するヴェスパー(エヴァ・グリーン)を亡くしたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、
彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を追及するうち、
背後に世界中の有力者や諜報機関を取り込む巨大な組織の存在と新たな陰謀を知る。

環境保護の慈善団体“グリーン・プラネット”のCEOであるドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)は、
裏でボリビアの土地に眠る貴重な天然資源の独占を目論み世界支配を企んでいた。
ハイチに向かったボンドは、そこでカミーユ(オルガ・キュリレンコ)という謎めいた女性と出会う。

「カジノ・ロワイヤル」に続きダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドに扮したシリーズ第22作。
前作エンディングの1時間後から始まるシリーズ中異例の続編。
任務と個人的な復讐の間で葛藤するボンドの姿を、
「チョコレート」「ネバーランド」のマーク・フォースター監督が描く。
330798view019QUANTUM OF SOLACE
330798_01_10_02007/慰めの報酬
先行上映で観てきました。
シリーズ初の続編と言う事ですが、
「カジノ・ロワイヤル」での登場人物だけでもおさらいしておいた方が良さそうです。

前作のボンドに完璧ノックアウトされてしまってから、2年あまり経過しての再会♪
やっぱりダニエル・クレイグは期待通りで、カッコ良かったぁ~もうそれだけで満足です!!

オープニングからものすごく激しいカーチェイス!!
ダニエル・ボンド、屋根の上を走るは飛ぶは~追いかける追いかける~絶対諦めない!!
海からも空からもと、アクション映画を撮るの初めてだから?マーク・フォスター欲張り(笑)
スタントマンが重傷したり、ダニエルも怪我を負ったというから、まさに一級品のアクションに仕上がったのでしょう。
ハラハラなアクションもカッコ良いけど、タキシードやスーツ姿がこれまた素敵過ぎ♪
330798view013QUANTUM OF SOLACE
復讐を決意するところから始まる今作は、様々な国を巡り、M(ジュディ・デンチ)に逆らいながら、
任務より感情に支配されてしまうボンドの葛藤が描かれています。
どれだけヴェスパーを愛していたのか、
またボンドが本当の自分自身を探すような物語であったように思いました。

なので…
前作以上に、
これまでの007ジェームズ・ボンドのように冷静で余裕のあるスマートな男ではないですねぇ~(苦笑)
私はこの荒削りで無骨なところが人間らしくて好きですが♪
330798view012QUANTUM OF SOLACE
「カジノ・ロワイヤル」で、ダニエル・ボンドは諜報部に所属したばかり。
ボンドの人となりに焦点が当てられたビギニングストリーの続編なので、
今回人間ドラマが得意なマーク・フォースターが監督を務め、脚本にポール・ハギスも参加したことにより、
更にそれを色濃く感じました。
前作のようなダニたんの水着や拷問シーンがなくて残念でしたが(笑)
私はとても楽しめました♪

「007」シリーズとしたらどうしてもスパイアクションが見所なので、
「カジノ・ロワイヤル」がイマイチだった人にはこれもどうかな~とは思います。
330798_01_04_02007/慰めの報酬
「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリックが演じた悪役。
この方、小粒な雰囲気だけど悪が似合ってる!(笑)
欲を言えば、もう少し謎めいてたり憎たらしいぃ~と感じたかったかな。

ボンドと同じように復讐を秘めていたカミーユ演じたオルガ・キュリレンコは、スタイル良くてどことなく神秘的な美しさもあり良かったです。

Mのメイク落としがスゴイ…
オイル塗れ「ゴールドフィンガー」はチョット気の毒…

エンドに“James Bond Will Return”
は~~~い、楽しみにしています♪
だんだん、クールでスタイリッシュなボンドへと変わっていくんでしょうかぁ~!

2009年 1/24公開 イギリス/アメリカ映画
監督 マーク・フォースター
2009.01.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/405-f5b79cd7