--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_03
05
(Mon)13:04

イン・アメリカ/三つの小さな願いごと



夢を求めてアイルランドからニューヨークにやってきた売れない俳優ジョニー(パディ・コンシダイン)と妻サラ(サマンサ・モートン)は、
娘クリスティ(サラ・ボルジャー)とアリエル(エマ・ボルジャー)と共に、
ハーレムのボロボロのアパートで新しい生活を始めた。
どんなに貧しくても、幼い姉妹にとってニューヨークは新鮮で楽しい街。
だがジョニーとサラは、息子フランキーの死という悲劇を忘れられずに苦しんでいた。
そんな中、サラは妊娠。
ジョニーは娘たちを学校に通わせるため、夜勤のタクシー運転手になった。
ハロウィンの日、同じアパートに住む黒人のアーティスト、マテオ(ジャイモン・フンスー)と、一家は交流するようになる。
しかしマテオは、エイズに冒されていた。(goo映画より)

俳優志望のジョニーはオーディションを受けてはみるが、なかなか合格することが出来ない。
前進する為の新しい生活が、相変わらず過去に捕らわれ、現実を直視できずにいる。
サラもまた同じような状況。
長女のクリスティは辛い出来事と受け止めながらも、亡くなった弟の言葉を“願いごと”という形で懸命に家族を支える。
まだ幼いがゆえ、天真爛漫、人懐っこい次女のアリエル。

マテオは一切外部と断ち切ったような暮らしだったが、この一家と出会うことにより、彼もまた心を通わす事ができ始める。
彼の哲学的な言葉の数々に、一家が励まされ、次第に問題が取り除かれていく。

お友達のお勧め作品。
とにかくこの子役二人がとても上手。
お姉ちゃんはお姉ちゃんらしく、しっかり者、賢い、余計な事は言わない、そして何よりも家族の再生を願っている。
妹はとっても可愛いらしい、純粋、無垢、素直。
実の姉妹なので、その演技も自然体なのでしょう~息の合ったコンビネーションで、もし、この二人ではなかったら…と考えると、
この作品からこんなにも愛らしさやあどけなさを感じられたかなあ~と。

こんな良い子供を持てて、本当に幸せなはずなのですが、
フランキーを亡くした事を認めたくはない、そうする事が怖い両親。でも変わらなきゃいけないのは自分たち、迷うことがあったとしても決断するのも自分。
両親の心の奧にあるものを見抜いているクリスティが、病院でパパに打ち明ける心情には涙が溢れました。
新しく生まれた命と奇跡、そして二人の娘たち、マテオによってようやく決心できた両親。
子供というのはなんてステキなんでしょう。
人間として、親として成長させてくれる、そしてだれの言葉よりも暖かくて素直になれる。

シェリダン監督の実話に基づくこの作品で、
娘さん二人との共同執筆出そう。
映画「E.T.(1982)」を見る場面があるので、80年代のお話~。
クリスティのビデオカメラが(この時代にしては新しいと感じたけど)この作品に一味加えていて、とっても良い映画でした!
Oさま~ありがとう♪

2003年 12/13公開 アイルランド・イギリス映画 
監督 ジム・シェリダン

C.O.M.M.E.N.T

観ましたよぉ〜!!

私もこの作品は観ましたよぉ〜!!
たしかこの作品は、もうひとつのエンディングが収録されてなかったでしたっけ?
あと、カットされたシーンとかも特典で付いていて、この作品もカットされた部分に重要なトコがあったような・・・

最後のシーンは、本当に感動でしたね。
この子達とマテオのシーンがお気に入りです。
号泣作品でした・・・(爆)

2007/03/06 (Tue) 00:06 | ジョニリン #N0fGSRtA | URL | 編集 | 返信

ジョニリンさんへ

号泣〜でしょうねっ(笑)
いい映画でした〜サマンサ・モートンもあまり気にならなかったし(苦笑)

マテオのように影響力のある人にめぐり会うのは、人生のポイントよね。
魔法のような力も感動だし!
良い方とたくさん知り合いたいな(笑)

特典〜見たけど、あれ?見落としてるかも!
もう一度見ているね♪

あっ、マテオのジャイモン・フンスーは「ブラッド・ダイヤモンド」が楽しみです。
「エラゴン」ではあまり目立たなかったよね。
ヒースと共演の「サハラに舞う羽根」も良かったです♪

2007/03/06 (Tue) 21:20 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ありがとう〜♪

ありがとうございます〜〜、早速観て頂いたんですね。
ここのところ少々、体調を崩してまして・・・、ご無沙汰してしまいました。あっ・・でも大した事ありませんので・・・^^

そして、そして
やっぱり、思った通り!!!
なんて素敵なレビューなんでしょう〜〜〜♪
私に少し、オリーブリーさまの脳の欠片を移植して頂きたい!!
私も一番泣けたのは、クリスティーが両親に、溜め込んでいた心情を打ち明けるシーンでした。私もジョニリンさま同様、号泣〜〜〜^^;
ジョニリンさまの言う、もうひとつのエンディング・・???私も見落としてるかも〜〜〜。

2007/03/08 (Thu) 12:54 | おまつまみぃ #- | URL | 編集 | 返信

おまつまみぃさんへ

こちらこそ〜ありがとうございました(^^)/
体調悪いのですか?風邪でしょうか?
お大事にしてくださいね!

やっぱ、ツボ同じかなあ(嬉)〜同じく号泣でした。
子供とか動物とか〜なんか泣かされませんかあ?
私もシスターの欠片を移植して頂きたい!!
芸術センスゼロなんで…(苦笑)

そうだ、特典画像ももう一度見ないと!
また、教えて下さいねえ(^^)/

2007/03/08 (Thu) 22:13 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。