2008_11
25
(Tue)23:23

コレラの時代の愛

loveinthetimeofcholera_galleryposterLOVE IN THE TIME OF CHOLERA
1897年、コロンビア。
郵便局員のフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は、配達先の令嬢フェルミナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)と恋に落ちる。
しかし、身分の違いから引き離され、フェルミナは医師のフベニル(ベンジャミン・ブラット)と結婚。
フロレンティーノは何年でも彼女を待ち続けると心に誓う。

ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの名作を映画化。
内戦とコレラのまん延に揺れる19世紀末から20世紀前半のコロンビアを舞台に、半世紀にわたって一人の女性への思いを貫いた男の純愛を描く。
330554_01_01_02LOVE IN THE TIME OF CHOLERA
「ノーカントリー」では執拗な殺人者。
「宮廷画家ゴヤは見た」では威厳に満ちた怪しい神父。
今回のハビエルさんは、愛に取り憑かれ51年!ちょっとマザコン気味の一途な男です。

とても真面目に作られた男の純愛物語かと想像してたら、
ひと目惚れした女性を長年に渡り愛し続け、貞節を誓いながら――
結果的に肉体関係を持った女の数が、なんと622人という男(爆)
ラブコメではありませんが、笑いどころも多々あって、純愛モノが苦手な私は想像以上に面白かったです。
330554_01_02_02LOVE IN THE TIME OF CHOLERA
最初は相思相愛で結婚まで決意したのに、身分の違いでフェルミナの父親に反対され引き裂かれてしまう。
しばらく距離を置いて生活したら、あれはまるで熱病だったのかな~と、案外冷静になるのは女のほうかもしれない。
再開した途端、フロレンティーノはフラレてしまう。
その理由って…
純粋で無垢な初恋~恋にあこがれる、恋してる自分が好き、みたいなことは、
現実が見えてくると勘違いかも?と気付くのはありがちだけど、
たったあれだけの言葉はかなり残酷かも(なんとなく解かるけど~笑)
フェルミナはフベナル医師と結婚。
benjamin_bratt3LOVE IN THE TIME OF CHOLERA
それでも永遠の愛と貞節を誓うフロレンティーノは、旅の船中でいきなり知らない女性にあれよあれよと言う間に身体を奪われてしまう(ここ、笑えた~)
まあそれからと言うもの、次から次と!!
70歳過ぎるまで若い娘を相手に、しかもお代わりまでねだられるんだから、かなりの……!
唯一夢中になった人妻がいたものの、女性との交わりは習慣のひとつにしか過ぎず、
ひとときフェルミナを忘れる術でもあり、
「女性に求められるまま体では答えてきたけれど、心の貞節は守り続けた」
――だそうです。
おお~~物も言いよう!

でもその女性との交わりが、どこかしら滑稽に描かれているので、彼を調子が良いとか憎たらしいとか思えないんですね。
どちらかと言うと、フベナル医師の浮気の方が許せないと思えました。
cholera3LOVE IN THE TIME OF CHOLERA
フロレンティーノの若い頃を演じた男優が、ハビエルに変わるのには違和感があった。
ハビエルみたいに濃い顔には、似たような俳優探すの大変そうだけど、それにしてもちょっと違いすぎ。
これじゃ再会した時、「何でこんなのになっちゃったの?キモイ!」とフェルミナが動揺してあのセリフになったように思えてしまう(苦笑)

いきなり夫はオウムに噛まれ木から落ちて事故死、未亡人となったフェルミナが結婚生活を振り返るところや、コレラのエピはあるものの簡潔にまとまってる印象なので、
原作はもっと深いトコまで書かれているのではないかな~と思います。

ジョヴァンナ・メッツォジョルノは後半の老け具合は上品で良かったけど、娘時代はこれもちょっと無理な感じ。
彼女の70代のヌードはどんなメークをしたのだろうかぁ~垂れ下がる胸とボッテリおなか…
横たわるベットで胸まで横たわっていてスゴイ現実的でしたぁ(爆)
330554_01_03_02LOVE IN THE TIME OF CHOLERA
ハビエルは濃くてねっちょりとした中に、少年のような瞳と静かな物腰。
ラブレターを書かせたら天下一品。
素敵な愛の言葉、比喩が並びます。
叔父の跡を継いで会社の社長となって成功している彼は、やっと初恋の女性にプロポーズ。
常識的には考えられないし、フェルミナを見かけると物陰から除いたりちょっとストーカーぽく、
悪く言えば漁色家のような男だけど(苦笑)
人を愛し続けるパワーを見せられたようで、彼の思いが成就できると良いなあ~と思わせるのは、ハビエルの演技の力なんだろう。
山や川の景色も美しく映像の色使いも綺麗です。

2008年 8/9公開 アメリカ映画
監督  マイク・ニューウェル

C.O.M.M.E.N.T

ハビエルの濃いアップに長時間耐えられるか自信が無くて、
DVDが出たら、小さなポータブルのデッキで見ようかと思っているのですが、
自然の映像が綺麗なのでしたら、
リビングの大きなテレビで見ようかな〜と思います。

2008/11/26 (Wed) 00:18 | めえめえ #- | URL | 編集 | 返信

(*≧m≦*)ププッ

あのハビエルさんに演者が代わった途端
フラレてしまうのはギャグ?ってぐらいでしたよね〜。
あたしも突然ハビエルさんがやって来たら
そう言ってしまうかもしれません〜(/∇\)キャ-!

2008/11/26 (Wed) 06:31 | miyu #- | URL | 編集 | 返信

めえめえさんへ

こんにちは〜。

ラバ?ロバ?で旅する景色とか、異国情緒ありましたよ〜

ハビエルさん、濃いですよねぇ〜(;´Д`A ```
おまけに、ねっと〜りした感じもありましたが、お芝居はやはりお上手でした!
結構クスクスと笑えますよ♪

2008/11/28 (Fri) 15:33 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

miyuさんへ

>ハビエルさんに演者が代わった途端
フラレてしまうのはギャグ?ってぐらいでしたよね〜。

ヾ(∇'〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
そ、そーだよねぇ〜(爆)
私もあのセリフは、これって〜〜ぇ…もしやぁでした(爆)(;^_^A アセアセ・・・

うんうん!!
私もきっと同じだと思うわ!
でも、モテモテだったよね〜(大爆)

2008/11/28 (Fri) 15:39 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんは!
TBありがとう!!
ハビエルの「ノーカントリー」はDVDになって見ました。シアターで見逃したのを後悔しましたね。
「宮廷画家ゴヤは見た」でも存在感を示したバルデムは素晴らしい俳優だと感じます。
ジョヴァンナの70代のヌードはやめて!欲しかったですが...
オリーブリーさんのおっしゃるように映像の色使い綺麗でしたね。お家の植物なんかもとても美しく綺麗な映像でしたわ。

2008/11/29 (Sat) 23:41 | margot2005 #- | URL | 編集 | 返信

margotさんへ

こんばんは〜こちらこそ、ありがとうございます!

「ノーカントリー」1度では解からない事もあったので、また観たいと思っています。
圧倒的な存在感でした〜!!
彼は、色んなタイプの人間に当てはまってしまう不思議な顔の持ち主ですね(笑)

>ジョヴァンナの70代のヌード

あれは痛かった…(滝汗)
思わず苦笑いです(;^_^A アセアセ・・・
ご本人達はともかく、あの年代のそれは未知の世界でわかりませーーん!!(汗)

映画全体の雰囲気は異国情緒もあって、綺麗でしたね♪(#^ー゚)v

2008/12/01 (Mon) 23:22 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんにちは♪

私もね、若手からハビエルに変わった時にフェルミナが動揺したように思えちゃったわ〜。
いや〜、ハビエルって本当に怪優ですよね。
目が釘付け〜。
個人的には70代のベッドシーンはあまり見たくなかったな〜。

今年もありがとうございました!
良いお年をお迎えくださいね♪

2008/12/29 (Mon) 20:46 | ミチ #0eCMEFRs | URL | 編集 | 返信

ミチさんへ

こんにちは〜

ミチさん、年末にハビエル2本(笑)
お疲れ様でしたぁ〜(*^^*)

>若手からハビエルに変わった時

これはあまりにも違いすぎだったね。
まあ、ハビエル似の若手探すのが大変そうだけど…(笑)
この若手くん、「アラトリステ」に出てたけど、なかなかカッコ良かったです。

>70代のベッドシーンはあまり見たくなかったな〜。

同感!!
出来るんだねぇぇ〜〜(爆)

2008/12/31 (Wed) 12:48 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

コレラの時代の愛

 『51年9ヶ月と4日、 君に飢えて眠り、 君を求めて目覚める。』  コチラの「コレラの時代の愛」は、ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの同名小説を映画化した8/9公開のPG-12指定のラブ・ストーリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪19世紀後半〜2...

2008.11.26 (Wed) 06:30 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

コレラの時代の愛

心だけは51年と9ケ月と4日愛した男 【Story】 1897年、コロンビア。郵便局員のフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は配達先の令嬢フェル...

2008.11.28 (Fri) 19:05 | Memoirs_of_dai

「コレラの時代の愛」ハビエルが少々不気味・・

うむ〜結構微妙な映画だった。スペイン語じゃなくて英語なのが少々萎える・・・

2008.11.29 (Sat) 08:10 | ポコアポコヤ 映画倉庫

「コレラの時代の愛」

「コレラの時代の愛」、観ました。 ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの名作を映画化。1897年のコロンビアからストーリ...

2008.11.29 (Sat) 12:38 | クマの巣

「コレラの時代の愛」

「Love in the Time of Cholera」2007 USA “51年9ヶ月と4日”、一人の女性を待ち続けた男のロマンを描いたラヴ・ストーリー。 フロレンティーノ・アリーサに「ノーカントリー/2007」のハビエル・バルデム。 フェルミーナに「向かいの窓/2003」のジョヴァンナ・

2008.11.29 (Sat) 23:34 | ヨーロッパ映画を観よう!

コレラの時代の愛

51年9ヶ月と4日、君に飢えて眠り、君を求めて目覚める。 愛は、どこまで愛でいられるのか__あなたは、“究極”の純愛を目撃する。 51年間、同じ女を思い続ける。奇妙で情熱的な男を描いたガルシア=マルケス原作「コレラの時代の愛」。オスカー俳優のハビエル・バ...

2008.12.18 (Thu) 17:34 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

映画 【コレラの時代の愛】

映画館にて「コレラの時代の愛」 ガルシア=マルケスの名作をマイク・ニューウェル監督が映画化。 おはなし: 1897年、コロンビア。郵便局員のフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は配達先の令嬢フェルミナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)と恋に落ちるが、身分

2008.12.29 (Mon) 20:43 | ミチの雑記帳

mini review 09411「コレラの時代の愛」★★★★★★★☆☆☆

ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの名作を、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のマイク・ニューウェルが映画化。内戦とコレラのまん延に揺れる19世紀末から20世紀前半のコロンビアを舞台に、半世紀にわたって一人の女性への思いを貫いた男の純愛を描...

2009.10.24 (Sat) 00:12 | サーカスな日々

「コレラの時代の愛」

やはり女は愛されることが一番重要なことなのかなぁ・・

2009.10.25 (Sun) 23:14 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク

コレラの時代の愛

純粋な愛という意味では純愛なんだろうけれど…^; 内戦とコレラの蔓延するコロンビアを舞台に、身分の違いから引き離されてしまった初恋の女性を、彼女が夫と死別するまで51年9ヵ月と4日もの間待ち続けた男の愛を描く。 普通ならば、愛するならば奪えば、もしくは諦め...

2012.07.06 (Fri) 09:58 | いやいやえん