心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 か行 ≫ ゲス・フー/招かれざる恋人

ゲス・フー/招かれざる恋人



1967年名作「招かれざる客」を黒人と白人の立場を逆にし、更にコメディにしたリメイク版。
「オーシャンズ12」のバーニー・マックと
「バタフライ・エフェクト」のアシュトン・カッチャー。

パーシー(バーニー・マック)の自慢は、ニューヨークに暮らしている愛娘テレサ(ゾーイ・サルダナ)。
ある日テレサは恋人を連れて自宅に帰ってくる。
パーシーは娘の婚約者が白人男性サイモン(アシュトン・カッチャー)と知り衝撃を受ける…。
サイモンは、テレサの父親に気に入られようと一生懸命になるが、 ことごとく失敗してしまい…。

黒人と白人の間にある障壁がテーマになった作品ですが、
あまり深刻ではなくソフトな感じがとっても面白かったです。
差別を笑いにできる部分と譲れない部分の境界線などが印象的。
身体の色に関係なく、父親とすれば大切な娘を盗られる(?)わけですから、その心中は凄いものでしょう。
そんな父親を演じたバーニー・マックはちょっと可愛いくて、
サイモンを徐々に追い詰めていく様子はかなり笑えます。 
人種を超えた愛と笑いが暖かな良質のコメディに仕上がり、オリジナル性が高いという気がします。

ゾーイ・サルダナは「POTC 」のアナマリアさん♪
良いですね~こんな女性!!
ジャック船長を2回殴るんですよ(爆)
この作品では家族を愛し、恋人を愛し、
その板ばさみの中で直向きな女性を演じてます。
気の強い所も魅力です!

2005年 9/24公開 アメリカ映画
監督 ケヴィン・ロドニー・サリヴァン

Comment

編集
黒人パパのあのでかい身体でにらみきかせられたら
たいていはびびっちゃいますよね。
アシュトンも身体大きい方だと思うけど
パパの目から見たら軟弱な白人男性なんですものね。
親の理想とは大きく違う彼氏。
でも最終的には娘の幸せを願わない親はいない。
お互いの気持ちもよくわかるんですよね。
みんなのやり取りがおかしくて
だいぶ笑わせてもらいとても楽しめました。
2007年03月05日(Mon) 21:22
ジュンさんへ
編集
バーニー・マックの眼ってスンゴイですよね(笑)
迫力あります!
このパパママの夫婦、良かったわ〜ママの押しが(笑)
あちらの方はいつまでも仲が良くていいですね!

男二人の絡みは最高(^^)/
結構笑いのツボに来ました。
2007年03月06日(Tue) 21:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL