2008_10
27
(Mon)18:10

ステート・オブ・プレイ ~陰謀の構図~

第3話(10月22日)

「狙われたジャーナリスト」

カルはカバンの入手経路を警察に言わなかったため、司法妨害で逮捕された。
カバンのことを知る自分が逮捕されたことをニュースで流し、犯人をおびき出そうと警察に提案する。
それは同時に同僚のデラを守るためでもあった。
警官の警備つきでカルは釈放される。

ベル警部から、ソニアの口座に毎月2000ポンド振り込まれていた事実を教えられたスティーブンは、「自分が振り込んだのではない」と否定。
何故ソニアが殺されなくてはならなかったのか、自分との関係は何だったのかを知りたいから捜査に協力していると言うスティーブンに、ベル警部は「あなたの口座にも使途不明金が使われた形跡がある」と告げる。

ダンはソニアの親友シーナの証言から、
ソニアがエネルギー委員会に雇われる1ヶ月前に、既に調査官の就職が決まったと話していたことを突き止めた。
前の調査官のジュリーは、広報局からいきなりひきぬかれていた。
またフォイとソニアは以前につきあっていて、大学以来、くっついたり離れたりを繰り返しいまだに切れない仲であることも解る。
おそらくソニアとスティーブンの関係に嫉妬したフォイが、匿名の手紙やFAXを送り嫌がらせをしたのではないかと推測。
そしてソニアは狙われていることを知るとフォイに1時間も電話をしている。

カルは、嘘ばかりをつかず知っている事は隠さず話せとスティーブンに迫るが、
本当は別の女性に決めていたが、ソニアを雇ったのは事務所のグリーアに押されたからで、事前に決めていたわけではないと話す。

新聞でカルの逮捕を知ったケルビン殺しの犯人の男は、カルとスティーブンの妻アンが密会するホテルでベットの二人を襲う。
カルを護衛するチューイ刑事が犯人を追うが、特殊部隊によって射殺された。
男の身元は元兵隊で表向きは保安関係の仕事をしていたロバート・ビンガン
ベル警部とチューイ刑事は、特殊部隊の行動に不審を感じる。
殺し屋を射殺したことで捜査の打ち切りをしようとする上層部に対し、なんとか突破口を開きたいベル警部は、デラから情報を引き出そうとする。

ケルビンの検死結果が最初のものから意図的に変えられたことを知ったデラとカルは、検死医ジョイを訪ねる。
いつの間にか報告が変わっていて、極秘扱いになったからと上司が関係ファイルを持っていってしまったと教えられた。

スティーブンが鍵を返しに自宅に戻ると、カルとアンが抱き合っていた。
責める立場ではないにせよ、親友と妻の関係には裏切りとショックを隠せない。

ベル警部とチューイ刑事は、上層部から捜査に圧力がかかったと確信し、ヘラルド紙と互いに協力して事件を解明しようと情報の提供を頼む。
まずフォイを崩すことから始めようと、ダンたちは帰国したフォイを空港で待ち伏せして情報をとる。
ヘラルド紙の社内には、編集長の部屋での会話を盗聴している怪しい人物が…



毎回展開は早いし、新たな証言者や関係人物が登場するので、
録画しながらでないと話についていけない

警察の上層部にも何らかの圧力が掛かってきたのは一目瞭然でした。
カルの警備に就いたチューイ刑事は、勇敢で機転が利き正義感も強い
捜査が妨害されないように、警察も記者たちもプロ意識で挑んでいるのに――

このカルって男は、何を考えているんだっ
自分がおとりになって殺し屋の接触を狙っている時に、
アンからのどうしても会いたいコールでホテルへ出向き、即エッチ
その現場で殺し屋に命を狙われチューイ刑事も危うく命を落としたかも知れないのに、
編集部長に事実を責められると、
「あの~この取材から降ります、他の連中で大丈夫ですよ」なんて言えたこと
「あれはハプニングでして~」だって
「誘惑に負けて、プロのやることじゃない!」と一喝されたのに、今度はアンの自宅で、また…

アンもアンです
「子供たちの為に顔をあげてやっていくと約束したのに、よりによってこの男と…」とスティーブンに言われ、
「あなたのやった事に比べれば何でもない」とか「こうなったのはあなたのせい」とか、
頭おかしいんじゃないの
仕返しのつもりであろうが本気であろうが、アンにはもうスティーブンを責める権利はないです
おまけにカルからの甘ったるい留守伝を、子供を乗せてる車の中でスピーカーにしてニヤニヤと嬉しそうに聞いて、どんだけ無神経な母親(怒)

カルは本当にプロ意識に欠けた男です
最低です
アンも女としても母親としても失格じゃないですかぁ~
同情の余地なし

あくまでも事件を解決していくのはカルだとしたら、こんな関係が物語りの中で何か重要な意味でもあるのでしょうか?
カルはアンに疑いでも持っているからあえてこんな関係になったとか?
それともカルが怪しいの?
謎だらけ…

それにしてもアンって、
凄くガッシリとしていてデカイから、ベットシーンや身体の露出は見たくないんですが…
カルの方が細身で華奢な感じだから綺麗なラブシーンじゃない

と言うわけで、
今回はあまりにもおバカな二人の行動に腹が立ったので、怒りの絵文字だらけになりました(苦笑)

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック