心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 さ行 ≫ その土曜日、7時58分

その土曜日、7時58分


ニューヨークで優雅な暮らしをする会計士のアンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、
離婚した後、娘の養育費もまともに払えない弟ハンク(イーサン・ホーク)にある計画を持ちかける。
それは実の両親(アルバート・フィニー、ローズマリー・ハリス)が営む宝石店への強盗計画だった。

計画決行の土曜日、7時58分。
事態は最悪な方向へと突き進んでしまう。
追い詰められた二人の運命は…。

ある兄弟が企てた強盗計画が、誤算を引き金に思いがけない悲劇を招いていく。
巨匠シドニー・ルメットが、実力派俳優を集めて作り上げた緊迫感あふれるサスペンスドラマ。
331269_01_01_02その土曜日
邦題の“7時58分”は、強盗当日、それぞれの行動が時間軸で描かれるポイントで、特別な意味があるわけではないのですね~チケット窓口で言いにくいだけでしたが(苦笑)何となくそそられるような邦題ではあります。
原題は「BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD」
「おまえが死んだことを悪魔に知られる前に」

重いと言われる映画はたくさんありますが、これは久々、本当に重かった!!
サスペンスでありながら複雑な謎解きやアクション、当然ファンタジー的な要素など一切なく、
元妻から罵声ばかりを浴びせられるへタレな男も、横領や不正経理がバレそうで行き詰りそうな男も、
今の社会の中で特別珍しい存在ではないかもしれないその現実が、あまりにもリアルでズシッときました。
彼らは根っからの悪人ではなく、妻や子供を愛し幸せを守りたいと思っただけ。
破滅に向かっていく兄弟とその父親も巻き込んで、物語は一つの家庭が崩壊していく人間ドラマです。
331269_01_04_02その土曜日
兄アンディは麻薬漬けの日々。
会社の金を横領し、近々国税局の監査が入る予定で焦りを感じ始めている。
弟のハンクは“負け犬”“赤ん坊”呼ばわりされるへタレ君で、娘の養育費を数ヶ月も滞納している。
立場は違うけど、二人とも経済的に切迫していて早急にお金が必要。

ハンクは強盗にためらいますが、
どうせ保険が下りるから平気だと、アンディに言葉巧みに説得されてしまいます。
そのアンディが「完璧」と言い切る犯罪計画は、そうか?と思うほど稚拙で安易なんですが(苦笑)

犯行に恐れを抱くハンクは、知り合いのプロの男に話を持ちかけ実行犯になってもらい、自分は車で待機することにしました。(ミエミエの変装で)
ところが宝石店からは予想もしていなかった銃声があがり、相棒も母親も失ってしまう…

計画が失敗したことで窮地に立たされた二人の緊迫感は、
後半から彼ら家族の中にある根本的な問題が明らかになり、父と息子の確執も絡み自暴自棄になったアンディを破滅へと導いていくことになります。
ラストなんて、まあ、本当に後味が悪いと思うけど、「これは仕方がないかな」とも思えてしまいました。
331269_01_02_02その土曜日
気弱で情けない弟を、脅したり賺したりして自分の意のままに操るアンディを演じるフィリップ・シーモア・ホフマン。
いきなりボテボテの全裸Hを見せられますが(汗)
無表情に見せかけ、感情の起伏が見え隠れする演技は絶品ですね。
ストレスからかガックリと疲れた様子は、デカイ体が一回り小さく感じてしまいます。
時々の甲高い笑い声ひとつにしても上手い!
この弟を誘わなかったら、案外、計画は成功していたのかも~と。

養育費が払えず四苦八苦のハンクは、アンディの妻ジーナ(マリサ・トメイ)と肉体関係にあります。
母親の葬儀中に耐えれなくなり、ジーナに助けてコールするヘタレなハンクを演じたイーサン・ホーク。
終始、自信がなくオドオド顔で落ち着きもない。
やることなすことドン臭く情けない演技が抜群に嵌ってました。
結局のところハンクが元凶のようなのに、彼がこの危機を乗り切ってしまったようなところが、こんな社会って、変わることはないのかな~と感じました。
080722_sonodoyoubi_sub4.jpg
こんな息子を二人も持って、何と気の毒な父親だろう~と思わずにいられないけど、
自分たちが育てたのだからそれも当然と受け入れなければならないことなんだろう。
強盗も射殺されてしまい、それ以上捜査する気がないような警察に怒りを覚えながら、独自に動くチャールズはある事実を知ることになります。
「あんたに良く似てるよ、すぐに解かった」
もしかしたら、この言葉も引き金になったのかもしれません―
アルバート・フィニーは存在感がありました。

最初はシーモアとイーサンが兄弟?!
なんて思ったけど、これが観ているうちにどことなく表情が似ていたりして、更にアルバート・フィニーが加わると不思議に親子に見えてくる。
緊迫感ある役者さんたちの演技と、脚本の解かりやすさ、
また84歳になられたと言う監督が、このような内容の映画を作れるエネルギーは素晴らしいものです。

悲劇の連鎖で救いがなく好みも分かれるでしょうが、
完成度が高く社会派好きな方は満足する作品だと思いました。

2008年 10/11公開 アメリカ/イギリス映画
監督 シドニー・ルメット

Comment

編集
オリーブリーさん
こんばんは♪

身近に起こってもおかしくない怖さがありましたよね、
キャストも皆うまくて
かなり引き込まれる作品でした、
まさか自分の両親の店に強盗だなんて
すごすぎます。

ほんと、84歳の監督、エネルギッシュな作品を撮ってくれました。今後も期待しちゃうなー♪
2008年10月22日(Wed) 17:11
重かったですねぇ
編集
後味が悪いのは聞いてましたけど
そっちじゃんなくて、明日にも同じ境遇になりそうな
兄弟の行動見て鬱に・・・
評価が違うと自分からTB出せない気弱な
おいらを許してください・・・
2008年10月22日(Wed) 19:37
migさんへ
編集
こんばんは〜

お金に困ったら強盗なんてのも安易ですが、親の店って言うのもねぇ…
二人とも子供っぽい気もしますが、だからこそ余計に身近に感じてしまいました。

追い込まれると人間は怖いです…o(><o)

2008年10月22日(Wed) 21:13
くまんちゅうさんへ
編集
こんばんは〜

いやあ〜重かったですね。
でも好きなんですよ〜こんな映画(苦笑)

あは、くまんちゅうさん、気弱だなんて(;^_^A
誰でも何かしら抱えて生きてますものね…
同じような経験とか観ると、私もうな垂れてしまうことがあります(泣)
明るい映画でも観て、気分変えましょう〜ねっ(^_-)-☆
2008年10月22日(Wed) 21:40
編集
こんばんは!
TBありがとうございました!
久しぶりに見応えのあるサスペンスに出会えました。
出演陣は皆素晴らしい演技でしたね。
絶妙の配役だと思えましたわ。
ジャンキーの兄と、その兄の妻を不倫中の弟って...怪し過ぎ...
アルバート・フィーニーは年老いても素敵な俳優で大好きです。
2008年10月22日(Wed) 23:24
margotさんへ
編集
こんにちは〜こちらこそ、ありがとうございます!
ちょっと留守にしていたので、お返事が遅れてすみませんでしたm(_ _)m

ほんと、キャスティングが素晴らしかったので、物語に深みも現実味もありましたよね。
濃密なサスペンスでした〜見応えありました!
でも上映劇場、少ないですね…(~ヘ~;)ウーン

>ジャンキーの兄と、その兄の妻を不倫中の弟って...怪し過ぎ...

全く(笑)
バレたらどうしよう…なんてイーサンがちっとも考えてないような風に見えたので、この人は何も考えずいつも誰かに流されて生きてきたのかなあ〜なんて思いました。

アルバート・フィーニーは流石ですね♪
声も良いし、私も好きな俳優さんです。
2008年10月25日(Sat) 12:49
編集
どうもはじめまして。
映画系のブログを書いているheavenSmileといいます。

もしよかったら相互リンクをお願いできないかと思い、ご連絡させて頂きました。


すでに私のサイト内にリンクは設置済みです。
こちらに掲載しておりますのでご確認下さい。
http://hasevenlime.seesaa.net/


もしリンクして頂けるようなら
下記を参考に当サイトへのリンクをお願いします。

■サイト名
Watch IT!

■URL
http://hasevenlime.seesaa.net/


リンク頂けた場合は、当サイトのコメント欄及びメールに
ご連絡いただければと思います。

それではよろしくご検討下さい。
2008年10月25日(Sat) 22:32
heavenSmileさんへ
編集
こんばんは〜
お返事が遅れてしまいすみませんでしたm(_ _)m

リンクのお誘いありがとうございます。
今ちょっと雑用があるので、少し落ち着いたらお邪魔しますね。
申し訳ありませんが、どうぞ宜しくおねがいします。
2008年10月29日(Wed) 23:34
あはは!
編集
あのイーサンの変装はあたしでも見破れる。
ってことは家族やそれに近い従業員の方には
間違いなく看破されていたでしょうね〜(´▽`*)アハハ
2008年11月01日(Sat) 18:38
miyuさんへ
編集
こんばんは。
お返事が遅れて、すみませんでした(^∧^) ゴメンナサイ

あのハンクの単純な変装(爆)
バレバレなのに本人だけ満足してるって、彼の人柄が現れていましたね。
その場しのぎで流されやすい稚拙なタイプでしょう(汗)
2008年11月07日(Fri) 22:16
こんばんは^^
編集
やっと観れました♪
この作品って、愛知でも東京でも上映館が
1館だけなんですね(^^ゞ驚きました(@_@)少なすぎっ!

私も、まさかの、いきなりの、ホフマンのHその後に
どんなシーンがあっても平気かも(爆)
と思っちゃいました(笑)

二人は、兄弟には見えないよ〜〜って思いましたが
父親似、母親似と考えたら、アリかもと思えました。

悲劇の連鎖で、救いようがない物語なので好き嫌いは
わかれるでしょうね(^^ゞ
しかし、84歳でこのような作品が撮れるルメット
監督は、さすが!凄いですね(^_-)-☆
2008年11月12日(Wed) 20:51
ひろちゃんへ
編集
こんばんは。

公開劇場、少ないですよね。
内容的にそんなに人気でないのかな〜(汗)

>ホフマンのH

このオープニングは、今年ベスト3に入るだろうな(爆)インパクトありすぎ(;^_^A アセアセ・・・

>悲劇の連鎖で、救いようがない物語なので好き嫌いは
わかれるでしょうね(^^ゞ

ですね…
人間の本質とか善悪とか見え隠れするのって、人間だから気分が悪くなったりもしますよね(苦笑)
人生長い監督ならではの作品かもしれません。
2008年11月15日(Sat) 16:33
コメントありがとうございます。
編集
兄貴のアンディは、人にやらせている割には文句ばっかりなんで、「自分でやったらいいじゃん!」ってつっこみながら観てました(笑
手を汚さない人の典型なんでしょうかね。

人間の弱さ、ズルさ、そんなものを遠慮しないで描いていた作品でした。
2008年11月19日(Wed) 18:06
rose_chocolatさんへ
編集
こんばんは〜

アンディ、、、
これまたいざとなったら、
ダメな弟としかつるめないような、そんな人物像だったですねぇ…(;^_^A
賢そうなんだけど全然違う〜みたいな人。
自分より弱いものを知っていて、利用するだけみたいのもありました。
2008年11月20日(Thu) 00:22
こんにちは〜♪
編集
オデブさんのあんなHシーンは正直見たくなかった〜。
せめて上半身だけとかなら良かったのに、引いて全身だもんね・・・・・。
ハァ。

うんうん、お父さんが出てくると、この二人が兄弟っていうのも納得のキャスティングでした。
それにしてもイーサンって負け犬が似合うお顔だな〜。
2009年05月02日(Sat) 21:35
ミチさんへ
編集
こんにちは〜連休中とは言え、お返事が遅くなってすみませんでしたm(_ _)mm(_ _)m
楽しいGWでしたか?♪(#^ー゚)v

>オデブさんのあんなHシーンは正直見たくなかった〜。

いきなりだもんねっ!!w(゚o゚)w オオー!
あのお腹、酷すぎる…(爆)
よく腕立てができるもんだなぁ…と(苦笑)

アルバート・フィーニーもお上手ですし〜そうは言ってもホフマンも上手いし(笑)
そうそう、へたれなイーサンも嵌ってましたよね!

2009年05月08日(Fri) 13:44
この兄弟には 何も残らなかった
編集
きのう アニキ役のフィリップが亡くなったニュースをみました。ご冥福をおいのりします。

作品ですが まあ 失敗に失敗を重ねまくったドミノ倒しな破綻を描いてましたね。
アニキのアンディは社会的地位は確立したものの 会社の金を使い込んでいたし 父親への愛情の渇望や憎しみがあった。弟は妻と離婚して アニキの妻とできてたし・・・心の闇がしっかり伏線になってました。

で・・・お粗末な計画は お粗末な結果しか待ってなかった。

弟のハンクは逃げた後が描かれてませんでしたが まあ捕まったでしょうね。
別れた妻や娘からは 愛想つかされて絶縁されたと見ています。
2014年02月04日(Tue) 18:51
zebraさんへ
編集
こんにちは。

タイプは違うけど、ダメダメな兄弟でした。

貫禄あるシーモア・ホフマンは、ああ見えるけどまだ50歳前で、性格俳優だったのに早すぎますね。
ご冥福をお祈りします。
2014年02月08日(Sat) 16:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

その土曜日、7時58分/Before The Devil Knows You\'re Dead
今月一番気になってた作品、初日に早速観てきた☆ 監督は、「十二人の怒れる男」や「狼たちの午後」の巨匠、シドニー・ルメット。 現在84歳、監督として45本目の作品{/ee_3/} 最近多い、実話でもなければ社会派のお堅い映画でもなく 古典的というか、脚本が実によくで
2008年10月22日(Wed) 17:08
「その土曜日、7時58分(BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU\'RE DEAD)」映画感想
シドニー・ルメット監督。フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、アルバート・フィニー出演のクライムサスペンス「
2008年10月22日(Wed) 19:36
その土曜日、7時58分
公式サイト。原題:Before the Devil Knows You\'re Dead、シドニー・ルメット監督、フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、マリサ・トメイ、アルバート・フィニー、ブライアン・F・オバーン、ローズマリー・ハリス、マイケル・シャノン、エイミー・ライアン
2008年10月22日(Wed) 20:33
その土曜日、7時58分
雪だるま式悲劇、そして鬱へ 【Story】 一見誰もがうらやむ優雅な暮らしをしていたニューヨークの会計士アンディ(フィリップ・シーモア・...
2008年10月22日(Wed) 22:11
『その土曜日、7時58分』
(原題:Before the Devil Knows You\'re Dead) ----シドニー・ルメットって まだ現役だったんだね。 まさか同じシドニーでもポラックの方が先に亡くなるとは フォーンもビックリだったよ。 「そうだよね。 シドニー・ルメットと言えば 映画監督デビューの『十ニ人の怒れ...
2008年10月22日(Wed) 22:30
「その土曜日、7時58分」
「Before the Devil Knows You\'re Dead 」USA/UK 2007 金に困った兄弟が郊外の宝石店を襲撃し、その後破滅へと向かって行くクライム・サスペンス。 不動産会社の会計士アンディに「カポーティ/2005」 「M:i:III/2006」のフィリップ・シーモア・ホフマン。 ア
2008年10月22日(Wed) 23:18
その土曜日、7時58分
     = 『その土曜日、7時58分』  (2007) = ニューヨーク。 一見、誰もがうらやむ優雅な暮らしをしていた会計士のアンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、離婚し娘の養育費もまともに払えない弟ハンク(イーサン・ホーク)に、’禁断の企て’を
2008年10月24日(Fri) 23:41
映画 『その土曜日、7時58分』
   ☆公式サイト☆ある兄弟が企てた強盗計画が、とある誤算を引き金に思いがけない悲劇を招いていくサスペンス・ドラマ。監督は『ネットワーク』など、硬派な人間ドラマを撮り続けてきた巨匠シドニー・ルメット。一見誰もがうらやむ優雅な暮らしをしていたニューヨーク...
2008年10月25日(Sat) 00:15
その土曜日、7時58分
 『その瞬間、一つめの誤算。 兄は弟に禁断の企てを持ちかけた。 最悪の誤算をきっかけに、 次々に暴かれる家族の闇。』  コチラの「その土曜日、7時58分」は、「十二人の怒れる男」のシドニー・ルメット監督の最新作で、10/11公開となったR-18指定のクライム・サス...
2008年11月01日(Sat) 18:39
★その土曜日、7時58分(2007)★
BEFORETHEDEVILKNOWSYOU\'REDEADその瞬間、一つめの誤算。上映時間117分製作国アメリカ/イギリス公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/10/11ジャンルドラマ/サスペンス/犯罪映倫R-18【解説】「十二人の怒れる男」「狼たちの午後」
2008年11月12日(Wed) 20:07
『その土曜日、7時58分』 (2007)/アメリカ
原題:BEFORETHEDEVILKNOWSYOU\'REDEAD監督:シドニー・ルメット出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、マリサ・トメイ、アルバート・フィニー、ブライアン・F・バーン鑑賞劇場 : 恵比寿ガーデンシネマ公式サイトはこちら。<Story>ニューヨ...
2008年11月15日(Sat) 01:50
その土曜日、7時58分
 その瞬間、一つめの誤算 原題:BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU’RE DEAD 12月15日、京都シネマにて鑑賞。原題も長いし、邦題も長いです。「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマン、そしてイーサン・ホークが巨匠シドニー・ルメット監督と組んだ作品です...
2008年12月16日(Tue) 23:44
【その土曜日、7時58分】
監督:シドニー・ルメット 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、マリサ・トメイ、アルバート・フィニー 「ある土曜日、ニューヨーク郊外の小さな宝石店に強盗が入った。隙をみて犯人を発砲したところ撃たれ、犯人も倒れた。 その三日前、別れ
2008年12月27日(Sat) 11:46
映画 【その土曜日、7時58分】
映画館にて「その土曜日、7時58分」 巨匠シドニー・ルメット監督によるサスペンス・ドラマ。 おはなし:ニューヨークの会計士アンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、離れて暮らす娘の養育費もまともに払えない弟ハンク(イーサン・ホーク)を誘い、実の両親が
2009年05月02日(Sat) 21:32
「その土曜日、7時58分」
原題が表してるように、まさしく“悪魔に知られる前に逝かなくっちゃ”という人ばかりだったかも
2009年07月10日(Fri) 09:27
「その土曜日、7時58分」
「12人の怒れる男」(57年)や、「質屋」(64年)、「狼たちの午後」(75年)などの作品で知られる米社会派の名匠、シドニー・ルメットが2007年にメガホンを執ったクライム・サスペンス「その土曜日、7時58分」(原題=Before The Devil knows You’re Dea...
2009年09月24日(Thu) 19:29
その土曜日、7時58分
『その土曜日、7時58分』 ---BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD--- 2007年(アメリカ/イギリス) 監督:シドニー・ルメット 出演: フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、マリサ・トメイ 娘の養育費もまともに払えない冴えない男、ハンク(イーサ
2009年09月24日(Thu) 23:40
その土曜日、7時58分
『その土曜日、7時58分』 ---BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD--- 2007年(アメリカ/イギリス) 監督:シドニー・ルメット 出演: フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク、マリサ・トメイ 娘の養育費もまともに払えない冴えない男、ハンク(イーサ
2009年10月02日(Fri) 21:51
『その土曜日、7時58分』'07・米
あらすじ会計士のアンディは、生活に窮する弟ハンクに自分たちの両親が営む宝石店への強盗を持ちかけるが・・・。感想放送映画批評家協会アンサンブル演技賞賞受賞。『BEFORETHEDEVILKNOWSYOU'REDEAD』早く天国に行けますように死んだのが悪魔に知られる前に原題は長すぎ...
2010年03月31日(Wed) 22:11
映画「その土曜日、7時58分」起こりうる最悪の展開そして地獄へ
「その土曜日、7時58分 」★★★☆wowow放送 フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク主演 シドニー・ルメット監督、117分 、 2008年10月11日公開、2007,アメリカ、イギリス,SPE (原題:BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD )            ...
2010年04月13日(Tue) 00:23