--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_03
02
(Fri)19:16

ボビー

326233view0012.jpg

1968年6月5日、ロサンゼルス・アンバサダーホテル。
当時、大統領候補の筆頭とされていたロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺者の凶弾に倒れた。
JFKの弟、ロバート・ケネディ(愛称:ボビー)暗殺の現場となったホテルにいた22人と、暗殺の一日を描いた群像劇。
ベトナム戦争からの撤退、公民権の拡大、貧富の格差の是正、環境問題への取り組みなどを掲げて、少数民族や低所得層の支持を受け民主党の大統領有力候補になっていた矢先の暗殺だった(goo映画より)

タイトルからは、ロバート・ケネディが暗殺されるに至るまでの話を想像しますが、
この映画はホテルの宿泊客、支援者、従業員など、
その日、暗殺現場に居合わせた人達の1日が描かれている人間ドラマです。
長年ドアマンとして勤め、リタイアしたケイシー(アンソニー・ホプキンス)と元同僚のネルソン(ハリー・ベラフォンテ)

326233view0034.jpg

ホテルの支配人ポール(ウィリアム・H・メイシー)と美容師の妻ミリアム(シャロン・ストーン)
歌手ヴァージニア(デミ・ムーア)

326233view0023.jpg

結婚式を控えた若いカップル(リンジー・ローハン、イライジャ・ウッド)
麻薬の売人にアシュトン・カッチャー、
料理人にローレンス・フィッシュバーン、
その他ヘレン・ハント、マーティン・シーン、へザー・グラハムなどキャストは豪華。
キャラクターもエピソードも殆ど監督のオリジナルだそうです。

ホテルにいたのは、まさに当時のアメリカそのものを現すような人々。
人種差別、戦争、薬物、不倫といったさまざまな人生を抱えた22人が、それぞれの思いをボビーに託す。
実際に暗殺された前後の映像が本編に現れて、実写とフィクションが交じって映像化されるので、銃声が聞こえる中は緊張感に包まれました。
その映像とともに、暗殺される2カ月前に行われたものだそうですが、ボビーのスピーチが静かに流れ、一言一言が強く重く響き、胸が締め付けられました。
アメリカの希望の星だったボビーの死は、人々から自信を喪失させ、理想も夢となる…
今のアメリカを考えると、もしも彼が大統領になっていたら、世の中は変わっていたのでは無いだろうか・・・と。

*ロバート・フランシス・ケネディ
ジョン・F・ケネディ大統領の弟。
兄の閣僚として司法長官をつとめ、兄の暗殺後、上院議員を経て1968年の大統領選に民主党から立候補するための指名選挙を戦っている最中、カリフォルニアで暗殺される。享年42。

2007年 2/24公開 アメリカ映画
監督 エミリオ・エステベス

C.O.M.M.E.N.T

こちらにも・・・

ラストの演説がグッときましたね〜。
厨房シーンに向かってたくさんのエピソードが集約していくのには魅せられました。
歴史に「もしも」はないですが、ボビーが大統領になっていたらと思わずにはおれませんね。

2007/06/15 (Fri) 23:45 | ミチ #0eCMEFRs | URL | 編集 | 返信

ミチさんへ

物凄い豪華キャストでしたよね!
それだけでも一見の価値があります。

私この映画観る前にたまたま「13デイズ」を観たんですが、
その時もこのボビーと言う人の切れる頭の良さや人望を感じたので、この作品は特に深く心に染みました。

本当にもしも…と思わずにはいられない。。。
そんな人だったのですね。

2007/06/17 (Sun) 16:19 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

映画 【ボビー】

映画館にて「ボビー」1968年6月15日のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた群像劇。いわゆる“グランド・ホテル形式”のドラマ。日本人としてはケネディといえばJFKの方が先に思い浮かぶのだけど、その弟のロバート・F・ケネデ

2007.06.15 (Fri) 23:40 | ミチの雑記帳

ボビー

「ボビー」   2007年  米★★★☆☆大統領予想選に出馬したR・F・ケネディの祝賀パーティを予定されていたLAのアンバサダー・ホテル。ここに居合わせた一般の人々の日常を交えながら描く群像劇。支配人ポール(メイシー)は、緊張の面持ちで準...

2007.09.17 (Mon) 20:45 | とんとん亭

ボビー

 『1968年6月15日、 アメリカの希望ロバート・F・ケネディ暗殺。 世界の運命が、変わるとき――。彼らは何を見たのか。』  コチラの「ボビー」は、2/24公開になるボビーことロバート・F・ケネディが暗殺された日に、事件が起こったアンバサダーホテルに居合わせた人

2009.01.24 (Sat) 21:12 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。