2007_03
01
(Thu)23:20

スタンドアップ



1989年、暴力夫と離婚し、子供を連れて故郷のミネソタに戻ってきたジョージー(シャーリーズ・セロン)
父親の違う2人の子供を連れて帰ってきた彼女に対し、町の人達は冷たい視線を向ける。
ジョージは子供たちのため、自立を目指して
父親(リチャード・ジェンキンス)と同じ鉱山労働者として働き始めるが、職場では男たちから執拗な嫌がらせを受ける。
度重なるセクハラに耐えかねたジョージーは、会社を相手取って訴訟を起こすことを決意する。
しかし、同じようにセクハラを受けていた同僚の女性たちは、彼女とともに原告になろうとはしなかった。

実話を基にしたドラマ。
難しい年頃になった息子との関係を織り交ぜながら、
男性社会の中で子供達の為に働く女性が、味方は無くとも自分の正義を信じ、小さな力でも踏み出す第1歩。
その前向きな姿をシャーリーズ・セロンは好演しています。
同僚のグローリー役のフランシス・マクドーマンド、
その夫役ショーン・ビーン(大好きです♪)
同じく同僚シェリー役のミシェル・モナハンなど出演者全員が素晴しい演技だったと思います。
特に父親役のリチャード・ジェンキンスは、
訳ありで子供を産んで戻って来た娘を歓迎できないのですが、炭鉱の集会で娘の為に演説するシーンには感涙でした。

実際に起こったセクハラ起訴。
このような裁判があったからこそ、今の女性が社会で活躍出来るのだとも感じます。
この映画を観ると、女性の側もあまり気安く“セクハラ!”と言う言葉を使えないのでは…と改めて感じました。

2006年 1/14公開 アメリカ映画
監督 ニキ・カーロ

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

スタンドアップ

 昨日も書いたように、3日連続試写会の中日です♪3連チャンなんだけど、それぞれジャンルも雰囲気も違いますし、コチラも楽しみにしていた映画なんです。  実を言うと昨日の「レジェンド・オブ・ゾロ」同様、コチラも計3通の試写状が届きました。  さらに、ゾロはま

2009.02.02 (Mon) 21:09 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡