--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_06
27
(Fri)00:05

イースタン・プロミス



クリスマスを控えたイギリス、ロンドン。
助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、ロシア人少女の妊婦が運び込まれてきた。
少女は女児を出産後、息を引き取る。
バッグからロシア語で書かれた日記を見つけ出したアンナは、
赤ん坊のためにと少女の身元を調べ始め、あるロシア料理のレストランにたどり着く。
そこで運転手だという謎めいた男ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)に出会う。

出産と引き換えに死亡した少女の日記をきっかけに、非情なマフィアの存在が露呈していく。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びコンビを組んだバイオレンス・サスペンス。
eastern2Eastern Promises
eastern4Naomi Watts

私は「ヒストリー・オブ・バイオレンス」が???だったのですが、
これはただやみくもに撃ち合ったり殺したりするのではなく、人間ドラマとサスペンスが織り成す重みがある作品でした。
決して後味の悪い重さとか、そんなのではないですから、
アカデミー作品賞並みにもっと評価されても良かったんじゃないかしら~

舞台となるロンドンという異国の地でロシアンレストランを開くマフィアのボス、セミオン(アーミン・ミューラー=スタール)は、一見、そんな素振りも見せない善人なお爺様。
でもあくまでもそれは外の顔なんですね~とても非情です。
その息子キリル(ヴァンサン・カッセル)は、期待に沿いたいけど才能がない子供っぽいダメな跡継ぎって感じですが、
それでも父親はやはり息子を守りたいようです~できる父親とダメ息子…よくある話ですね。
キリルの信頼を一身に受けて運転手を務めているのがニコライ。
たまたま助産婦として取り上げた赤ん坊の身内を探すべく、
残された日記からここへとたどり着いたアンナ。
それぞれのキャラクターが解りやすかったし、脚本もうまくできているのだと思います。
viggo_mortensen3Vincent Viggo

始まりは「スウィーニー・トッド」を思い出させるようなワンシーン(笑)
死体の身元が解らないようにタバコ片手に処理するニコライは淡々としていてとてもクール。
チョット眼を覆いたくなるシーンはありますが、
血なまぐさいドンパチも派手なアクションもマフィアが登場する割にはかなり少ないです。

見せ場はやはりサウナで真っ裸のニコライに襲い掛かる2人の暴漢とのシーン。
タトゥーだらけの身体をナイフで切りつけられながらの乱闘シーンは、痛そうで(いや、痛いに決まってる)
ちら、ちら、と見えてしまう彼の大切なもの…
どちらも気になって、頑張れ!!やっつけろ!!
と、気付いたら妙に力が入ってて、気持ち前のめり…(苦笑)
リアルでしたぁ。。。。。
viggo_mortensen11Viggo Mortensen

スーツを着こなし黒いサングラスをかけ、口数は少なく品のあるヤクザって感じでしょうか~
ちょっとミステリアスでぶっきらぼうながら優しくもあるんです。
とーっても素敵でした!

ニコライの謎めいた部分が明らかになるけど、その辺りも特別大袈裟な演出もしないし、
またどう解釈しようかと思われるラスト(この監督さん、こんなエンドが好きなのね)に至るまで自然な流れです。

アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヴィゴの演技は、とっても良かったと思います。
目立ちすぎるわけでもないのだけれど存在感は圧倒的でした。
ロシア語も随分と練習したそうです。

酒びたりでおバカでホモ(らしい)のおぼっちゃま役をヴァンサン・カッセルが好演。
この方、常にキレそうでキレたら手に負えないギリギリな境界線上が上手い。
ナオミ・ワッツ演じるアンナは、女性として辛い経験の持ち主だったので、余計に亡くなった少女と赤ん坊に執着したんでしょう~彼女の家族の正義感も大丈夫なのかなあ~とドキドキでした。
viggo_mortensen7 Naomi Watts

ロシアン・マフィアの人身売買に関わる組織で、
その犠牲となってしまったわずか14歳の少女と代わりに生まれた新しい命。
レストランで100歳のお祝いパーティの場面がありますが、そんな命の重さも感じます。

2008年 6/14公開 イギリス/カナダ/アメリカ映画
監督  デヴィッド・クローネンバーグ

C.O.M.M.E.N.T

ヴァンサン

って確かに境界ギリギリんとこ上手いですよね〜。
でも、ヴィゴも良かったなぁ〜。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」も
あたしは結構良かったと思うんだけど、
その数倍上をいく世界観が確立されていましたね。

2008/06/28 (Sat) 22:57 | miyu #- | URL | 編集 | 返信

miyuさんへ

こんばんは〜

miyuさん、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の内容には関係ないんだけど…
私はマリア・ベロの変な(キモイ)コスプレを見た瞬間から、この映画の意図が解らなくなったの(爆)

これは、余計な(?笑)なものが一切なくて良かったわ(汗)
ストーリーも解りやすかったよね。
伏線もあるし、それがわざとらしくないというか。
ヴィゴの裸体も内面も全てが良かった(爆)o(^▽^)o

2008/06/28 (Sat) 23:13 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんは^^

オリーブリーさん、わかりました〜。よかった♪
コメントありがとうございます!

私はミニシアター系が好きで、血ものとかギャングものって後回しにしちゃうか観ないかだったんです(笑) なのでヴィゴもナオミもお初だったんですよね。
こんな大人の話なら大歓迎ですw

TB試して下さいね^^ おそらく入ると思うのですが。。。
また参ります。よろしくお願いいたします。

2008/06/28 (Sat) 23:19 | rose_chocolat #ZBcm6ONk | URL | 編集 | 返信

rose_chocolatさんへ

こんばんは〜
こちらこそ、ありがとうございます。
TB、送ってみましたがどうでしょうか…
届いていなくてもまたお邪魔させて頂きますねっ(o^^o)
これからもどうぞ宜しくお願いします♪

マフィア、バイオレンスと言っても、
あまりそんなシーンが多くなかったので、入り込みやすかったですね。

ヴィゴもナオミもお初ですか(*^_^*)
では「LOTR」もご覧になられてないですか?
私はこの映画で、一体何人の男性に次々と惚れたのやら(爆)
この3部作はお暇な時にでも是非〜o(^▽^)o

ナオミ・ワッツ、私は好きな女優さんなんですが、
巨大猿との共演など(苦笑)あまり作品に恵まれてないのかなあ〜
これは良かったですね♪
あと私はユアンとの「ステイ」が好きです!
このお話もミステリアスで面白かったですo(^-^)o

2008/06/29 (Sun) 00:55 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

まいどどうもです

おいらも「ヒストリー〜」はイマイチ理解し切れなかったのですが、コチラの作品はかなり気に入りました。
ヴィゴのアクションばかりが話題になりますが(まあ仕方ないですね)冷徹な表情の奥に見え隠れする優しさの表現が素晴らしかったです。
横レスですが、ナオミワッツの魅力が最大に表れているのがキングコングだと思っているのです。
ステイも大好きですが、あれはユアンとライアン君の映画という気がします。

2008/06/29 (Sun) 14:15 | くまんちゅう #TO.QWiMc | URL | 編集 | 返信

こんばんは!

ヒストリーよりもインパクトがあったね。
ヴィゴの裸の格闘に尽きますが(^^;)ロシアンマフィアの不気味さが印象的でした。ヨーロッパの闇だなあって・・
あの入れ墨も印象的。
キャストもよくて、世界観がよかったね。


2008/06/29 (Sun) 19:12 | アイマック #- | URL | 編集 | 返信

お邪魔しま^す♪

こんばんは^^
ヒストリー未見です。ヒストリーよりいいって
言われる方が多いので、ヒストリーが観てみたく
なりました。
アカデミーにノミネートは納得のヴィゴの演技でした。いやあ、カッコ良かった!!!品のあるやくざ・・・
オリーブリーさん上手い事言うわあ(笑)

ラストは観客にゆだねられたようでもありましたが
確かに後味の悪さは残らない作品でした^^

2008/06/30 (Mon) 01:39 | ひろちゃん★ #0FtB7ubA | URL | 編集 | 返信

くまんちゅうさんへ

こんにちは〜

この作品、自分の中でかなり上位に来ましたo(^-^)o
ヴィゴ、とても雰囲気があってハマッてましたね。
余計な事は言わないし、何事にも落ちついていて男らしかったです♪
四角い(笑)ヘアースタイルも似合ってました♪

くまんちゅうさんは、コングのナオミ・ワッツがお好きなんですね(o^^o)
私、あの映画は島までの長さと上陸してから次々と起こる出来事にいささか疲れてしまって、
誰がどうとか思う余力も無かったです…(汗)

「夫以外の選択肢」は誰にも共感できないけど、ナオミが官能的でした(笑)

私「ステイ」では、ユアンのズボン丈がずーっと気になっていたんですよ(爆)
謎が解けてスッキリしましたo(^▽^)o

2008/07/01 (Tue) 14:53 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

アイマックさんへ

こんにちは〜

「ヒストリー」がダメだったので、ヴィゴのタトューは見たいものの実はドキドキでした(爆)

>ヨーロッパの闇

ああ〜そうですねぇ…
知らない事がたくさんありますが、
まだまだあんな世界が存在し、ニコライのような人もいるんですね!
かなりの秀作だったと思います。

2008/07/01 (Tue) 15:16 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ひろちゃん★へ

こんばんは〜

ひろちゃん、「ヒストリー」観てマリア・ベロの(キモち悪い)コスプレをツッコンで!!!(爆)
ヴィゴってば、これで萌えるんかいっ!!!って(((((((;´ρ`) 爆。
ついでに、階段ラブにも(大爆)ヽ(´▽`)ノ

ヴィゴ、すんごく良かったね!!
もうね〜映画観る度に、
あの人、この人、ステキ、ステキって、いい加減にしろっ感じですよね…(滝汗)

わたし、かなりの秀作にしました(笑)
ラストも丸投げじゃなく、なんとなく自分なりに想像ができるし納得もできました♪

2008/07/01 (Tue) 19:39 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんにちは!

>『品のあるヤクザ』『ヨーロッパの闇』
う〜ん、よい言葉だわ〜(笑)

この映画、良かったですね!
私も『ヒストリー』未見なので、観たくなりました。

ニコライとアンナの、オトナな間合いの取り方が、節度あって良かったわ〜。
近過ぎるとすぐ『キスの射程距離』に入っちまいそうな2人でしたから(笑)
ヴィゴ、よいわぁ〜!v-10
今年に入って、何回、男優さんをブックマ−クしただろうか...。
映画って、ほんとイイもんですね。

2008/07/08 (Tue) 17:42 | あん #- | URL | 編集 | 返信

あんさんへ

あんさんも「ヒストリー」未見なんですか。
では、ご覧になったら、
是非、マリア・ベロをイラストにしちゃって下さい〜笑o(^▽^)o

>ニコライとアンナの、オトナな間合いの取り方

そうそう♪
射程距離にズドンときたら、別の映画になっちゃいますもんね!
香りは漂わせながら、節度を保つトコも好感o(^-^)o
作り方が良かったねぇ〜♪

ヴィゴにv-238v-238だねえ〜
今回の危険な雰囲気もバッチリでしたよねっ!
んで、この方は自分の身をおしみなく(笑)披露してくれるから好きですわぁ〜v-425
「オーバー・ザ・ムーン」で滝にうたれながらのお尻は萌えでした(爆)

>映画って、ほんとイイもんですね。

んだんだe-405e-319

2008/07/10 (Thu) 10:31 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんにちは♪

闇社会モノはかなり好みです。
男たちがカッコいいですものね〜(笑)
ダメ息子のヴァンサンがとても上手かったと思うわ。
ロシア人に見えるかどうかは別として。
ヴィゴって本当に遅咲きだけど確たる演技力を持ってますよね!

2008/09/01 (Mon) 23:45 | ミチ #0eCMEFRs | URL | 編集 | 返信

ミチさんへ

>ダメ息子のヴァンサンがとても上手かったと思うわ。

(゚ー゚)(。_。)ウンウン!怪しいゲイ(笑)
この方も何でもこなしますよね!
悪役が多いけど、 確か「仮面の真実」でもゲイの王だったと思います。
これも良かった♪
そう、この前「アパートメント」のDVDをやっと見つけたのですが、
凄く素敵でしたぁ〜〜v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

もちろんヴィゴは良かったですよね〜
渋くて怪しくて未知で…
ちょっと「フェイク」を思い出しましたが、ジョニー演じるドニーとは全く別の魅力でした!

2008/09/04 (Thu) 14:26 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

イースタン・プロミス

 『ここでしか、生きられない。』  コチラの「イースタン・プロミス」は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の監督デヴィッド・クローネンバーグと主演ヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、6/14公開となったR-18指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観て...

2008.06.27 (Fri) 06:14 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

イースタン・プロミス

      = 『イースタン・プロミス』  (2007) = イギリス、ロンドン。 助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院で、ロシア人少女が出産直後に死亡した。 アンナは、少女が遺した日記を頼りに、孤児となった赤ん坊のために身元を調べ始める。 ...

2008.06.28 (Sat) 02:05 | サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画

『イースタン・プロミス』 (2007) / イギリス・カナダ

原題:EASTERNPROMISES監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、シニード・キューザック鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>病院で働くアン...

2008.06.28 (Sat) 23:14 | NiceOne!!

「イースタン・プロミス」

「イースタン・プロミス」、観ました。 ヴィゴ・モーテンセンとデビッド・クローネンバーグのコンビが「ヒストリー・オブ・バイオレンス...

2008.06.29 (Sun) 04:44 | クマの巣

「イースタン・プロミス」:勝どき駅前バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}ここから死体を捨てれば、潮の流れに沈んだまま浮いてこないかな。 {/hiyo_en2/}なに、物騒なこと言ってるのよ。 {/kaeru_en4/}だって、「イースタン・プロミス」では、そんなことを言いながら死体を捨ててたじゃないか。 {/hiyo_en2/}そしたら、計算と違っ

2008.06.29 (Sun) 08:05 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

イースタン・プロミス

Eastern Promises(2007/イギリス=カナダ=アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン/ナオミ・ワッツ/ヴァンサン・カッセル/アーミン・ミューラー=スタール 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であってもー

2008.06.29 (Sun) 19:00 | 小部屋日記

★イースタン・プロミス(2007)★

EASTERNPROMISESここでしか、生きられない。上映時間100分製作国イギリス/カナダ/アメリカ公開情報劇場公開(日活)初公開年月2008/06/14ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ映倫R-18【解説】「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ...

2008.06.30 (Mon) 01:04 | CinemaCollection

コレぞ男の色気です【イースタン・プロミス】

デヴィッド・クローネンバーグ最新作『イースタン・プロミス』を見てきました。 ここ

2008.07.03 (Thu) 15:06 | 犬も歩けばBohにあたる!

イースタン・プロミス

このヴィゴを観れて私は幸運かも知れない、と思う。 決定的なネタバレはないが、未見の方は読まないほうが、よいかも。 『イースタン・プ...

2008.07.08 (Tue) 17:43 | 描きたいアレコレ・やや甘口

★「イースタン・プロミス」

今週の平日休みは、珍しくバイオレンスモノを3本取り揃えてる「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目(2本目は「リボルバー」、見逃したのは「シューテム・アップ」)。

2008.07.09 (Wed) 00:36 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

『イースタン・プロミス』

□作品オフィシャルサイト 「イースタン・プロミス」□監督 デヴィッド・クローネンバーグ □脚本 スティーヴン・ナイト □キャスト ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニ...

2008.07.18 (Fri) 17:22 | 京の昼寝〜♪

『イースタン・プロミス』@シャンテシネ

病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、息を引き取る。バッグに入っていた手帳にはロシア語で日記らしいものが書かれており、少女がロシア人であることが分かる。手術に立ち会ったアンナは、少女の身元を確認するた

2008.07.19 (Sat) 00:51 | 映画な日々。読書な日々。

イースタン・プロミス “ロンドンの裏社会”とは・・・・?

  裏表の世界を生きる男女  出会うはずのなかったふたりを運命が引き寄せる ? 7月14日、京都シネマにて鑑賞。度肝を抜くシーンから始まる。殺人シーンなのだが、かなりえぐくて、のけぞりまくり  マフィアの首を切り裂くこの親子は一体?切り裂いたところから

2008.07.19 (Sat) 07:49 | 銅版画制作の日々

デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観た!

「イースタン・プロミス」を観ようと日比谷の「シャンテ・シネ」まで行きながら、突然主旨を変えて「幻影師アイゼンハイム」の方を観てしまいました。そのリベンジということで、デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観てきました。この作品は、

2008.07.26 (Sat) 23:39 | とんとん・にっき

『イースタン・プロミス』

仕事帰りに、池袋のシネ・リーブル池袋で『イースタン・プロミス』をレイトショーで鑑賞。 ******************** 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びコンビを組んだ戦慄のバイオレンス・サスペンス...

2008.07.29 (Tue) 22:19 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー

【イースタン・プロミス】

監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル 「助産婦のアンナは救急車で運ばれた身元不明のロシア人の少女の手術に立ち会った。少女は死亡、生まれたばかりの娘とロシア語の日記が遺された。 何とか

2008.08.23 (Sat) 12:39 | 日々のつぶやき

映画 【イースタン・プロミス】

映画館にて「イースタン・プロミス」 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組んだ犯罪バイオレンス。 おはなし:看護士アンナ(ナオミ・ワッツ)の勤める病院にロシア人の少女が運び込まれ緊急

2008.09.01 (Mon) 23:43 | ミチの雑記帳

イースタン・プロミス−(映画:2008年54本目)−

監督:デヴィット・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル 評価:86点 ヴァンサン・カッセルにナオミ・ワッツという、私の好きな俳優が主役級で登場してるのだからそれを見ているだけでうれしくなってくる。 今回の...

2008.09.23 (Tue) 01:20 | デコ親父はいつも減量中

「イースタン・プロミス」

クリスマスを控えたロンドン。助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、10代の幼い妊婦が 運び込まれる。少女は、女の子を産んだ直後、息を引き取った。少女のバッグからロシア語で 書かれた日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ちゃんのためにと少女の身元を...

2008.11.19 (Wed) 19:48 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク

イースタン・プロミス

ここでしか、生きられない。 製作国 イギリス/カナダ/アメリカ 上映時間 100分 脚本 スティーヴ・ナイト 監督 デヴィッド・クローネンバーグ 出演 ヴィゴ・モーテンセン/ナオミ・ワッツ/ヴァンサン・カッセル/アーミン・ミューラー=スタール/イエジー・スコリモフ

2009.01.22 (Thu) 00:36 | to Heart

映画『イースタン・プロミス』を観て

62.イースタン・プロミス■原題:EasternPromises■製作年・国:2007年、イギリス・カナダ■上映時間:100分■字幕:石田泰子■鑑賞日:7月12日、シャンテ・シネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:デヴィッド・クローネンバーグ□脚本:ス...

2009.01.29 (Thu) 23:04 | KINTYRE’SDIARY

【映画】イースタン・プロミス…「フリチン」と「フルチン」ってどう違うのかね?

今日{/kaeru_fine/}から3月ですねぇ。 1月は行く、2月は逃げる(※以下、この話は何度もしているので略{/face_ase2/}) 夜勤明けの土日な現在なのですが、 以前夜勤をやっていた頃に比べると体調が戻りにくくなっているようです{/face_hekomu/} 昨日も今日も寝てばっかり...

2009.03.02 (Mon) 00:29 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

イースタン・プロミス

ここでしか、生きられない。

2009.07.09 (Thu) 15:36 | Addict allcinema 映画レビュー

『イースタン・プロミス』を観たぞ〜!

『イースタン・プロミス』を観ました『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、ロンドンに暗躍するロシアン・マフィアを描いた犯罪バイオレンスです>>『イースタン・プロミス』関連原題: EASTER...

2009.09.19 (Sat) 21:43 | おきらく楽天 映画生活

イースタン・プロミス/Eastern Promises(映画/DVD)

[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワードイースタン・プロミス(原題:Eastern Promises)キャッチコピー:ここでしか、生きられない。製作国:イギリス/カナダ/アメリカ製作年:...

2010.02.21 (Sun) 13:35 | 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評

『イースタン・プロミス』'07・英・加・米

あらすじ病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれ女の子を産み落とし、息を引き取る。赤ん坊の親類を探しに、少女のバッグに入っていたロシア語の日記から、ロシア料理レストランに向かうが・・・。感想アカデミー賞主演男優賞ゴールデン・グローブ作品賞ノミネー...

2010.04.09 (Fri) 20:52 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。