心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 は行 ≫ ペネロピ

ペネロピ



イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は、
先祖の因縁で魔女に呪いをかけられブタの鼻と耳を持って生まれてきた。
呪いを解く方法は、良家の子息がペネロピに真実の愛を誓うこと。
世間の好奇の目にさらされないように屋敷から一歩も外へ出ることなく成長し、
母ジェシカ(キャサリン・オハラ)によって日々お見合いをさせられている。
しかし求婚者たちはペネロピの顔を見た途端、恐怖に駆られて逃げ出してしまう。
そんな中、今は落ちぶれた名家出身の青年マックス・カンピオン(ジェームズ・マカヴォイ)が現れた…

ブタの鼻を持って生まれてしまったヒロインの恋と成長を描くファンタジー・ラブストーリー。
2463812PENELOPE.jpg

3月の公開時に見逃してしまいDVDと諦めていましたが、
近くの劇場で2週間限定で上映されましたあ~!!!
突然のラッキーな出来事に思わず小躍りしたい気分~劇場に感謝!!

可愛らしいお伽話で、きちんとしたメッセージとユーモアーがあり、本当にハッピーな気持ちになりました♪
お金持ちだから物質的なものは何でも手に入るけど、ペネロピはそんな容姿で生まれたために外界から隔離され友達さえもいない。
母は呪いを解くことだけに全てをかけている。
普通なら屈折して育ちそうだけど、とても素直で前向きで賢い女性。
彼女の顔に驚く男達は次々と窓を突き破って逃げて行き、
それを追っかけて捕まえ口外しないよう契約書にサインさせる執事のジェイク(ラスト、良いオチ持っていきます~笑)
そんな繰り返しでも諦めることを知らない母ジェシカとお見合いコーディネーターのワンダ。
この2人の掛け合いも笑えるし、
自分の先祖の呪い故、その現実を半ば諦め気分で(解けないと)受け入れている父親フランクリン(リチャード・E・グラント)とジェシカの温度差も面白い。
2463819PENELOPE.jpg
penelope1PENELOPE11.jpg

ペネロピを見て逃げ出した(アホ)お坊っちゃまエドワード(サイモン・ウッズ)
その逃げ足の速さにジェイクは口止め契約をしないまま取り逃がしてしまう。
エドワードは警察に駆け込み、「ブタ人間を捕まえろ」と訴えるが取り合ってもらえず、
ジェシカに殴られ片目を失った記者レモン(ピーター・ディンクレイジ)は、長年にわたってペネロピのスクープを追っている。
この二人が証拠写真を手にいれるため、名家の生まれだが落ちぶれたギャンブル依存症のマックスを雇う。
57906_bhPENELOPE.jpg

一気に見合いを済まそうとしたペネロピは、集団見合いを決行。
いきなり登場した彼女を見て全員逃げ出したのに、マックスだけはその瞬間を見逃し部屋に残った。
その後数日マジックミラー越しのお見合いが続き、マックスからはペネロピが見えないけれど二人は少しずつ心が通い合っていく。
遂に自らの姿をマックスに見せたペネロピは、なぜ彼がここへやって来たかを知る。
更にマックスには秘密がありペネロピの申し出を受けることができない…
失意に満ちたペネロピは、独り立ちを決心し家を出ることにした。
penelope1Christina Ricci
071225_penelope_sub5PENELOPE.jpg

幸せを運んでくれる王子さまを待つだけではなく、
自分で道を切り開いていく力のある現代のお姫さま物語です。
人とはあまりにも違うゆえ、隔離されて呪いを解くためだけの人生に嫌気がさし飛び出した新しい世界。
ありのままの自分を見つめ受け入れることの大切さ、
他人と比べて落ち込んだり諦めたりすることの意味の無さ…
人に頼ったり、人のせいにしたりせず、結局は何事も気持ちの持ちようで自分次第であることなど、
自信を持って前に進んでいけるメッセージが感じられます。

ペネロピのファッションや小物、インテリアも楽しめます♪
形や色が違うボタンのコートや、重ね着、ワンピースのリボン使い、タイツに靴。
ずっと家の中で暮らしているので、ブランコがあったりする部屋の雑貨も可愛いです。
全てにおいて大人な雰囲気の抑えたポップ調な色彩で、女の子なら誰でも憧れそう。
屋敷のたたずまいや郊外の自然、
ペネロピが初めて眼にするイギリスの街並は、まるで飛び出す絵本を開く時のようなワクワク感が♪
ラストは予想通りのハッピーエンドで、この終わり(呪いの解け方)が予想に反してとても良い。
57906_bjChristina Ricci

ただ、原作を先に読んだからか…
ペネロピが家を出てからの展開が少し荒いと言うか、あれよあれよと言う間に進んでいくので、
彼女が自ら写真を渡しお金を手にした理由や自立に向けての決意、ゴシップ記事を狙っていたレモンの変化、マックスの過去などもう少し描かれていたらと少し残念です。
ついでに、ペネロピが就いた職業も違いました。
原作のイメージは損なわれず独特な世界観とキャストの皆さんはピッタリです♪
penelope2Christina Ricci
071225_penelope_sub7James McAvoy

クリスティーナ・リッチは様々なジャンルで幅広く演じる個性派女優さんだけど、
「モンスター」での小悪魔のようなセルビーやその他の役柄でも共感できるものは無かったし、
ジョニーとの2回(ラスベガスもあったけど、あれはちょっと別物~笑)の相手役も似合わなくて!!
これまであまり可愛いと思わなかったけど、たとえブタ鼻であってもその鼻を隠すと広いおでこと大きな目が強調され、長い巻き髪スタイルもお伽話のお姫様のようでとってもチャーミング。
特に暖かな声と柔らかな喋り方にとても好感が持てました。
あれじゃ、顔が見えなくてもマックスは恋に落ちるわ~
どんなに美人でも、声とか話し方って大事なのよね~

声フェチの余談…
昔々、仕事場でいつも電話でお話する“ある方”のお声と物腰の雰囲気がスンゴク良くて、
今だと谷原章介さんのような声の感じかなぁ~女性陣の間で話題になったけど、
ある日仕事場に現われたその“ある方”は、今で言えば小島よしおみたいで……
一同、沈黙…それっきり、話題にならなかった…(苦笑)
penelope2James McAvoy

で、やはりお目当てはジェームズ・マカヴォイ♪
あら~~もう評判通り、凄く凄く素敵でしたっ!!!
徹夜でギャンブルする依存症だから、うっすらと無精ひげを生やしどちらかと言えば冴えない男の部類なんだろうけど、
ミラー越しのあの眼、あの目、あのめえぇぇーーー!!
ドラムやギターで歌ってはじけるマカちゃん、
本を盗む振りしておどけるマカちゃん、
チェスの駒を動かすマカちゃん…
ペネロピとのお見合い場面はどれもこれも最高に素敵でしたぁ~♪
門を飛び越えたり、カウンター走ったり、動きも俊足!
シリアスな演技も良いけど、この役は女性のハートをガッチリ掴んだでしょう~大好物かも(笑)
071225_penelope_sub6James McAvoy

この脚本が気に入りプロデューサーとなったリース・ウィザースプーン。
06年にオスカー女優になっちゃって、
おまけに07年にはアンジェリーナ・ジョリー、キャメロン・ディアス、ニコール・キッドマンなどを抑え、
ギャラ・ランキング1位に輝いて、これまた少し意外(失礼)
私の苦手女優の筆頭なので、アニー役でも出演しているのが引っかかったけど(苦笑)
ペネロピに取っては初めての頼もしい友達で、偏見を持たない姐御肌があの顔にも合ってたし(度々、失礼)そんなに登場もしなかったので安心した。
でも素敵な作品をプロデュースしてくれてありがとう。
penelope2PENELOPE.jpg

レモン役のピーター・ディンクレイジは、「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」でのお小さい方、赤ドワーフのトランプキン。
ハスキーボイスと人間味のある人物。
2人の幸せは、この人の影の力のお陰でもあります♪

あのブタのお面が欲しい(笑)
 
2008年 3/1公開 イギリス/アメリカ映画
監督 マーク・パランスキー

Comment

あはは
編集
もうすっかりマカちゃんにやられちゃいましたね♪
でも、この映画のマカちゃんは本当素敵だったわ〜。
やさぐれ王子っぷり、女性は虜になりますよね。
あたしはリッチも昔から、子役の頃から好きなんだけど、
なんか最近ますますキレイになってますます好きになっちゃった。
この作品の彼女も良かったなぁ〜。
2008年06月10日(Tue) 23:41
羨ましい・・・
編集
私のジェームズを堪能したのね(´;ω;`)
こっちじゃとうとう上映なさそうよ・・・

仕方ないから「ウィンブルドン」と「ナルニア第一章」観てた(・∀・;)
せめて早くDVDになってくれ〜〜v-238v-238v-238
2008年06月11日(Wed) 01:27
こんばんは〜☆
編集
たくさんの画像観てたら、又見たくなっちゃいました〜v-16
可愛くて、ロマンティックで、素敵な雰囲気で♪
この作品を先に観て、好みだったので、
この直ぐ後に観た『魔法に〜』が薄く感じられちゃったんでした(~~;

ジェームズ・マカヴォイ、ナイスガイでしたよね〜(^・^)−v-238
お小さい方も、スニーカー執事も!

で、声フェチなんっすかー?(笑)
うんうん(^^)b 私もだわー♪
でも、意外と落とし穴もあるのよね・・(爆!
男性に限らず、好きな声と口調って、ありますよね〜v-264
ちょっと最近声にトキメイテないなぁ(人^・^)
2008年06月11日(Wed) 01:47
こんにちは♪
編集
マカヴォイさん、素敵でしたよね♪
個人的には、「つぐない」の時よりこっちのほうが好きだったです。

>レモン役のピーター・ディンクレイジは、「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」でのお小さい方、赤ドワーフのトランプキン。

ああ〜〜!
お小さいお方、どこかで見たと思ったら、ここで出てたんですね!
すっきりした〜
教えていただいてありがとうございます♪
2008年06月11日(Wed) 15:57
miyuさんへ
編集
もうねぇ〜ドップリ♪
このマカちゃん、すんごく良かったですねぇぇぇ!!
若いのに幅広い役者さんですね〜

>やさぐれ王子っぷり、女性は虜になりますよね。

そ、そこそこ!!!
何か放ってほけなくて、気になるタイプだわぁ!
優しい眼にウットリです…(o^∇^o)

このリッチ、とても可愛くて良かったですよね。
そんなに驚いて逃げ出さなくても〜と思うくらいブタ鼻もチャーミングでしたよ(笑)
2008年06月13日(Fri) 11:47
ロクちゃんへ
編集
諦めるなっ!(笑)
もしかしたら何処かであるかも知れない!!
DVDは買いだね(*^-゚)vィェィ♪

「ウィンブルドン」のマカちゃんどうだった?
ポール・ベタニーだよね〜
男優は◎だけど、女優がダメだな…
苦手女優の二番手だよ…(〃´o`)=3 フゥ
2008年06月13日(Fri) 11:51
kiraさんへ
編集
いや〜もうね!!
素敵でしたっ(o^∇^o)
大満足です!!
もっと登場シーンが欲しいくらい(笑)

独特な世界観で女性には受け入れやすいでしょうね〜
うちの娘もあんな部屋が欲しいって言ってました♪
確かにブタ鼻なんだけど〜笑(・ω・)
品があるし知識もあるしセンスも良いし、
自分をしっかり持っていて好感の持てる女性でした。

声って、大事じゃないですか?
>でも、意外と落とし穴もあるのよね・・(爆!
あるある!!
関係ないけど、
オリエンタルラジオの眼鏡の方の声、耳障りぃ〜〜(苦笑)
2008年06月13日(Fri) 12:02
jesterさんへ
編集
こんにちは〜

お返事が遅れてごめんなさいm(_ _)m

そうなんですよね〜レモンさんはお小さい方でした!
私も何処かで観たなあ〜と気になって検索してたらビンゴ(笑)
お役に立てて良かったです〜(*^-゚)

私も「つぐない」よりこっちの方が好きっ!ドッキン(♥∀♥)
あの目線とか凄く素敵でしたよね〜
幅広いマカちゃんに今後もますますの期待と萌えですわん(爆)
2008年06月17日(Tue) 13:49
こちらにも〜〜♪
編集
コメントつけたかったのですが、いつも時間に追われてしまって(^^ゞ
やっとオリーブリーさんの感想読めます^^

ねっ?ねっ?マカヴォイくんいいでしょ?
私はつぐないの時の彼より、こちらがめちゃ好み
です(*^.^*)エヘッ
オリーブリーさんも、このマカヴォイくに
惚れちゃったようですね(笑)

作品としても、気がついたら(笑)この作品のほうが
つぐないよりハートマーク多くて、友達に突っ込まれ
ました(笑)

声フェチのお話に思わず笑いがヾ(@°▽°@)ノあはは
声がいいって言うのも罪なんですね〜〜
谷原さんのように声もお顔も良かったらね〜〜
話題にならなかったその人・・・ちょっとかわいそう
かも(笑)

奇跡〜じゃ今日鑑賞しました^^
感想アップしたら、オリーブリーさんの感想も
読ませて頂きますね(^_-)-☆
2008年06月25日(Wed) 23:33
ひろちゃんへ
編集
私もひろちゃんにコメント残したかったのに、TB入らなかったのでそれきりになっちゃった…
今月はズビズバにまでなったので、時間がなかなか取れなくて〜汗(^^;)
お互い今月は慌しかったみたいだね…

私も「つぐない」よりはこっちのマカちゃんが好きv-344
喜怒哀楽を見せてくれたもの〜1度で何度も美味しい思いをしました!
娘と一緒に観たんだけど、マカちゃんは彼女の王子様だそうです(爆)v-347
完全にやられてます〜DVDも買いでーすe-300

声って大事なんだよねっ!
マカちゃんもジョニーも素敵な声の持ち主だわe-343
声だけって、、、ほんと、罪なんだわぁあ(大爆)

何だか映画観るたびに、あの人、この人って…(爆)
昨日からはヴィゴに再熱で、もう、いい加減にしろって感じですかねぇぇ〜汗(*^_^*)
2008年06月28日(Sat) 12:41
こんにちは!
編集
おとぎ話風だけど、現代的な女性の自立ものでしたね。
ファッションや小物、インテリアも楽しめるし
なんといってもペネロピが愛らしかった。
オリーブリーさんは原作読まれていたのね、
ジェームズ・マカヴォイ、今回はラブリーで素敵だったー。
「つぐない」は週末にみようかなあと思ってます♪
2008年09月30日(Tue) 15:05
アイマックさんへ
編集
こんばんは。

このマカちゃん、とっても良かったでしょう(゚・゚* ホレボレ
綺麗なブルーアイに釘付けでした(笑)

そう、ペネロピの前向きさは、女性へのメッセージですね。
ありのままの自分を愛すること〜勇気が持てます!

俳優さんたちは、原作のイメージにとても近かったです。
ペネロピの趣味やお部屋の様子なんかもイメージ通り♪
それに読みやすかったです(笑)

「つぐない」
また感想待ってま〜す(*^-゚)vィェィ♪
2008年10月01日(Wed) 17:50
編集
オリーブリーさん、こんばんは!
『ミラー越しのあの眼、あの目、あのめえぇぇーーー!!』
きゃ〜〜〜そうよね!あの目よねぇーーーー
はぁはぁ〜こ・興奮する!ということで、早技でDVDを買った私は、またあの目を堪能しました(笑)
でね、やっぱりマカヴォイ君の仕草がジェリーとかぶるんですよ〜
えっと、フッと笑う時の顔とか、肩を挙げる仕草とか、ちょっと真剣ぽい顔つきとか、、、似てるの〜

原作を読んだんですね?うわ〜読みたい!非常〜に読みたい!!スッゴク好みのお話だもの。探してみようっと♪
2008年12月14日(Sun) 23:49
由香さんへ
編集
こんばんは〜

由香さん、早速DVDお買い上げですね♪
このマカちゃん、とーても素敵だったよねっ(゚・゚* ホレボレ
理想だわ〜あんなタイプの男性!!

へえー、何気ない仕草がジェリーと被るの?
そうか〜そこまでジェリーを堪能した経験がないので、機会があったら気をつけて観て見ますねっ(笑)ハイ(^-^)/

原作もささっと読みやすくて、読書苦手な娘が一気に読み上げてしみましたよ。
映画は原作の世界観が忠実に描かれていると思いました。
こちらもお勧めでーす♪(#^ー゚)v
2008年12月16日(Tue) 19:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ペネロピ
 『好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。』  コチラの「ペネロピ」は、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまった女の子を描いた3/1公開のチャーミングなラブ・コメディなのですが、観てきちゃ
2008年06月10日(Tue) 17:12
『ペネロピ』
□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ」□監督 マーク・パランスキー □脚本 レスリー・ケイヴニー □キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース...
2008年06月10日(Tue) 22:41
ペネロピ/クリスティナ・リッチ
予告編からして面白そうな予感アリアリだったけど、ヒロインの豚鼻は呪いの魔法によるというファンタジーだと知ってさらに期待値さらにアップしちゃって優先順位も繰り上げちゃいました。 出演はその他に、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディ...
2008年06月10日(Tue) 23:02
ペネロピ/ PENELOPE
2年前のトロント映画祭でyueと1時間半も並んだのに二つ前で切られて{/face_naki/}(当日チケット完売{/ase/}) 見逃してからずっーと公開を待ってた映画、ついに日本上陸{/ee_1/} 3月公開を前に、試写で観てきました〜。 その昔、ゴシップでブタの鼻をつけた主演のク
2008年06月10日(Tue) 23:17
ペネロピ
製作年度 2006年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 101分 監督 マーク・パランスキー 脚本 レスリー・ケイヴニー 出演 クリスティナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/リチャード・E・グラント/サイモン・ウッズ/...
2008年06月10日(Tue) 23:35
『ペネロピ』
新宿のタカシマヤテアトルタイムズスクエアで『ペネロピ』を観てきました。 お話は先祖がかけられた呪いによってブタの鼻と耳をもって生まれた名家の女の子がヒロイン。 自分の娘が異形であることにショックを受けた母親は、彼女を死んだことにして屋敷から一歩も出さ...
2008年06月11日(Wed) 00:04
ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!!
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞...
2008年06月11日(Wed) 01:16
「ペネロピ」感想 可愛らしいミニシアター系映画
なかなか可愛らしくて、面白い映画でした。 クリスティーナ・リッチは、こういう役に、すごくハマる。
2008年06月11日(Wed) 07:45
ペネロピ PENELOPE
「生きる」ことの意味の一つが「幸せさがし」だとしたら、この映画にヒントがあるかもしれません。 トレーラーを見たときは「クリスティーナ・リッチの鼻が・・・絶対見たくないかも」嶺とおもったのですが、マカヴォイさん@タムナスさんに釣られて見に行ったら..
2008年06月11日(Wed) 16:00
38●ペネロピ
もともと、こういう雰囲気の大人の童話的なファンタジーが大好きなので、これは絶対見よう!と随分と前から決めていた作品。思ったより、ずっとコメディタッチ。なかなか楽しめた。クリスティーナ・リッチ、ブタッ鼻をつけていても、すっごくかわいくって・・・。
2008年06月11日(Wed) 16:46
ペネロピ
ありのままの私じゃダメなの?・・・豚の鼻を持って生れたペネロピは、街へと飛び出した。新しい自分と出会うために、そして恋をするために・・・。 社交界でも注目を浴びる裕福な名家、ウィルハーン家の一人娘として生れたペネロピ。ウィルハーン家には古くから言い伝え...
2008年06月12日(Thu) 23:45
映画 『ペネロピ』
  ☆公式サイト☆ 先祖がかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまったヒロインが、真実の愛を見つけるために奮闘するロマンチックコメディー。大きな豚の鼻を持つ主人公を『スリーピー・ホロウ』のクリスティナ・リッチが好演。 魔女に呪いをかけられ、...
2008年06月13日(Fri) 06:40
『ペネロピ』 2008-No20
ナルニアのタムナスさんが人間になってブタさんに恋をした。 タムナスさんたらステキになってる♪ 魔女に呪いをかけら...
2008年06月13日(Fri) 09:34
ペネロピ
原題:PENELOPE 製作年度:2006年 製作国:イギリス/アメリカ 上映時間:101分 監督:マーク・バランスキー 原作:―― 脚本:レスリー・ケイ...
2008年06月13日(Fri) 22:43
ペネロピ/PeneLope
可・愛・い・お話。恋とそれだけでなく自分のためのおとぎ話。 これを観た女の子(心だけ女の子でも大丈夫w)は、心の宝石箱にしまいまし...
2008年06月17日(Tue) 22:41
『ペネロピ』 Penelope
『ペネロピ』先祖にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳をもって生まれた、ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)。呪いを解く方法はただ一つ。「ペネロピと同じ“仲間”が、ペネロピに永遠の愛を誓うこと」。両親はその鼻と耳を隠すため、ペネロピを屋敷から一歩も出さず、...
2008年07月21日(Mon) 08:33
ペネロピ
オフィシャルサイト 2006 イギリス 監督:マーク・パランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ ストーリー:先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳をもって
2008年09月19日(Fri) 19:46
ペネロピ
Penelope(2006/イギリス=アメリカ)【DVD】 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ ありのままの私じゃダメなの? コメディタッチの現代のファ
2008年09月30日(Tue) 14:47
「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と
2008年10月02日(Thu) 17:16
ブルーベリー豚
「ペネロピ」 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 
2008年10月28日(Tue) 10:42
プレステージビンゴを評価
総合評価 稼ぎ度★★☆☆☆グラフィックス★★★★☆安全度★★☆☆☆ プレステージビンゴの評価 プレステージビンゴ(Prestige Bingo)...
2008年10月29日(Wed) 16:16
むかしむかしあるところに
「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名門ウィルハーン家にはひとつの呪いがかけられていた。悲恋を...
2008年11月04日(Tue) 00:19
『ペネロピ』
ペネロピ [DVD](2008/09/17)クリスティーナ・リッチジェームズ・マカヴォイ商品詳細を見る 監督:マーク・パランスキー CAST:クリスティナ・...
2008年11月27日(Thu) 17:56
ペネロピ
レンタルで鑑賞―【story】魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな
2008年12月10日(Wed) 09:29
「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と
2008年12月13日(Sat) 20:05
『ペネロピ』\'06・英・米
あらすじ魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年...
2009年02月22日(Sun) 01:20
ペネロピ
「ペネロピ」 感想 ペネロピ 好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。 裕福な名家に生まれた...
2010年01月15日(Fri) 19:24