--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_05
03
(Sat)01:55

敬愛なるベートーヴェン

ed_harris1COPYING BEETHOVEN

1824年ウィーン。
音楽学校に通う学生アンナ・ホルツ(ダイアン・クルーガー)は、
初演を4日後に控え「第九」の楽譜が完成しないベートーヴェン(エド・ハリス)の元へ、
写譜師(コピスト)として派遣される。
彼を尊敬するアンナは彼の粗暴な振る舞いに戸惑うが、ベートーヴェンはアンナが優れた才能の持ち主であることを見抜き、徐々に彼女に信頼を置くようになっていく。
尊大で傲慢で難聴でもあった彼を助けたのはアンナだった。

ベートーヴェン晩年の大作「第九」完成と師弟愛を描いた感動ドラマ。
PHAwTFAHvVGDFA_mCOPYING BEETHOVEN

ベートーヴェンは「エリーゼのために」も素敵な曲ですが、やはり「第九」ですね。
クリスマスから年末、これはもう定番です。
映画のハイライト「第九」の初演シーン。
難聴でマエストロとしての役割を果たせないベートーヴェンの影武者のように、
アンナが裏でサポートします。
二人の視線と呼吸は「第九」の旋律に乗り、奏でられた音での陶酔が見事に伝わってくる。
何でだろう…聞けば熱くなって、ただ訳もなく涙が出る、、、
言葉では言えない感動があります。

写譜師アンナの戸惑いと静かな強さ、信念、直向さ…
彼女を認めることによって新たな世界を手に入れるベートーヴェン。
代表作である「第九」は、二人の調和が無ければ生み出すには至らなかったのでしょう。
伝記としたらどうか解りませんが、ドロドロした愛憎劇ではないし、
天才=変人であろうから、その素行に多少の嫌悪感はあっても、
師弟関係の素敵な物語になっていたのではないでしょうか。
PHx9ICxEuCskBx_mCOPYING BEETHOVEN

数人の実在人物をモデルとした架空の作曲家志望のアンナ。
ダイアン・クルーガーは美しく凛とした意思の強い女性で、
心底ベートーヴェンを敬愛する気持ちが伝わります。
あの(笑)エド・ハリスは、音楽室で見たベートーヴェンそのもの。
二人とも役に嵌っていて、雰囲気も人間性も上手に現れていました。
時節もありますが、「第九」の演奏場面を観るだけも価値があるのでは…と思います。
私はもうそのシーンは涙ボロボロでしたぁ~

2006年 12/9公開  イギリス=ハンガリー
監督 アニエスカ・ホランド

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

敬愛なるベートーヴェン

 『“第九”誕生の裏に、 耳の聴こえないベートーヴェンを 支えた女性がいた。』  コチラの「敬愛なるベートーヴェン」は、年末になると必ず1度は耳にする「第九」、その誕生と彼の晩年を支えた1人の女性にスポットを当てたヒストリカル音楽ムービーです。  主演は...

2008.05.04 (Sun) 07:58 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

「敬愛なるベートーヴェン」映画感想

良い雰囲気の予告編を見て、やっぱりクラシック好きなら見とかなきゃいけないかな、という感覚で見てきました。「敬愛なるベート

2008.05.05 (Mon) 04:09 | Wilderlandwandar

「敬愛なるベートーヴェン」 表現者にとって、理解者は何事にも代え難いもの

漫画「のだめカンタービレ」のおかげで、普通にクラッシックを聞くことが多くなりまし

2008.06.17 (Tue) 10:54 | はらやんの映画徒然草
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。