心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 さ行 ≫ スルース

スルース



ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)の元に、
若い俳優マイロ・ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。
ティンドルはワイクの妻マギーの浮気相手。
「離婚に合意してほしい」と言うティンドルに、
ワイクは所有する高価なネックレスを盗み出して欲しいという。

1972年、ローレンス・オリビエとマイケル・ケイン主演で映画化した「探偵スルース」のリメイク。
「探偵スルース」では妻を寝取った男マイロ・ティンドルを演じたマイケル・ケインが、
今作では寝取られた老作家アンドリュー・ワイクに扮する。
「アルフィー」でも新旧を演じた、ジュード・ロウとマイケル・ケインの共演。
329519view004スルース

舞台として繰り広げられるワイク邸、外見はお城のような古い邸宅だが、
監視カメラが張り巡らされ、リモコン操作で動くハイテクでモダンでスタイリッシュな内装。
頭上から映し出されたり、監視カメラ、スクリーンに投影、照明の使い方など、
男と男の心理戦に効果は抜群!


ネタバレはしていないつもりですが、
サスペンスは先入観があったら面白くないと思うので、
これから観られる方はスルーして下さいね…


登場人物は2人だけ。
会話劇で舞台を観ているよう。
一見、冷静そうなアンドリューは、強欲で嫉妬深く陰湿。
嫌らしくさえ感じるケインの演技は絶品!

若く美しいマイロは現在無職だが、
アンドリューの妻と一緒になりたいので離婚して欲しいと図々しく、多少強気な態度で願う。
自信に満ち溢れた印象。
このジュードも絶品!!
マイケル・ケインとジュード・ロウの演技を堪能できるので、それだけでも観る価値があると思う!
329519view002スルース
jude_law4SLEUTH.jpg

始まりから穏やかそうに繰り広げる会話には、お互いの皮肉がたっぷり。
二人の男が騙し騙され、いつしか3本マッチで戦うことになった心理ゲーム。
観る方は多分2本目のからくりが解った時点で、そんな勝負に発展したの…と気づくことになるのかな(アンドリューも?)
何が本当で何か嘘なのか、どんな展開になるのか期待にワクワクふくらんだ!
ここまではハラハラ、ドキドキ…
329519view003スルース

でも3本目のゲームがちょっと??
相手の裏をかき、更に裏をかき、、、
主導権を取ろうと意味ありげな会話が続くけど、
先のゲームのように宝石を盗む、マイロの行方など、明白なポイントがなかなか見えてこない。
私の中で張り詰めてた緊張感が、じわじわ~と切れてきた。
ダメだ~こんな終わり方は…
せっかくここまで良かったのに、この失速感は何でだぁ…
残念!!
結局、どう取ろう…
5パターンぐらい想像してみたけど、どれも面白くない(苦笑)

それで「探偵スルース」のネタバレを読んでみた。
3本目のゲームの内容は、随分と変わっていたけど、もし本作「スルース」も同じようなラストなら…

マイロの携帯は、2度かかってきてどちらも答えた。
相手はマギーらしい。
自宅にかかった電話に、アンドリューは出なかった。
その電話をかけていたのは、最後に車でやってきた人物らしい。
それを誰と取るか、誰と思わせるか…
その辺りのヒントが少しあれば良かったんじゃないかなぁ。
最後のゲームの勝者は…
それともイーブン…

一人の女を巡るはずが本来の目的を見失い、
いつしか相手に屈辱と敗北を与えることで、自分のプライドを誇示したいのか、
その狂気にも思える2人の醜い争いは見もの。
気を引き合い遠ざけ、お互いに譲れない感情をむき出しにして主導権を握り支配しようとする。
女の嫉妬も醜いけど、男の本能(?)的なぶつかり合いもかなり見苦しいと思った。
お二人の演技は凄かった!!

終了後、後ろの女性がお仲間数人で感想語りだした。
「面白くなかったねぇ~サスペンスはラストがスッキリしてくれないと」

必ずしもスッキリとしなくても、それだろうと思われるようなラストにはして欲しいなあ。
決して面白くないわけではなかったのに…
sleuth3SLEUTH.jpg

で、またまた、ジュード!!
いやあ~~~ん!!
これもまた素敵でした~~♪
喜怒哀楽、全部観たような感じ!!
この人の狂気はどこか甘ささえあるわぁ~
怪しい雰囲気の怪しい目つきが絶妙!!
どこかのインタビュー画像で、か、髪が…!!おっ(;゜ロ゜)?? と思ったけど、
M字額だろうがなんだろうがこのジュードも素敵ですぅ(笑)

チラッと頭をよぎったのは…
これ、ジョニーが演じても良いのでは?と。
歳を取った時、アンドリュー役もいけるかも…


余談

始まった途端、隣から寝息が?!
90分の短い映画で、おばさま半分以上ぐっすりと寝ていた。
イビキではないけど、ス~ヤ、ス~ヤな寝息も隣だと気になる(汗)
何しに来たのだろうか?

2008年 3/8公開 アメリカ映画
監督 ケネス・ブラナー

Comment

こんばんは
編集
観ていないのに最後まで読んじゃいました。

額がMでもジュード・ロウは素敵ですね。
それに確かにジョニーでもいけるかも。

寝ているおじさま、おばさまはよく見かけます。
よっぽど疲れているか、暇つぶしにチョイスした映画がその人にはハズレだったのでしょうね…
2008年03月31日(Mon) 22:18
やったことある!
編集
なんの映画だったかなあ〜
始まってすぐに意識がなくなったことがあるよe-466
半分近くまで記憶がない・・・
へへへ(;^ω^)

ねえ〜このジュードさんも●増えてるよね??(爆)
2008年03月31日(Mon) 22:36
めえめえさんへ
編集
こんにちは〜

これは好き嫌いが別れそうですね。
私は「ああ〜そういう事か、やられたあ〜!!」と言うのが好きなので、ラストが残念でした。

ジュードは、
たとえ坊主になっても素敵でしょう(笑)

この前「ノーカントリー」では大イビキが聞こえて来ました。
お疲れでしょうが、雰囲気は壊れますよね(泣)
2008年04月01日(Tue) 12:50
ロクちゃんへ
編集
お金が勿体無いよっ(爆)

私は寝たら絶対にイビキかくから、気をつけてるよ(笑)
コックリはするけど(*^_^*)

ジュード、増毛?ってこと?
どうだろう?
髪を伸ばして生え際を隠してるんじゃない?(笑)
クシュとしていて良かったよ♪
2008年04月01日(Tue) 12:56
こんばんは!
編集
ジュードの素敵さに、私も意識を一瞬失いました...。イビキをかいてないといいのですが...(汗)

ん、ん、この時のジュードの髪型、好きですよ〜。

2008年04月01日(Tue) 22:39
こんばんはー☆
編集
オリーブリーさん、同じデスv-218
最後のステージ、なんか変な方に行っちゃうみたい〜って気がしてたら、
あっさりしすぎでしたね。
やっぱ、元は昔の脚本だし、少し変えてもこんなもんなのでしょうか?
もうひと盛り上がり欲しかったです〜(-_-;
ま、キャストが少ない分、ジュード見放題でオトクでしたけど(笑)
2008年04月02日(Wed) 01:29
あんさんへ
編集
あはは〜それ、本当にジュードの素敵さで?(爆)
(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪
イビキかいてないことを祈りますが…(o^^o)ふふっ♪

伸ばして垂らせば誤魔化せますよねえ〜(笑)
いえいえ、そんな髪型すら気にならないくらい、抜群の演技でしたよね♪
2008年04月04日(Fri) 15:08
kiraさんへ
編集
オリジナルのラストは、モノ探し(?)ゲームのようですねぇ…
意味ありげなセリフのやり取りで、何が何だか解からなくなってきて、少し尻すぼみでした〜残念。

黒い皮のコートを着たジュードが、一瞬「AI」のロボットに見えてしまいました(笑)
ジュードファンには見応えのある作品でしょうねえ〜
これだけ出ずっぱりだと、トイレもいけない(*^-^)
素敵でしたぁ〜〜♪
2008年04月04日(Fri) 15:15
ジュードっ!!
編集
オリーブリーさん、こんばんは。
春ですねー。

ところでオリーブリーさん、発狂してますね(笑)
ジュードにもだえていらっしゃる様子。
そういうスワロも、最近ジュードファンです(笑)
もう、ジュードと結婚したくって仕方がないんです。

それでも、作品に対しては少々辛口ですね。
確かに、3番目の勝負はそれまでの2本とは少々異なっていました。
急に色気ばんできたし・・・
ちょっと不気味さも感じました(苦笑)
2008年04月05日(Sat) 19:43
swallow tailさんへ
編集
こんにちは〜o(^▽^)o

スワロさんも壊れ気味ですか?(爆)
私はジュードの連ちゃんで、かな〜り眼がハートになりました!!
録画した「ホリデイ」まで、また観てしまったし(o^^o)ふふっ♪
素敵ですよね♪

でもね〜これ、ラストに向けてちょっとズルズルとしてしまった感じがして残念でした。
3番目のゲームはよくわからなかったですよね…
「男」としての機能(?〜笑)な部分を競いたい(?)結果、あんな会話劇になったんでしょうか?
ジュードの眼は怪しさ満開でしたo(^▽^)o
2008年04月07日(Mon) 13:53
こんばんは^^
編集
二人の演技を堪能できるだけでも嬉しい作品
ですね^^私も最初のシーンから結構惹き込まれたの
ですが、オリーブリーさんと一緒かな?ちょっとだけ
私はダレました(^^ゞ
ラストも置いてけぼりな私でした(笑)

ホリデイのジュードもいいけど、こういうジュードも
魅力的ですね^^素敵でした(*^o^*)

ジョニー、確かに両方の役できそうですよね(^_-)-☆
いいかも〜〜♪

始まったとたん寝る?(^^ゞ
いるよね〜〜そうい言う人・・
私も何回かそう言う人に遭遇しました(T^T)
いびきでなかっただけ良しとしましょうね(笑)
でも、いい映画観ている時、それされると
気が散るよね〜
2008年04月07日(Mon) 22:44
ひろちゃん★ へ
編集
こんにちは〜!!

ラスト、どう思います?
誰がやって来たのでしょうか?
選択としては2人いそうな感じなんですが…

ジュードも幅広いですよね♪
で、上手ですねえ〜〜再確認しました!
この演技、凄く良かったです。

たまにはジョニーも素敵なラブストーリーとか出て欲しいような…
何か、リアル、普通にときめきたいです(ノ∇≦*) キャ♪

大イビキ、携帯の着信…
まだまだ、マナーの悪い人いますよね(汗)
後ろから椅子を蹴られる(わざとじゃなくても)のも気になります。
皆さん、足が長いのね(苦笑)(^^;)
2008年04月09日(Wed) 15:37
なるほど〜
編集
ジョニーが演じるのもいいかもしれませんね!
ジュードも決して悪くはなかったですけどね〜。
芝居がかった感じがいかにも英国風というか
ケネス・ブラナーっぽい感じもしましたけど、
そこをジョニーが演じたら、と想像しただけで
なんかお腹いっぱいです(´∀`*)ウフフ
2008年04月14日(Mon) 21:35
miyuさんへ
編集
こんばんは!!

そうそう英国風タップリでしたよねえ〜でもアメリカ映画なんですね…(^^;)

ジュードが年配になった時のアンドリューも良さそうだけど、
ジョニーもいけそうでしょう?(^−^)ニコッ

ところでTBなんですが、
こちらの設定都合か、バベルの記事が何度認証にしても拒否のままになってしまいます。
miyuさんからの他の記事は大丈夫だったのに…
認証できなくて、ごめんなさい(人;´Д`)
2008年04月15日(Tue) 21:47
第三のゲームの勝敗は?
編集
私なりに、第3の勝敗を考えてみました。

ワイクは自分がゲイ嗜好者だということを明かして、ティンドルを誘惑して目的を達成する直前で、「ワイクの正体見たり!」と、ベッドインを拒否されたところで、ティンドルの勝ち。

ゲームなんだから、相手を本気にさせたということでもティンドルの勝ちだけど、結果ワイクに撃たれて死んでしまったんだから、何ともいえないね、この結末。

次の課題は、車で来たのが誰かということね。
素直に考えたらマギー。
マギーはティンドルと遊んでいただけでワイクとの関係は元に戻すつもりだったと思うなあ。
ティンドルにかかってきた2回の電話は、たぶんマギーから。
「もう私たちは終わりよ、ワイクの家に帰るわ」みたいな電話がかかってきたのよ。
ワイクの家の電話もマギーから。「今、向かっている」というものでしょう。
だから、もう少し待っていたら、このゲームはワイクの勝ちだったのにーというオチ。
これはどうだろ?
2008年04月18日(Fri) 13:24
マダムへ
編集
なるほど!!!
すると、三番目は引き分けになるのかな。
勝ったと思ったティンドルは負けて、負かして勝ったはずのワイクも妻の帰還で負けになる(警察行き?)
一番の勝者はマギーか…
あっ、こうなると始めから解っていたマギーが仕組んだとか?!
考えすぎ?
ややこしやぁぁ〜〜(笑)
2008年04月18日(Fri) 15:26
ラスト!
編集
マギーが一番のワルって、それ面白いねー!
たぶん、この作品は何年か後にジュードが作家役でリメイクするだろうから、そのときの脚本家に売り込んだらどうかしら!!
2008年04月20日(Sun) 11:29
マダムへ
編集
解りました!!
それまで暖めます(爆)
いや、でも早い方が?…ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ (大爆)
2008年04月21日(Mon) 11:59
こんにちは〜♪
編集
どこかのインタビューでは短く刈った髪が悲しいくらいにM字型だったので目を覆いたくなりましたが、この映画の中では金髪でとーってもステキでした〜!
もちろんジョニーでもオッケーだとは思いますけど、やっぱりマイケル・ケインとジュードという新旧英国色男の対決というのが見どころだったのではないかしら〜?
マギーって、二人の男が争うほどイイオンナじゃないような予感がします(笑)
2008年05月11日(Sun) 14:31
ミチさんへ
編集
あっ、あの画像見ました(笑)
私もギョッΣ( ̄□ ̄lll) となりましたぁ〜(滝汗)
映画では素敵だから安心だけど(笑)

>英国色男の対決

あっはは〜
ジョニーは色男だけど英国風とは言えませんね(笑)
マイケル・ケインとジュードはまさに英国男性♪
雰囲気も最高です〜(o^^o)ふふっ♪
2008年05月12日(Mon) 13:54
編集
こんばんは!
DVDリリースされたのでさっそく見ました。
ふたりの俳優の演技合戦が見事でしたね。
私も最終セットはイマイチでした。。ツメが甘かった。
ジュードは本領発揮って感じっすね。
セクシーで美しい!!
M字はあまり目立たなくて、ホッ。
2008年10月08日(Wed) 23:09
アイマックさんへ
編集
このジュードも素敵でしたよね〜髪型も良かったわ(笑)
そ〜だわぁ〜
今年前半は、ジュードに浮かれてたんだ〜私♪(爆)

そうなのよね〜せっかくドキドキしたのに最終は物足りなかったよ。
何十年後、今度はジュードがワイクになって、すっきり解決して欲しいわ(*^^*)
2008年10月10日(Fri) 21:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

『スルース』
監督:ケネス・ブラナー  CAST:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ ロンドン郊外に住む有名な推理小説家、ワイク(マイケル・ケイン...
2008年03月31日(Mon) 19:15
映画 『スルース』
  ☆公式サイト☆1972年の傑作ミステリー映画『探偵<スルース>』を、イギリスの名匠ケネス・ブラナーがリメーク。豪華な屋敷を舞台に、初老の推理小説家と彼の妻の若き浮気相手による心理戦が繰り広げられる。ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(...
2008年04月01日(Tue) 06:34
スルース/SLEUTH
悪くて色っぽいジュード・ロウが、見たかったんです...。 英国の香り、ぷんぷんです。 1972年にローレンス・オリヴィエとマイケル・ケイン...
2008年04月01日(Tue) 22:40
スルース
男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 上映時間 89分 原作戯曲 アンソニー・シェイファー 脚本 ハロルド・ピンター 監督 ケネス・ブラナー 音楽 パトリック・ドイル 出演 マイケル・ケイン/ジュード・ロウ 1972年に舞台から映画として好評を博したミステリー『探偵スルース』のリ...
2008年04月02日(Wed) 01:19
「スルース」
「Sleuth 」2007 「リトル・ボイス/1998」「愛の落日/2002」のマイケル・ケインと「マイ・ブルーベリー・ナイツ/2007」のジュード・ロウが火花を散らすサスペンス・ドラマ。 監督は「ハムレット/1996」「舞台より素敵な生活/2000」のケネス・ブラナー。 脚本はノ
2008年04月02日(Wed) 22:47
【スルース】
  男の嫉妬は世界を滅ぼす 監督:ケネス・ブラナー 出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ 「ロンドンに住む初老の推理作家アンドリュー・ワイクの邸宅にマイロ・ティンドルという若い男がやってきた。監視システムが張り巡らされた家に上がるティンドルは
2008年04月03日(Thu) 14:00
スルース
原題:SLEUTH 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:89分 監督:ケネス・ブラナー 原作:―― 脚本:ハロルド・ビンター 出演:マ...
2008年04月05日(Sat) 19:32
★スルース(2007)★
SLEUTH男の嫉妬は世界を滅ぼす。上映時間89分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ハピネット)初公開年月2008/03/08ジャンルミステリー/サスペンス/ドラマ映倫PG-12【解説】ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインの競演で72年に映画化されたアンソニー・シェイファーの...
2008年04月07日(Mon) 22:36
スルース
 『男の嫉妬は 世界を滅ぼす。』  コチラの「スルース」は、アンソニー・シェイファーの舞台劇を1972年に映画化した「探偵<スルース>」のリメイクで、3/8公開となったPG-12指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  オリジナルは未見なのですが、オ...
2008年04月13日(Sun) 19:34
リメイクすべきかせざるべきか…「Sleuth」の憂鬱
実は、この1972年の傑作ミステリー映画「探偵<スルース>」のリメイク版「スルース」には、最初から期待はしていませんでしたし、そもそも鑑賞予定にすら入ってはいませんでした。なぜなら、元々アンソニー・シェーファーの傑作舞台劇を映像化したオリジナル版の出来があ...
2008年04月14日(Mon) 20:23
スルース
ースルースーSLEUTH 2007年 アメリカ ケネス・ブラナー監督 マイケル・ケイン(アンドリュー・ワイク)ジュード・ロウ(マイロ・ティンドル) 【解説】 1972年の傑作ミステリー映画『探偵<スルース>』を、イギリスの名匠ケネス・ブラナーがリメーク。豪華な屋敷を舞
2008年04月18日(Fri) 13:26
スルース
2007年 アメリカ 原題:SLEUTH 監督:ケネス・ブラナー 脚本:ハロルド・ピンター 出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ シネスイッチ銀座...
2008年04月20日(Sun) 17:47
スルース:SLEUTH
v 男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 ? 4月15日、京都シネマにて鑑賞。元々舞台劇らしい。72年に故ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインによって映画化された「探偵《スルース》」。このとき、アカデミー賞4候補に上がった傑作ミステリーである。設定はそのままで、ま...
2008年04月28日(Mon) 00:47
スルース
 人間は誰でもナルシストかな?ってな感じで観ていました。それにしてもジュード・ロ
2008年05月03日(Sat) 18:34
映画 【スルース】
映画館にて「スルース」 1972年の映画『探偵<スルース>』をケネス・ブラナー監督がリメーク。 おはなし:ベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の豪邸に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやってくる。「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言...
2008年05月11日(Sun) 14:28
映画『スルース』を観て
36.スルース■原題:Sleuth■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:89分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:4月6日、シネスイッチ銀座(銀座)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:ケネス・ブラナー□脚本:ハロルド・ピンター□原作:アンソニー・シ...
2008年05月16日(Fri) 07:17
スルース 【探偵】
Sleuth(2007/アメリカ)【DVD】 監督・製作: ケネス・ブラナー 出演:マイケル・ケイン/ジュード・ロウ 男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 1972年の傑作ミステリー映画『探偵<スルース>』を、イギリスの俳優でもあるケネス・ブラナーがリメーク。 夫VS妻の浮気相手。ひ
2008年10月08日(Wed) 22:50
『スルース』
スルース 犯罪小説家と間男の心理戦3セットマッチ 『探偵<スルース>』(\'72)のリメイク 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞)
2009年03月19日(Thu) 03:47
『スルース』\'07・米
あらすじロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言うティンドルに、ワイクはあることを提案する・・・。感想スルーするには勿体...
2009年04月01日(Wed) 06:56
スルース
男の嫉妬は、世界を滅ぼす。
2009年06月17日(Wed) 00:39