FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。



“アンダレーシア”で動物たちと暮らすジゼル(エイミー・アダムス)は、
運命の人エドワード王子(ジェームズ・マースデン)と出会い、翌日結婚の約束をする。
王子の結婚を喜ばない継母のナレッサ女王(スーザン・サランドン)は、老婆に化けジゼルを井戸に突き落としてしまう。
辿り着いた場所は、現実の世界ニューヨーク。
途方に暮れるジゼルは、離婚弁護士ロバート(パトリック・デンプシー)と娘のモーガンに助けられる。

おとぎの国(アニメーション)から現実世界(実写)にやってきたプリンセスが大騒動を繰り広げる。
ディズニーが伝統のアニメと実写を融合させた、コメディ・ファンタジードラマ。
enchanted2ENCHANTED.jpg

パロディやファンタジック・コメディの要素で、
これまでとは全く違うテイストでプリンセスが描かれていますが、
久しぶりにディズニーのお姫様モノを存分に楽しむことができました!
白雪姫などディズニーアニメの名場面を笑いにもして、ジゼルが実写の世界で本当の愛を見つけていく。
公園で歌いだす場面は、ディズニーランドのショーを見るかのようで華やかでした。
enchanted6ENCHANTED.jpg

出会ってすぐ結婚を決めたジゼルと、
恋人ナンシー(イディナ・メンゼル)と5年付き合っているのにまだプロポーズをしていないロバート。
純粋な心で永遠の愛を信じるジゼルに、永遠の愛はないと主張するロバート。
この二人の対比と変化は解かりやすくて、シンプルなストーリーが良かったと思います。
amy_adams4Enchanted.jpg

30歳過ぎだけど(笑)エイミー・アダムスのお姫様はチャーミングで可愛らしかった。
アップになると少し目元が目立つかなぁ~と思ったけど、
笑いも微妙な感情の移り変わりも素敵に演じていたし、歌う場面は伸び伸びとして楽しそう。
パトリック・デンプシーは端正なお顔で、純粋で優しいジゼルに惹かれていく様子や戸惑いも、ダンスも素敵でした。
amy_adams8Enchanted.jpg

ジゼルを追ってNYへやって来た王子…
この天然ボケは大いに笑えた!
好み的には王子顔じゃないので、ラストも許せる!
ジェームズ・マースデンは「X-MEN」「ヘアスプレー」とイメージが違って笑わせてくれた!
enchanted2Susan Sarandon
enchantedTimothy Spall

意地悪な継母をスーザン・サランドンが怪演!!!
いやあ~~面白いもの観た♪
ナサニエルのティモシー・スポールは、アニメキャラそのもの。
この人、ホント、怪しさ満開!
(バムフォード、生き返る?~笑)
enchanted5Amy Adams

でも何と言っても、リス君、面白かったぁ~~
ジェスチャー、最高♪
女王になったり、ナサニエルになったり、これが私のツボにビタッと嵌ってしまった!
これは、笑った、笑った!!♪

魔女の変身やラストの展開はご都合主義のようにも思えますが、ディズニーらしく不幸せな人は誰もいなくて良かったのではないかな。
最後のダンスシーンは「美女と野獣」みたいにロマンチックでした♪
いつものディズニーらしいアニメーション部分と、
(お約束ではない)恋愛実写部分は、これまでにはなかった新しさを感じました。
amy_adams2Enchanted.jpg

ただ、お掃除シーン…
うう~~~ん。。。
自然の森とは違い、集まってくる生き物が違うにしても、
あのメンバーで部屋が綺麗になるの??(苦笑)
ゴキもネズミもハエもリアルでしかも集団…
ゴキ嫌いには、辛い場面~これは本当に嫌だったなぁ!!!

2008年 3/14公開 アメリカ映画
監督 ケヴィン・リマ
2008.03.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/263-5d2b1092