2007_02
23
(Fri)12:45

硫黄島からの手紙

292088043_241.jpg

日本最南端に近い太平洋に浮かぶ硫黄島。
1944年6月、アメリカ軍の本土攻撃を食い止める最期の砦となる硫黄島に、
陸軍中将・栗林(渡辺謙)が降り立った。
栗林は島中に地下要塞を築き上げる。

『父親たちの星条旗』に続く、硫黄島2部作の第2弾。
『父親たち~』では、ほとんど姿を見せなかった日本軍の姿が真正面から描かれています。
アメリカ軍は圧倒的な戦力の違いから5日で陥落できると予想していた硫黄島が、想像以上の日本軍の作戦、抵抗によって戦いは36日間に及んだそうです。
一兵卒・西郷(二宮和也)はそんな絶望の中で地獄を目の当たりにする。
悲惨な戦いを体感させられる中でも、生への執着を失わなかった。
“玉砕”なんて言葉・・・どんなに残酷なものなのか。

飲まず喰わずの寡黙な戦いの中で、
唯一安堵するのは、届かないだろうが家族へと綴る手紙だったのでしょう~
戦後61年が経ち、地中から発見された数百通の手紙。胸を打ちました。

アメリカって白黒、善悪はっきりさせたがる傾向ですよね。
『父親たち~』を観た時も感じましたが、
イーストウッド監督は、どちらが正しいとか正しくないとかではなく、戦争で多くの尊い命が亡くなった事を同じ目線で描いていて、さすが!と思いました。

“天皇万歳”“靖国で会おう”
そう言って死んでいった兵士達は皆、本心は家族を思い、家族を守るために国を守り、
そして命を投げ出していった。
このセリフの深い意味を考えると、とても辛くなりました。

渡辺謙、二宮和也はじめ、俳優人も皆さん素晴しかったです。
伊原剛志、中村獅童、加瀬亮に日本軍の人物像が映し出され、
戦争の虚しさを感じました。

■第79回アカデミー賞ノミネート
*作品賞
*監督賞 クリント・イーストウッド
*脚本賞
*音響編集賞

2006年 12/9公開 アメリカ映画
監督 クリント・イーストウッド 

C.O.M.M.E.N.T

この前から何度もいろいろな記事にTBを挑戦しているんですけど、なぜか全く入らない・・・
私のところはアメブロととっても相性が悪くほとんど受け付けてもらえないんですけどたまに同じFC2ブログでもダメなところがあるんです。
オリーブリーさんのところがそれにあたっちゃうと非常に悲しい。
ですが・・・記事いつもしっかり読ませてもらっています。
この作品は二宮くんの印象がとても強く残りました。
実際主演の謙さんよりも登場時間が長いとか。
若き兵士の生きたいという思い、戦争の虚しさを実感でき
アメリカ人の監督がこんなふうに日本の硫黄島を描いたことに胸が熱くなりますね。

2007/02/24 (Sat) 22:22 | ジュン #6ZS2/17k | URL | 編集 | 返信

おはようございま〜す☆
はじめまして!ランキングから
伺いました^^
私も「硫黄島から・・」観ました。
本当に玉砕なんて恐ろしい言葉ですよね。
手榴弾などで自決するシーンは、とても
観ていられないほど、生生しくて怖かったです。
また、後ほどゆっくりと読ませてくださいね!
また、寄らせていただきます^^
では^^

2007/02/25 (Sun) 07:44 | ぴーち #- | URL | 編集 | 返信

ジュンさんへ

>オリーブリーさんのところがそれにあたっちゃうと非常に悲しい
はい。私もです。
今、しばらくのお待ちを・・(笑)

二宮君、ジャニーズとは思えない!
でも彼が出演した事で若い方もたくさん観られただろうし、
実際、私の娘も観たいと言うので連れて行きましたが、
いつもはポップコーン片手に観てますが、さすがにこの映画は途中で手が止まって珍しく残しました。
彼女にも何かしら勉強になったと思います!

アメリカ映画として作られたし、アカデミーでもこちらが作品賞にノミネートされたと言うのが、
私達にはとても重みのある事かもしれませんね。

2007/02/25 (Sun) 19:48 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ぴーちさんへ

初めまして〜こんにちは。

そうです〜玉砕なんて、綺麗な意味で表されてますが、とんでもないです・・。悲しいです。

>手榴弾などで自決するシーン
あのシーンは本当にショッキングでした。
戦争なんて、絶対に止めて欲しい!

まだ始めたばかりで手探りでやってます。
良かったら読んでやって下さいませ(*^^)
いつでも遊びにきて下さいね♪

2007/02/25 (Sun) 19:54 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

硫黄島からの手紙

 『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して届く事のない手紙をこの島で戦った日本兵たちが、家族に宛てて書き...

2009.03.05 (Thu) 21:05 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡