--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_03
05
(Wed)23:36

華麗なる恋の舞台で

GNBF1176_l華麗なる恋の舞台で

1938年。
ロンドンの舞台女優ジュリア(アネット・ベニング)は、女優として演劇界の頂点に立ち、
舞台監督の夫マイケル(ジェレミー・アイアンズ)と順調で満ち足りた日々を送っていた。
しかし、変化のない生活に不満を感じずにはいられない。
そんな時、親子ほども年の離れたアメリカ人青年トム(ショーン・エヴァンス)と出会い、
やがて恋に落ちる。

イギリスの文豪サマセット・モームの傑作を基に、
人気女優の生き様をエネルギッシュに描いた人間ドラマ。
julia4BEING JULIA

これ、面白い!♪
とにかく、小気味が良いラストにすっきりした!

女優として成功してるけど、マンネリに陥っているジュリア。
夫マイケルと仕事上のパートナーではあるけれど、お互いプライベートを束縛しない関係。
自分の息子と同じ年頃のトム(TOM )と恋に落ちてからは情熱を取り戻し、
演技にも自然と身が入り、浮き浮き幸せ気分。

そんな年齢差での関係になれば、貢物(?)や現金と、お決まりの流れなんだけど、
ジュリアの少女のようなチャーミングさと、舞台や楽屋での変化の様子が軽やかなコメディで流れていく。
彼女の世話をする女性の目線もとても良い。
annette_bening3BEING JULIA

だけど、やっぱりお決まりのように、
若いトムは、若い駆け出し女優エイヴィス(ルーシー・パンチ)という恋人ができ、
エイヴィスは、トム経由でジュリアをも利用し役を得る…
おまけに夫マイケルにも何やら怪しい技を使ったらしい(苦笑)

さあ~ダメージを受け、敗北感でイッパイの大女優の反撃!
クライマックスは…!!
julia3BEING JULIA

時々、守護霊のように登場するジミー(マイケル・ガンボン)は、
ジュリアを女優に育て上げた亡き座長。
「舞台で演じている時は、劇場が現実。
劇場の外で大衆が呼ぶものは、空想に過ぎない」
ジュリアの演技に、最大の拍手喝采を贈ったのは、彼ではないかしら。

美しくて一流の女優でも、年齢に偽りはないのね。
女性なら誰でも解る老いへの微妙な心理と、年齢を重ねた故の女の自信ある姿。
彼女の人生の転機…
本来の自分として~女優として生きるため、別の自分を演じる。
それでもどちらも自分であることには違いない。
ジュリアはそのどちらも選択できた素敵な人なのかも。
annette_bening1BEING JULIA

TOM…
もう、見るからに口だけのペテンぽい奴!

エイヴィス…
才能はあったのかもしれない、
取り入れる術も心得ていたのかもしれない、
でも、ジュリアの前では器の違いがハッキリとした小粒な女(笑)

チャールズ卿 (ブルース・グリーンウッド)
この方も素敵な紳士です(笑)
annette_bening2BEING JULIA

ジュリアの息子君、素直で正直で可愛い子だった。
賢そうだからこれから、ますます人を観る目が養われるかも!
夫役のジェレミー・アイアンズ、この人、こんな感じの役も似合ってると思います。
色んな夫婦像はあるけれど、二人の関係はこれで素敵なのかな~♪
彼女の衣装や帽子もとっても素敵!

アネット・ベニング、GG賞主演女優受賞で、アカデミーもノミネートされた作品。

「今夜は一人でゆっくりと食事する…」

素敵な女優さん&女性だったと思います♪

2007年 2/10公開 アメリカ/ハンガリー/イギリス 映画
監督 イシュトヴァン・サボー

C.O.M.M.E.N.T

これ・・・

WOWOWで観るのを楽しみにしていたのですが
録画し忘れました(T^T)
オリーブリーさんも、これ、面白いとおっしゃってますので、絶対に観たいです。
観る予定ですので、オリーブリーさんの
感想はさ〜〜と読ませて頂きました^^
観たら(時間かかるかもですが・(^^ゞ)
またTBでお邪魔いたしま〜〜す♪

2008/03/08 (Sat) 20:25 | ひろちゃん★ #0FtB7ubA | URL | 編集 | 返信

ひろちゃん★へ

こんにちは〜
何だかバタバタしていて、コメント遅くなってごめんなさい!

「ネバーランド」が1903年のロンドンだから、そんなに大きくは変わらない時代かな(笑)
観ていてジェームズ・バリを思い出しました(*^-^)

WOWOWは夜中録画を毎日のようにしてますよぉ〜ほんと、私もよく忘れます(^^;)

2008/03/12 (Wed) 17:05 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

観たよ〜

面白かった〜(≧∀≦)/
アネット上手いねえ!
ラストが本当に小気味よかった(笑)
あの若い女優はある意味いい顔してるね。
ちょっとミニー・ドライバーに似てたかな。

>TOM… もう、見るからに口だけのペテンぽい奴!
そう?
私は結構好きな顔だったよ(●´ω`●)
いい仲になってみたい〜v-238

息子ロジャーは可愛かったね。
あんな理解ある息子が欲しいよd(・∀<)

レンタルDVDにはたっぷりメイキングとインタビューあったよ。
アネットが「人生のある時点で自分を見つめ直す物語」って言ってた。
ホントにそんな感じ、私も見つめ直そうかな(笑)
変化は望めそうにないけど・・・

2008/03/15 (Sat) 17:29 | ロク #z6GZigPw | URL | 編集 | 返信

ロクちゃんへ

ロクちゃん、観たのねぇ〜〜(*^-^)
ラストなんて、爽快じゃなかった?!
すんごく小気味が良くてスッキリしたんだけど、わたし!!

レンタルには、美味しいのあったんだね!

>「人生のある時点で自分を見つめ直す物語」って言ってた。

そうだよね〜それって、私達みたいな年頃(笑)には、大切だもん。
それが何か?〜どうするか?が一番の問題…
見つけたいなぁ〜o(^-^)o

私はトムは嫌だよおぉ〜
いかにもの顔つきだんもん…
こんなに若い子の近づきは信用しない(笑)

2008/03/16 (Sun) 01:23 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

華麗なる恋の舞台で

 『女であること、恋をすること、私であること。 大人の恋は、 軽やかで美しく、 ちょっと意地悪で ドラマチック。 人生は華やかな 舞台のように。』  コチラの「華麗なる恋の舞台で」は、2/10公開になったサマセット・モームの「劇場」をイシュトヴァン・サボー...

2008.03.06 (Thu) 06:54 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

『華麗なる恋の舞台で』

歳相応の可愛さと美しさ、強さを見ました。 巷では「造顔マッサージ」で「アンチエイジング」が大注目ですが、 目尻や口元のシ...

2008.03.08 (Sat) 12:22 | 映画館で観ましょ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。