心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 あ行 ≫ いつか眠りにつく前に

いつか眠りにつく前に



病に倒れ、人生の最期を迎えようとしているアン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)
死の床で長女のコンスタンス(ナターシャ・リチャードソン)と、次女のニナ(トニ・コレット)に見守られ混濁する意識の中で“ハリス”という男性の名を何度も口にする。
「ハリスと私がバディを殺した」という母の言葉に戸惑う娘たち。

40数年前、歌手を目指すアン(クレア・デインズ)は、親友ライラ(メイミー・ガマー)の結婚式に出席するため彼女の別荘にやってきた。
ライラの弟バディ(ヒュー・ダンシー)から、
メイドの息子で医者のハリス(パトリック・ウィルソン)を紹介される。
ライラの初恋相手でもあったハリスと次第に惹かれ合い、アンは恋に落ちていく。

人気作家スーザン・マイノットのベストセラー小説を豪華キャスト競演で映画化した感動ドラマ。
claire_danes2EVENING.jpg

現在と回想を交えながら、病床のアンの幻覚、妄想、
海辺の別荘の素敵なロケーションと自室ベットに横たわる老いた姿。
ああ、人の一生って、こうなんだなあ…と強く感じた。
claire_danes12EVENING.jpg

結婚式を控えるライラは、ハリスへの叶わぬに思いを持ちそのまま結婚。
親友の気持ちを知りながら、アンもまたハリスに惹かれていく。
ライラの弟、バディはアンに愛を告白するが、弟のようにしか思えないと拒否され、
自暴自棄になり(って、ずっと飲んだくれて精神不安定気味?)
酔ったまま海に飛び込み周りを騒がせる。
アンはこれまでの感情を、厳しい言葉で浴びせてしまう。
アンとハリスが一夜を共にし、屋敷に戻ると、バディは事故で亡くなっていた…
バディの死で、愛していても一緒になれなかったアンとハリス。
人生の最期を向かえようとしている今、
バディを死に追いやってしまった事、ハリスと添えなかった事が自分の過ちとして残っている。
natasha_richardson10EVENING.jpg

でもバディの死という悲劇がなくても、
ライラの気持ちを知りながらハリスと幸せになれたのか?と思うと、
それもまた不可能だったかもしれない。
どの道、二人は一緒になれない運命だったと思う。
natasha_richardson6EVENING.jpg

アンの娘、次女のニナもまた悩みを抱えている。
特に彼女は母親の死を目前にして、今までの自分から変わろうと思い始める。
アンと2人の娘、3人の女性の迷いや後悔、過ち…
それでも人生は自分の手で切り開いていく…
そんなテーマもあり、個人的には心に染みるセリフが多々ありました。
329505_01_02_02いつか眠りにつく前に

看護師から連絡を受け、
ライラ(メリル・ストリープ)がお見舞いにやってきます。
多分、あれっきり音信不通だったのでしょう~
お互いその後の人生、ハリスの事を少しずつ話します。
そこには、そんな長い時間の壁は全く感じなかったし、
ライラの訪問で、アンは心の重荷を下ろし胸のつかえが取れたよう。
努力や最善を尽くそうとはしても、人生にはどうしようも出来ない事がたくさんありますし、
過ちをおかす事もあります。
自分の人生振り返った時、後悔だけは残さずにいたい…
「お母さんの人生、過ちも恥じることは何もない。あなた達を立派に育てた」
ライラのセリフは優しさと不安や迷いを撫で下ろしてくれるような暖かいものでした。
mamie_gummer8EVENING.jpg

晩年のアンにヴァネッサ・レッドグレイヴ。
アンの長女にヴァネッサの実の娘であるナターシャ・リチャードソン。
晩年のライラにメリル・ストリープ。
若きライラは、メリル・ストリープの実の娘メイミー・ガマー。

時の流れにもどことなく面影があり、ライラの母役をグレン・クローズが演じていて、
メリルとは良く似ていると言われているので、これまた洒落た演出♪
トニ・コレットは実力たっぷりですね~この人もいつも安心して観れる女優さん!
329505_01_04_02いつか眠りにつく前に

それに比べると、若きアンのクレア・デインズ…
う~~ん、、、悪くはないんだけど、
頭を動かしすぎ?(笑)の演技と、眉間のしわも気になるなあ~

メリル・ストリープは登場が少ないけど、物語の最高潮です~
迷った結婚で色んな事があっても、
自分で決めた道を全うした女性の輝きと自信みたいのを感じました。
良家のお嬢様だからそれなりの所に嫁ぎ、
今も良い暮らしを続けている雰囲気も良かったのではないかと思いました。

2008年 2/23公開 アメリカ/ドイツ映画
監督 ラホス・コルタイ

Comment

TBありがとうございました
編集
こんばんは♪
キャスティングはかなり凝っていましたね〜。
実の母娘を二組も使うとは!
「運命の恋」に心をわしづかみにされなかったのが私がノレなかった一番の原因だったように思います。
昔の話よりも現在の話のパートの方が良かったな〜と思いました。
やっぱりメリルが締めてくれたのかしら。
2008年02月27日(Wed) 20:29
編集
動いちゃうんですかねぇ〜(;・∀・)
あとアゴのカタチもちょっと怖かったです。
でも、映画的には結構好きな感じでした。
2008年02月27日(Wed) 20:36
ミチさんへ
編集
こんばんは!

母娘のキャストは、なかなか面白かったですね♪
効果的だなあ〜と!

昔のエピ、ライラの心情は何となくわかりました。
あの頃は愛を重視より、家柄とか身分とかそんなしがらみが強かったんだろうなあ〜と…
でも片思いなら、どこかで踏ん切りつけないと、周りからのそれで良いの?と言われても先には進めませんものね…
辛いこともあったろうけど、メリルがしっかりと生きてきた…そんな感じを受けたので、それで良かったのだろうと思いました。

「運命の恋」はあまり伝わりませんでしたよねぇ〜弟君の心情も描ききれてなかったと思うのです…
2008年02月28日(Thu) 23:34
miyu さんへ
編集
>頭

笑!!
そうなんですよぉ〜
なんだか、ど〜でも良いんだけど、途中から妙に気になって…(苦笑)
そんなに振りながらセリフ言わなくても…って!
「スターダスト」の時は感じなかったのかなあ〜(苦笑)
アゴ…
割れてますよね…(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

良いセリフ、たくさんありましたね〜
料理投げ出して(?)娘にゆったりと歌を聞かせるシーンは良かったですねぇ♪
2008年02月28日(Thu) 23:40
目が・・・
編集
オリーブリーさん、こんばんは。

メリル・ストリープは貫禄たっぷりでしたね。
若き日に自分の思いを抑えた選択をして
人生の酸いも甘いもかみ分けたライラにぴったり(笑)
>人生は自分の手で切り開いていく…
本当ですね。
正しい答えなんてそのときはわからないのだから
どう対処するのかってすごく大事なんですよね。

クレア・デインズってロミジュリでしか見たことがないのですが、
本作では結構不評ですよね・・・
わたしも彼女の目を見開く演技がちょっと・・・
2008年02月29日(Fri) 22:32
ちょっと微妙。
編集
豪華キャストでしたが、
若き日のアンとハリスに魅力を感じられず、
ちょっと引いたまま・・でした(ヘ_ヘ;

「スターダスト」でも眉が、、と思っていたクレア。
眉があっても怖い系のお顔でした、、、(uu;
唯一、トニ・コレット演じる次女の告白シーンで胸が熱くなりました〜v-22
2008年03月01日(Sat) 22:58
swallow tail さんへ
編集
こんばんは〜トラコメありがとうございます。

メリル・ストリープを見る限り、
バディとアンが色々言ったけど、ライラの選択は間違ってなかった…と思うのは私だけでしょうか?(笑)
どんなに愛してる人と結婚しても、
人生山あり谷あり、後悔なんて付き物。
だからこそ一番好きな人と。。。と思いますが、
彼女を見る限り、不幸のどん底ではなかったと感じました。
結局、自分の気持ちの持ちよう〜なんて言っちゃうと、身も蓋もないかな(爆)

クレア・デインズって、正直、まだまだ下手ですよね(苦笑)
2008年03月03日(Mon) 18:41
kiraさんへ
編集
こんばんは〜

kiraさんも若い頃がダメでした?
またまた同じですね!(笑)
せっかく現在の役者さんたちが良かったのに、残念な内容と芝居(;´ρ`) グッタリ
ハリスも何を考えてるのかイマイチ解らなかったし、
バディみたいな子、私は嫌いです(苦笑)

トニ・コレットの不安が解消できて良かったですね。
それでも躓いて立ち止まって悩むかもしれないけど…と素直に彼にぶつけたので、無理せず変わっていけるのではないでしょうか…
長女も長女らしいいと言うか(笑)
そんな優しさのある女性でしたね。
2008年03月03日(Mon) 18:48
眉間
編集
オリーブリーさん、こんばんは♪
自分や母と重ね合わせてしまうと、
色々な意味で考えさせられる作品でした。
登場時間は短いものの、
メリル・ストリープのシーンは良かったですね〜
アンとニナの心を救ってくれた気がします(涙)
感想で、クレアの眉間の皺について書かれていて
同じだ〜!と喜んでしまいました。
・・・って、こんなことで喜んで どうするっ(笑)
2008年03月09日(Sun) 21:28
Anyさんへ
編集
こんばんは〜!

人生後悔なんて付き物だけど、終える時は良い一生だったと思いたいですよね。
アンはライラの訪問で、幸せだったと感じたんでしょう。
あんなに母思いの娘がいるだけで幸せですよねっ(*^-^)

クレアって、若いのに老けて見える?(爆)
線が細すぎなんでしょうか〜
「スターダスト」の時も細すぎるのかあまり女性の色気みたいの感じなかったんですが…

若い人の眉間のしわはいけません(爆)
2008年03月12日(Wed) 17:38
編集
こんばんは、TBおじゃまします。
いい映画だとは思いますが、やはり男性には感情移入が難しいですね。
男と女の感性の違いでしょうか・・・
ただメリル・ストリーブの存在感だけは凄かったと思います。
2008年03月15日(Sat) 21:57
ケントさんへ
編集
こんばんは〜TB &コメント、ありがとうございます!

そうですよねえ〜女の私も一目惚れとか、数日間の燃えるような恋とか経験がないので(笑)
男の方には尚更、感情がわきませんよね(^^;)
若い頃のエピソードにあまり惹かれませんでした。
アンという女性が素敵には見えなくて…

老いてからはキャストも良かったと思います!
後悔したまま人生を終わらせたくないですものね。
そんなメッセージと、
ライラの人生も決して間違いではなかったんだと思えました。
2008年03月17日(Mon) 00:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

『いつか眠りにつく前に』
監督:ラホス・コルタイ  CAST:ヴァネッサ・レッドグレーブ、クレア・デインズ、トニー・コレット パトリック・ウィルソン 他 死...
2008年02月27日(Wed) 19:46
映画 【いつか眠りにつく前に】
映画館にて「いつか眠りにつく前に」 スーザン・マイノットのベストセラー小説を映画化。 おはなし: 死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)は二人の娘たちが見守る中、熱にうなされてある男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代
2008年02月27日(Wed) 20:26
いつか眠りにつく前に
 『すべての女性の人生が、 美しい一瞬を持っている。』  コチラの「いつか眠りにつく前に」は、スーザン・マイノットのベストセラー同名小説を豪華女優陣の競演で映画化した2/23となった感動作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  死の床に伏したアン(ヴァ...
2008年02月27日(Wed) 20:26
いつか眠りにつく前に/ヴァネッサ・レッドグレーヴ
本当は「ライラの冒険」を真っ先に観に行きたかったんだけど、他のスケジュールとの兼ね合いでこれが先になっちゃいました。どっちみち観る予定ではあるからいいんだけど、「ライラの冒険」が早く観たいよォ、と思っていたらまさかこの映画にもライラが登場してたなんて・...
2008年02月27日(Wed) 21:50
トニ・コレットはいつも不良少女が似合います。
'''トニ・コレット'''はいくつになってもちょっと不良少女が似合います。 強がっていきがっているんだけどその奥には 傷つきやすい心を隠しているという役が。 今回トニが演じたアンの次女のニナは 幸せな結婚をしている姉のコニーと...
2008年02月27日(Wed) 22:31
【いつか眠りにつく前に】
監督:ラホス・コルタイ 出演:クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ、トニ・コレット、グレン・クローズ、ナターシャ・リチャードソン、メイミー・ガマー 「間もなく永遠の眠りにつくアンを、枕もとで見守る二人の娘。アンは娘達の知ら
2008年02月28日(Thu) 10:59
思い出は美しすぎて。『いつか眠りにつく前に』
死の床で自身の人生を振り返るひとりの女性を中心に人間模様を描いた作品です。
2008年02月28日(Thu) 23:23
いつか眠りにつく前に
原題:EVENING 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:117分 配給:ショウゲート 監督:ラホス・コルタイ 原作:スーザン・マイノッ...
2008年02月29日(Fri) 21:56
いつか眠りにつく前に
アン役ヴァネッサ・レッドグレーヴの娘役を実の娘ナターシャ・リチャードソンが、ライラ役メリル・ストリープの40年前を実の娘のメイミー・ガマーが演じ、二組の母娘共演を果たした本作。感動作だということだが・・・【story】死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッ
2008年02月29日(Fri) 23:23
映画「いつか眠りにつく前に」
原題:Evening いつか眠りにつく前に、人生に過ちなんてなかった、と開き直る気持ちはよく分かる・・後悔は先に立たず、人生は長いようで短い、夢と希望を繋ぐものは・・ イブニング、輝くように美しい、まるで絵に描いたような、いや、絵にも描けない美しさと
2008年03月01日(Sat) 19:00
いつか眠りにつく前に
「いつか眠りにつく前に」 2008年 米 ★★★☆ 2姉妹、コニー(リチャードソン)とニナ(コレット)は、病床の母を見舞う。 病魔に侵された母親アン(レッドグレーヴ)は、うわ言で「ハリス・・・!ハリス」 と2人の知らない人物の名前を何度も言う。...
2008年03月01日(Sat) 20:07
いつか眠りにつく前に
あなたが最後に呼ぶのは、誰の名前ですか― 原作 スーザン・マイノット 監督 ラホス・コルタイ 音楽 ヤン・A・P・カチュマレク 出演 クレア・デインズ/トニ・コレット/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/パトリック・ウィルソン/ヒュー・ダンシー/ナターシャ・リチャードソン/
2008年03月01日(Sat) 22:43
「いつか眠りにつく前に」(アメリカ 2007年)
人生の終わりに封印していた恋を思い返す母と 母を看取りながら自分の人生を見つめ直すふたりの娘の物語。
2008年03月02日(Sun) 19:52
いつか眠りにつく前に
今回、ハリス(パトリック・ウィルソン)似てませんっ!! 観るつもりはなかったのですが、時間的にちょうど良かったので、つい鑑賞。 ...
2008年03月02日(Sun) 22:41
いつか眠りにつく前に
Evening(2007/アメリカ)【試写会】 監督:ラホス・コルタイ 出演:クレア・デインズ/ヴァネッサ・レッドグレイヴ/メリル・ストリープ/グレン・クローズ/トニ・コレット/ナターシャ・リチャードソン/パトリック・ウィルソン/ヒュー・ダンシー あなたが最期に呼
2008年03月04日(Tue) 09:14
いつか眠りにつく前に
女性の映画ですね、完全に。
2008年03月05日(Wed) 18:11
【いつか眠りにつく前に】
【原題: EVENING 】 原作/スーザン・マイノット 『いつか眠りにつく前に』(河出書房新社刊) 監督/ラホス・コルタイ   脚本/スーザン・...
2008年03月09日(Sun) 21:19
「 いつか眠りにつく前に / EVENING (2008) 」
【いつか眠りにつく前に 】2008年2月23日(土)公開 監督 : ラホス・コ...
2008年03月10日(Mon) 00:26
『いつか眠りにつく前に』
□作品オフィシャルサイト 「いつか眠りにつく前に」□監督 ラホス・コルタイ □原作・脚本 スーザン・マイノット □脚本 マイケル・カニンガム □キャスト クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、メリル・ストリープ、トニ・コレット、パトリック・ウィル
2008年03月11日(Tue) 12:25
いつか眠りにつく前に
★★★☆  脚本を手がけたのは『めぐりあう時間たち』のマイケル・カニンガムであり、どちちも女性による女性のための映画のような気がする。そのためか、アメリカではこの映画に対する批評が、男女真二つに分かれて大論争を呼び起こしたと言う。        もちろん指
2008年03月15日(Sat) 21:56
いつか眠りにつく前に☆母の隠された40年前の愛
 死の床にある母が語った物語は、娘たちが知らない40年前の愛の記憶 ? ? 2月26日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。キャストの顔ぶれは、凄い親子で共演という女優さんもいます。その一人がメリル・ストリープのお嬢さん、メイミー・ガマー。メリル演じるライラの若き...
2008年03月23日(Sun) 00:37
映画『いつか眠りにつく前に』を観て
25.いつか眠りにつく前に■原題:Evening■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■鑑賞日:3月1日、武蔵野館(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ラホス・コルタイ□脚本・原作・製作総指揮:スーザン・マイノット□脚本・製作総指揮...
2008年04月04日(Fri) 23:55
『いつか眠りにつく前に』\'07・米・独
あらすじ死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を2人の娘たちが見守る中、熱にうなされたアンは娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代のある出来事へとさかのぼっていく。親友の結婚式のため、海辺の町を訪れ...
2009年02月19日(Thu) 07:03
『いつか眠りにつく前に』
いつか眠りにつく前に 病床にある老婦人の 若き日の恋の追憶 【個人評価:★★★☆】 (自宅鑑賞) 原題:EVENING
2009年04月08日(Wed) 03:00
『いつか眠りにつく前に』を観たぞ〜!
『いつか眠りにつく前に』を観ました人気作家スーザン・マイノットのベストセラー小説を、豪華アカデミー女優陣の競演で映画化した感動作です>>『いつか眠りにつく前に』関連原題: EVENINGジャンル: ドラマ上映時間: 117分製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ監督:...
2009年11月11日(Wed) 23:17