心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 あ行 ≫ エリザベス:ゴールデン・エイジ

エリザベス:ゴールデン・エイジ



25歳でイングランド女王に即位したエリザベス1世(ケイト・ブランシェット)
父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。
スペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は、欧州全土をカトリックにする誓いを立て、
イングランドをも手中に収めようと事あるごとに圧力をかけてきた。
さらに幽門されているカトリック派のスコットランド女王メアリー・スチュアート(サマンサ・モートン)は、エリザベスが不義の子であることから、正統な王位継承権が自分にあると主張していた。

ある日、新世界から帰還したばかりの航海士ウォルター・ローリー(クライヴ・オーウェン)が現われる。
やがて交流を重ねるうち互いに惹かれ合い、“ヴァージン・クイーン”を貫き通していたエリザベスの心は揺らぎ始める。

イングランド国王の娘として生まれながら、私生児の烙印を押されたエリザベスが運命を切り開いていく姿を描いた「エリザベス」(98)の続編。
golden6 THE GOLDEN AGE

前作同様ケイト・ブランシェット、
“女王”はこんな人であったのだろう~そう思える演技!
彼女だからこそ、安心して観れる映画。

凛とした女王の姿と、一人の女性として恋心を抱く切なさ…
スペインの使者たちに浴びせる力強い宣告、
若い侍女べス(アビー・コーニッシュ)とローリーを踊らせるエリザベスが、
自分に置き換えて眺めるシーン、
スペインとの戦いの前にウォルターに懇願するシーンは、やはり一人の女性。
329147view005エリザベス

自分の分身とさえ言った侍女ベスとウォルターに裏切られた時の嫉妬。
自ら鎧を着て白馬に乗り、戦場へおもむく凛々しい騎士の姿。
クールであり、時折見せる女性らしい表情や、困惑、嫉妬…
女王といえども、生身の人間、女、そんな弱さが逆に人間らしさを感じ、
民の為の女王であったのだと感じずにはいられない。
ケイトの顔立ちにピッタリで内面が良く表現されてると思いました。

もうひとつは、豪華な衣装の数々!
オスカーにノミネートされただけあって、それだけでも観る価値がありますね♪
golden18ELIZABETH.jpg

他の俳優さんたち、特に侍女べスのアビー・コーニッシュは、
若い女性の魅力がたっぷりとあって可愛らしかったです。
スコットランド女王メアリーのサマンサ・モートン、私は好きな女優さんではないのですが、
やっぱり上手です!!
打ち首になる時、黒いマントの下の真っ赤なドレス、最後、何と呟いたのでしょうか…
golden2Samantha Morton

ただ、始まりの1585年、
前作から引き続き、献身的に女王に尽くす側近のフランシス(ジェフリー・ラッシュ)に、
エリザベスは子供がいないから安泰ではないなどと言われたり(この年代、彼女はもう50代~まだそんな可能性を期待?)本意ではないが、お見合いをしたり(圧力に負けずに外交をうまく運ぶため?)
100%歴史に忠実ではないにせよ、チョット違和感…

ローリーは最初、資金目当ての宮廷訪問のようだったけど、
その後、女王とべスとの間での気持ちの移り変わりや真意など、あまり丁寧には描かれていなかったので理解しにくかった。
クライマックス、スペイン無敵艦隊との戦いは活劇っぽくて、リアリティに欠けてた感じもした。
cate_blanchettTHE GOLDEN AGE
cate_blanchett1THE GOLDEN AGE

前作は随分前に観たのであまり詳しくは覚えていないのですが、
ストーリーとしては幽門されていた頃や、
レスター伯ロバート・ダドリー(ジョセフ・ファインズ)との愛の物語りなど、
ドラマな展開が結構あり「面白かった!」と見応えがあったのと比べると、今作は物足りなさはあるのではないかなあ~。
全体的な物語の運びとしては、チョット残念に思える内容だった。
目で楽しむ映画として、
大きなスクリーンで観るに相応しい作品であるのは間違いないと思います。
329147_01_04_02エリザベス

女王になったからといって安泰ではなく、宗教戦争や忍び寄る暗殺計画など、
多分一瞬たりとも気の抜く時が無いのでしょう。
ローリーの事も含め、ギリギリのところで生きている感じがした。
(史実はもっと複雑だろうが…)

“ヴァージン・クィーン”として女の幸せを捨て、大英帝国の“ゴールデン・エイジ”(=黄金時代)を築き「国家に生を捧げた女王」に君臨したのは、そんな彼女の強さであったのでしょう。
ラストにべスの赤ん坊を抱きながら、
女王であり女性である彼女の笑顔は、実に美しく素敵であったと思いました。
golden1THE GOLDEN AGE

生涯独身の処女王(the Virgin Queen)と呼ばれるが、
実際には数人の愛人を持っていた。
レスター伯ロバート・ダドリー、エセックス伯ロバート・デヴァルー(レスター伯とエセックス伯は義理の親子)、ウォルター・ローリー卿らである。
特にダドリーとは一時は結婚まで考えたが、その妻エイミーが階段から落ちて死亡する事件が起こり、ダドリーとの共謀説が流れたため、結婚を断念した。
ローリー卿は新大陸(アメリカ)にエリザベスに因みヴァージニアを建設するなどし好意を得ていたが、エリザベスの侍女と極秘結婚したためロンドン塔に幽閉される。
エセックス伯に対して女王が老齢に達していたこともあり寛容であったが、
1601年2月、エリザベスに対して反乱を起こすに至り、処刑を命じた。 (Wikipedia)

2008年 2/16公開 イギリス映画
監督 シェカール・カプール

Comment

質問
編集
前作観てなくても大丈夫?面白いかな?
ケイトは好き。
髪型がどれもすごいけどこの時代はヅラなのかな(笑)
2008年02月18日(Mon) 23:14
ロクちゃんへ
編集
前作の方が、女王の苦悩や愛、葛藤は伝わるかも。
どうして、ヴァージン・クィーンとして生きるか、とか。
でも観てなくても平気だよ。
相関図はおさえて置いた方が良いと思う!

うん、あれ、カツラ(*^▽^*)
女王はストレートのショートヘアだった♪
そのケイトも綺麗だったよ。
どうせ観るなら、絶対スクリーンだよ〜
豪華な衣装や建造物は見ごたえ十分(*゚▽゚*)ワクワク
2008年02月19日(Tue) 01:24
こんにちわー
編集
TBありがとうございました〜
ケイトの演技はすばらしかったですネ^^
衣装もステキでたっぷり堪能できました〜

>スペイン無敵艦隊との戦いは活劇っぽくて、リアリティに欠けてた

私予告みて海戦シーン楽しみにしてたのでちょっと残念でした・・
予断はよくないですネ^^;
あれこれつめこみすぎな感じはあれど、
ケイトの演技力でそれもおっけーおっけーみたいな感じでした〜(笑)
2008年02月19日(Tue) 09:50
TB・コメントありがとう!
編集
こんにちは!、ケイトのエリザベスは最高でした。
ケイト・ブランシェットの大ファンなもんで、かかさず見ています。
スペイン無敵艦隊の戦いはCGでしょう、でもケイトの甲冑姿は勇ましかったです。
着道楽と言われた女王の、豪華な衣装とカツラには目の保養になりましたよ。
2008年02月19日(Tue) 17:08
編集
こんにちは。
女王になる前は前作を観ていないので良くわかりませんが、女王になってからが本当の戦いだったようですね。覚悟は決めていても、そうそう鋼鉄の女にはなりきれないというか・・・
それでも黄金期を創り上げた女傑。現在の英国はこの人あっての現在かもしれませんね。

そんな1世を演じたケイトには大拍手ですw
2008年02月19日(Tue) 17:12
見応え
編集
史実をコンパクトにしすぎ感はありましたが,
主演女優の熱演も含めて,
映像の見応えには満足です!

アカデミー賞,衣装と主演女優賞取っちゃうかも。
2008年02月19日(Tue) 18:35
かいこさんへ
編集
こんばんは〜♪

役者さん達の演技に劣らずの衣装の数々でしたね!
エリザベスの内面を現す様な色彩で、そんな所からも心理を見せられた感じです!
欲を言えば、もう少しドラマチックなら良かったな!

>スペイン無敵艦隊との戦い

海賊だから、チョットパイレーツが?!(笑)
この場面はもっとリアルに観たかったので、残念。
でも仰る通り、
ケイトの演技で♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪
かな♪
2008年02月19日(Tue) 22:23
パピのママさんへ
編集
こんばんは〜
コメントありがとうございます!

パピのママさんのレビュー読ませていただいて、
着道楽と言われた女王だったの納得です♪
それもかなりセンスが良かったのではないでしょうか〜(?)
あの数々の衣装、どれも趣味の良い物と感じたのですが。
甲冑姿の時もロン毛でしたし、女性としての基本を持ってる方だったんでしょうね♪

ケイトの次回公開「アイム・ノット・ゼア」も楽しみですヽ(*’-^*)。
2008年02月19日(Tue) 22:31
たいむさんへ
編集
こんばんは〜

ケイト=エリザベス
まさにこんな女王だったと思わせる演技が凄いですね!

今も昔もこんな地位は、庶民の私には想像もつかない暮らしでしょうが(苦笑)
並大抵な精神力では勤まらないでしょうし、そんなギリギリの所が伝わりました。

>現在の英国はこの人あっての現在かもしれませんね。

ああ〜そうですね!!
「クイーン」でダイアナ妃の事を受け入れ国民の…と言われたエイザベス2世に通じますね!
2008年02月19日(Tue) 22:41
AKIRAさんへ
編集
こんばんは〜コメントありがとうございます!
&前作にダニさんがいた!!!
そんな貴重な情報まで、重ね重ねありがとうございます(≧∇≦)キャー♪

衣装もケイトの演技も申し分が無いので、是非オスカー持ってて〜て感じですね!
(でも、ピアフのマリアンにも取って貰いたいとも思ってますが…)
2008年02月19日(Tue) 22:46
編集
こんばんは!
ケイトは素晴らしかったですね〜
流石の演技に何度も感極まりました。
豪華衣装や甲冑姿も素敵で・・・目も楽しかったです♪
ただ、、、ちょっと物語は中途半端な盛り上がりでしたね〜
エリザベスの女性としての苦悩を描こうとして、肝心な政治的な面が分かり難くなっちゃったのかな。
もっと、「王位は渡さんゾ〜」みたいな強いエリザベスを描いても面白かった気がします。
2008年02月19日(Tue) 23:49
由香さんへ
編集
こんばんは〜いつもありがとうございます!

>「王位は渡さんゾ〜」みたいな強いエリザベスを描いても面白かった気がします。

ああ〜そうですよねぇ!!!
スペインやメアリーの事含め〜政治的な事は軽く流れていった感じがしました。
“愛”の部分も心情は解るんだけど、もうひとつ盛り上がりに欠けるというか…

でも役者さん達の演技はとっても良かったし、目で楽しめる映画であるのは間違いないですね♪
ケイトって、特別綺麗!!とは思わないのですが(苦笑)
とっても魅力的で素敵な女優さんだと思います!
2008年02月20日(Wed) 00:24
編集
オリブリさん、こんばんは〜

前作は観てないんですけど、原作を読んだ感じだと前作の方が波乱万丈の感じがしてました。
そして、エリザベスは強い、冷たい、みたいなイメージを持ってまして・・・。
今回は女性の部分が多かったでしょ!?
ちょっと意外でした。

やっぱりサマンサ・モートンは好きじゃないのね・・・笑
でも、断頭台でのシーンは凛としてきれいに見えませんでしたか?
赤の衣装のせいかな??

ローリーの気持ちは、分からなかったね!!

ケイトの演技に、拍手!!拍手!!です。
2008年02月20日(Wed) 00:28
トラコメどうもでした
編集
人間らしく嫉妬に怒って投獄しちゃいましたけど、国の危機に当って許す姿が美しかったです。
個人より国家を優先させた女王、その心理面を余すとこなく演じたケイトさんも素敵でした
2008年02月20日(Wed) 22:06
こんばんは
編集
TBさせて頂きました。

前作に比べると、物語の要素を詰め込み過ぎている感じで、登場人物の性格描写が浅かったような気がしました。海賊さん(笑)との恋愛描写を省いて、メアリー女王との確執をもっと見たかったなぁ…というのが個人的な見解です。

しかし、あの豪華な衣装には目を奪われました。そして、その豪華さにも負けないケイト・ブランシェットの神々しさには平伏したい気分になりました。
2008年02月20日(Wed) 22:37
TBありがとうございました
編集
こんばんは♪
物語のまとまりは前作かな〜と思いますが、こちらは女王のカリスマや人間らしい苦悩を感じさせる部分が素晴らしかったですね〜。
海戦はちょっとしょぼかった?(笑)
そのかわり衣装がすごい!
彼女は着道楽でファッションリーダーだったようなので、みんなが彼女を真似して宮廷もきっと華やかだったことでしょう。
何につけてもメアリーとはライバルだったらしいので、サマンサ演じるメアリーがちょっと地味に感じてしまいました。
2008年02月20日(Wed) 22:47
編集
オリブリしゃん、こんちは〜!
観るのが遅くなっちゃって、今頃ですぅ〜!
前作でケイトにハマった私なので、とっても楽しみにしてた作品です。
ストーリー的には粗かったような気がしますが、
ビジュアル面ではとても楽しめましたね。
女王エリザベスの「素」の部分も楽しめたし、
女王としての強さ、女としての弱さをケイトは素敵に表現してたと思います。
無敵艦隊との海戦のシーンが物足りないのは、やっぱり海賊映画を観続けてるからだよねぇ〜!(笑)
2008年02月22日(Fri) 10:35
にくきゅ〜う★ さんへ
編集
こんにちは〜

物語は前作の方がメリハリがあって、ドラマテックだったように思います!
女性として(年齢的にも)微妙なんでしょうか〜べスを自分に投影してる所なんて、切なささえありましたよね…
史実ではローリーと深い関係だったのでしょうか。。。(私はそう思ってるんですが〜笑)
その辺は綺麗に描かれていたので、彼の気持ちは理解しにくいですよね。
ケイト、本当に上手!!!
アカデミーも期待です♪

サマンサは、、、
華がない??(苦笑)
根暗な顔??(苦笑)
女性としてあまり魅力を感じないというか…
役柄も掴み難い女性が多くないですか?(笑)
2008年02月22日(Fri) 17:49
くまんちゅうさんへ
編集
トラコメありがとうございます!

ケイトの細部まで渡る完璧な演技♪
それだけで見応え十分ですよね!!
銃を向けられた時のしずか〜〜な威圧。
鳥肌でした!
2008年02月22日(Fri) 17:52
ななんぼさんへ
編集
こんにちは〜TB、コメントありがとうございます。

メアリー女王も波乱万丈な人生送ってましたよね〜かなり美人な方だったそうですが♪
いきなり幽門シーンだったので、少しその経緯があれば良かったのにと思いました。
サマンサも上手だったので、もっと登場しても良かったですよね。

>ケイト・ブランシェットの神々しさには平伏したい気分になりました。

あっははは〜〜ニャハハ (*^▽^*)
なんか、解るような気がする!!
ハハッッーーーーー_| ̄|○)) 
2008年02月22日(Fri) 18:02
ミチさんへ
編集
こんばんは〜いつもありがとうございます!

物語は前作の方がドラマでしたよねぇ!!
でもこの威圧感というのか、、、
ケイトの演技が素晴らしくて、見応えは十分でした♪
目まぐるしく変わる衣装〜
どれもこれも素敵でしたね♪

カツラ取って、しわを気にして、自分の裸体を眺めるエリザベス…
あの微妙な気持ち…
女性にしか解らないだろうなあ〜〜(苦笑)

>サマンサ演じるメアリーがちょっと地味に感じてしまいました。

ミチさん、サマンサが地味な人ですから(爆)
女らしい華やかさが感じない人でしょう〜(と、辛口)
お芝居はお上手なんですが…
2008年02月22日(Fri) 18:09
MAしゃまへ
編集
こんばんは〜MAたまあ〜〜ん(甘え〜笑)
トラコメ、ありがとうございました(*´∀`)ノ

そっか〜MAたま、ケイトが好きだったのね♪φ(.. ) メモメモ
「バベル」の彼女もとっても良かったし
「あるスキャンダル〜」でも、ジュディお婆ちゃまと張れるのはケイトしかいないと思いました(爆)

前作のようなドラマティックな部分には欠けてましたが、もう見応えは十分!!
ケイト、素晴らしい!!上手い!!
鳥肌シーン、たくさんありました♪

海賊さんでしょう〜(苦笑)
しょぼい…ですよね(爆)
よく勝てたな、と言うか…(苦笑)

>海戦のシーンが物足りないのは、やっぱり海賊映画を観続けてるからだよねぇ〜!

あっははは〜〜!!
やはりそうだよね♪♪v(⌒o⌒)v♪イエーイ
家族の顰蹙をかっても、まだ観続けております(爆)
2008年02月22日(Fri) 18:18
はじめまして
編集
オリーブリーさん、こんばんは。
「スワロが映画を見た」のスワローテイルと申します。
今回、初めてコメントさせていただきます(照)

わたしは前作を見ていないのですが(見ていなかったからか)、結構楽しめました。
ストーリーはオリーブリーさんのおっしゃる通り、史実に基づいているのかどうか怪しく
説明不足でわかりづらいところもありましたが・・・
それでも、ケイトの圧倒的な演技でグイグイ引きこまれ、
あっという間に終わってしまいました。
サマンサの演技力も素晴らしくて、
メアリー処刑のシーンの存在感はエリザベスに負けず劣らず。
もう少しあのシーンを詳しく見たいかったです。
2008年02月22日(Fri) 19:53
編集
こんばんは^^今回は楽天TB入っていたので
ホットしました!トラコメありがとう
ございました!

さすがオリーブリーさん、前作はご覧になって
いたんですね^^
やはりストーリーとしては前作のほうが面白い
ようですね。とは言え、やはり大きな
スクリーンで観るのに相応しい作品でしたよね。
ケイトは素晴らしかったです。そうそうエリザベスはこの時52くらいですよね?私も世継ぎとか
子供のお話は???でした。でも、産めないこともないかな(笑)

ストーリーとしては浅い感じもありましたが、
前作を観ていなくても楽しめました!
海戦はね〜〜ジャック観てるから、何を観ても
物足りないかも(笑)
2008年02月22日(Fri) 20:19
TB&コメありがとうございました。
編集
>“女王”はこんな人であったのだろう〜そう思える演技!

ほんと、これに尽きますよね。
鬘も衣装も豪華でした。
楽しめました。

でも、アカデミー賞はマリオンだと思っているんだけどね。汗!!
2008年02月23日(Sat) 10:31
前作・・・
編集
こんにちは♪
数々のエリザベスの画像を見ながら、また改めて素晴しい衣装にため息・・・=3
コスプレ好きの私はもうほとんど食いついて観ていました〜。
でも、オリーブリーさんの前作の「エリザベス」についての記述をみると
やっぱりダドリーとの関係などに激しく興味が湧きました!
若い、ケイトにも会いたいですね!
2008年02月23日(Sat) 13:58
swallow tailさんへ
編集
こんにちは〜初めまして!

ケイトの演技力がなせる業でしょうか〜(笑)
本当に引き込まれる映画でしたね!
眼も楽しませてもらえて、女性には楽しい限りでした(人´∀`).☆.。.:*・

私ももう少しメアリーとの関係を描いて欲しかったです。
サマンサもお上手なので、彼女の内面など観たかったなあ〜(ケイトより目立たない範囲で〜笑)

また宜しくお願いします(o^∇^o)
2008年02月24日(Sun) 10:19
ひろちゃん★へ
編集
こんにちは〜

今回はトラバ入りましたよぉ〜
☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

一時、ジョセフ・ファインズのコスプレに嵌った時期がありましてぇ〜(爆)
決してケイトや内容狙いではなかったのですが、
歴史ものは好きなので、思いのほか面白かったのです♪
だから、チョット内容は残念な気がするのですが
豪華な衣装を含めても、ケイトの迫力とかスクリーンが良いですよね(*^-゚)vィェィ♪
海賊シーンはチープでしたが…(苦笑)
2008年02月24日(Sun) 10:27
マダムへ
編集
こんにちは〜

女性には衣装だけでも十分見応えありますよね!
ケイトの女王は迫力も満点でした!

映画の内容が、あちらでは評価されてないみたいですね…
助演は確実視みたいけど、主演は無理と書かれてる所が多いですが。。。

マリオンも本当に上手だった!!!
受賞しても何の文句もありませんわっ(誰かさんの時みたいに〜汗)
2008年02月24日(Sun) 10:34
kiraさんへ
編集
こんにちは〜

いやあぁ〜豪華絢爛な衣装の数々でしたよね!!
「あれも着たい、これも着たい!」と、とんでもなく図々しくなりました(細いウエスト、無理だって〜爆)(o´_`o)ハァ・・・
カツラの髪飾りも素敵でしたよねえ〜

前作あまりレンタル本数ないみたいですが、良かったらご覧くださいねぇ♪
ジョセフのコスプレなぞも楽しいかも(爆)
2008年02月24日(Sun) 10:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

エリザベス ゴールデン・エイジ
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪ ...
2008年02月19日(Tue) 00:38
No.016 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007年 英/仏 114分 ビスタ)
監督 シェカール・カプール 出演 ケイト・ブランシェット     ジェフリー・ラッシュ     クライヴ・オーウェン 久々の早い回のレイトショーでの鑑賞です。 ここしばらくは22時以降の深夜の上映が多いので、21時台ってのはホント久しぶりです。 場所
2008年02月19日(Tue) 01:24
エリザベス/ゴールデン・エイジ
前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテ...
2008年02月19日(Tue) 07:53
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
監督:シェカール・カプール CAST:ケイト・ブランシェット、クライヴ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ 他 1585年、エリザベス1世...
2008年02月19日(Tue) 08:41
エリザベス:ゴールデンエイジ
二人のベスのファションショー。
2008年02月19日(Tue) 10:36
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
試写会で 観てきました。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」公式サイトエリザベス「黄金時代」の映画なので政治的な話に 重きが置かれてるのかと思ってましたが・・女王の「女」の部分に 焦点あててます。<以下少々ネタバレです>女王であるがゆえに自由にならないこ...
2008年02月19日(Tue) 13:27
エリザベス:ゴールデン・エイジ
強い信念で近世イギリスを黄金時代へと導く、エリザベス一世が辿った険しい道のり。恋や人情による葛藤、無敵艦隊との対決を描く。 1587年、イングランド。エリザベス1世としてイングランド女王の座を手にしてからも、彼女の奮闘は続いていた。というのも、宮中では依然....
2008年02月19日(Tue) 17:09
エリザベス:ゴールデン・エイジ を観ました。
今日公開作品は観たいものがイロイロあり、悩んだ結果…
2008年02月19日(Tue) 23:22
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 鑑賞
敵は、外にも中にも――――そして私の中にも。“わが呼び名はヴァージン・クイーン   妻ならぬゆえ、主人は持たず  母ならぬゆえ、わが民の母なり神よ、この大いなる重荷を担う力をわれに与えたまえ“                      ――クイーン・エ...
2008年02月20日(Wed) 00:10
エリザベス:ゴールデン・エイジ
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 2008年 英/仏 ★★★★★ 来週から毎週と言っていい程、観たい映画が続々と来るので、昨日の夜大慌てで観て きました。 いや〜、ケイト・ブランシェットの凄みのあるクイーンっぷりに圧倒されますね。 女として...
2008年02月20日(Wed) 21:07
映画『ELIZABETH:The Golden Age』劇場鑑賞
“ヴァージン・クウィーン”と言われたElizabeth一世の女王即位までの物語を描いた映画作品『ELIZABETH』の続編で、約9年ぶりに同じShekhar Kapur監督と主演Cate Blanchettで製作された『ELIZABETH:The Golden Age』を観て来ました。 Cate Blanchettは9年前にこの役柄でア..
2008年02月20日(Wed) 22:32
映画 【エリザベス ゴールデン・エイジ】
映画館にて「エリザベス ゴールデン・エイジ」 1998年の映画『エリザベス』の続編。 おはなし:1585年、イングランド女王エリザベス(ケイト・ブランシェット)は、いまだ気の休められぬ日々を送っていた。国内にはカトリックの強大な勢力があり、国外にはスペインをは...
2008年02月20日(Wed) 22:42
エリザベス:ゴールデン・エイジ
英国史の中で、彼女ほど、絵にも物語にもなる人物というのはそんなに沢山いないであろう。わが国でいえば、信長、秀吉、家康といったところであろうか。不思議と年代的にも似通っているから不思議である。最近思うに、やはり世界的に色々なことが起こる潮流というのはどこ...
2008年02月21日(Thu) 01:09
エリザベス ゴールデン・エイジ
≪エリザベス ゴールデン・エイジ≫敵を制し、愛を制し、国を制した女王の物語<ヴァージン・クィーン>エリザベス前作は1998年のイギリス作品英国王ヘンリー8世と、その愛人アン・ブーリンとの間に生まれたエリザベス。母親が処刑され、3歳で私生児の烙印を押された。...
2008年02月22日(Fri) 10:37
エリザベス:ゴールデン・エイジ
原題:ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 製作年度:2007年 製作国:イギリス/フランス 上映時間:114分 配給:東宝東和 監督:シュカール・カプール 原作...
2008年02月22日(Fri) 19:15
エリザベス ゴールデンエイジ
ーエリザベス:ゴールデン・エイジーELIZABETH: THE GOLDEN AGE 2007年 イギリス/フランス シェカール・カプール監督 ケイト・ブランシェット(エリザベス女王1世)ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)クライヴ・オーウェン(ウォルター・ローリー)リ...
2008年02月22日(Fri) 20:26
エリザベス:ゴールデン・エイジ
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 上映時間 114分 製作国 イギリス/フランス 監督 シェカール・カプール 脚本 ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト 音楽 クレイグ・アームストロング/アル・ラーマン 出演 ケイト・
2008年02月23日(Sat) 13:46
エリザベス:ゴールデン・エイジ
黄金色 時を色塗る 玉虫の   あのう、ケイト・ブランシェットのエリザベス女王1世役に対し、多くの賛辞が送られている中、こんなこと言うと爪弾きにされるかもしれませんが、私は彼女のエリザベスは、どうも・・・。どちらかというと、マーティン・スコセッシ監...
2008年02月24日(Sun) 02:06
夏が来る。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
エリザベス1世の黄金時代を描いた作品です。
2008年02月24日(Sun) 11:57
【2008-38】エリザベス:ゴールデン・エイジ(ELIZABETH: THE GOLDEN AGE)
人気ブログランキングの順位は? 1587 英国(イングランド) 女王エリザベス 彼女は《ヴァージン・クイーン》 大英帝国にすべてを捧げ、 一生独身を通した女王。 敵は、外にも中にも── そして私の心にも。
2008年02月24日(Sun) 22:41
エリザベス/ゴールデン・エイジ ELIZABETH/THE GOLDEN AGE
好きな男の腕の中でも、国家の夢を見る。 フツー、暖炉の前でお願いする事ってラブ・アフェアじゃないだろうか? それを『キスして』だけ...
2008年02月25日(Mon) 08:45
エリザベス・ゴールデン・エイジ
永遠の伝説になった女エリザベス。女王としての孤独が胸に突き刺さる。
2008年02月25日(Mon) 22:10
★「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
やったー?!?!。二度目のプライベート・シアター鑑賞だよーーーっ。 (一度目は「プロヴァンスの贈りもの」)。 PM11:30〜のレイトショウで、お客がひらりんだけっ。 しかも、TOHOシネマズご自慢のヘルニアスクリーン・・・いや、プレミアスクリーン。 もちろん
2008年02月26日(Tue) 01:59
エリザベス:ゴールデン・エイジ−(映画:2008年20本目)−
監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットの存在感や演技力ばかりが目に付いた...
2008年02月29日(Fri) 23:28
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』2008・2・24に観ました
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)(生まれ1533年・在位:1558年〜1603年)は反カトリック立場でイングランド国教会と国王の至上主義の女王としてイギリスを統治し
2008年03月05日(Wed) 13:07
真・映画日記『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
JUGEMテーマ:映画 3月7日(金)◆737日目◆ 終業手前で雨が降った。 すぐにやんだけど、もうちょいと遅くに降ってくれれば…ねぇ。 終業後、日比谷「スカラ座」へ。 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を見る。 『エリザベス』の続編でスタッフと主要...
2008年03月09日(Sun) 06:33
エリザベス☆ゴールデン・エイジ
英国と添い遂げた女性、エリザベス?世 ? 3月3日、MOVX京都にて鑑賞。前作の「エリザベス」は1998年に公開され、ケイト・ブランシェットはこの作品で一躍注目を浴び、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、他にも数々の賞にいたそうです。前作から10年あまり...
2008年03月30日(Sun) 20:54
映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観て〜アカデミー賞受...
29.エリザベス:ゴールデン・エイジ■原題:Elizabeth:TheGoldenAge■製作年・国:2007年、イギリス■上映時間:114分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:3月8日、新宿アカデミー(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:シェカール・カプール□脚本...
2008年04月15日(Tue) 23:21
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
エリザベス : ゴールデン・エイジ イングランド女王エリザベス1世(1533-1603)の 人生を描いた『エリザベス』(\'98)の続編 個人評価 ★★☆ (...
2009年02月27日(Fri) 01:19
『エリザベス ゴールデン・エイジ』\'07・英・仏
あらすじ1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に新世界か...
2009年03月03日(Tue) 21:01
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観たぞ〜!
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観ました『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作です>>『エリザベス:ゴールデン・エイジ』関連原題: ELIZABETH:THEGOLDENAGEジ...
2009年03月08日(Sun) 22:21
エリザベス:ゴールデン・エイジ
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 【関連記事】 「エリザベス」
2009年07月17日(Fri) 14:16
エリザベス:ゴールデン・エイジ
一作目よりもだいぶ間があいてしまいましたが、主演は変わらずケイト・ブランシェットさんです。相変わらずの存在感。 後半ではスペインの無敵艦隊との戦争が待っていますが、正直ストーリーとしてはぶつ切り感が否めない。恋愛部分としては、侍女ベスとローリー卿を自分...
2011年07月22日(Fri) 14:49