2007_02
21
(Wed)22:51

リトル・ミス・サンシャイン

304881482_55.jpg

まずはキャストの紹介。

『ふたりにクギづけ』のグレッグ・キニア
『イン・ハー・シューズ』のトニ・コレット
『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレル
『シザーハンズ』のアラン・アーキン
『キング 罪の王』『テイキング・ライブス』のポール・ダノ
『プリティ・ヘレン』『サイン』の子役アビゲイル・ブレスリン

次にこの物語のフーヴァー家の紹介。

パパ(グレッグ・キニア)は負け組みを嫌うが、思うように仕事が上手くいかない。
お兄ちゃん(ポール・ダノ)は自分なりの目標はあるが、皆が嫌いで口を聞かない。
ゲイの伯父さん(スティーヴ・カレル)は失恋と仕事の問題で自殺未遂。
薬物中毒の爺さん(アラン・アーキン)はエロモードで言いたい放題。
ママ(トニ・コレット)は常に一家のまとめ役。

こんなアリゾナ州に住むフーヴァー家のオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)は大きな眼鏡で小太りの子。
ミスコン出場を夢見ているある日、地方予選で繰り上げ優勝し決勝大会へと進む事に。
気持ちが通い合わないバラバラな家族6人が、オンボロミニバスに乗り
会場のカリフォルニアへと向かうロード・ムービー。
オンボロ車ゆえのアクシデントを始め、色々な出来事が起こります。
思いもよらない事で一家団結するところは、悲しくても、家族の絆を感じることができます。

パパは常に“勝ち組・負け組”って言葉を連呼しますが、
「私は負け組み?」と弱気になる孫娘に
エロ爺さんは「負けるのが嫌で戦わないのが負け組だ」と言います。
戦って挑戦して、負けるのは何の恥じもなく、
何かに一生懸命に向かって行く事が大事だってことを教えてくれます!!
とっても胸に染み込んでくる言葉でした!!
負けても這い上がれる力をつける人が、本当の勝ち組なんでしょう~負けることなんて何も悪い事じゃないし、恥じる事じゃない!!
この一家にも新しい未来がきっと訪れるだろうと思えるラストで、
笑いあり、ホロリあり、ハートフルな映画です。

私の去年劇場鑑賞ラスト作品・・大満足でした!
とっても、良かったです♪♪
好きです~こういう映画♪

■第79回アカデミー賞ノミネート
*作品賞
*助演男優賞 アラン・アーキン
*助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン  
*脚本賞

2006年 12/23公開 アメリカ映画
監督  ジョナサン・デイトン ヴァレリー・ファリス

C.O.M.M.E.N.T

最近、こういう映画を無性に観たくなる・・・。
レンタルDVDの予約一覧を見ても、気づけばヒューマンドラマばっかり〜〜〜^^
こういう映画は、なんといっても後味がいいからね♪
アラン・アーキンのエロ爺さんぶりも面白そう〜。

2007/02/25 (Sun) 15:01 | おまつまみぃ #- | URL | 編集 | 返信

おまつまみぃさんへ

シスター!こんばんは。

ヒューマンドラマお好きですか?
私もです〜(*^^)v
安心して観れるのはこの映画の良いトコだと感じました。
子役ちゃんもかわいかったし、
アラン・アーキンすっかりお歳は召したけど、いい味タップリ出してます。

DVD出たら必見よん!♪

2007/02/25 (Sun) 19:59 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

リトル・ミス・サンシャイン

 『夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く』  コチラの「リトル・ミス・サンシャイン」は、12/23公開になった崩壊寸前の\"負け組家族\"が繰り広げる可笑しくも切ないハートフルなロード・ムービーなのですが、新年早々観てきちゃいました♪今年最初の映画館鑑賞作品なの

2009.04.02 (Thu) 20:29 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡