2008_01
29
(Tue)10:51

300 <スリーハンドレッド>

DLWY16285_l.jpg

紀元前480年。
スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)のもとに、ペルシア帝国クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)王の遣いがやって来た。
土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。
レオニダスは圧倒的な力を持つペルシャ軍と戦う道を選んだ。
ペルシア軍の100万の大軍に対し、スパルタ軍の数はたった300人。
不利な状況にもひるまず、戦いに挑んでいくスパルタ戦士たちの姿を壮大なスケールで描く。
327079_01_04_02300 <スリーハンドレッド>

スパルタでは産まれた男子は選りすぐられ、剣術を教え、精神力も養われ、母親とも別れさせ~と厳しい掟で育てられます。
300人の戦士の肉体と精神は見事なものではあります。
ダークな中にも赤を基調にしたザラついた感じやCG画像処理、スローモーション…
327079_01_08_02300 <スリーハンドレッド>

ふう~~ん…
こんな映画だったんだ…
史実も深いストーリーもあまりないとは聞いてはいたけど、ここまでとは…。
予告は面白そうだったけど、意外と淡々と足早に過ぎていくので、
本編でそのシーン観ても特におお~とも思わなかった。

戦闘シーンは血しぶきがあがり、首から真っ二つやら、腕やら手やらがポロリンと落ちます。
スローモーション映像で、血しぶきも空中をふわあ~んな感じで舞います。
ある意味、これは綺麗なんでしょうか?
(そのリアリティからすれば、よっぽどトッド氏の剃刀さばきの方が現実的でグロイでしょう)
327079_01_10_02300 <スリーハンドレッド>

流れからは過激なシーンであるはずなんですが、
あまりにも描写が現実味がなくて、血が!肉が!と言う残酷な感じがしませんでした。
山積みになった死体ですら、モロ作り物ぽかったですから…
おまけにペルシャ王はゲイっぽい。
ロドリゴ・サントロ、素敵なのに…(苦笑)

DVDで観たので劇場スクリーンよりは臨場感もなかったとは思います。
あまりにも残虐なシーンの連続には辛いものもありますが、
こんなテーマなのに、綺麗なイメージで描きすぎではないでしょうか。
ペルシャ軍も巨人やサイ、象など、どこかの映画で観たような敵に、
マスク(?)被った忍者(?)みたいなのまで…
ファンタジーなんですね!
政治や史実はこの際仕方ないとしても(苦笑)
もう少し、戦士の苦悩とか内面とか描かれていても良かったと思いますけど。
327079_01_03_02300 <スリーハンドレッド>

レオニダスの王妃が、スパルタの女性としての云々とか言って意見するけど、
結局“女”であることを利用されただけだと思った。
「男子を産むのは女だから口を挟む」と冒頭言っていたけど、
彼女の力で過酷な男の戦場がどうかなるわけじゃないのだから、交換条件のために女を利用せざるおえない姿を描く必要なども無かったと思いました。

2007年 6/9公開 アメリカ映画
監督 ザック・スナイダー

C.O.M.M.E.N.T

こんばんは!
私はこの映画を大絶賛しちゃったのですが(汗)、オリーブリーさんは辛口のようですね。
これは劇場で観た時は大興奮だったんですよ〜ホント!!(何だか言い訳っぽい・汗)
バトラーも大好きなので、凄く面白かったです(ますます言い訳っぽい・汗)
とにかく映像美と肉体美を堪能しましたぁ〜

2008/01/29 (Tue) 23:52 | 由香 #- | URL | 編集 | 返信

由香さんへ

こんばんは〜(*^^)

由香さんの、
>言い訳っぽい・汗×2…
ごめんねぇ〜ウケましたぁ〜(笑)

内容はともかく(苦笑)
映像で観せられるのは、劇場で観なかったというのは損したかな〜と思います。
その点はチョット後悔です!

バトラーはじめ、戦士達のマッチョな肉体はかな〜〜り釘付けでしたよ♪
普段、ぶよぶよなメタボなオヤジしか見てないので(爆)そりゃあ〜喜びですわん(←いかん、深夜になるとおかしくなる…)

2008/01/30 (Wed) 00:37 | オリ-ブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

あーこれ今旦那が借りてきてて家にあるんですよ。時間できたら観ようかな〜と思ってたんです。そんなシーンがあるとは知りませんでした!
あ、でも戦いだから当たり前か。
史実に基づいてるんですよね?そういうの好きだから観てみますね。
トッドの2回目は忙しくてまだ行けてません。

2008/01/30 (Wed) 18:12 | オペラ #wg9ETnNM | URL | 編集 | 返信

オペラさんへ

こんばんは〜体調は良くなりましたか?
お大事にしてね(*^^)

>史実に基づいてるんですよね?

史実は一切、期待しないでください(爆)
いわゆる歴史物語ではありません…

トッドさん、4回行きましたよ〜(笑)
ファーストデイのも鑑賞予定で〜す♪

2008/01/30 (Wed) 18:52 | オリ-ブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

劇場で観ました〜。
確かに内容はあまりなかったですね。
でもスクリーンで観たから映像は何度か息を呑みました。
隊長の息子とその親友(っぽい役)が背中合わせで闘っているシーンはすごくかっこよかった!

2008/02/02 (Sat) 09:49 | 美髭将軍 #ciZ.EuIc | URL | 編集 | 返信

美髭将軍さまへ

うっふっふ〜〜〜!
やはりこの手の男子露出系(?〜爆)は、外しませんねっ( ̄ー ̄)ニヤリッ

>隊長の息子とその親友(っぽい役)が背中合わせで闘っているシーン

はいはい!!
私もそこ好きですよん!!
チト時代劇ぽくなかったですかぁ?
次々と見事な殺陣で見応えありましたよね〜カッコ良かったです♪
直後、無残でしたが…

2008/02/07 (Thu) 01:54 | オリ-ブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

映画「300<スリーハンドレッド>」

原題:300 スパルタといえばスパルタ教育、もしくはスパルタンX、いずれも懐かしくさえある響きなのだが・・この物語は、まるで劇画のように激しく熱いスパルタ戦士・・・ 古代ギリシアは紀元前480年のこと、遂に、千の国の征服者たるペルシャ帝国の覇権の波が...

2008.01.29 (Tue) 12:26 | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜

300 スリーハンドレッド

 『300人VS1,000,000人、真っ向勝負!』  コチラの「300 スリーハンドレッド」は、史上もっとも熾烈な闘いのひとつとも言われる紀元前480年の\"テルモピュライの戦い\"を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを斬新で強烈なヴィジュアルで映画化したR-15指

2008.01.29 (Tue) 20:59 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

300  スリーハンドレッド

ジェラルド・バトラーの肉体美を堪能しに劇場へ―【story】紀元前480年。スパルタ王レオ二ダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシャ帝国からの遣いがやってきた。国を滅ぼされたくなければ、ペルシャの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に服従しろと使者は言う。...

2008.01.29 (Tue) 23:49 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

300<スリーハンドレッド>

公開日 2007/6/9監督:ザック・スナイダー出演:ジェラルド・バトラー/レナ・へーディー/デイビッド・ウェンハム/ドミニク・ウエスト 他【あらすじ】紀元前480年、スパルタ王レオニダスのもとにペルシア帝国からの使いがきた。国を滅ぼされたくなければ、ペルシアの大王...

2008.02.11 (Mon) 19:27 | Good job M

真・映画日記『300〈スリーハンドレット〉』

6月13日(水)◆470日目◆ 夕方、虎ノ門の「チケットフナキ」で東急レクリエーションの株主優待券を800円でゲット! 終業後、上野東急へgo! 『300〈スリーハンドレット〉』を見る。 いやぁ〜、実に斬新な映像体験である。 実写とCGを織り混ぜ、 時折絵画...

2008.02.14 (Thu) 22:04 |