2008_01
22
(Tue)16:29

ぜんぶ、フィデルのせい

affiche-La-Faute-a-Fidel-2005-1ぜんぶ、フィデルの

1970年パリ。
弁護士のパパ(ステファノ・アコルシ)と雑誌記者のママ(ジュリー・ドパルデュー)
やんちゃな弟のフランソワと暮らすアンナ(ニナ・ケルヴェル)は、名門のカトリックスクールに通うお嬢様。
庭付きの家に暮らし、成績優秀で完璧に満足した生活をおくっていた。

ところがスペインで反政府活動を行っていた父の姉の夫が亡くなったことから、
両親は社会的良心に目覚め、子供達を残しチリへ旅立つ。
戻って来た両親は、当時の世界情勢に刺激され共産主義に傾倒してしまった。
大好きなキューバ人の乳母フィロメナも解雇され、小さなアパートへ引っ越し、宗教学の授業にも出られなくなったアンナは不満爆発。

9歳の少女アンナの目線から、激動の70年代を見つめた心温まるヒューマンドラマ。
共産主義に目覚めた両親のせいで、上流階級の暮らしに別れを告げなくてはならなくなった少女の心がユーモラスに描かれる。
タイトルの“フィデル”はキューバの国家元首フィデル・カストロのこと。
カストロを嫌う反共主義者で、渡仏してきたキューバ人乳母フィロメナに聞いた言葉。
監督は、名匠コスタ=ガヴラスの愛娘、ジュリー・ガヴラス。
329190view002ぜんぶ、フィデルのせい

スペインの貴族階級出身で弁護士のパパ、“マリ・クレール”誌編集者のママはお嬢様育ち。
当時の世界情勢に刺激されて「富は分配すべし」の思想を持ったことで、
今までのブルジョワな暮らしの全てを一変させらたアンナ。
ふくれっ面で、あれもいや、これもいやと反発します。
お手伝いさんがいて、庭つきの広い家に暮らし、美味しい食事を食べ、
お嬢様学校へ通い、バカンスはボルドーの祖父母のシャトーで過ごしていたアンナに取っては、無理も無い事でしょう。
ミッキーマウスまでファシズムだと言われる始末!
「前の暮らしに戻りたい!どーしてこんな目に合わなければいけないの!」
でもアンナはただ反発するだけでなく、この変化の理由を知りたくて、
大人たちにあらゆる事を質問します。
「キョーサンシュギって?ダンケツって?チューゼツって?」
329190view005ぜんぶ、フィデルのせい

新しい狭いアパートには、南米の髭の活動家が毎日のようにやってきて、
両親もヒッピーファッションに身を包み、自分達の活動の為、子育ても放棄気味。
活動家と“ひとつのオレンジをどうやって食べる” “お店やさんごっこ”のやりとりは、
子供ならではの反論が、時に返答を困る大人の社会を私でも理不尽に感じてしまう。
アンナは“ある事”を同級生に聞きます。
「ママはそれを教えてくれないの?」
「そんな事を聞いたら、ママの首は鶏のように動いて怒る」
私も覚えがありますが、聞かれて都合の悪い事は黙るか、誤魔化すか、怒るか…
それが大人(苦笑)
特にまだまだオープンではなかった時代(それが必ずしも悪いとは思いませんが)子供には疑問だらけだったでしょう。
アンナの場合は、政治思想なんて特に解からない事だらけですね。
そんな両親の元、どうやって答えを見つけるのか…
アンナの目線が、率直で新鮮でユーモラスに描かれていて、ガンバレって応援したくなります。
度々変わるシッターさんは、フランスへの移民(多分)で、創世記のような物語を聞かせてくれますが、それがお国柄があって一律でないのが面白いです。
592246884ぜんぶ、フィデルのせい

フランコによるファシズム独裁政権、反共主義者、チリでの左翼政権選挙、
パリの五月革命等、この時代、世界中が混沌とした政治の時代であったわけで…
聞き覚えはあるけど殆ど理解していない私ですが、
それでもアンナが持つ疑問は良く伝わるし、
同じ様にアンナに疑問を投げかけてくる弟に、自分の言葉で説明したりする姿は微笑ましいです~話題になってる仏頂面が可愛い♪
329190view003ぜんぶ、フィデルのせい

両親や活動家が何を求めてたのか、イマイチよく分かりませんでしたが、
パパのルーツを探るべくスペインへの旅で、彼の家族がどのような立場であったのか、
何故突然に活動家になったのかは解かります。
その後、父親もまたスペインの変化を知ることとなるラストでした。
あと、ママの実家に嫁いできた女性の心理もイマイチ解からなかった…
自分の居場所がないみたいだったけど。
329190view004ぜんぶ、フィデルのせい

ファッションからもその変化を感じられます。
特に昔は、洋服で身分の違いは一目瞭然でした。
上質な素材、パールのネックレス、綺麗に整えた髪、
ブランド物を持てるのも限られた上流の人たち。
両親のように、ヒッピーファッションで出歩くのは、強い意志表現なんですね。
でもアンナは相変わらずブルジョワのお洋服を着ます。
それが彼女の意志表現!
プール上がりの髪を上手くとかせず可哀想なんですが(笑)
サテンのリボンの花柄ワンピース、タータンチェックのスカート、清楚なブラウス、
モチロン制服もお嬢様ルックでとても可愛い♪
そんなファッションも合わせて、政治の時代背景、わずか9歳の子供が見た世界がどんなものか、そして彼女はどう変わっていくのか…
微笑ましくもあります。

監督のジュリー・ガヴラスは、
父コスタ=ガヴラス譲りの社会派視点と女性らしい視点でのデビュー作だそうですが、
すみません~私は誰やら全く知りません(汗)
主役のアンナは5000人の中から選ばれ、映画初出演だそうですが、
堂々としていて自然体で楽しみな子役ちゃんです。

2008年 1/19公開 イタリア/フランス
監督 ジュリー・ガヴラス

C.O.M.M.E.N.T

観ました〜☆

こちらにも♪
以前お邪魔した時に、アンナのふくれっ面の画像に惹かれて
観に行くと決めてました^^

いつの間にか大人は、子供であったことを忘れ、
昔自分が大人にされた事を、疑いも無く子供に強いていたりするのかも知れませんね。
アンナの疑問が、探究心を刺激し、こどもなりに自分で結論をだすまでが、
そしてそれからがとても優しい目線で描かれていて、好きな作品になりました〜v-22

2008/01/28 (Mon) 22:45 | kira #klq26XPE | URL | 編集 | 返信

kiraさんへ

アンナの仏頂面は可愛かったですね♪

>自分が大人にされた事を、疑いも無く子供に強いていたりする

ああ〜これは子供を持つと痛感しますねぇー!
嫌だぁ〜と思っていた事と同じこと言ってるとか…(苦笑)

アンナは利発な子ですね。
自分の意思はしっかり持ってるし、それをハッキリと発言できる。
革命家たちも、アンナに対して押し付けがましくなく自然体だったのも良かったです♪

2008/01/29 (Tue) 16:40 | オリ-ブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

前向きな女の子。

オリーブリーさん、はじめまして☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

アンナは前向きな女の子ですよね。
大人達に甘えたりせずに素朴な疑問をぶつけながらも自分で考え乗り越えていこうとする。
周囲の大人達よりもしっかりしているアンナの将来が楽しみです。(*^-^*

2008/01/30 (Wed) 00:36 | BC #- | URL | 編集 | 返信

BCさんへ

こんにちは〜初めまして♪
こちらこそ、ありがとうございます。

今の時代、こんな子供ちゃんは少なくなったかしら…
気に入らない事があると、
すねるだけとか、やけになるとか…
無視するとか(苦笑)
自分で考える力や乗り越える力って大切ですね。
ほんと、アンナの将来が楽しみですね♪

また、宜しくお願いします!

2008/01/30 (Wed) 11:03 | オリ-ブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こちらにも・・・

中身が一杯詰まっていて、ついて行くのがやっとな部分がありました。
そういえばあの中絶したお嫁さんのことなんかも全然詳しく語られないままでしたしね。
監督さんは言いたいことが一杯ありすぎたのかな〜?なんて。
フィデルの成長物語の部分も面白かったし、あの当時の世界情勢なんかも勉強させてもらいました。
あと、お手伝いさんが変わるたびにおやつが変わったりお話が変わったりするのが面白かったな★

2008/04/19 (Sat) 22:46 | ミチ #0eCMEFRs | URL | 編集 | 返信

ミチさんへ

共産主義があまり解らないので(苦笑)
お仲間のオレンジの講義、アンナの理屈の方が納得…
私もお勉強にはなりましたo(^▽^)o
今と違って自分達の力で国を変えようとする人たちが多かったんですよね。
日本も学生運動があったし。

そう、あのお嫁さん…
幸せそうに嫁いだのに、現状は厳しかったのかしら?
それにしても中絶なんて何があったんだろう。

お手伝いさんが変わるたび、子供たちの反応も順応性も可愛らしかったですね(^−^)ニコッ

2008/04/21 (Mon) 12:12 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ぜんぶ、フィデルのせい

やっぱり大人は判ってくれない 原題 LA FAUTE A FIDEL! 製作年度 2006年 製作国・地域 イタリア/フランス 上映時間 99分監督 ジュリー・ガヴラス 音楽 アルマンド・アマール 出演 ニナ・ケルヴェル/ジュリー・ドパルデュー/ステファノ・アコルシ/バンジャマン・フイエ

2008.01.28 (Mon) 22:25 | to Heart

感想/ぜんぶ、フィデルのせい(試写)

ふくれっつら萌え〜。『ぜんぶ、フィデルのせい』1月19日公開。あたしアンナ、9歳。名門のカトリック学校に通ってて、パパは弁護士、ママは編集者なの。大好きなお手伝いさんフィロメナと一緒に、お庭付きのおうちに暮らしてたんだ。なのに、パパがキョーサン主義にめざめ...

2008.01.29 (Tue) 16:08 | EDITOREAL

ぜんぶ、フィデルのせい/ニナ・ケルヴェル

仏頂面の小さなヒロインが、理不尽な大人とフィデル・カストロに宣戦布告! 予告編からしてかなりツボだったこの映画。宣伝コピーもキャッチーでかなりの期待の作品。9歳のヒロインを演じたニナ・ケルヴェルちゃんのふくれっ面がとってもチャーミング。物語は1970年代...

2008.01.29 (Tue) 18:50 | カノンな日々

「ぜんぶ、フィデルのせい」

「ぜんぶ、フィデルのせい」試写会 明治安田生命ホールで鑑賞 舞台は1970年代のフランス。この世に存在はしていましたが、やっぱり政治も宗教も世界情勢もなにもわからずお気楽にすごしていたそのころ。 アンナという9歳の少女の生活のすべてが一転します。 全...

2008.01.29 (Tue) 19:29 | てんびんthe LIFE

『ぜんぶ、フィデルのせい』。 ※ネタバレ有

2006年:イタリア+フランス合作映画、ジュリー・ガヴラス監督&脚本。

2008.01.30 (Wed) 00:20 | 〜青いそよ風が吹く街角〜

『ぜんぶ、フィデルのせい』 La Faute à Fidel

チャーミングな主人公、センスあふれる作品。楽しくポップなのに、テーマにはしみじみ。 1970年代初頭のパリ。、カトリックのお嬢様学校に通う9歳のアンナの、弁護士のパパ、雑誌記者のママ、弟の家族に変化が訪れる。監督は、社会派監督コスタ=ガヴラスの娘なのだっ

2008.02.01 (Fri) 20:25 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY

ぜんぶ、フィデルのせい

 『やっぱり大人は判ってくれない』  コチラの「ぜんぶ、フィデルのせい」は、1/19公開となった\"フランスからやってきた、仏頂面の小さなヒロイン 9才のアンナが理不尽な大人とフィデル・カストロに宣戦布告?\"しちゃう社会派コメディなのですが、観て来ちゃいました...

2008.02.04 (Mon) 20:25 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

「ぜんぶ、フィデルのせい」:茗荷谷駅前バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}どうしてこんなところにユニコーンがいるのかしら。 {/kaeru_en4/}伝説の一角獣か。知能が高く、鋭い感覚を持つため、まず捕らえることはできないって言われているらしいな。 {/hiyo_en2/}キューバのフィデル・カストロみたいに? {/kaeru_en4/}なんだよ、い

2008.02.27 (Wed) 20:39 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画『ぜんぶ、フィデルのせい』を観て

15.ぜんぶ、フィデルのせい■原題:LaFauteaFidel■製作年・国:2006年、フランス■上映時間:99分■日本語字幕:高部義之■鑑賞日:2月2日、エビス・ガーデンシネマ(恵比寿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ジュリー・ガヴラス□脚本協力:...

2008.03.13 (Thu) 00:40 | KINTYRE’SDIARY

『ぜんぶ、フィデルのせい』 (2006) / イタリア・フランス

原題:LAFAUTEAFIDEL!監督・脚本:ジュリー・ガヴラス出演:ニナ・ケルヴェル、ジュリー・ドパルデュー、ステファノ・アコルシ、バンジャマン・フイエ鑑賞劇場 : 恵比寿ガーデンシネマ公式サイトはこちら。<Story>9歳の少女アンナ(ニナ・ケルヴェル)は、カト...

2008.03.16 (Sun) 09:50 | NiceOne!!

【2008-66】ぜんぶ、フィデルのせい(La Faute a Fidel!)

人気ブログランキングの順位は? フランスからやってきた、仏頂面の小さなヒロイン 9歳のアンナが理不尽な大人とフィデル・カストロに宣戦布告? やっぱり大人は判ってくれない

2008.03.22 (Sat) 19:51 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

「ぜんぶ、フィデルのせい」(イタリア/フランス 2006年)

庭付きの広い家に可愛いワンピース。 上品な食事にバカンスはボルドーで。 花嫁のベールを被ってみたりシャンペンを飲むマネをする女の子。 そんな9才のアンナの日常は一変する。

2008.04.05 (Sat) 11:49 | 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常

映画 【ぜんぶ、フィデルのせい】

映画館にて「ぜんぶ、フィデルのせい」 9歳の少女アンナの目線から、激動の70年代を見つめたヒューマンドラマ。 おはなし:1970年代のパリ。弁護士の父と雑誌記者の母を持つアンナ(ニナ・ケルヴェル)は名門カトリック女子小学校に通う少女。しかし、両親が共産主義に

2008.04.19 (Sat) 22:42 | ミチの雑記帳

「ぜんぶ、フィデルのせい」

全く予備知識無く見たので、タイトルから想像していた可愛らしい系映画と全然違ってびっくりでした。フィデルって子供の名前かと思っていた...

2009.06.07 (Sun) 19:30 | ポコアポコヤ 映画倉庫

【DVD】ぜんぶ、フィデルのせい

▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 TSUTAYAオンラインのジャケット借り ▼感想 「教育」の恐ろしさ ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1970年代のパリ。弁護士の父(ステファノ・アコルシ)と雑誌記者の母(ジュリー・ドパルデュー)を持つアンナ(ニ

2009.07.07 (Tue) 07:51 | 新!やさぐれ日記