--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_12
03
(Mon)23:32

家の鍵

BIBF7163_l 家の鍵
15年前、ジャンニ(キム・ロッシ・スチュアート)は恋人ジュリアを出産で亡くした。
生まれた子ども(パオロ)には障害があり、恋人の死のショックから手放してしまう。
今は妻子もあるジャンニだが、叔母夫婦に育てられたパオロ(アンドレア・ロッシ)と、
ベルリンのリハビリ施設に同行することになり、15年振りに初めてわが子に会うことになる。
ぎこちないながらも、ジャンニは懸命にパオロと関わろうとする。
リハビリ施設で出会った二コール(シャーロット・ランプリング)は、
重度の障害を持つ娘の母親。
彼女にはジャンニの戸惑いが手に取るように分かった…

パオロには歩行障害、脳障害、そして心にも不安定な部分があります。
でも、とても気さくで賢い子供。
そんなパオロに歩行の介添え、病院の付き添い、シャツの着せ方…など、
ジャンニはまるで、自身の過去の罪滅ぼしのように尽くそうとします。
パオロと数日を過ごすうち、心から愛おしく感じていくのですが、
同時に健常者として過ごしてきたジャンニは、パオロへの接し方に戸惑いや苦労も感じます。
そんな時、静かで冷静なニコールの言葉は、
ジャンニのこれからの生き方を変えるきっかけとなります。

ニコールの言葉は実に心に残ります。
パウロの行方が解らなくなった時、ジャンニは二度とこんな目にあわせないと言います。
でもニコールは
「また迷う…彼らが内なる闇に迷った時には、私たちは待つしかない」
「一緒にいたいなら、苦しむ覚悟が私達には必要」
「パウロはまだ恵まれている」
「普通の子供を見ると、羨ましく思う」
そう言いながらも常に穏やかなニコールに、
どうしてそういられるのか?とジャンニは問います。
20年以上、娘の事ばかり考えてきたけれど「死んでくれたらと、思ったこともある」と…
あまりにも重い言葉…
障害を持つ子の親の苦悩や本音など、その心理描写は観ていて辛かった。
カメラアングルも、ホームビデオのような撮り方だったので、リアリティがある。
1524441520.jpg

人は誰でも苦しい事や辛い事があるけれど、
話しを聞いたり相談にのったり、どんなに励ましてあげても、
本当にその人の気持ちを理解できるのは、同じ立場にならないと解かりません。
だから単に、感動したとは書けませんし、何もできないのだけれど、
“知ること”が大切…と強く感じました。

これからパオロと一緒に暮らすと決心した矢先、
ちょっとした事で不安になってしまうジャンニの号泣と、それを慰めるパオロ…
このラストシーンは、この先、決して綺麗ごとではいかないけれど、
お互い心の絆を少しずつ深めていくのだろうと、涙が溢れました。

“家の鍵”は、きっと“心の鍵”に繋がるのですね…
882666254.jpg

シャーロット・ランプリングは、やはり素晴らしい!!
存在感があります!
語学が堪能なのは有名ですが、何ヶ国語話せるのだろう~
パオロのアンドレア・ロッシ君は、自然で名演技~素晴らしい!

ジャンニのキム・ロッシ・スチュワート…
スンゴイ、美形♪♪
ちょっと、色々と他の作品を観たくなりましたっ♪

2006年 4/8公開 イタリア/フランス/ドイツ映画
監督 ジャンニ・アメリオ

C.O.M.M.E.N.T

イケメンパパ(≧∀≦)/

公開当時HPでトレイラー見てイケメンだなあと興味津々だったのv-398
でも単館系で観れなくてね・・・
最近レンタル店で見つけたけど何となく手が伸びない(^ ^ゞ
フランス系映画だからかなあv-498v-500v-499(笑)
ちょっと退屈そう・・・

この子16歳らしいけど幼いね。
そして見事な演技(トレイラーしか観てないけどv-391
ランプリングの存在感は秀逸だよね。
うん、借りて来なきゃv-219

2007/12/04 (Tue) 08:06 | ロク #z6GZigPw | URL | 編集 | 返信

ロクちゃんへ

イタリア語だから、ご安心を(*^^)v笑♪

様々な意味を込めて、
是非ともご覧下さいませ〜
(*^^)v

2007/12/04 (Tue) 09:11 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

発見♪

オリーブリーさん、古い記事にお邪魔します^^
先日TVで放映されたのを見たの。
今更ですが・・。

これは劇場公開が2007年頃だったのね?

色々考えさせられる内容でしたね・・。
やっぱり、シャーロットおばさまは、演技力も、迫力も存在感も、ただもんじゃありませんね。

2012/09/07 (Fri) 19:50 | latifa #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

latifaさんへ

こんにちは~。

懐かしいっ!!(笑)
父性の目覚め、思い出しました^^。
シャーロットさん、最近はシワこそ増えたけど、存在感に演技力と劣り知らずですね!

2012/09/08 (Sat) 14:48 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

『家の鍵』

甘口でも辛口でもないありのままの人間味と心情が胸をうつ。 父ジャンニと15年ぶりに再会した15歳の息子パオロの旅。出生時以来の再会をする15歳の息子が障害をもっているというのはとても微妙な設定。あざとさが感じられてしまいかねないデリケートなテーマなのだけど...

2007.12.07 (Fri) 00:45 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY

真・映画日記『家の鍵』

日中はこれといって大したことないな。 ヒマを見つけて金券ショップに入るも そうそう安いチケットはない。 18時に終業。 三田線で神保町に。 岩波ホールでイタリア映画『家の鍵』を観る。 障害児(脳性マヒ?特に説明なし)と彼と疎遠になっていた父親ジャン...

2008.02.14 (Thu) 21:56 |           

家の鍵

原題 LE CHIAVI DI CASA 製作年度 2004年 上映時間 111分 製作国 イタリア/フランス/ドイツ 監督 ジャンニ・アメリオ 原作 ジュゼッペ・ポンティッジャ 『家の鍵-明日、生まれ変わる』(集英社文庫刊) 脚本 サンドロ・ペトラリア、ステファノ・ルッリ 出演 キム・

2008.09.13 (Sat) 01:23 | to Heart

家の鍵

 『ミュンヘンからベルリン、そしてノルウェイの海辺の町へ、 15年の空白を経て出会った父と息子が辿る 心の旅路』  コチラの「家の鍵」は、ジュゼッペ・ポンティッジャの同名小説を、イタリアの名匠ジャンニ・アメリオ監督が映画化した、心を揺さぶる感動作です。ヴ...

2008.12.03 (Wed) 20:43 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

「家の鍵」感想

NHKで放映されているのを見ました。

2012.09.07 (Fri) 19:47 | ポコアポコヤ 映画倉庫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。