スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた 

2007, 11. 21 (Wed) 19:07



南部の田舎町、ダイナーで働くジェンナ(ケリー・ラッセル)は、
パイ作りにかけては天才的な腕前を持つウェイトレス。
彼女は嫉妬深い夫アール(ジェレミー・シスト)の子どもを妊娠。
予想外の出来事に困惑し、夫から逃げる計画を立てる一方、
産婦人科医のポマター(ネイサン・フィリオン)と不倫関係になってしまう。
328460view012.jpg

サンダンス映画祭などで絶賛され、
アメリカで公開されるやいなや予想を上回る大ヒットを記録。
田舎のダイナーで働くウェイトレスが、
突然の妊娠をきっかけに、自分自身に目覚めていく姿を描くハートフル・ストーリー。

ヒロインのジェンナには、TVドラマ「フェリシティの青春」でブレイクし、
「M:i:III」イーサンの教え子、
拘束され殺されたリンジー役のケリー・ラッセルが演じる。

オープニングから様々なパイが作られる過程が登場♪
色とりどりの果物、ホイップされるクリーム、
しっとりと溶かされるチョコレートなどなど♪
ネーミングもその時の気分でとってもユニーク。
彼女の作るパイはお店の人気なんですが、
そんな才能に満ち溢れているかのような彼女には、
最低最悪の旦那がいるんです!!
328460view004.jpg

夫のアールは、、、
これを亭主関白と言ったら、本当の亭主関白の人には失礼かも…
嫌なところが次から次とザックザクな男!
怒りっぽい、自己チュウ、ケチ、束縛する…
“この結婚、間違えた!”と気付いた時にはもう遅かった。
ジェンナは、そんなアールの言いなり。
一応、イケメンの設定みたいけど、はあぁ??どこがぁ?な顔。
こんな最低夫に、酔っぱらわされた日に妊娠したらしい。
しばらく妊娠は隠していたものの、つい告白したら、
“赤ん坊よりも、オレを愛してくれるなら産んでもいい”
って、はあぁぁぁ??とんだおバカ!!
ジェンナが隠していたお金を見つけた時も、
暴れる、泣く、縋る、アホ亭主!!
出産シーンをビデオに撮りながら、ヘラヘラ笑ってるし…ムカツク!!
こんな亭主を選んでしまったのだから仕方がないと言えばそうなんだろうけど、
誰でも結婚して初めて解る事もあるのだから、
程度の問題はあるけど、コイツは許せんな!
そんな嫌いな旦那の子供を妊娠して、
ウエイトレス仲間にも、産婦人科でも “誰も、祝福しないで” 
妊娠して、子どもを産む…ただそれだけのことだから、と!
328460view009.jpg

隣町のパイコンテストにも出させてもらえないジェンナ。
そんな彼女のパイを褒めてくれる産婦人科先生は、薬指に結婚指輪があるのは承知だし、
自分も妊娠してるのに、不倫に走ってしまう。
いけない、ダメよと言いながら、吸い付かれるようにキスしたり、
デカイお腹で病室で抱き合ったりと、なんか、スゴイな~と軽く笑える。
我儘な夫にひたすら耐えてきたジェンナの脱力ともいえる表情が、
終始、笑顔に変わっていく♪
初恋の時のような目線やこぼれ落ちそうな笑みが可愛い♪

不倫は良いことではないけど、これは何か仕方が無いような流れ…それだけを描いているのではないので、ドロドロしたものはないし、
同僚やオーナーの恋愛観や人生観から、次第に自分はどうするべきかと気付いていく。
ろくでもない亭主と望んでなかった妊娠。
そのせいで、ますますこれから自分の人生はどうなっていくのか…
子供がいるとやりたい事も出来なくなってしまいますものね。
とはいえ、赤ちゃんを自らの手で抱いた時、
彼女のなかに、初めて責任と自立が芽生えたんでしょう。
女は子供を産むと、本当に強くなります!!(笑)
あの痛さですし、私だけを頼りきってるような小さな命…
世の中の全てが変わると言っても過言ではないかも。
もう、怖いものはありません(笑)
お産を終えた彼女のアホ亭主への一喝には爽快感が~~~(もっと、言ったってぇぇ)
パイ作りが上手くても、人生はそう上手くいかない、
おいしそうなパイの数々が、人それぞれの人生の、甘さも苦さも表してるかのようでした。
keri_russell2 WAITRESS

監督のエイドレアン・シェリーにこの映画が捧げられています。
自らの妊娠体験をもとに脚本を書き上げた作品で、
彼女もウエイトレスの一人ドーン(眼鏡をかけてる)として出演していて、
3歳の娘さんも出演しています。
去年の11月に、工事の音がうるさいのを抗議したところ、殺害されてしまったそうです。
まだまだやりたいことがあっただろうにと、作品を観れば余計に感じます。
大変に残念です。

シェリル・ハインズ、リュー・テンプルと脇の方もとても良かったし、
店のオーナーの老人ジョー(アンデイ・グリフィス)は、
意地悪そうでキツイんだけど、実は一番世の中を解かっている。
そんな彼の言葉が温かく感じ、この映画にステキなテイストを加えていたと思います。
keri_russell7 WAITRESS


ジェンナのヘヴンズ・パイ・レシピ

ケリー・ラッセルは、好演でした!
アカデミーのノミネートも噂されているようですね。

次回作は、フレディ・ハイモアが演じる天才的な音楽少年の母親役とか。
父親役は、ジョナサン・リス=マイヤーズ(好きです)♪
ロビン・ウィリアムズやテレンス・ハワードらも!!
今のところ、日本公開は未定だそうですが、観たいです!!

2007年 11月17日公開 アメリカ映画
監督 エイドレアン・シェリー

コメント

miyu

本当とんでもない亭主でしたけど、
それでもとっとと別れる事も出来ずに、
お金は貯めていたけど、
なんか踏ん切りがつかずにいるように見えたので、
ちょっとなぁ〜って感じもしていたのですが、
最後にど〜んとカマしてくれて、
とても良かったです♪
観終わった後は、とても爽快でした!
こんなステキな作品を遺して、
キュートな女優さんだったのに、
本当残念ですねぇ〜(´-ω-`)

2007/11/26 (Mon) 23:15 | miyu | 編集 | 返信

オリーブリー

miyuさんへ

嫌な男でしたよねっ(。-`ω´-)
赤ちゃん抱きながら睨んだ目つきが最高でした♪

田舎町で封鎖的なんでしょうかねえ〜刺激も少なそうだし…
私なら、即効、家出してますわ(爆)


2007/11/28 (Wed) 16:08 | オリーブリー | 編集 | 返信

ひろちゃん★

初めまして♪

とってもシックなクリスマスバージョンの背景
素敵ですね^^
ウェイトレス〜のTBをさせていただこうと
お邪魔したら、ジョニーのファンで映画への第1歩は彼・・・
と書いてありまして、実は私もジョニーのファン
(あちこち浮気も多いのですが・(^^;))
そして、彼のおかげでPCも使えるように
なり(笑)映画館にも一人で行けるようになり・・・
と人生が変わりました\(~o~)/
なので、勝手にオリーブリーさんに親近感を持って
しまった私です(^^ゞ
と前置きが長くなってすいません(^^;)

女は子供を産むと本当に強くなりますよね〜
(笑)あの痛さ経験したら、こわいものなしかも
(笑)ケリーを始めキャストみなさん魅力的
でした!ジョーの言葉は温かかったですよね。
ジーンとしちゃいました。
ラストのジェンナの夫に対する言葉は
痛快そのものでした^^
またお邪魔しま〜す♪

2007/12/02 (Sun) 00:18 | ひろちゃん★ | 編集 | 返信

オリーブリー

ひろちゃん★ さんへ

初めまして〜
もうクリスマス〜そして年末ですね。

>私もジョニーのファン
あちこち浮気も多いのですが

>彼のおかげでPCも使えるように
なり
映画館にも一人で行けるようになり・・・

わ〜〜ひろちゃんさん!!
私も全く同じですよオォ♪
浮気に関しては、毎年毎年、次から次と(爆)
今まで苦手だった人まで、
作品のイメージで急に好きになったり!
でも、目だけで浮気(笑)
心はジョニー…
って、ジョニーは別格なんですよねっ(と、無理矢理もっていく〜苦笑)
私も親近感持ちましたあ〜これからも宜しくです(^^)/

で、この映画(笑)
女性への応援歌みたいですね。。。
旦那の言いなりだったジェンナの変化と選択。
ラストもとっても良かった!

ジョー爺様のお言葉は私にも身につまされました(苦笑)
人生の先輩の意見は、ありがたく感じるし、
あんな風に言われると、
恩着せがましくなくて返って素直に聞けますね。
良い作品でした!

また、遊びに来てくださいね(^^)

2007/12/04 (Tue) 02:11 | オリーブリー | 編集 | 返信

kira

今晩は〜☆

TB,ありがとうございました♪
ちょっと超・忙しい時期に突入していて、自分の時間がなくなりました(T-T。)
お返しが遅くなりごめんなさいね。

ケリー・ラッセル、メリハリのある演技がよかったですね〜!
なんだかベッドの中でひとり醒めた目をして一点をみつめてるシーンなど
ぐっと胸が締め付けられたり、、
ハリウッド版、『自虐の詩』って感じもありました(笑)
最後は後味が良くって、可愛い作品でしたねv-221

2007/12/07 (Fri) 00:06 | kira | 編集 | 返信

オリーブリー

kiraさんへ

こんばんは〜
もう師走ですものねえ〜忙しくなります…
どうぞ、気にしないで下さいね(私も、遅レスで〜苦笑)

ケリー・ラッセル、細かい感情表現など上手かったです。
相手によっちゃ、キツくなれる人なのに、旦那はよっぽど怖いんでしょう…嫌な奴でしたっ!!
尚更、ラストは爽快でしたね〜
あんな勘違い男は、もっと痛い目に合えばいいわ〜爺様が旦那に言ったセリフも拍手でした♪

2007/12/11 (Tue) 01:01 | オリーブリー | 編集 | 返信

ミチ

TBありがとうございました!

オリーブリーさん、こんばんは♪
えー?
この映画の監督さんはたったそれだけの理由で殺されてしまったのですか?
なんか非常に残念ですね・・・。
役者としてもなかなかキュートな人に見えたのにな。
妊婦と産婦人科医の不倫ってありえない〜〜って思ったんだけど、軽く流して見てしまいました(笑)
そういえば張り付いた表情だったジェンナがだんだん笑顔になっていきましたね。
老オーナーもとってもいい味出してましたね〜。
いくらの小切手だったのかしら?(笑)

2008/03/08 (Sat) 18:39 | ミチ | 編集 | 返信

オリーブリー

ミチさんへ

こんばんは。

私も何も知らないでこの映画観て、後からそんな事があったのか、と驚きました。
まだまだ執筆したいものもあっただろうと、残念ですよね…

子供を持つって、女性には大きな事だと思うのです。
私も特に子供好きではなかったですが、
自分の子供を持って、世界が変わりました。
この映画でも、女性の微妙な内面の変化が描かれていたので、解かるなあ〜と思いました。

あと、やはり、年長者の意見って、
聞く耳を持たないとダメですねえ。。。
このお爺さん、キツメだけど良いことたくさん言われてましたよね(笑)♪
ホント、あの小切手おいくら???なんでしょう(笑)

2008/03/08 (Sat) 23:21 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ウェイトレス おいしい人生のつくりかた
  •  『彼女は、 世界一のパイを焼く ふしあわせな女性<ひと>。』  コチラの「ウェイトレス おいしい人生のつくりかた」は、2007年サンダンス映画祭に正式出品され、好評を博したハート・ウォーミングなコメディで、11/17公開となっていたのですが、観て来ちゃいました...
  • 2007.11.25 (Sun) 21:30 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
この記事へのトラックバック
  •  映画〜ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた
  •   ☆公式サイト☆サンダンス映画祭など各国の映画祭で大絶賛され、アメリカで公開されるやいなや予想を上回る大ヒットを記録したハートフル・ストーリー。田舎のダイナーで働くウェイトレスが、突然の妊娠をきっかけに自分自身に目覚めていく姿を描く。南部の田舎町にあ...
  • 2007.11.27 (Tue) 06:27 | きららのきらきら生活
この記事へのトラックバック
  •  ★ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた(2006)★
  • WAITRESS彼女は、世界一のパイを焼くふしあわせな女性(ひと)。上映時間108分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2007/11/17ジャンルドラマ/ロマンス/コメディ【解説】ハル・ハートリー作品をはじめインディペンデント映画で活躍してきたエイドリアン・...
  • 2007.12.02 (Sun) 00:21 | CinemaCollection
この記事へのトラックバック
  •  ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた
  • 監督・脚本 エイドリアン・シェリー (2006年 アメリカ) 原題:WAITRESS 【物語のはじまり】 アメリカ南部の田舎町にあるジョーズ・ダイナー。この店のウエイトレス、 ジェンナ(...
  • 2007.12.02 (Sun) 11:13 | ゆるり鑑賞 Yururi kansho
この記事へのトラックバック
  •  ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた
  • 2006年に他界した女性監督エイドリアン・シェリーの遺作となった作品。 監督 エイドリアン・シェリー 音楽 アンドリュー・ホランダー 出演 ケリー・ラッセル/ネイサン・フィリオン/シェリル・ハインズ/エイドリアン・シェリー/ジェレミー・シスト/アンディ・グリフィス ...
  • 2007.12.06 (Thu) 23:51 | to Heart
この記事へのトラックバック
  •  『ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた』
  • 現実の出来事が感慨を深めるハートウォーミングな物語。 アメリカ南部の田舎町にあるジョーズ・ダイナーで働くジェンナはパイづくりの名人。主人公の友人ドーン役でも出演している監督・脚本のエイドリアン・シェリーは、この作品を遺して、哀しい死を遂げた。昨年2006...
  • 2007.12.07 (Fri) 00:42 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
この記事へのトラックバック
  •  *ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた*
  • {{{   ***STORY***アメリカ南部の田舎町にあるジョーズ・ダイナー。この店で評判のパイを焼くのは、ウェイトレスのジェンナだ。甘くて香ばしい彼女のパイは、食べた人を幸せにしてしまうが、彼女自身の人生は“甘く”ない。それでも彼女は、自分の不幸すらも
  • 2007.12.09 (Sun) 23:48 | Cartouche
この記事へのトラックバック
  •  ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた
  • 11月は挙式などで忙しかったのであまり映画を観る事が出来なかったけど100本まで後9本なので今月はガンガン映画を観るぞー アメリカ南部の田舎町にあるジョーズ・ダイナー。この店で評判のパイを焼くのは、ウェイトレスのジェンナだ。甘くて香ばしい彼女のパイは...
  • 2007.12.13 (Thu) 11:14 | Alice in Wonderland
この記事へのトラックバック
  •  ★「ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた」
  • 今週平日休みは・・・ 11月は「ホラー特集」やってるにもかかわらず、 マイナー系作品の二本立て。 その2本目は・・・ 今年流行???のレストラン・レシピもの。
  • 2007.12.16 (Sun) 03:01 | ひらりん的映画ブログ
この記事へのトラックバック
  •  映画「ウェイトレス」
  • アメリカ南部の小さな町のダイナーでウェイトレスとして働く ジェンナ(ケリー・ラッセル)。 パイ作りの名人である彼女の夢は、 賞金2万5千ドルのパイ・コンテストで優勝すること{/hiyo_cock/} ただ嫉妬深い夫・アール(ジェレミー・シスト)の存在がある以上 彼女の夢
  • 2007.12.16 (Sun) 19:43 | happy♪ happy♪♪
この記事へのトラックバック
  •  映画『ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた』を観て
  • 102.ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた■原題:Waitress■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:108分■日本語字幕:栗原とみ子■鑑賞日:12月15日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・出演:エイドリアン・...
  • 2008.01.17 (Thu) 00:06 | KINTYRE’SDIARY
この記事へのトラックバック
  •  映画 【ウェイトレス おいしい人生のつくりかた】
  • 映画館にて「ウェイトレス おいしい人生のつくりかた」 サンダンス映画祭などで絶賛され、アメリカで公開されるやいなや予想を上回る大ヒットを記録したハートフル・ストーリー。 おはなし:南部の田舎町にあるダイナーで働くジェナ(ケリー・ラッセル)はパイ作りにか...
  • 2008.03.08 (Sat) 18:32 | ミチの雑記帳
この記事へのトラックバック
  •  ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた〜
  •  友情、母性、恋愛、そして希望・・・・・・ 人生という名のパイはいろんなピースでできている 隠し味や秘密のスパイスが個性を引き出す ひとつだって同じものはない ジェンナの甘くてちょっぴりほろ苦い物語を召し上がれ ? 3月1日、京都みなみ会館にて鑑賞。ちょ
  • 2008.03.26 (Wed) 14:24 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた』
  • TVシリーズ『フェリシティの青春』のタイトルロールを演じて人気を博したケリー・ラッセル主演のハート・ウォーミングドラマ。 監督・脚本・出演もしているエイドリアン・シェリーの遺作としても話題になった作品ですね。気になっていたのでDVDで鑑賞してみました。
  • 2008.04.15 (Tue) 23:24 | cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  映画「ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた」
  • 原題:Waitress おそらく全人類のうち10億人ぐらいは、酔っ払ってできちゃった子なのではないだろうか、喜怒哀楽にも愛の営みにも〜美味しそうでたまらなく面白い物語〜 ダイナーで働く仲良しな3人のウェイトレス、ジェンナ(ケリー・ラッセル)とベッキー(シ...
  • 2008.12.21 (Sun) 19:45 | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
この記事へのトラックバック
  •  『ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた』\'06・米
  • あらすじ南部の田舎町にあるダイナーで働くジェンナ(ケリー・ラッセル)はパイ作りにかけては天才的な腕前を持つウェイトレス。ある日、彼女は嫉妬(しっと)深い夫アール(ジェレミー・シスト)の子どもを妊娠。予想外の妊娠に困惑するジェンナは、アールから逃げる計画...
  • 2008.12.25 (Thu) 06:55 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。