FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。



1962年、アメリカのボルチモア。
おしゃれとダンスに夢中な女子高生トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)
夢は、人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになること。
ある日、番組のオーディションが開催されると知ったトレーシーは、母エドナ(ジョン・トラヴォルタ)の反対を押し切り、オーディションに参加する(シネマトゥデイ)

ジョン・ウォーターズの同名カルトムービーを基にした、
大ヒット・ミュージカルを映画化。
000470585800.jpg

人種差別が残る60年代のボルチモアを舞台に、外見を気にしないビッグサイズのトレーシーが、
何事にも前向きで明るく夢に向かって歩き出す。
人種問題をはめ込んで、ただの成功物語ではないところも良かった。
当時、同じ番組に白人と黒人が一緒に出ることも、同じフロアで踊るなんてことも有り得なかったそうで、
高校のダンスパーティー会場で、ラインが引いてあるのがなんともリアルで…
でもトレーシーは“良いものは何でも取り入れよう~差別なんて関係ない”という姿勢を貫いて、
やがて周りの人達もだんだんと感化されていく。
000470586030.jpg

私はミュージカルが苦手なんですが…
「ドリーム・ガールズ」もそうだったけど、これも歌&ダンスの人気番組に出る…というテーマがあり、
楽曲もポップで乗りやすく、歌詞も愛、夢、差別などバラエティーなので入りやすく楽しかったです。
セリフから歌へ移るのも自然な流れでした。
000470605417.jpg

トレーシー役で映画デビューを果たしたニッキー・ブロンスキー。
太陽のような明るさで、大きなタレ目ちゃんが可愛らしかったです。
歌も上手だし、ダンスも軽やかでした♪
広い心で暖かいパパのクリストファー・ウォーケン、
いたずらおもちゃ屋のオーナーで何かと反応が面白い。
“黒人デー”のMCモーターにクイーン・ラティファ、
「シカゴ」以来の歌を聞かせてもらったけど、やっぱり上手♪
20071020212830.jpg
hairspraypubm.jpg
20071020213835.jpg

テレビ局の部長ベルマのミシェル・ファイファー、ガチガチの人種差別で利己主義。
何とかトレーシーを潰そうと企むけど、全部裏目になっちゃって、笑える…
リンク役のザック・エフロンは本国で超大物アイドルだそう。
番組の司会者コーニーには、「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデン。
すばらしい歌声の持ち主なんですね~!!
トレーシーにダンスを教える黒人の高校生シーウィードのエライジャ・ケリー。
彼は「レッスン!」でも観たのですが、やはりダンスが上手~しなやかで滑るような踊りです。
000839052808.jpg

やはり見所はトレーシーのママ、エドナ役のジョン・トラヴォルタ。
この役を演じるのは、男性が女装して…という、歴史のようなものがあるそうですが、
4~5時間かけてのファットメイク、13キログラム以上もの着ぐるみを付けての歌とダンスは必見ですね♪
アメリカでは、トラヴォルタのエドナに評論家の意見は分かれているようですが、ワンパターンの演技でも、こんなトラヴォルタを観れただけでも私は満足だわ~
「グリース」以来のミュージカル、高めの声で、楽しそうに歌って踊ってたもの!
ちょっとシャイでお尻もキュートな可愛らしい女性でした!!
000470605489.jpg

周りには年配の男性やお爺さんも居たのですが、途中から大あくびしたり(声、殺してよっ)うたた寝したり。
人種問題のテーマが…と思って来られたのかな~それだけを期待したらハズレちゃいますね~きっと!

60年代のファッションや髪型など、
カラフルでポップな要素も楽しめます(*^^)

2007年 10/20公開 アメリカ映画
監督 アダム・シャンクマン
2007.10.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/176-3d95153e