--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_10
09
(Tue)23:14

ハービー/機械じかけのキューピッド



20歳のマギー(リンジー・ローハン)は、大学卒業祝いにレースチームのオーナーである父親レイ(マイケル・キートン)から、車を一台プレゼントしてもらう。
彼女が選んだのは、何故か運命を感じたスクラップ寸前のフォルクスワーゲン。
“ハービー”という名前の車は、マギーが運転席につくと勝手に猛スピードで走り出した。
スター・ドライバーのトリップ(マット・ディロン)を挑発したり、ハービーは人間のような感情を持つ車だった…

ディズニーが生んだキャラクター、往年の人気コメディ「ラブ・バッグ」シリーズを、
リンジー・ローハン主演でリメイク。
justin_long2.jpg


とってもキュートでコミカル。
お子さまはもちろん、大人が観ても可愛い車“ハービー”とマギーの心温まるお話。
ライトを瞼のようにパチパチしたり、バンパーがぐにゃぁ~となったり、
喜怒哀楽を色んな部分で表現します。
特に可笑しかったのは後姿のトリップに、
「あっかん、べぇぇーーーーー!!べろべろばあぁぁーーー」みたいなのが可愛いかった♪
ディズニーだしお決まりの展開だけど、愛らしいキャラクターとマギーの直向きさ、最後のレースシーンは、ちょっとハラハラもしたり。

彼女の知り合い、整備士のケヴィンにジャスティン・ロング。
最近「ダイ・ハード4.0で」オタクからマクレーンに巻き込まれ感化(?)されていく青年を好演でしたが、ここでも彼女の良き理解者として活躍します。
マット・ディロンは人相から自信満々の役があってますね(笑)
「クラッシュ」から受ける印象とは当然違うけど、なかなか雰囲気が出てました。
気軽に親子で楽しめる作品。
特に男の子にはたくさん車が出てくるので、更に楽しいでしょうね♪
20071009222345.jpg
20071009222428.jpg

2005年 07/30公開 アメリカ映画
監督 アンジェラ・ロビンソン

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

映画『ハービー/機械じかけのキューピッド』

原題:Herbie:Fully Loadedウォルト・ディズニー・ピクチャーズ発、ファミリー映画というには、その枠を超えている。"NASCAR"も全面協力の、とってもキュートで感動的な物語・・ スケボー好きのマギー・ペイトン(リンゼイ・ローハン)は二十歳で大学

2007.11.06 (Tue) 01:37 | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。