2007_08
29
(Wed)19:09

善き人のためのソナタ



シュタージ(国家保安省)の局員ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と、恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。
ヴィースラーは盗聴器を通して彼らの監視を始めるが、自由な思想を持つ彼らに次第に魅せられていく。

ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、
彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩と、芸術家を盗聴したシュタージ局員の心の動きを浮き彫りにした話題作。
第79回アカデミー賞外国語映画賞受賞。

ヴィースラーは、ドライマンとクリスタが反体制的であるという証拠をつかめば出世が待っていた。
国家を信じ、忠実で有能なヴィースラーだったが、
盗聴を通して自由、愛、音楽、文学に影響を受け、いつの間にか新しい自分に目覚めていく。

1989年ベルリンの壁崩壊後は、
シュタージの実態が判明し、反体制とされた人々の個人情報は本人に限り閲覧ができるようになった。
家族や友人がシュタージの協力者であったという事実を初めて知る人も多くいたそう。
長い間、映画のテーマとして描かれることはタブーとされていたそうだが、
取材に4年を費やし17年を経て、秘密組織 “シュタージ” の内幕を描いたフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクの初監督作品。
オスカー受賞の時は客席でエビぞりジャンプが印象に残ってるけど、
そんな苦労の末、大絶賛を受けたのですね。
1621352904.jpg
2307193449.jpg

タイトルの “善き人のためのソナタ” はドライマンが友人からの誕生日のプレゼントでもらったピアノの楽譜タイトル。
「レーニンがベートーベンの情熱のソナタを聴いてしまうと、革命をやり通せない」「この曲を本気で聴いた者は悪人になれない」
盗聴してヘッドフォンでこの曲を聴いたヴィーラーの心はどんなものだったのでしょう…
1862650929.jpg

シュタージに密告されていた現実を知り、
家庭崩壊や人間不信、精神を病んだりもう誰も信用できないと、活気のない生活を過ごしている人が数多くいた。
ドライマンもそんな一人。
彼が真実を知ることで新しい一歩が…
そんな世の中に希望の光を見せてくれるラストは、
時をかけても、全ての人に信頼を取り戻してほしいと願わずにはいられない。

シュタージ側のヴィーラーが、次第に劇作家のドライマンや恋人に影響されていく様子は、静かに冷静に無表情ですが、感じ取れていきます。
主演のウルリッヒ・ミューエは、
自身も監視された過去を持つ東ドイツ出身の役者さんで、
惜しくも先月病気でお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

2007年 2/10公開 ドイツ映画
監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

C.O.M.M.E.N.T

TB...

いっぱいありがとうございました!
TBはいって良かった〜〜♪
また、コメントもありがとうございました^^
そして、私のブログもリンクして下さいまして
ありがとうございました^^

アカデミーの授賞式で監督のエビぞりジャンプ
はハッキリと覚えていませんが(^^;)、みんながすごく喜んでいたような記憶はあります。
オリーブリーさんのコメントを読んで、取材に4年、映画化に17年もかかったのですから
喜びもひとしおだったのだとわかりました。

地味な作品だと思いますが、ラストが特に
素晴らしくて、すべてのシーンはあのエンディングのためにあったような感じさえしてしまいました。
素晴らしい作品でしたよね^^

2007/12/19 (Wed) 21:52 | ひろちゃん★ #0FtB7ubA | URL | 編集 | 返信

ひろちゃん★さんへ

こんばんは〜

こちらこそ〜色々と有難うでした!
また、宜しくお願いしますね(^^♪

正直、自分の好みからは、これよりは「パンズ・ラビリンス」の方が好きでした。
でもこの地味な中に、サスペンス的な要素やら、変化し難い環境の人(職業)が変わる…という困難さ、でも本当にその気になれば何でもできるんだというメッセージが伝わりました。

本屋さんのシーンは本当に感動的でしたね。
お互いにそれ以上は関わらないのに、とても深い繋がりを感じました。

2007/12/21 (Fri) 00:02 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

オリーブリーさん、こんにちわ〜
前から気になっていたのですが、昨日やっと見ました!
最初何だか暗い感じで、この先どうなるの?
眠くなってきたぞ〜〜っだたのですが、いつの間にか入り込んでて、ラスト泣きそうになってしま
いました・・・
アルコール入ってたし、頭が「夜モード」になっていたからかもしれませんが(笑)

派手な台詞も演技もなかったのに、ジンワリと感動しました。

社会派みたいなこういう作品は、重い感じでこれまで避けてきたのですが、意外と良かったです♪

2008/02/16 (Sat) 10:33 | リンゴ #- | URL | 編集 | 返信

リンゴさんへ

こんばんは!

リンゴさん、毎日数本観てるのかしら?
頑張ってますね〜ルンルン((´I `*))♪

これは最初少しマッタリと流れますが、
奥の深い内容で、
ヴィーラーの変化が人間らしくなると言うか、
中盤からラストにかけては、かなり感動的でしたね。
このラストは、数ある映画の中でも、
とっても素晴らしいものだと思いました!

社会派は重いと取られがちですが、
人間の本質的な部分なんて感じるには良いと思いますよ〜
難しい内容もあるけど、実は私は社会派が一番好きなジャンルなんです(笑)
それと、ヨーロッパ映画に良作がたくさんあります!
ハリウッドも良いけど、こちらも注目ですo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク

2008/02/16 (Sat) 23:46 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

そうなんです〜最近はまってしまって・・・
今日は「再会の街で」見てきましたよ!
思わず泣いてしまいました〜
ジョニーがスキになって、もともと映画はスキだったのですが、色んなのを見ているうちに、これまで無駄に過ごしていたな〜って、今は映画三昧です♪
これもジョニーを通じて、すごい感謝なのですが、オリーブリーさんのおかげで、毎日がとっても楽しくって、1日が、24時間ってくやしいいです・・・
問題は、ほとんど「ひきこもり」なんですよね〜
近所の人たちが、私が、具合でも悪いのかと心配しているそうで・・・
でも、今は寒いし、もっともっと映画鑑賞しようと思っています!!
これからもよろしくお願いします(*^0^*)/

2008/02/17 (Sun) 00:43 | リンゴ #- | URL | 編集 | 返信

リンゴさんへ

ジョニーを好きになって、
ますます映画にも嵌っていく…
パターンですよ(笑)
♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪

>問題は、ほとんど「ひきこもり」なんですよね〜

あははは〜〜!!
解ります、解ります♪
動かないのでねぇ〜これも色々と問題なんですよぉ(爆)
私はボールに乗りながら観ることありますが、
今のように寒い時期は、ボールどころか…
ソファーよりホット・カーぺにゴロンです(*'(OO)'*)ブヒ

頑張って下さい〜
また感想聞かせてね(^▽°)v 

2008/02/19 (Tue) 01:02 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

正反対の映画が上下に、、、

かなり過去の記事にコメントしてすみません(;´ρ`)
最近レンタルして感動したもので、きっと鰤さま観てるだろうなとレビュー探しに参りました。
しかし、カテゴリー「や行」で来てみたらこの映画の下が「40歳の童貞男」だよっっ!爆

>お互いにそれ以上は関わらないのに、とても深い繋がりを感じました。

ですよね!
タクシーから降りて駆け寄らなかった時は「行かないのか〜」とちょっと残念に思いましたが、そのおかげで本屋のラストが活きてきましたもんねv-218

この俳優さんも盗聴されてたとは!!
しかし、亡くなられたなんてとても残念です。
もっとこの方の作品観たかった。

2008/09/13 (Sat) 03:57 | 美髭将軍 #ciZ.EuIc | URL | 編集 | 返信

将軍殿へ

過去の記事でもどうぞどうぞ!!
って、改めて読んでみると…
結構感動したのに、意外とあっさりとした内容で自分でも驚きましたぁ〜笑(;^_^A アセアセ・・・

私もあのラストは絶品だったと思います。
素晴らしかったですよね!
個人的には去年のアカデミー外国賞は、救いがないけど「パンズラビリンス」が好きなんですが、
やはり映画はラストがどれだけ重要なのか…って、改めて思う作品でした♪

>みたらこの映画の下が「40歳の童貞男」だよっっ!


あっはっは〜ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
来月「ゲットスマート」ですね〜楽しみです♪
あっ、今日「エバン・オールマイティ」観たのですがこれも面白かったで〜すヽ(^◇^*)/

2008/09/14 (Sun) 20:46 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

善き人のためのソナタ

1984年の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)の局員ヴィースラー大尉は国家に忠誠を誓っていた。ある日彼は、反体制の疑いのある劇作家ドライマンとその同棲相手の舞台女優ク...

2007.08.30 (Thu) 16:31 | Cinematheque

彼らを支え続けていたのは尊い心。『善き人のためのソナタ』

ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中で自分たちの信念を貫こうとする芸術家と、それを監視する国家保安省局員の物語です。

2007.08.31 (Fri) 11:13 | 水曜日のシネマ日記

「善き人のためのソナタ」

「Das Leben der Anderen」2006  ドイツ...aka「The Lives of Others」この映画は公開された際に観れず、飛行機の中(上海往復)でも時間がなくて観れず、やっとDVDになって観れた記念すべき作品。とにかくラストがgood!!なヒューマン・ドラマ。主演のヴィースラー大尉

2007.08.31 (Fri) 20:28 | ヨーロッパ映画を観よう!

「善き人のためのソナタ」映画感想

「囚人番号227番取り調べ室へ入れ」「ボクはやっていない」「正直に話せ」「ボクは

2007.09.01 (Sat) 04:12 | Wilderlandwandar

善き人のためのソナタ

張りつめた糸のような,緊張感を全編に漂わせながらも,ひそやかな静けさが満ちている物語だった。物語の背景は暗く,重く,絶望的で,暴力的でさえあるのに,決してそれを声高に主張することなく,淡々と進んでゆくストーリーをたどってゆくと・・・・・。 ラストシーンで

2007.09.05 (Wed) 07:19 | 虎猫の気まぐれシネマ日記

善き人のためのソナタ

「善き人のためのソナタ」 2007年 独★★★★★胸を打つ・・・・そのソナタを聴いた人には悪い人はいない。そのソナタを書いた人も演奏する人も、聴いて、そっと涙する全ての人に。まず、驚いたのがベルリンの壁崩壊前の、東ドイツの国政だ。徹...

2007.09.16 (Sun) 14:00 | とんとん亭

「善き人のためのソナタ」自由を阻む壁は本当に無くなったのか

「善き人のためのソナタ」★★★☆DVDで鑑賞ウルリッヒ・ミューエ 、 マルティナ・ゲデック主演フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督、ドイツ、2006年、138分まだドイツに壁が存在しかつての一つの国が分かれ全く異なった環境に置かれていた...

2007.09.29 (Sat) 21:11 | soramove

真・映画日記『善き人のためのソナタ』

2月19日(月)日中は特になし。少し忙しく、午後6時半に終業。虎ノ門から銀座線に乗り渋谷へ。7時15分頃「シネマライズ」に到着。ドイツ映画の『善き人のソナタ』を見る。監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。この作品が長編初監督作品。アカデミー外国語

2007.10.20 (Sat) 23:55 |           

善き人のためのソナタ

 『1984年、壁崩壊直前の東ベルリン。 盗聴器から聞こえてきたのは、 自由な思想、愛の言葉、そして美しいソナタ・・・。 それを聴いたとき彼は、生きる歓びにうち震えた――。』  コチラの「善き人のためのソナタ」は、2/10公開になったアカデミー外国語映画賞ノミ...

2007.11.23 (Fri) 21:43 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

善き人のためのソナタ

WOWOWで鑑賞―【story】ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。シュタージ(国家保安省)のヴィースラー(ウルリッヒ・ミューェ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命...

2007.12.07 (Fri) 22:15 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

『善き人のためのソナタ』

評判が良いため、せっかく都心し来たので鑑賞することに。この「善き人のためのソナタ」は旧東ドイツの冷戦時代の出来事を描いたもの。 監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッ...

2007.12.19 (Wed) 18:44 | たーくん\'sシネマカフェ

★善き人のためのソナタ★

DASLEBENDERANDERENTHELIVESOFOTHERSこの曲を本気で聴いた者は、悪人になれない【解説】旧東ドイツで反体制派への監視を大規模に行っていた秘密警察“シュタージ”。本作はこのシュタージ側の人間を主人公に、統一後も旧東ドイツ市民の心に深く影を落とす“監視国家”の実...

2007.12.19 (Wed) 20:09 | CinemaCollection

映画『善き人のためのソナタ』

原題:Das Leben der Anderen ベートーヴェンのピアノソナタ「熱情」を愛した男レーニン、だがロシア革命の指導者たる彼にとって、善き人になるためのソナタなど聴くことは叶わない・・・ 1984年はベルリンの壁崩壊の5年前、旧東ドイツの国家保安省シュタ

2008.02.09 (Sat) 12:55 | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜