2007_08
24
(Fri)21:21

ボルベール <帰郷>



ライムンダ(ペネロペ・クルス)は、夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コボ)とバルセロナで暮らしている。
ある日パウラは、失業中の父親に「本当の親ではない」とレイプされそうになり、父を刺し殺してしまう。
空き家となっていた隣のレストランの冷凍庫に、夫の死体をひとまず隠したライムンダは、
偶然近くで撮影している映画のロケ隊に頼まれ、ランチを作ることになる。
閉店したレストランは冷凍庫に秘密を隠したまま、暫く彼女の生活の糧と活気のある場所となった。

そんな時故郷では独り住まいで痴呆の伯母が亡くなり、姉のソーレ(ロラ・ドゥエニャス)だけが通夜に出かける。
何かと伯母の世話をしてくれていた隣人アウグスティナ(ブランカ・ポルティージョ)から、火事で死んだはずの姉妹の母親(カルメン・マウラ)の幽霊を目撃したという噂を耳にする。
葬儀を終え自宅に戻ったソーレは、車のトランクから自分を呼ぶ声に驚く…

スペインで久しぶりにペドロ・アルモドバル監督と組んだペネロペ・クルス。
本年度アカデミー主演女優賞にノミネートされ、カンヌ映画祭では6人の女優が女優賞に輝いた作品。
325137view001.jpg

良かった!
とっても良かった!
出演の女優さん、皆さん素晴しい!
そしてペネロペは、ハリウッド映画で見せる美しさとは全く別の美しさで、力強くて生き生きとしていた。
負けず嫌いで感情的、胸やお尻を強調した洋服やメイクが情熱的なスペイン女って感じなんだけど、1日中家族のために必死で働く頑張り屋さん。
ひょんな事から30人分のランチを作り、エプロン姿で切り盛りする彼女は特に生き生きとしていて、楽しそうだった。
それこそ故郷スペインの映画で、ありのままで素の彼女を見るかのよう。

故郷ラマンチャの両親の墓参りから物語は始まります。
強風が吹く地方としても有名な場所だそうで、風力発電の大きなプロペラが幾つも連なり、緩やかに動く光景が故郷への出入り口かのように何度か映し出されます。

目が見えずボケているのに、訪ねてくる姪のために手作りお菓子を用意してる伯母さん、
隣家に住む幼馴染みの母親は、失踪して何年も戻らない。
両親は強風にあおられ火事で焼け死んでしまったけど、母は父の腕の中に抱かれたままで愛されていた。
更には正当防衛だけれど、父を殺してしまった娘とそれを隠す母親。
かなり深刻な内容で、一体、どんな展開になるんだ?と悲劇的に思わずにいられないのに、
ユーモアーに描かれていて笑いながら観ていられるんです。
そしてさり気なく希望も感じさせられて…
mn_volver01.jpg

描かれているのはすべて女性。
それぞれが悩みや秘密を抱えている。
そんなキャラクター描写がとても緻密で、個性がはっきりしていているので、考えていることも解りやすく伝わってくる。
“女”とは“母”とは“生きる”とは…子供を守るための強さや無償の愛。
そんな愛情がたくさん溢れていたと思います。
070625_volver_main.jpg

撮影の打ち上げパーティで、ライムンダは母から教わったタンゴの名曲 “ボルベールvolver” を披露。
ライムンダは母への思慕を呼び起こす。

ペネロペの歌声は、フラメンコ歌手が歌っていて実は口パクだそうだが、
数か月特訓しただけあって、殆ど違和感がなく情熱的だった。
「戦場のアリア」のダイアン・クルーガーは少し見習った方が良いと思う。

結果とすれば罪は罪だけれど、妻を泣かせ、娘にまで手を出そうなんて男の下半身に、人生を台無しにされてたまるものか!
そんな女にしか解らない苦悩を感じ、女はしたたかに生きる才能も持ってるんだから…な~んて思ってしまいました。

単館で上映館が少ないみたいですが、
私の所でも最近、街中の映画館で再演され始め、女性でイッパイでした。
是非お近くで上映があれば、ご覧になって損のない作品だと思います。

2007年 6/30公開 スペイン映画
監督 ペドロ・アルモドバル

C.O.M.M.E.N.T

共感!

私が見たときも、観客はたくさんいました。
ラストがドラマチックじゃなくて、私は気に入ったんだけど、不満を漏らしていた人もいました。
でも女の日常って、なにがおこってもたんたんと過ぎて行くものですよね。

この映画、起こっていることは近親相姦や殺人や死体遺棄、火事、とんでもないことばかりだけど、それはフィクションだからそういう設定にしているだけ、という感じがしました。

そう言う意味では、私たちの生活も小さな事件で満ちていて、お母さんはひとつひとつ、家族のコンセンサスを取りながら地道に解決しているでしょう?

この監督、女のことがよくわかっているなあと思いました。
「オールアバウトマイマザー」もそんな感じの映画でした。

2007/08/26 (Sun) 10:02 | よう #B4Cod8qk | URL | 編集 | 返信

マダムへ

観れないと諦めてたので、再演が嬉しかったです♪

確かにラストは「これで終わり?」とも思いましたが、私はこんなラストも良かったんじゃないかと思いました。
サスペンスとかじゃないし(笑)
何をどう選ぶか、決着つけるにしても時間がいるんだろうし…

>女の日常って、なにがおこってもたんたんと過ぎて行くものですよね

ほんと、そうですねえ〜先日の「リトル・チルドレン」も女の日常が感じれたけど、親や人としての生き方は、女の方が賢いのかな(苦笑)

>「オールアバウトマイマザー」
借りてきました〜また感想聞いてくださいね(^^)

2007/08/29 (Wed) 14:43 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんは!
ホントにペネロペは母国スペインもので本領発揮しますね。
女の怖い、怖いストーリーは痛快でしたわ。

2007/08/31 (Fri) 20:27 | margot2005 #- | URL | 編集 | 返信

こんばんは♪
イオンシネマでの独占上映だったのですが、観客は少なかったです(泣)
この映画を見たらペネロペちゃんには本拠地スペインで活躍して欲しいと思ったのですが、やっぱりまたハリウッド作品に出るのでしょうね。
迫力ものの美しさ&強さだと思いました。

2007/08/31 (Fri) 22:54 | ミチ #0eCMEFRs | URL | 編集 | 返信

*margotさんへ

ホント、ペネロペさん、こっちの方が絶対良いと思いました。
ハリウッドではこんな彼女の魅力は出せませんよね。

女は強い、怖い?(爆)
いや、寛容なのかも…(# ̄ー ̄#)ニヤ

2007/09/03 (Mon) 15:12 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

*ミチさんへ

えー、ソチラではそんなのあったんですねえ〜!(同じイオンなのにぃ…)
こちらは、自宅からスンゴク遠い劇場だけで、車も電車も時間掛かるので諦めたんですよ〜街の単館での再演に小躍りしました(爆)

うん。
ペレロペさん、とっても良かった!!
それぞれの女性の立場や心情も良く描かれていて、満足でした。

観客少なかったですか…
満員だとチョット空気が重かったり(笑)ウットオシイと感じる事もありますが、
同じ場面で一斉に笑いがおこったり、良かったよね〜とか声が聞こえると一体感みたいなのは感じます。
特に女性には観て欲しいですよね♪

2007/09/03 (Mon) 15:19 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

オリーブリーさん、こんにちは♪
TB&コメント感謝です!

スペイン映画を久々に映画館で観ましたが、良かったですね〜
重たい題材でありながら、ペネロペが本当にイキイキして見えました。
口パクと言えど“ボルベール”を歌う表情も素晴らしくて、ココは泣けました。もう1度観たいシーンです。
ラストは、母の後姿に余韻が残ってなかなか良かったと思います。
赤を基調とした映像美や女優陣の衣装も凝ってましたね〜

2007/10/06 (Sat) 16:26 | Any #PTRa1D3I | URL | 編集 | 返信

Anyさん、こんにちは〜
コメントありがとうございます!

“ボルベール”の歌はゾクゾクっとしました♪
あの口パクはかなり高得点でしょう(笑)
感動しましたよね!!

色彩も華やかで情熱的。
この作品は大好きです(^^♪

2007/10/07 (Sun) 15:46 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ボルベール〈帰郷〉

ぺネロぺって綺麗よねぇ〜ちょっと魔性の香りがして魅力的【story】失業中の夫の分まで働くライムンダ(ぺネロぺ・クルス)。彼女の留守中に、夫が15才の娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は父親を刺し殺してしまう。娘を守る為に、ライムンダは必死に事件の隠匿を図るが、

2007.08.31 (Fri) 07:22 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

いかにもカンヌで高評価されそうな映画。『ボルベール〈帰郷〉』

スペインを舞台に描かれた母と娘、女たちの物語です。

2007.08.31 (Fri) 10:22 | 水曜日のシネマ日記

「ボルベール/帰郷」

「Volver」2006 スペインカンヌ国際映画祭(2006)/監督賞(ペドロ・アルモドバル)&女優賞(ペネロペ・クルス)受賞作品。監督は「オール・アバウト・マイ・マザー/1998」「トーク・トゥ・ハー/2002」のペドロ・アルモドバル。主演は「オール・アバウト・マイ・マザー

2007.08.31 (Fri) 20:23 | ヨーロッパ映画を観よう!

映画 【ボルベール 〈帰郷〉】

映画館にて「ボルベール 〈帰郷〉」カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞、アルモドバル監督の女性賛歌三部作。おはなし:10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、失業中の夫と15歳の娘パウラのために日々忙しく働いていた。ある日、火

2007.08.31 (Fri) 22:52 | ミチの雑記帳

ボルベール<帰郷>

「ボルベール<帰郷>」 2007年 スペイン★★★★★母親と娘の2代に渡る母子愛の物語。マドリードで働き者のライムンダ(クルス)は、失業中の旦那と15歳の娘パウラ(コバ)と3人暮らし。姉のソーレ(ドゥエニャス)と共に故郷の墓参りに帰る...

2007.09.01 (Sat) 06:56 | とんとん亭

映画〜ボルベール<帰郷>

  ☆公式サイト☆カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス

2007.09.01 (Sat) 19:23 | きららのきらきら生活

「ボルベール・帰郷」彼女のレストランへ行けば陽気な笑顔がある

「ボルベール・帰郷」★★★★ペネロペ・クルス主演ペドロ・アルモドバル主演、スペイン、2006年真っ赤なドレスに華やかな笑顔、こんな人が厨房やホールに出て客をもてなせば、店は賑わうだろうな。見ていて、ひょんなことから以前働いていた店で料...

2007.09.08 (Sat) 12:17 | soramove

おじさんシネマ(ボルベール)・・・夏休み番外編?

東京へ発つ日。先週の金曜日7日の午前中の便が欠航になってしまって。夕方の便までには時間があったので。熊本の映画館でそれまでの時間をつぶすことに。というより、絶対見逃したくない一遍だったこの映画。ボルベールスペインのペドロ・アルモドバル監督の作品だ。これま

2007.09.15 (Sat) 08:43 | おじさん(Age.51)日記By宙虫

映画「ボルベール 帰郷」

 スペイン・マドリッドが舞台。失業中の夫の分まで働く、ライムンダ(ベネロペ・クルス)。一人娘は思春期真っ最中。その娘が夫を殺してしまう。夫が「本当の父親じゃないんだから」と関係をせまったのだ。死体を、ちょうど鍵を預かった隣のレンストランの冷凍庫に隠す。そ

2007.09.21 (Fri) 22:02 | don't worry!な毎日

【ボルベール 】

【VOLVER】監督・脚本  ペドロ・アルモドバル  製作年度 2006年  日本公開 2007年6月30日    上映時間 120分  製作国 スペイン  配給 ギャガ・コミュニケーションズCAST ペネロペ・クルス/カル

2007.10.05 (Fri) 00:14 | +++ Candy Cinema +++

ボルベール <帰郷>

ボルベール <帰郷>VOLVER監督 ペドロ・アルモドバル出演 ペネロペ・クルス カルメン・マウラ    ロラ・ドゥエニャス ブランカ・ポルティージョスペイン 2006

2007.10.08 (Mon) 12:45 | Blossom Blog

ボルベール<帰郷>

 『ママ、話したいことが ヤマほどあるの。』  コチラの「ボルベール<帰郷>」は、6/30に公開になる\"巨匠アルモドバル監督の、原点にして最高傑作\"であり、\"故郷ラ・マンチャを舞台に、タンゴの名曲「VOLVER」にのせて贈る、哀しくも可笑しい女たちの人生賛歌――...

2007.11.26 (Mon) 22:36 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

ボルベール :映画

今回紹介する映画は、カンヌ映画祭で最優秀脚本賞・最優秀女優賞を受賞したペネロペ・クルス主演の「ボルベール」です。 ボルベールのストーリー15歳の娘と失業中の夫とマドリッドで暮らすライムンダ(ペネロペ・クルス)は、スペインの太陽のように情熱的な女性。ある日彼...

2007.12.24 (Mon) 23:50 | ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介

ボルベール〈帰郷〉

遅ればせながら,やっとDVDで観れました!・・・だって地元の劇場で上映されなかったんだもん・・・ぐすん。「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」に続く,ペドロ・アルモドバル監督の女性讃歌3部作の最終章にして,最高傑作!・・・・だそうだ。(

2008.01.05 (Sat) 23:10 | 虎猫の気まぐれシネマ日記

ボルベール<帰郷>

2006年 スペイン 2007年6月公開 評価:★★★★★ 監督、脚本:ペドロ・

2008.01.07 (Mon) 19:22 | 銀の森のゴブリン

ボルベール<帰郷>

上映時間 120分 製作国 スペイン 監督 ペドロ・アルモドバル 脚本 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ ロラ・ドゥエニャス/ブランカ・ポルティージョ/ヨアンナ・コボ カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀

2008.01.22 (Tue) 22:48 | to Heart

mini review 07276「ボルベール<帰郷>」★★★★★★★☆☆☆

カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。監督は『バッド・エデュケーション』のペドロ・アルモドバル。主演はアルモド...

2008.02.25 (Mon) 16:15 | サーカスな日々

『ボルベール <帰郷>』

ボルベールコレクターズ・エディション(2008/01/01)ヨアンナ・コバ、ロラ・ドゥエニャス 他商品詳細を見る 監督:ペドロ・アルモドバル CAS...

2008.03.13 (Thu) 17:25 | Sweet*Days**

【映画】ボルベール〈帰郷〉…出だしは鳥居みゆきのネタと同じ展開

{/kaeru_fine/}今月の頭頃からWindows Updateが急に出来なくなったマイパソコン{/pc2/}{/face_hekomu/}。 普通に対応しても解決しなかったので、昨日助っ人として友人を召喚しました{/face_nika/}。 友人がネット情報と格闘しつつ、すげぇ難しい操作をして何とか解決{/fac...

2008.04.21 (Mon) 22:06 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画『ボルベール<帰郷>』

原題:Volver 真夜中寝ている父親を刺し出血性ショックで死亡させた15歳中3少女の進路希望は薬剤師、またも勉強しろ!のプレッシャー?・・これは女性賛歌の物語・・ 墓石も綺麗に磨いて、こんなにお墓場が華やかで賑やかなんて初めて見る、ライムンダ(ペネロ

2008.07.21 (Mon) 12:09 | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜

『ボルベール<帰郷>』 Volver

『ボルベール<帰郷>』15歳の娘と失業中の夫とマドリッドで暮らすライムンダ(ペネロペ・クルス)は、スペインの太陽のように情熱的な女性。ある日、娘のパウラ(ヨアンナ・コボ)が、義父を台所で刺し殺してしまった。娘を守るため、夫の死体をなんとかしようとする彼女...

2008.12.17 (Wed) 09:52 | *モナミ*SMAP・映画・本