--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_08
18
(Sat)01:23

エネミー・ライン



アラビア海に浮かぶ米海軍の原子力空母USSカールヴィンソン
偵察飛行ばかりに嫌気がさしたクリス・バーネット大尉(オーウェン・ウィルソン)は、
上司のレイガート司令官(ジーン・ハックマン)に辞表を提出するが、正式には受理されない。
相棒のスタックハウス(ガブリエル・マクト)と偵察任務に出かけると、ボスニア上空で非武装地域であるはずの位置にセルビア部隊を発見。
高性能カメラで撮影するが、NATOに未報告のセルビア人民軍の部隊に気づかれ、ミサイルで攻撃される。
何とか脱出はできたが、部隊はクリスを捕まえるために執拗な追跡を始めた。

1990年代、民族紛争を経てようやく和平を迎えようとしているボスニアを舞台に、
米海軍パイロットが敵陣の追跡を逃れて、安全地帯まで向かう戦争アクション。

“エネミー・ライン”までの距離はとてつもない。
セルビア人民軍の上下ジャージ姿で冷血な一匹狼(この人、名前なかったような)が、部隊とは別に鋭い勘で執拗に追ってくる。
背景は戦争映画なんだけど、
政治的な話は殆ど無く、とにかくクリスが逃げて逃げて逃げまくる。
山や森林地帯を走り~転がり、地雷を突破し、銃弾と砲弾の中を生き延びる。
enemyline1.jpg

ミサイル追撃から逃げる空中シーン、追っ手を知恵でかわしたり、米海軍がクリスを救出をするシーンなど…ハラハラ、ドキドキの連続!!

多少ストーリーに無理があっても、アクション映画は大好きです(笑)
エンターテイメントとしては、まとまっていて楽しめましたよ~♪
でもやはりそこは戦場。
無実な市民の大量虐殺、廃墟となった町…
そのような映像は戦争の現実を見せられます。
また軍規に違反しても部下を救おうとする上司や、仲間の心情も描かれています。
20070818010503.jpg

オーウェン・ウィルソン、メチャかっこ良いですよおぉ!
ラブコメよりこんな映画にもっと出ればいいのに…
つくづく思う…鼻が残念!!(苦笑)
ジーン・ハックマンはやはり渋い。

2002年 3/9公開 アメリカ映画
監督 ジョン・ムーア

C.O.M.M.E.N.T

オーウェンかっこよかったでしょ♡♡♡♡♡
鼻が残念? そう?(笑)
あれがまた可愛いと思うけど(♥´▽`♥)

この前安くなってたからDVD買っちゃったv( ̄ー ̄)v
特典見たらもっと残酷なシーンはカットされてたみたい。

オーウェンのインタビューとか期待してたけど
ほんのちょっとしかなくてガッカリ〜ヾ(`ε´)ノ

2007/08/18 (Sat) 09:00 | ロク #VwWRwSIk | URL | 編集 | 返信

ロクちゃんへ

DVDお買い上げなのお〜〜♪
このオーウェンはカッコイイもん!
買いだよねっ(^^)/

あの鼻は事故なんだっけ?
曲がってるけど、弟とそっくりだよね。
私〜お尻、足首、声、鼻フェチなので、鼻にはウルサイのよ(爆)
だから、ジョニーはパーフェクト(^^♪

2007/08/21 (Tue) 22:46 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。