FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。



アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。
夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、典型的な主婦の集団と気が合わず違和感を拭えない。
彼女たちが“プロム・キング”と名付けたブラッド・アダムソン(パトリック・ウィルソン)は、ドキュメンタリー作家のキャシー(ジェニファー・コネリー)を妻に持ち、主夫をしながら司法試験合格を目指していた。
ある日サラは公園に現われたブラッドと意気投合し、お互いの子どもを連れて会うようになる。

性犯罪で服役していたロニー・マゴーヴィー(ジャッキー・アール・ヘイリー)が街に戻ってきたことで、住人達の心中は穏やかではない。
326860view005.jpg

トム・ペロッタ原作のベストセラー小説を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化したヒューマンドラマ。

サラは経済的に不自由のない生活を送りながらも、
どこか満たされない空虚さを抱えていて母性も乏しい。
ブラッドは司法試験を目指し、妻の収入で暮らしている。
試験勉強には身が入らず、図書館へ行く代わりにスケボー少年を見ていたり、アメフトをしたり。
ブラッドの友人で元警官のラリーは執拗にロニーに嫌がらせをし、
ロニーは年老いた母親に溺愛されている。

そんな“大人になれない大人たち”の悩みや苦しみを映し出すシリアスな物語かと思っていましたが、結構クスっと笑えるシーンもあり、人間の内面が奥深く描かれていて、テンポは良いし描き方もバランスがあってとっても良かったです。
2時間越えは気にならないほど物語に入れました。

不倫は許される事ではありませんが、サラは夫のあんな姿(大爆)まで見て、なんだか気の毒だわ。
こっちは大爆笑だったけど、もし自分の旦那が…と想像したら、
もう、一緒に寝るのも嫌だあぁ!!
ブラッドは携帯電話も持たせてもらえないし、買い物チェックまでされて主夫としての身の置き場がない感じ。
2人は子供を交え毎日のように接していて、お互い心の拠り所となっていくのは自然の流れだったんでしょう。
家庭を持つと自分の事は後回しで、子供や夫の為に時間を使う。
自分が必要とされる満足感はあっても、やはり毎日毎日が同じ事の繰り返し。
夫婦であっても男女としての関係や愛情、我儘やぐずったりする子供といれば、気が滅入ることは絶対にある。
淡々と過ごしていく退屈した日々から、いつもと違った非日常を選んでしまう気持ちは、
いけない事と知りながらも有りのままの素直な自分でいたいと願ったサラに、いくらか共感してしまったので何となく複雑なものを感じてしまいました。

それぞれがどこか子供っぽい部分を持っていて、時折滑稽だったりするけれど、実は誰にでもこんな部分はあるのかもしれない。
自分に自信が持てなくて迷ったり悩んだり、変な行動に出たり。
大人になりきれない大人たちはちょっとだけ何かを間違えてるだけなのかもしれない。
どのようにしてそれに気づいていくのか…
少しハラハラしたラストもとても良かったです。
このラストだったからこそ、この映画がより一層ステキなものに仕上がったのだと感じます。
326860view002.jpg

ロニーを演じたジャッキー・アール・ヘイリーは、子役出身で一時低迷してましたが、
今回のアカデミー助演男優賞に初ノミネートされただけに素晴しい演技でした。
本当に変質者っぽくて、気持ち悪い(笑)
アラン・アーキンより良かったかもね!
キャシー役のジェニファー・コネリーは「ブラッド・ダイアモンド」の方が好きかなあ~この奥さんは決して夫を蔑ろにはしてないし試験の応援もしてるんだけど、立場の逆転はなかなか上手く運ばないものなのでしょうか。
ご近所の公園ママや年配のご婦人たちのセリフは現実味があって笑えるし、子役の2人はと~っても可愛かったです!
ケイト・ウィンスレットの大胆なポーズや水着姿など、結構チャレンジャーですよ(笑)
でも体格いいよなあ~この人。
パトリック・ウィルソンのお尻は良き形だったぞっ♪

2007年 7/28日公開 アメリカ映画
監督 トッド・フィールド
2007.08.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/149-59cd228a