2007_08
03
(Fri)16:31

美しい人



『彼女を見ればわかること』のロドリゴ・ガルシア監督作品。
今回もやはり女性の立場から、
特別な事ではなく、ごく日常での人間の心を表現。

1話10分あまりのエピソードは、すべてワンシーン、ワンカット。
9つのエピソードが描かれています。

第1話 娘に愛をそそぐ人…サンドラ
第2話 いま手にしている愛を見出す人…ダイアナ
第3話 愛をぶつける人…ホリー
第4話 お互いの弱さを知る人…ソニア
第5話 かけがいのない人…サマンサ
第6話 愛を求められる人…ローナ
第7話 家族があることの歓びを知る人…ルース
第8話 夫の愛の深さを知る人…カミール
最終章 神の祝福を受ける人…マギー

自分が経験した事があったり、
似た様な境遇にいたりすると感情移入しやすいと思います。
女優さん達は皆さん個性があって、それぞれのエピソード主人公にピッタリだったと思います。
しかもワンシーンだと編集もしないのでしょう~演技力がないとできないでしょうね。

オムニバスは嫌いではないですし、
次第に絡んでくる群像劇は大好きですが、これは女性と男性とでは感じ方が違いそう。
男性にはいささか退屈なのでは?
と、勝手に決め付けた私はかなり退屈でした。

所々で登場人物が重なって登場して繋がったのかなあ~と思っても、
エピソードが順番通りなのかどうかも、その前後もわからないので、個々で想像するしかないみたいです。
色んな事情を抱えた女性のその“事情”がよく解からないのがありすぎ。
いよいよここからかな?!~なトコでぶちっと突然終わる…!!
後半にでもその後…があるのかと観続けたけど、
なんじゃ~これ?!消化不良。

1話のサンドラは囚人。
模範生と思わせたいが、面会に来た子供と電話の故障で話せないと凄い勢いでキレる。
愛する子供と話したい気持ちは解かるけど、
母親は牢屋の中、しかもせっかく会いに来てもキレて暴れる姿見せられた娘が可哀想じゃないかな…
看守に強制的に連れて行かれる場面で終わり?!

2話のダイアナ
大きなお腹で偶然元カレと遭遇して、
そりゃあ~懐かしくて嬉しいと思うけど、今更ながらチョット甘いこと言われてそんなになるんだ…
彼女は今が幸せな結婚ではないのかしら?と想像。

3話のホリーは精神的にとても参っている様子。
原因は解らないけど、父親との確執のよう…
思い出話しや恨みつらみを、家中歩きながら半ば独り言の様に妹に話す。
帰宅した父親に向かって銃を突きつけたり、自分のこめかみや口に入れたり、
あらあ~まさか~と、ハラッとした瞬間、ぶちっ…と次のエピへ…!(そんなあー)

5話のサマンサは、障害のある父と世話をする母の間で可哀想だったな~いい子なのよね。
自分がここから飛び出したら、家族が壊れるだろうと…
家族が一番大切という思いが伝わってきた。

8話のカミール(キャシー・ベイカー)と
最終章マギー(グレン・クローズ)とマリー(ダコタ・ファニング)のエピがあって良かった。
これだけで救われた気がしました。

伝えたい事は解るのですが、
10分ほどのエピソードの中へ、なかなか感情が入りませんでした。
公式ページの解説を読んでも、劇中そこまでは感じ取れなかった自分でした。
1話から順番に時間が流れてる…私はそんな見方にします。

1話のエルピディア・カリーロは『ブレイブ』の奥さん役。
7話に登場するのは『妹の恋人』エイダン・クイン。
お二人ともかなり太ってしまって、全然気付きませんでした~チョットびっくりです。
キャシー・ベイカーは『シザー・ハンズ』と、ジョニー関連の方いましたよ。 
ジェイソン・アイザックスとシシー・スペイセクは、登場途端にインパクトがある。

タイトルは原題『9 lives』の方が良いと思います。

2006年 7/1公開 アメリカ映画
監督 ロドリゴ・ガルシア

C.O.M.M.E.N.T

0qdf

あら、退屈した?
私は劇場で見たからか、すごく感情移入してみました。
面白かったわ。
ストーリーがほとんどなく、女優の力量が問われる作品でしたね。

おっしゃるようにキャシー・ベイカーとグレン・クローズのエピソードが良かったです。
エイダン・クインはびっくりしたよね。
太った!笑!!

2007/08/04 (Sat) 12:38 | よう #B4Cod8qk | URL | 編集 | 返信

*マダムへ

>ストーリーがほとんどなく

さすがっ、マダム(^^)/
私が退屈だった理由が解りました(爆)
それです、それ!!
特に1話、3話、4話がそうでした。
終わりがないの、苦手です。

ラストのグレン・クローズは年齢が?で観てたのですが、良いお話でしたよねえ。

エイダン・クイン、
スクリーンではよりデカかったでしょう?(爆)
『妹の恋人』はリアルタイムで観てませんが、これは詐欺だわっ!
チョット、
ステキと思ってたのにヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ〜

2007/08/06 (Mon) 03:36 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

あらら、

退屈されてしまいましたかぁ。
でも、消化不良と言うのは、
結構多くの方が思われたみたいですね(;・∀・)
あたしはその消化不良な感じが逆に好きだったりするんですよ〜。
妄想家なので、色々想像する部分が残ってたりすると
嬉しくなってしまうのですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

2008/10/17 (Fri) 20:51 | miyu #- | URL | 編集 | 返信

miyuさんへ

こんばんは〜

>妄想家なので、色々想像する部分が残ってたりすると嬉しくなってしまうのです

なるほどw(゚o゚)w オオー!
そ〜言う見方もありですね!
私なんて、だから結果は?何言いたいの?なんてすぐ答えを求めてしまう…(汗)
寛容な気持ちも持たないとダメですね(苦笑)

2008/10/18 (Sat) 18:06 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ラクエル・ウェルチ

地元の舞台に出たことがきっかけで、地元のテレビに天気予報のキャスターとして登場するようになる。仕事が忙しくなったために大学を中退し

2007.08.03 (Fri) 18:25 | 海外の女優 ハリウッドの女優

美しい人

 コチラの「美しい人」は、「コレラの時代の愛」の原作者ガブリエル・ガルシア=マルケスの息子であるロドリゴ・ガルシア監督によって原題の「NINE LIVES」の通り、9つのエピソードから構成されるオムニバス映画です。  それぞれが独立したお話ではあるのですが、ビミョ...

2008.10.17 (Fri) 20:49 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡