FC2ブログ

心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ フェンスTOP映画 は行 ≫ フェンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フェンス

fences.jpg

フェンス<allcinema>

{★★★3/5}

戯曲「フェンス」を舞台版で主演したデンゼル・ワシントンが監督主演で映画化、ヴィオラ・デイヴィスが第89回アカデミー賞助演女優賞を受賞。
アカデミー賞主要部門を受賞しながら未公開というのはレアなケースでしょう。
10月にWOWOWで放送されました。
数人の登場人物、場面のほとんどが主人公の家の裏庭、舞台劇がそのままスクリーンへ移動したという感じで、役柄が沁みついてるようなリアルさがありました。
アフリカ系アメリカ人の苦悩がよく描かれていたとは思いますけど、デンゼル演じるトロイにどれだけ感情移入できるのかで良し悪しが変わりそう。
のべつ幕無しに喋り続け、ねじ曲がってしまった劣等感の固まりを家族にまで押し付けるダメっぷり。
こういう人間が威張るのも典型的で、完全父権主義は、父親としても夫としても支離滅裂で不条理がいっぱい。
終始このおっさんにイライラし、良妻賢母のヴァイオラに同情し、宗教色たっぷりで終わるラストにもやもやが募り、何となくスッキリしない映画でした。
ネームバリューとアカデミー賞に釣られて観に行くと、とんでもないことになったかも。
未公開も納得でした。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

「オリエント急行殺人事件」
最後の審判を下すのは、ポアロ!?
2017年12月17日(Sun) 08:48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。