スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ 

2017, 05. 30 (Tue) 20:35

arrival.jpg

ある日、宇宙から飛来した巨大な楕円形の飛行体が地球の12ヵ所に姿を現わし、そのまま上空に静止し続ける。
言語学者ルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)は、アメリカ軍のウェバー大佐( フォレスト・ウィテカー )から依頼を受け、物理学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)と、飛行体の内部へ足を踏み入れ、目的を探るべく異星人の言語解読に没頭していくが…。


米作家テッド・チャンの短編小説を映画化したSFドラマ。
作家テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を映画化したSFドラマ。
謎のエイリアンと意思疎通という重責を託された女性言語学者を待ち受ける衝撃の運命を描く。

2017年 5/19公開 アメリカ映画
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
{★★★3/5}

いきなりネタバレになるけれど、ルイーズの過去のように挟まれる映像は実はそうではなく、、、。
途中までは素直に辛いわぁ~~思ってましたが、ルイーズが軍のキャンプへ行ってから何か違うな~と意心地の悪さに付きまとわれた(汗)
「灼熱の魂」と「ボーダーライン」は面白くは観れたんだけど、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督とはあまり相性が良くなく、今作もちょっとハスに構えて観てしまいましたから、あっ、やっぱりそんなことかって感じでした(;^ω^)
異星人が発する円の文字、ルイーズらはある程度の解読は出来たみたいで組み合わせできてるけど、こっちには何が何だかさっぱり分かんないし、地球を救うきっかけの中国トップとのコンタクトとか(妻の遺言?何て言って心動かしたんだろう??)、世界の危機目の前にして、個人的な事で動いちゃうの?(苦笑)
時間軸(異星人の星には時間の流れがない)がご都合としか感じず、エイリアンが地球を訪れた理由(何千年ン後?地球人の協力がいる?)の説明も不足。
娘が質問した言語の答えが‟非ゼロ和”ってナンザンショ(笑)
‟winwin”ならまだ分かる。
未来予知能力があっても今の流れに逆らわない、すべてを受け入れる決意をしたルイーズって凄いとは思った。
辛い事に見舞われた時、あの時、その時、こうしていればと、やり直したいと思うような人間には、未来なんて予知できる能力を与えられては不幸の始まりかも。

コメント

ボー

レールの上

将来がわかるのは、決まったレールを走るようなもので、おもしろくないんじゃ…。…ん、変えられるんだっけ? あー、わからない!

2017/06/01 (Thu) 00:18 | ボー | 編集 | 返信

オリーブリー

ボーさん

結果は悲劇でもその過程を選ぶんでしょうね。
強いと思います。
が、既にあまり覚えていません(苦笑)
これもう一度分かって観るとまた違うような気がします。
来年のWOWOWまで(^^♪

2017/06/12 (Mon) 00:03 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  メッセージ ★★★★
  • テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは、『ボーダーライン』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ。『ザ・マスター』などのエイミー・アダム...
  • 2017.05.31 (Wed) 23:36 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「メッセージ」
  • 答えは、自分の中にある… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201705190001/ メッセージ オリジナル・サウンドトラック [ ヨハン・ヨハンソン ]
  • 2017.06.01 (Thu) 05:44 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ
  • ドラマチックに満ちた映画体験に涙がこぼれた。  
  • 2017.06.01 (Thu) 10:15 | Akira's VOICE
この記事へのトラックバック
  •  「メッセージ」第29回東京国際映画祭
  • 特別招待作品。アメリカ映画。監督はこれまでにも私が個人的にイチ押ししているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実は、今年の東京国際映画祭は、チケット発売日にチケットが買えないという前代未聞の不手際があり、それはもう上を下への大混乱であった。体験した人は一様に思いを共有してくださると思うが、今年から新しくなった東京国際映画祭のオリジナルのシステムが、全く稼働しない。ともかく購入画面に辿り着かないのである...
  • 2017.06.01 (Thu) 12:52 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ
  • 【ARRIVAL】 2017/05/19公開 アメリカ 116分監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ ある日突然、巨大飛行体が地球に。その目的は不明―― 言語学者ルイーズが解読した、人類へのラストメッセージとは――。 STORY:巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、...
  • 2017.06.01 (Thu) 15:16 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ
  • 異文化交流における選択 公式サイト http://www.message-movie.jp 原作: あなたの人生の物語 (テッド・チャン著/ハヤカワ文庫)監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱の魂」 
  • 2017.06.01 (Thu) 16:08 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  •  『メッセージ』('17初鑑賞51・劇場)
  • ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月19日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:30の回を鑑賞。 字幕版。
  • 2017.06.02 (Fri) 13:43 | みはいる・BのB
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ / Arrival
  • ネタばれあり。 『宇宙船のモデルは、“ばかうけ”だった』と監督が(冗談で)衝撃の告白をした話題の作品。 うーん、この手の接近遭遇ものでは、地球外生命体から人類がインスパイアを受けてしまうという事を描く事が多いのですが、これもその例に漏れません。言語学者の...
  • 2017.06.02 (Fri) 19:53 | 勝手に映画評
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ/ARRIVAL
  • 今年のアカデミー賞作品賞ノミネート テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基に、 「ライト/オフ」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のエリック・ハイセラーが脚本 「灼熱の魂」「プリズナーズ」「複製された男」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督...
  • 2017.06.03 (Sat) 22:29 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  『メッセージ』
  • 未知との遭遇でのコンタクトに必要なもの。それはメッセージを受け取る勇気。 さすがドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品だ。細部まで丁寧に描かれたその手腕は素晴らしいの一言。 ただ ...
  • 2017.06.03 (Sat) 23:14 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ
  • なんで未来が分るんだっけ?
  • 2017.06.04 (Sun) 01:35 | だらだら無気力ブログ!
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ
  • 【出演】  エイミー・アダムス  ジェレミー・レナー  フォレスト・ウィテカー 【ストーリー】 巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズは宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼ら...
  • 2017.06.04 (Sun) 13:41 | 西京極 紫の館
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ(2016)**ARRIVAL
  •  ある日突然、巨大飛行体が地球に。その目的は不明―― 言語学者ルイーズが解読した、人類へのラストメッセージとは――。 人気SF作家テッド・チャンのベストセラー短編集『あなたの人生の物語』に収められた表題作を「プリズナーズ」「ボーダーライン」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化した感動のSFドラマ。ある日突然地球に飛来した謎のエイリアンとの意思疎通という重責を託された女性言語学者を待ち受ける...
  • 2017.06.04 (Sun) 23:26 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ(2016)
  •  『メッセージ』(2016年)を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞のいろいろな部門でノミネートされた作品(注1)なので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、湖の畔に建てられている本作の主人公・ルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)の...
  • 2017.06.05 (Mon) 21:24 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
  •  映画:メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアンとのファーストコンタクト、は 映画初体験?!の斬新さ。
  • まずオープニングで舌を巻く。 ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。 ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態に叩き込まれる! この手腕、なかなかに流石。 それもそのはず! 周回遅れDVD鑑賞なのに去年のベスト10入り「ボーダーライン」 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督(「灼熱の魂」「プリズナーズ」)の成長・充実ぶりに感心...
  • 2017.06.08 (Thu) 00:09 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
この記事へのトラックバック
  •  メッセージ
  • ARRIVAL 2016年 アメリカ 116分 SF/ドラマ 劇場公開(2017/05/19) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『ボーダーライン』 原作: テッド・チャン『あなたの人生の物語』 出演: エイミー・アダムス:ルイーズ・バンクス ジェレミー・レナー:イアン・ドネリー フ...
  • 2017.10.26 (Thu) 19:42 | 銀幕大帝α
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。