FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

beauty and the beast

魔女の呪いで醜い野獣になってしまった傲慢な王子(ダン・スティーヴンス)は、家財道具に変えられた召使たちと人知れず城でひっそりと暮らしていた。
呪いを解くには、魔女が残したバラの花びらがすべて散る前に、王子が誰かと心から愛し合わなければならなかった。
一方、田舎の小さな村で父モーリス(ケヴィン・クライン)と暮らすベル(エマ・ワトソン)は、読書家で進歩的な考えを持つため、周囲から変わり者と見られていた。
ある日、森で遭難したモーリスは、迷い込んだ城で野獣に捕らえられてしまう…。


ディズニー・アニメ「美女と野獣」を実写映画化。
魔女の呪いで醜い野獣に変えられた王子と、聡明で心優しきヒロインの真実の愛を名曲の数々とともに描くファンタジー・ラブ・ロマンス。

2017年 4/21公開 アメリカ映画
監督 ビル・コンドン
{★★★★4/5}
アニメ「美女と野獣」が公開されたのは1991年。
この頃は、「リトル・マーメイド」「アラジン」「ライオン・キング」など、我が家では必ずどれかのビデオが毎日流れていた。
子供が夢中でビデオを見ているうちに家事をしたり、親子でゆっくり楽しんだり、ディズニーアニメには懐かしい思い出が残っている。
今回の実写版は、映像やキャラクターなどアニメのイメージを損なうことなく作りこまれていて、野獣やベルの生い立ちが新たに加えられたことで様々な“愛”の形に共感できた。
家臣に忠実な使用人たちの内面も広がりがあったし、魔法が解けず、彼らが互いを思いやりながらその物に変わっていってしまうシーンは何だか切なかったな。
エマ・ワトソンは可愛らしく、ダン・スティーヴンスの低音も素敵で、2人は無難にこなした印象でしたが、作品中、一番異才(?)キャラクターにハマり切っていたのはルーク・エバンスではなかろうか(笑)
ガストンと言えばもう相当うざい自画自賛な男で、アニメではどこがイケメンかってくらいビジュアルもNOなんだけど、いやもうルーク・エバンスのオレ様感はちょっと惚れてまうぐらいプチ萌えでしたねぇー(;^ω^)
あとルミエールのユアンが良かったー。
彼の歌声聞いたの久しぶり!!「ひとりぼっちの晩餐会」が最高に楽しかった♪
イアン・マッケランやエマ・トンプソンなどイギリス人俳優さんは何をやっても安定してます。
世代交代したアリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドの主題歌もステキでした。

*原作路線の何だかパッとしないストーリー展開と、50歳近いオジサマ野獣に根暗なベルのフランス版実写「美女と野獣」より、観ていて楽しいのは断然こちら。
2017.05.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1352-8e030cee