2007_07
23
(Mon)18:23

ベルリン、僕らの革命



ベルリンで暮らすヤン(ダニエル・ブリュール)とピーター(スタイプ・エルツェッグ)
一見ごく普通の若者に見えるが、
裕福な者や権力者が優遇される不公平な社会に反逆している。
自らを“エデュケーターズ”と呼び、
金持ちの家に侵入しては家具や電化製品を動かして、メッセージを残していく。
ピーターの恋人ユール(ジュリア・ジェンチ)は自動車事故によって多大な損害賠償債務を負い、
ウェイトレスをしながら反グローバリゼーションの運動をしている。

ピーターの留守中、ユールの引越しを手伝う事になったヤンは、
急速に彼女と親しくなり“エデュケーターズ”である事を打ち明ける。
話しの流れから、彼女の事故相手の金持ち宅へ侵入することになるが…

タイトルに「革命」なんて言葉があるので難しい内容かと思えば、
意外とそうではなかった。
自分達の理想を世間に知らせようとして金持ち宅のセキュリティーをまんまと突破し、
椅子を積み上げてオブジェを作ったり、
高価で貴重なものをトイレに詰め込んだり、模様替えをしたり、
冷蔵庫の中にステレオを入れたり!
最後に“贅沢は終わり”“財産がありすぎ”などメッセージを置いて何ひとつ盗まない。
帰宅した我が家の変わり果てた様子を見て、
泥棒でもなく、破壊だらけでもない現状を目の当たりにする家主のあっけに取られてる様子は、
一応の彼らの目的達成を意味してるようで小気味良い(決して褒められることではないけれど…)
裕福層ばかりが優遇される社会へ対する彼らなりの革命ということかな。

そこにユールが自分の個人的な感情で加わってしまった事で、事態は一変。
侵入した家で、家主のハーデンベルク(ブルクハルト・クラウスナー)が帰宅、
しかもユールと面識があるためとりあえず誘拐し、4人は山荘で共同生活を始めることに。

ドイツは東西統合以来、貧富の差が社会問題となっていて、
ベルリンにはヤンのように疑問を抱き活動する若者も多くいるそう。
また、このハーデンベルクという大金持ちは若い頃は左翼運動家であったが、年齢を重ね仕事を持ち、結婚をし子供を持つ現実を生きると、
理想や主張ばかりでは生きられないのだと彼らに解く。
時に理想と現実をぶつけ合いながらも、若者達を包み込む包容力や、どこか父親のような暖かさもある。
3人の若者の感受性や恋愛、それを感じながら昔の恋愛や活動の思いを重ねるハーデンベルク…
美しい山々の自然の中、不思議な緊張感で物語りは進んでいく。
ラストもどちらにも解釈できるようだけど、それでも後味の悪さは残らないように思えた。

理想を追い求める気持ちはとても大切なのだけど、時の流れと言うものは知らず知らすのうちに自分の意思を変えてしまう。
若者の青春映画でもあり、大人が通って来た青春映画でもあるように感じた作品。

ヤンには 『グッバイ、レーニン!』 『ラヴェンダーの咲く庭で』 
『青い棘』 『戦場のアリア』 のダニエル・ブリュール。
ユールには 『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』 のジュリア・ジェンチ。
彼女は何処かしら小雪に似てる…笑

2005年 4/29公開 ドイツ、オーストリア映画
監督 ハンス・ワインガルトナー

C.O.M.M.E.N.T

オリーブリーさん、こんにちは(^_^)/
ミスポターに、コメント・TB、ありがとうございました☆

この映画、私はかなりお気に入りの映画なんです。
去年見た映画のベスト10にも入れちゃった位。
しかしながら、あんまり見ている人が少ない様なんですよ・・・。
オリーブリーさんもご覧になっていらっしゃる!と、嬉しくなってしまいました。

2007/09/20 (Thu) 17:41 | latifa #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

latifaさんへ

こんばんは〜コメントありがとうございます♪

観よう観ようと何度も見逃して、やっとWOWOWで観たんですが(笑)
暗くて重たーいのかと思ってたら、意外とそうでなくさら〜と観れました。
後半はどうするんだろうと、怖い結末も予想したけど、このラストも良かったと思います。

ドイツ映画ってテーマがどうしても似通ってしまうし、倦厭されがちでしょうか?
この映画は、チョット風変わりな感じで凄く良かったと思います。

私も嬉しいです〜♪
是非、軽い気持ちでたくさんの方に観て欲しいですよね(^^)/

2007/09/20 (Thu) 18:11 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

はじめまして。劇団民藝の酒井と申します。
来月、「白バラの祈り」の舞台版を上演致します。
もしご興味ありましたら、ぜひお出かけ下さい。

http://blog.butai-butai.com/archives/51052653.html

ブログからお申し込み頂ければ、若干ではありますが、割引させて頂きます。

2007/09/29 (Sat) 06:15 | genji #- | URL | 編集 | 返信

genjiさんへ

こんばんは!

「白バラの祈り〜」
この作品はドキュメンタリーを観ているようでした。
ジュリア・ジェンチの演技力は素晴しかったし、ラストの描き方も虚しいと言うか、何とも言えない感じがしました。

東京公演なんですね…お知らせありがとうございました。
こちらはちょっと遠方なので出かけられませんが、
舞台、頑張って下さいね。

2007/09/29 (Sat) 23:01 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ベルリン、僕らの革命 The Edukatorsあらすじ・世界のポスター

去年の夏から見たいと思っていたのを、やっとレンタルで見ました^^想像以上に面白い映画で、見終わった後味も良くて好きな映画でした。若いって素晴らしい〜!若い時ならではの、熱い気持ちと焦燥感等が上手く表現さ

2007.09.20 (Thu) 17:34 | ポコアポコヤ 映画倉庫